新規事業の用語に出てくる「スキーム」の意味と使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

スキームにはいくつか意味がありますが、代表的なのは「継続性を伴った計画」です。

場合によっては、「基本構想」や「収益を出す仕組み」なども意味します。

これで、とりあえずまずは「スキームとはどんな意味なのか」という疑問が晴れたと思います。

ただし「スキーム」という言葉を、具体的にどう使えばいいのかは、まだわからないでしょう。

そこで次は「スキームの具体的な使い方と実例」について紹介していきます。


「スキーム」の意味

「スキーム」の具体的な使い方と実例

「スキーム」という言葉が、どんな時・どういう会話で・どんなワードともに使われるのか解説していきましょう。

今回紹介する「スキーム」の具体的な使い方とシチュエーションは、以下の通りになっています。

  • 会社で戦略会議をする時の「スキーム」
  • 会社方針を話しあう時の「スキーム」
  • 取引先に提案する時の「スキーム」

会話例とともに紹介していくので、今のあなたが一番近いシチュエーションの使い方をチェックしてみてください。

会社で戦略会議をする時の「スキーム」

会社で戦略会議をする時に「スキーム」が出てくると、どんな意味になるのでしょうか。

以下の具体的な会話を見て、使い方と意味を理解しましょう。

元の会話

重役A:「我が社のビジネスにおける【スキーム】をハッキリ決めておきたいと思う」
重役B:「現在進行系の【スキーム】にかける人員はどうする?」

わかりやすく変換

重役A:「我が社のビジネスにおける【継続性を伴った計画】をハッキリ決めておきたいと思う」
重役B:「現在進行系の【継続性を伴った計画】にかける人員はどうする?」

使い方に関する解説

今回のようなシチュエーションでは「継続性を伴った計画」という意味で「スキーム」を使います。

長期的な計画案というニュアンスで「スキーム」が出たら、確実に「継続性を伴った計画」という意味です。

「収益を出す仕組み」という意味ならまだしも、「基本構想」という意味で使われることはないので要注意です。

上記のような会話をする時のスキームは、「継続性を伴った計画」という意味で使うと覚えておきましょう。

会社方針を話しあう時の「スキーム」

会社方針を話しあう時に「スキーム」が出てくると、どんな意味になるのでしょうか。

以下の具体的な会話を見て、使い方と意味を理解しましょう。

元の会話

上司:「我が社の【スキーム】は、昔から“顧客第一”だ。見合った活動をしてほしい」
部下:「最近の営業方法は、我が社の【スキーム】とかけ離れている気がしますが・・・」

わかりやすく変換

上司:「我が社の【基本構想】は、昔から“顧客第一”だ。見合った活動をしてほしい」
部下:「最近の営業方法は、我が社の【基本構想】とかけ離れている気がしますが・・・」

使い方に関する解説

今回のようなシチュエーションでは「基本構想」という意味で「スキーム」を使います。

ポリシー(方針)のような使い方で「スキーム」が出たら、間違いなく「基本構想」という意味になるでしょう。

「収益を出す仕組み」および「継続性を伴った計画」という意味で使われることはないので、注意してください。

精神的な指針となる要素を話す時のスキームは、「基本構想」という意味で使うと覚えておきましょう。

取引先に提案する時の「スキーム」

取引先に提案する時に「スキーム」が出てくると、どんな意味になるのでしょうか。

以下の具体的な会話を見て、使い方と意味を理解しましょう。

元の会話

自社担当:「我が社のサービスの【スキーム】はこのようになっています」
取引先担当:「この【スキーム】によって、どれくらいの収益が可能なのでしょうか」

わかりやすく変換

自社担当:「我が社のサービスの【収益を出す仕組み】はこのようになっています」
取引先担当:「この【収益を出す仕組み】によって、どれくらいの収益が可能なのでしょうか」

使い方に関する解説

今回のようなシチュエーションでは「収益を出す仕組み」という意味で「スキーム」を使います。

「ビジネスモデル」と同じような使い方で「スキーム」が出たら、「収益を出す仕組み」という意味になるでしょう。

「継続性を伴った計画」という意味ならまだしも、「基本構想」という意味で使われることはないので要注意です。

稼ぎや収益を意識した会話時のスキームは、「収益を出す仕組み」という意味で使うと覚えておきましょう。

ここまでは、「スキーム」の具体的な使い方と実例をお伝えしました。

どういうシチュエーションなら「スキーム」を使ってもいいのか、また使うべきなのか理解できたと思います。

ただし「スキーム」と似たような言葉や、実は意味が違う言葉については、まだわからないでしょう。

そこで次は「スキームと似たような言葉・間違えやすい言葉」について紹介していきます。

「スキーム」と似たような言葉・間違えやすい言葉

「スキーム」という言葉と一緒くたにされたり、似た意味だと思われやすいのが、以下の言葉です。

  • システム
  • フローチャート
  • プラン

これらの言葉と「スキーム」を比較して、使い方のポイントや意味の違いを浮き彫りにしていきましょう。

「スキーム」と「システム」を比較

「システム」の本来の意味は「仕組み・方法」です。

ビジネスシーンにおいて「システム」は、「我が社のシステムは以下の通りです」のような使われ方をします。

一方、先述したようにスキームには「継続性を伴った計画」「収益を出す仕組み」などの意味です。

スキームとシステムの意味を比較するとわかると思いますが、本質は違いますが両者は少し似ています。

スキームはシステムを比べると、もっと具体的な内容になっており、システムの方が漠然としています。

両者はビジネスシーンにおいて一緒に使われることも多いので、意味を一緒くたにしないように気をつけましょう。

「スキーム」と「フローチャート」を比較

「フローチャート」の本来の意味は、「手順および工程における一連の流れを表した図」です。

ビジネスにおいて「フローチャート」は、「今回はこのフローチャートに沿って行う」のような使われ方をします。

一方、先述したようにスキームには「継続性を伴った計画」「収益を出す仕組み」などの意味があります。

スキームとフローチャートの意味を比較するとわかると思いますが、これらは全く別の意味です。

もし、あえてスキームとフローチャートを一緒に使うのであれば、どんな用法になるでしょうか。

「我が社のスキームはこのフローチャートに従う」という言い方が予想されます。

ちなみに実際のビジネスシーンにおいて、スキームとフローチャートが一緒に使われるのは非常に多いです。

スキームは前章で示したようなシーンで使われますが、フローチャートも同じく会議や打合わせで使われています。

意味は全然違うのですが、使うシーンが同じのため、スキームとフローチャートが一緒くたにされるのです。

「スキーム」と「プラン」を比較

「プラン」の本来の意味は、「計画」です。

一方、先述したようにスキームには「継続性を伴った計画」などの意味があります。

スキームとプランの意味を比較するとわかると思いますが、これらは似ています。

しかし厳密には違うので要注意です。具体的に言うと、プランには「継続性」が伴いません。

一時的に行う計画のことを「プラン」といい、長期に及んで継続的におこなう計画を「スキーム」といいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

最初のコメントを頂けますか?

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »