いくつかの意味を持っている?「シュリンク」の意味と使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

シュリンクにはいくつか意味がありますが、代表的なのは「衰退」です。

場合によっては、「透明なフィルムで梱包する」や「部品や基板が縮小化する」なども意味します。

これで、とりあえずまずは「シュリンクとはどんな意味なのか」という疑問が晴れたと思います。

ただし「シュリンク」という言葉を、具体的にどう使えばいいのかは、まだわからないでしょう。

そこで次は「シュリンクの具体的な使い方と実例」について紹介していきます。


「シュリンク」の意味

「シュリンク」の具体的な使い方と実例

「シュリンク」という言葉が、どんな時・どういう会話で・どんなワード共に使われるのか解説していきましょう。

今回紹介する「シュリンク」の具体的な使い方とシチュエーションは、以下の通りになっています。

  • 会社で市場調査をする時の「シュリンク」
  • 製造業で使う時の「シュリンク」
  • ハードウェア産業で使う時の「シュリンク」

会話例とともに紹介していくので、今のあなたが一番近いシチュエーションの使い方をチェックしてみてください。

会社で市場調査をする時の「シュリンク」

会社で市場調査をする時に「シュリンク」が出てくると、どんな意味になるのでしょうか。

以下の具体的な会話を見て、使い方と意味を理解しましょう。

元の会話

上司:「我が社の市場は明らかに【シュリンク】が見られる。別の市場を探すべきだ」
部下:「似た業界はどこも伸び悩んでいます。全く新しい分野に着手するのはどうでしょう」

わかりやすく変換

上司:「我が社の市場は明らかに【衰退】が見られる。別の市場を探すべきだ」
部下:「似た業界はどこも伸び悩んでいます。全く新しい分野に着手するのはどうでしょう」

使い方に関する解説

今回のようなシチュエーションでは「衰退」という意味で「シュリンク」を使います。

市場・マーケット・業界とともに「シュリンク」が出てきたら、確実に「衰退」という意味になるでしょう。

「透明なフィルムで梱包する」「部品や基板が縮小化する」という意味で使われることはないので、要注意です。

上記のような会話をする時のシュリンクは、「衰退」という意味で使うと覚えておきましょう。

製造業で使う時の「シュリンク」

製造業のビジネスシーンで「シュリンク」が出てくると、どんな意味になるのでしょうか。

以下の具体的な会話を見て、使い方と意味を理解しましょう。

元の会話

上司:「きちんと【シュリンク】できているか確認しておいてくれ」
部下:「了解しました。すべて確認しておきます」

わかりやすく変換

上司:「きちんと【透明なフィルムで梱包】できているか確認しておいてくれ」
部下:「了解しました。すべて確認しておきます」

使い方に関する解説

今回のようなシチュエーションでは「透明なフィルムで梱包する」という意味で「シュリンク」を使います。

製造業の現場で「シュリンク」が出たら、間違いなく「透明なフィルムで梱包する」という意味になるでしょう。

「部品や基板が縮小化する」「衰退」という意味で使われることはないので、注意してください。

製造業を始めとする梱包を伴う業界では、「透明なフィルムで梱包する」という意味で使うと覚えておきましょう。

ハードウェア産業で使う時の「シュリンク」

ハードウェア産業における「シュリンク」が出てくると、どんな意味になるのでしょうか。

以下の具体的な会話を見て、使い方と意味を理解しましょう。

元の会話

部下:「ついに【シュリンク】に成功しました!」
上司:「よくやった!これは業界を震撼させる技術進歩になるだろう」

わかりやすく変換

部下:「ついに【部品や基板が縮小化すること】に成功しました!」
上司:「よくやった!これは業界を震撼させる技術進歩になるだろう」

使い方に関する解説

今回のようなシチュエーションでは「部品や基板が縮小化する」という意味で「シュリンク」を使います。

ハードウェア産業で「シュリンク」が出てきたら、間違いなく「部品や基板が縮小化する」という意味です。

ハードウェア産業専用の意味なので「衰退」「透明なフィルムで梱包する」という意味にはなりません。

上記のような会話をする時のシュリンクは、「部品や基板が縮小化する」という意味で使うと覚えておきましょう。

ここまでは、「シュリンク」の具体的な使い方と実例をお伝えしました。

どういうシチュエーションなら「シュリンク」を使ってもいいのか、また使うべきなのか理解できたと思います。

ただし「シュリンク」と似たような言葉や、実は意味が違う言葉については、まだわからないでしょう。

そこで次は「シュリンクと似たような言葉・間違えやすい言葉」について紹介していきます。

「シュリンク」と似たような言葉・間違えやすい言葉

「シュリンク」という言葉と一緒くたにされたり、似た意味だと思われやすいのが、以下の言葉です。

  • ストレッチフィルム
  • イシュー
  • バックアップ

これらの言葉と「シュリンク」を比較して、使い方のポイントや意味の違いを浮き彫りにしていきましょう。

「シュリンク」と「ストレッチフィルム」を比較

「ストレッチフィルム」の本来の意味は、「透明なフィルムで梱包すること」です。

一方、先述したようにシュリンクには「透明なフィルムで梱包する」などの意味があります。

シュリンクとストレッチフィルムの意味を比較するとわかると思いますが、これらは同義です。

ちなみに梱包を伴うビジネスにおいて、シュリンクとストレッチフィルムが一緒に使われるのは非常に多いです。

しかし業界人からすると、シュリンクとストレッチフィルムの意味はちょっとだけ違うので注意しましょう。

ストレッチフィルムは、ラップフィルムでぐるぐる巻きにして梱包します。

一方、シュリンクは梱包するフィルムに熱を加え、対象と一緒に一体化する方法です。

シュリンクの方が一手間かかっているせいか、梱包としての強度は高いですが、コストが高くなります。

「シュリンク」と「イシュー」を比較

「イシュー」の本来の意味は、「課題」です。

ビジネスシーンにおいて「イシュー」は、「イシューを浮き彫りにする」のような使われ方をします。

一方、先述したようにシュリンクには「衰退」「透明なフィルムで梱包する」などの意味があります。

シュリンクとイシューの意味を比較するとわかると思いますが、これらは全く別物です。

もし、あえてシュリンクとイシューを一緒に使うのであれば、どんな用法になるでしょうか。

「シュリンクを防ぐためにイシューを浮き彫りにする」という言い方が予想されます。

ちなみに実際のビジネスシーンにおいて、シュリンクとイシューが一緒に使われるのはそれなりに多いです。

ビジネスにおいて「課題」と「衰退」という言葉が非常に密接なので、よく使われることになります。

「シュリンク」と「バックアップ」を比較

「バックアップ」の本来の意味は、「データの複製を残しておくこと」です。

ビジネスシーンにおいて「バックアップ」は、「もしものためにバックアップする」のような使われ方をします。

一方、先述したようにシュリンクには「衰退」「部品や基板が縮小化する」などの意味があります。

シュリンクとバックアップの意味を比較するとわかると思いますが、これらは全く違います。

ちなみに実際のビジネスシーンにおいて、シュリンクとバックアップが一緒に使われるのは非常に多いです。

このように意味が全然違うのにも関わらず、シュリンクとバックアップが一緒に使われるのには理由があります。

実はIT産業においての「シュリンク」は「データを圧縮する」という意味があるのです。

そのため、IT業界において「バックアップのためにシュリンクする」という使われ方をします。

ただ、IT業界に勤めない限り、シュリンクとバックアップを一緒に使うことはほとんどないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of