複数の意味を持つ!?タスクの意味と使い方【会話事例付き】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

タスクにはいくつか意味がありますが、代表的なのは「業務・作業」です。

場合によっては、「コンピュータの処理単位」や「やらなければならない仕事」なども意味します。

これで、とりあえずまずは「タスクとはどんな意味なのか」という疑問が晴れたと思います。

ただし「タスク」という言葉を、具体的にどう使えばいいのかは、まだわからないでしょう。

そこで次は「タスクの具体的な使い方と実例」について紹介していきます。

タスクの意味

「タスク」の具体的な使い方と実例

「タスク」という言葉が、どんな時・どういう会話で・どんなワードともに使われるのか解説していきましょう。

今回紹介する「タスク」の具体的な使い方とシチュエーションは、以下の通りになっています。

  • 会社で仕事を任される時の「タスク」
  • コンピュータ関連企業に就職した時の「タスク」
  • 上司と打ち合わせをする時の「タスク」

会話例とともに紹介していくので、今のあなたが一番近いシチュエーションの使い方をチェックしてみてください。

会社で仕事を任される時の「タスク」

会社で仕事を任される時に「タスク」が出てくると、どんな意味になるのでしょうか。

以下の具体的な会話を見て、使い方と意味を理解しましょう。

元の会話

上司:「今回任せる【タスク】はこのようになっている。確認しておいてくれ」
部下:「わかりました。しっかりとやりきります」

わかりやすく変換

上司:「今回任せる【業務・作業】はこのようになっている。確認しておいてくれ」
部下:「わかりました。しっかりとやりきります」

使い方に関する解説

今回のようなシチュエーションでは「業務・作業」という意味で「タスク」を使います。

ビジネスシーンで「タスク」が出てきたら、大抵は「業務・作業」という意味になるでしょう。

「やらなければならない仕事」という意味ならまだしも、「コンピュータの処理単位」という意味は珍しいです。

タスクは毎日のように飛び交う言葉なので「業務・作業」という意味だと忘れないようにしましょう。

コンピュータ関連企業に就職した時の「タスク」

コンピュータ関連企業に就職した時に「タスク」が出てくると、どんな意味になるのでしょうか。

以下の具体的な会話を見て、使い方と意味を理解しましょう。

元の会話

上司:「【タスク】に気をつけて、プログラムを組んでほしい」
部下:「了解しました。他には何に気をつければいいでしょうか?」

わかりやすく変換

上司:「【コンピュータの処理単位】に気をつけて、プログラムを組んでほしい」
部下:「了解しました。他には何に気をつければいいでしょうか?」

使い方に関する解説

今回のようなシチュエーションでは「コンピュータの処理単位」という意味で「タスク」を使います。

IT業界で「タスク」が出てきたら、間違いなく「コンピュータの処理単位」という意味になるでしょう。

ITの現場では「やらなければならない仕事」「業務・作業」という意味で使われるのは少なくなります。

やはりITにおいてタスクは、「コンピュータの処理単位」という意味の方が、優先的に使われるので要注意です。

上司と打ち合わせをする時の「タスク」

上司と打ち合わせをする時に「タスク」が出てくると、どんな意味になるのでしょうか。

以下の具体的な会話を見て、使い方と意味を理解しましょう。

元の会話

上司:「今日は絶対にこれだけの【タスク】をこなしてほしい」
部下:「わかりました。できる限り頑張ってみます・・・」

わかりやすく変換

上司:「今日は絶対にこれだけの【やらなければならない仕事】をこなしてほしい」
部下:「わかりました。できる限り頑張ってみます・・・」

使い方に関する解説

今回のようなシチュエーションでは「やらなければならない仕事」という意味で「タスク」を使います。

強制させるニュアンスで「タスク」が出てきたら、「やらなければならない仕事」という意味になるでしょう。

「業務・作業」という意味でも通りますが、絶対にして欲しいというニュアンスが込められている点に注意です。

強く求められる時のタスクは、「やらなければならない仕事」という意味で使うと覚えておきましょう。

ここまでは、「タスク」の具体的な使い方と実例をお伝えしました。

どういうシチュエーションなら「タスク」を使ってもいいのか、また使うべきなのか理解できたと思います。

ただし「タスク」と似たような言葉や、実は意味が違う言葉については、まだわからないでしょう。

そこで次は「タスクと似たような言葉・間違えやすい言葉」について紹介していきます。

「タスク」と似たような言葉・間違えやすい言葉

「タスク」という言葉と一緒くたにされたり、似た意味だと思われやすいのが、以下の言葉です。

  • ランチャー
  • プロジェクト
  • タスクチーム

これらの言葉と「タスク」を比較して、使い方のポイントや意味の違いを浮き彫りにしていきましょう。

「タスク」と「ランチャー」を比較

「ランチャー」の本来の意味は、「コンピュータのソフトを起動するための仕組み」です。

一方、先述したようにタスクには「コンピュータの処理単位」「やらなければならない仕事」などの意味があります。

タスクとランチャーの意味を比較するとわかると思いますが、これらは全然違うので要注意です。

もし、あえてタスクとランチャーを一緒に使うのであれば、どんな用法になるでしょうか。

「タスクを意識したランチャーにする」という、ITの現場でしか通用しない言い方が予想されます。

ちなみに実際のビジネスシーンにおいて、タスクとランチャーが一緒に使われるのはIT業界だけです。

タスクと同じように、ランチャーはコンピュータ関連ワードなので、日常的に使われます。

ただ、IT以外の企業に就くなら、ランチャーの意味や使い方を理解しなくても大丈夫でしょう。

「タスク」と「プロジェクト」を比較

「プロジェクト」の本来の意味は、「計画」です。

ビジネスシーンにおいて「プロジェクト」は、「社運をかけた一大プロジェクト」のような使われ方をします。

一方、先述したようにタスクには「業務・作業」「やらなければならない仕事」などの意味があります。

タスクとプロジェクトの意味を比較するとわかると思いますが、これらは全然違う意味です。

もし、あえてタスクとプロジェクトを一緒に使うのであれば、どんな用法になるでしょうか。

「プロジェクト成功のために一つ一つのタスクが重要」という言い方が予想されます。

つまりは、日々のタスク(業務)の集合体が、プロジェクト(計画)ともいえるのです。

このようにタスクとプロジェクトの意味は違いますが、関係は密接なので日々の仕事でもよく一緒に使われます。

「タスク」と「タスクチーム」を比較

「タスクチーム」の本来の意味は、「業務をこなすために特別に組まれたチーム」のことです。

ビジネスにおいて「タスクチーム」は、「大事な計画なのでタスクチームを組む」のような使われ方をします。

意味を見ればわかる通り、タスクチームはタスクの派生形として理解するといいでしょう。

ちなみにビジネスシーンにおいて、個人がタスクチームに組み込まれるのは、一般的に嬉しいことです。

上司に日々の仕事を認められたので、タスクチームに編成されることが多いです。

仕事のできない人であれば、とてもじゃないですがタスクチームに編入することはできません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of