電話で全て完結できるって本当?転職エージェントの電話面談を大解剖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「転職エージェントの電話面談」といえば、知識や経験がない人にとっては未知の領域で、不安を煽る要素だ。

だからこそ、転職エージェントの電話面談について、腑に落ちる知識を得られぬまま、延々と調べている人は本当に多い。

あなたも「転職エージェントの電話面談」に関して、以下に示すような疑問や不安をもっていないだろうか?

  • 転職エージェントの電話面談は何時までできる?土日対応は?
  • やっぱり転職エージェントの面談は、電話より会った方がいいのだろうか・・・
  • やる気が感じられない人は、転職エージェントの電話面談で落ちると聞いたけど本当?
  • 転職エージェントに一度も会わずに、電話だけで全てが完結できるのだろうか

こうした疑問や不安があるのに解決しないまま、「転職エージェントの電話面談」に挑戦しようとしてはいけない。

転職エージェントの電話面談に関する知識が足りていないので、このままではあなたが望む結果にならないだろう。

そこで今回は「転職エージェントの電話面談」に関する疑問・不安について、複数回の転職経験者である筆者が必要な知識を解説していく。

最後まで読み終えた時、以下のような知識を身につけることができるだろう。

  • 「何時までできる?転職エージェントの電話面談の基礎知識」
  • 「会う方が良い?転職エージェントの電話面談を選択する3つのリスク」
  • 「やる気のない人は要注意!転職エージェントの電話面談をつかいこなすコツ」
  • 「転職エージェントの電話面談を上手く乗り切るための3つの注意点」

つまり、この記事を読めばあなたが知っておくべき「転職エージェントの電話面談」に関する知識は、すべて網羅できるということだ。

これを機に、転職エージェントの電話面談についてしっかりと理解して、これからの活動に役立てて頂きたい。

目次

何時までできる?転職エージェントの電話面談の基礎知識

まず解説するのは「何時までできる?転職エージェントの電話面談の基礎知識」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 電話面談(電話カウンセリング)だけで転職エージェントは利用可能
  • 電話面談だけで完結する転職エージェントは忙しいビジネスマンに最適
  • 土日や夜21時以降も電話面談を受け付けてくれる転職エージェントは存在する

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

電話面談だけで大抵の転職エージェントは利用可能

電話面談は、転職エージェントによって対応に違いが出てくる。

ただ定番の転職エージェントサービスであれば、電話面談だけで希望通りに転職活動ができるだろう。

例を挙げると「DODA」は、実際に電話面談だけで完結する転職エージェントサービスである。

電話面談だけで完結する転職エージェントは忙しいビジネスマンに最適

大抵の転職エージェントでは、最初から最後まで電話面談で完結することができる。

転職エージェントへ面談に行くことがそんな簡単にはできない人も多い。

それでも転職をしたいという気持ちが強いケースでは、電話面談だけで転職サポートしてくれるエージェントはうれしいものだ。

土日や夜21時以降も電話面談を受け付けてくれる転職エージェントは存在する

例えば、朝は常に7時半出社で、監視されているせいで自由に帰宅できず、平日の夜21時くらいまで動けない場合もあるだろう。

そんな時、夜22時くらいまで電話面談を実施してくれる転職エージェントは、ありがたい存在になるはずだ。

実際にDODAなどは、土・日曜日も平日の21時以降も候補日に入れてくれるので、忙しい人に有効である。

以上、「何時までできる?転職エージェントの電話面談の基礎知識」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職エージェントの電話面談」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職エージェントの電話面談」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である「会う方が良い?転職エージェントの電話面談を選択する3つのリスク」について、次章では解説する。

会う方が良い?転職エージェントの電話面談を選択する3つのリスク

次に解説するのは「会う方が良い?転職エージェントの電話面談を選択する3つのリスク」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 場合によっては電話面談だけだと非公開求人の数が少なくなる
  • 電話面談だけで完結すると転職エージェントからのフィードバックが遅くなる
  • 実際に会った方が転職エージェントを味方につけやすい

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

場合によっては電話面談だけだと非公開求人の数が少なくなる

転職エージェントに相談すれば、「非公開求人」をアップしてもらい、転職先を決めるといったこともできる。

電話面談が完結する転職エージェントを効果的に使うことで、より転職へと結びつけられるだろう。

しかし転職エージェントによっては、電話面談だけでは非公開求人を積極的に流さない場合もあるので要注意だ。

電話面談だけで完結すると転職エージェントからのフィードバックが遅くなる

電話面談を採用する欠点は、各種提出書類の添削など、返事が返ってくるまでの待ち時間が長いことである。

ただ、隙間時間を使いこなせばフィードバックまでの時間ロスをうまくいなすことができるだろう。

実際にマイナビは電話対応のみ可能な転職エージェントで、帰宅途中に電話で面談を受ける融通性も持っている。

実際に会った方が転職エージェントを味方につけやすい

企業面談には直接転職エージェントに行くことが求められ、転職エージェントとは基本的にはメールと電話面談で完結する。

転職エージェントとしては実際に会って転職への意気込みや、力になってほしいと伝えたほうが味方につけられる。

つまりは転職エージェントのオフィス面談に足を運べるなら、いった方がいいのだ。

以上、「会う方が良い?転職エージェントの電話面談を選択する3つのリスク」について解説してきた。

この章で示した知識は「転職エージェントの電話面談」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職エージェントの電話面談」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である「やる気のない人は要注意!転職エージェントの電話面談をつかいこなすコツ」について、次章では解説する。

やる気のない人は要注意!転職エージェントの電話面談をつかいこなすコツ

次に解説するのは「やる気のない人は要注意!転職エージェントの電話面談をつかいこなすコツ」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 転職エージェントによっては電話どころかメールで完結する場合もある
  • 電話面談をキチンと遂行したいなら事前の準備は絶対に必要
  • 電話面談だからこそ転職エージェントにはやる気を見せておく

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

転職エージェントによっては電話どころかメールで完結する場合もある

転職エージェントサービスに登録した場合、1週間足らずで電話かメールで連絡するとの返信メールがくる。

転職エージェントによっては、メールインタビューのみで完結する場合もある。

電話面談をキチンと遂行したいなら事前の準備は必ず必要

電話面談では、転職活動状況や転職することになった理由など、電話面談に聞かれる質問の回答準備が必要である。

転職エージェントも儲けが必要なので見る目はシビアだ。

具体的には「やる気がない人に相談することはない」と判断している。

だからこそ「転職する」というような意思を、質問への回答という形でしっかりと見せつけておく必要があるのだ。

電話面談だからこそ転職エージェントにはやる気を見せておく

転職エージェントに積極的には活動しているあなたの姿をアピールしておいた方がいいであろう。

転職エージェントには「現在の具体的な行動としては転職サイトから応募しています」と答えるとよい。

電話面談では担当するスタッフから希望年収、希望している各種条件も質問されるが、正直に答えよう。

転職理由も転職エージェントには、正直に答えを返して問題ない。

以上、「やる気のない人は要注意!転職エージェントの電話面談をつかいこなすコツ」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職エージェントの電話面談」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職エージェントの電話面談」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である「転職エージェントの電話面談を上手く乗り切るための3つの注意点」について、次章では解説する。

転職エージェントの電話面談を上手く乗り切るための3つの注意点

最後に解説するのは「転職エージェントの電話面談を上手く乗り切るための3つの注意点」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  1. 電話面談イコール「審査・選別」の場合があるので気合いをいれて望もう
  2. リクルートエージェントの電話面談は特に難易度が高いので要注意
  3. 電話面談のコツは静かな場所でハキハキと素早く答えること

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

電話面談イコール「審査・選別」の場合があるので気合いをいれて望もう

転職エージェントによっては電話面談で、本当に転職コンサルティングを受けるべき人を選別している。

具体的には電話面談で落ちると、門前払い扱いとなるだろう。

だからこそ、電話面談も面談だと考えてチャレンジすることが大切だ。

リクルートエージェントの電話面談は特に難易度が高いので要注意

リクルートエージェントを通じて転職を成功させたいと考えている場合は、面談前の準備は必須である。

審査内容が厳しいので、転職するかどうか判断できずにいる場合は、登録しないほうがいいだろう。

やる気が感じられないと、審査の結果がよくならないので注意してほしい。

電話面談のコツは静かな場所でハキハキと素早く答えること

転職エージェントの電話面談は、1時間前後である。面談と異なり、電話面談のみによる会話だ。

だからこそ電話面談には、環境が重要である。うるさい場所で電話せずに、静かな場所で話すようにしよう

電話面談を乗り切るためのポイントとしては、なるべく素早く答える事だ。なよなよしていると悪印象になる。

以上、「転職エージェントの電話面談を上手く乗り切るための3つの注意点」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職エージェントの電話面談」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

【2018年8月最新】筆者オススメの厳選転職エージェント6選

筆者がオススメする厳選転職エージェント

ここでは、筆者がオススメする転職エージェントを厳選して紹介しておこう。

転職エージェントを最大限活用する為には、

  • 自分の希望に合ったスタイルの転職エージェントか
  • その業界・企業に強みを持っているか
が大きなカギを握っている。

転職エージェントの利用先は、一つでなければ行けない決まりはない。

筆者としては、厳選した6社から3~4社ほど申し込むことをオススメしている。

勿論、やり取りが追い付かないレベルはNGだが、ある程度話を聞いてみて「この人が一番信頼できる」と感じたエージェントに活動を絞っていくのがベストだ。

※ランキングは筆者の見解による

1.ビズリーチ

BIZREACH

ビズリーチ

※参照:ビズリーチ公式HP

ビズリーチの詳細情報

求人数 約60,000件以上
取引先企業数 約7,700社
ヘッドハンター数 2,000名以上
利用者の年齢 登録者の約半数が30~40代
特徴 ヘッドハンターと企業両面からのスカウト方式
料金 基本は無料/有料プランは30日間で3,000円~5,000円前後
運営会社 株式会社ビズリーチ
主要対応エリア 全国対応
※2018年8月現在の公式ホームページ情報を調査 ※非公開事項は筆者のヒアリングによる

ビズリーチの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 年収500万円以上で、よりキャリアアップしたい方
  • 管理職・専門職の経験がある方
  • マネジメントスキルに自信がある方
  • 語学力に自信がある方
  • グローバル志向の方
ビズリーチについて、下記の記事でも詳しく解説しているのでぜひ読んでほしい。

ビズリーチを利用する

2.パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア

※参照:パソナキャリア公式HP

パソナキャリアの詳細情報

求人数 約40,000件(うち非公開求人約25,000件)
取引先企業数 約16,000社
得意な業界 ソフトウェア・通信・IT・電気・機械
得意な職種 営業・エンジニア・管理部門
コンサルタント数 不明
面談の有無 有り
応募書類添削対応 有り
選考日程調整対応 有り
年収交渉対応 有り
転職実績(累計) 累計約25万人の転職支援
求人の更新頻度 高い
料金 無料
運営会社 株式会社パソナ
主要対応エリア 全国対応
拠点数 50拠点(2018年8月時点)
※2018年8月現在の公式ホームページ情報を調査 ※非公開事項は筆者のヒアリングによる

パソナキャリアの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 女性で理系職種の転職希望者
  • 安定して長く働ける会社に行きたい方
  • 専門的なスキルを活かしたい方
  • 管理職を経験した事がある方
  • 第二新卒の転職希望者
パソナキャリアについて、下記の記事でも詳しく解説しているのでぜひ読んでほしい。

パソナキャリアを無料で利用する

3.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

※参照:リクルートエージェント公式HP

リクルートエージェントの詳細情報

求人数 公開34,732件 非公開173,064件
得意な業界 IT・通信・機械・小売・サービス・人材
コンサルタント数 約400名
面談の有無 有り
応募書類添削対応 有り
選考日程調整対応 有り
年収交渉対応 有り
転職実績(累計) 約40万名
転職実績(年単位) 約2万名
求人の更新頻度 高い
料金 無料
運営会社 株式会社リクルートキャリア
主要対応エリア 全国対応
拠点数 16拠点(2018年8月時点)
※2018年8月現在の公式ホームページ情報を調査 ※非公開事項は筆者のヒアリングによる

リクルートエージェントの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 幅広い職種・業界を紹介してほしい方
  • 大手企業・中堅企業を希望する方
  • 転職によって年収アップを目指す方
リクルートエージェントについて、下記の記事でも詳しく解説しているのでぜひ読んでほしい。

リクルートエージェントを無料で利用する

4.マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

※参照:マイナビエージェント公式HP

マイナビエージェントの詳細情報

求人数 公開6,307 件 非公開20,462件
得意な業界 IT・通信・メーカー・小売・サービス
コンサルタント数 不明
面談の有無 有り
応募書類添削対応 有り
選考日程調整対応 有り
年収交渉対応 有り
転職実績(累計) 厚生労働省委託事業「職業紹介優良事業者認定制度」において「職業紹介優良事業者」事業者認定を取得
転職実績(年単位) -
求人の更新頻度 高い
料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
主要対応エリア 全国対応
拠点数 5拠点(2018年8月時点)
※2018年8月現在の公式ホームページ情報を調査

マイナビエージェントの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 幅広い職種・業界を紹介してほしい方
  • 企業の内情をちゃんと把握したい方
  • 転職活動が初めてで、サポートしてもらいたい方

マイナビエージェントを無料で利用する

5.JACリクルートメント

JAC Recruitment

JAC Recruitment

※参照:JACリクルートメント公式HP

JACリクルートメントの詳細情報

求人数 約6,000~10,000件
取引先企業数 約25,000社
コンサルタント数 550名以上
転職実績(年間) 年間約67,000人が登録
特徴 外資系・海外企業に強み
料金 無料
運営会社 株式会社ジェイエイシー リクルートメント
主要対応エリア 全国対応
拠点数 9拠点(2018年8月時点)
※2018年8月現在の公式ホームページ情報を調査

JACリクルートメントの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 外資系企業・海外勤務を希望している方
  • 管理職経験が長い方
  • 各職種・業界のトップ人材
  • 語学力を活かして働きたい方

JACリクルートメントを利用する

6.DODAエージェントサービス

DODAエージェントサービス

DODAエージェントサービス

※参照:DODAエージェントサービス公式HP

DODAエージェントサービスの詳細情報

求人数 公開約40,000件 非公開約120,000件
コンサルタント数 不明/分野別コンサルタントが存在/提携エージェント300社
面談の有無 有り
応募書類添削対応 有り
選考日程調整対応 有り
年収交渉対応 有り
求人の更新頻度 高い
料金 無料
運営会社 パーソルキャリア株式会社(旧・株式会社インテリジェンス)
主要対応エリア 全国対応
拠点数 32拠点(2018年8月時点)
※2018年8月現在の公式ホームページ情報を調査

DODAエージェントサービスの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 幅広い職種・業界を紹介してほしい方
  • 20代後半~30台前半の方
  • 志望業界の予備知識がある方
  • 面接や書類の添削を受けなくても転職が出来る自信がある方
  • 転職のスケジューリングに不安がある方

DODA転職支援サービスを無料で利用する

まとめ

ここまで「転職エージェントの電話面談」をテーマとして、即戦力となる様々な知識を解説してきた。

「総決算」として改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみたい。

今回の記事で「どんな知識を得ることができたのか」という最後の確認になるだろう。ぜひ目を通してほしい。

何時までできる?転職エージェントの電話面談の基礎知識

  • 電話面談(電話カウンセリング)だけで転職エージェントは利用可能
  • 電話面談だけで完結する転職エージェントは忙しいビジネスマンに最適
  • 土日や夜21時以降も電話面談を受け付けてくれる転職エージェントは存在する

会う方が良い?転職エージェントの電話面談を選択する3つのリスク

  1. 場合によっては電話面談だけだと非公開求人の数が少なくなる
  2. 電話面談だけで完結すると転職エージェントからのフィードバックが遅くなる
  3. 実際に会った方が転職エージェントを味方につけやすい

やる気のない人は要注意!転職エージェントの電話面談をつかいこなすコツ

  • 転職エージェントによっては電話どころかメールで完結する場合もある
  • 電話面談をキチンと遂行したいなら事前の準備は絶対に必要
  • 電話面談だからこそ転職エージェントにはやる気を見せておく

転職エージェントの電話面談を上手く乗り切るための3つの注意点

  • 電話面談イコール「審査・選別」の場合があるので気合いをいれて望もう
  • リクルートエージェントの電話面談は特に難易度が高いので要注意
  • 電話面談のコツは静かな場所でハキハキと素早く答えること

上記に記した知識は、「転職エージェントの電話面談」において絶対に必要な知識なので、必ず吸収しておくべきだ。

逆に解説してきた知識さえ押さえておけば、転職エージェントの電話面談に関して疑問や不安を抱く必要はもうないだろう。

あなたにとって必要な知識は、すべて網羅できているので安心して欲しい。

今回紹介した、転職エージェントの電話面談に関する知識を使って、今後に活かしてもらえれば幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of