転職エージェントを利用しないのはアリ?使わない利点や代替案を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「転職エージェントを利用しない」という選択肢は、知識や経験がない人にとって頭をひねるポイントだ。

だからこそ、転職エージェントを利用しないかどうか、腑に落ちる決断ができず、延々と調べる人は本当に多い。

あなたも「転職エージェントを利用しないこと」に関して、以下に示すような疑問や不安をもっていないだろうか?

  • 転職エージェントを利用しなくてもいい理由って何?
  • 転職エージェントを利用しないメリットとデメリットを知りたい
  • 転職エージェントを利用しない転職活動方法を教えてほしい

こうした疑問や不安を持っているのに解決しないまま、転職エージェント利用の是非を決めてはいけない。

転職エージェントを利用しないことに関する知識が足りていないので、満足いく転職活動にはならないだろう。

そこで今回は「転職エージェントを利用しないこと」に関する疑問・不安について、複数回の転職経験者である筆者が必要な知識を解説していく。

最後まで読み終えた時、以下のような知識を身につけることができるだろう。

  • 「必須ではない?転職エージェントを利用しなくてもいい理由」
  • 「自由意志の尊重?転職エージェントを利用しない3つのメリット」
  • 「独自案件が見れない?転職エージェントを利用しない3つのデメリット」
  • 「意外と多い?転職エージェントを利用しない転職活動方法」

つまり、この記事を読めばあなたが知っておくべき「転職エージェントを利用しないこと」に関する知識は、すべて網羅できるということだ。

これを機に、転職エージェントを利用しないことについて理解して、これからの活動に役立てて頂きたい。

必須ではない?転職エージェントを利用しなくてもいい理由

まず解説するのは「必須ではない?転職エージェントを利用しなくてもいい理由」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 転職先企業を1社に絞り込んでいる場合は転職エージェント不要
  • 転職エージェントに求人を出していない企業も存在する
  • 転職エージェントを使うべきかどうかは利点と欠点の比較で行う

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

転職先企業を1社に絞り込んでいる場合は転職エージェント不要

世間的には転職時に情報を供給してくれる転職エージェントを利用した方が、転職成功率は高まる傾向が強い。

では具体的に、どのような人は転職エージェントの利用が必要ないのだろうか。

もっともシンプルなのは「特定の1社だけをエントリーしたい」「あの企業がダメだったら、今の会社に残る」という人だ。

求人広告などを見て特定企業のみをふるいにかけているようなであれば、転職エージェントの利用は必要ないだろう。

転職エージェントに求人を出していない企業も存在する

採用活動において転職エージェントにお世話になる会社もあるが、中には諸事情で求人を出さない企業もある。

数多い会社からの転職を希望するケースでは、転職エージェントはベストとはいえない方法であろう。

転職エージェントを使うべきかどうかは利点と欠点の比較で行う

どうしても転職エージェントを使うべきか否か、わからない人もいるだろう。

転職エージェントを使うか悩んでいる方は、後述する「利用しない利点と欠点」を把握した上で、意思決定をしよう。

以上、「必須ではない?転職エージェントを利用しなくてもいい理由」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職エージェントを利用しないこと」の必要知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職エージェントを利用しないこと」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である「自由意志の尊重?転職エージェントを利用しない3つのメリット」について、次章では解説する。

自由意志の尊重?転職エージェントを利用しない3つのメリット

次に解説するのは「自由意志の尊重?転職エージェントを利用しない3つのメリット」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 自分の力だけで転職活動をすると面談をする手間が省ける
  • エージェントの発言に左右されて不本意な転職活動をすることがない
  • 100%自分の力だけで転職活動の意思決定ができる

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

自分の力だけで転職活動をすると面談をする手間が省ける

エージェントサービスに登録すると職歴や各種リクエスト確認をするために、必ずエージェントと面談をしなくてはいけない。

利用しなければ、エージェント会社の各地にある支店等に赴いて、エージェントと話す手間がかかることはないだろう。

エージェントの発言に左右されて不本意な転職活動をすることがない

エージェントは転職先で働いて欲しいと望んでいる。選択の幅は狭くなってしまうだろう。

一方、エージェントを利用しなければ、自分が満足するまで転職活動をすることができる。

転職エージェントはボランティアで、求人情報をアナウンスしているわけではない。

転職エージェントのうまい営業トークに自分の意思がねじ曲げられてしまい、不本意な転職をする羽目になる可能性がある。

一方、転職エージェントを利用しなければ、求人情報をあなた一人で選んで、転職活動を進めることが可能だ。

100%自分の力だけで転職活動の意思決定ができる

転職エージェントを利用しなければ、転職アドバイザーの都合に振り回されずに、意思決定することができる。

歪んだ意見などが起因して、転職アドバイザーとのやり取りが、転職自体に対する方向性を誤らせる可能性がある。

そのため、転職エージェントを使わない方が望ましい人というのも存在はするのだ。

以上、「自由意志の尊重?転職エージェントを利用しない3つのメリット」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職エージェントを利用しないこと」の必要知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職エージェントを利用しないこと」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である「独自案件が見れない?転職エージェントを利用しない3つのデメリット」について、次章では解説する。

独自案件が見れない?転職エージェントを利用しない3つのデメリット

次に解説するのは「独自案件が見れない?転職エージェントを利用しない3つのデメリット」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 転職エージェント経由でしか知り得ない求人情報が存在する
  • 転職エージェント経由だけしか採用しない企業もある
  • 転職をサポートする人は一切おらず失敗を招きやすい

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

転職エージェント経由でしか知り得ない求人情報が存在する

転職希望者で入社したい企業がある程度ピックアップされていない場合、エージェント限定公開の求人に注意だ。

転職エージェントを使わないと、結果的にチャンスの芽を摘むことになるだろう。

転職エージェント経由だけしか採用しない企業もある

直接応募だと応募人数が多すぎるといったケースには、エージェントが推薦してくれた候補者だけを選考対象にすることもある。

エージェントだからこそ持っている情報やテクニックもあるため、利用しないとなると大きなハンデとなる。

こうなると転職エージェントを利用しないマイナスポイントは、大きいと言えるだろう。

転職をサポートする人は一切おらず失敗を招きやすい

転職エージェントを利用していれば、企業の内情や雰囲気も理解しながら円滑に交渉してくれる。

転職エージェントを利用していないと,転職知識が素人の個人が組織を相手に対応を余儀なくされ、不利になる。

エージェントを利用しないと、面接でミスを犯した時にサポートしてくれる人がいないことになり、挽回が難しくなるだろう。

以上、「独自案件が見れない?転職エージェントを利用しない3つのデメリット」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職エージェントを利用しないこと」の必要知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただ、筆者として最終的には転職エージェントの利用はオススメしている

一旦、利用したうえで決めればいいという見解だ。

【2020年2月最新】筆者オススメの厳選転職エージェント6選

最新情報を比較!筆者がおすすめする厳選転職エージェント

ここでは、筆者がオススメする転職エージェントを厳選して紹介しておこう。

転職エージェントを最大限活用する為には、

  • 自分の希望に合ったスタイルの転職エージェントか
  • その業界・企業に強みを持っているか
が大きなカギを握っている。

転職エージェントの利用先は、一つでなければ行けない決まりはない。

筆者としては、厳選した6社から3~4社ほど申し込むことをオススメしている。

勿論、やり取りが追い付かないレベルはNGだが、ある程度話を聞いてみて「この人が一番信頼できる」と感じたエージェントに活動を絞っていくのがベストだ。

※ランキングは筆者の見解による

1.ビズリーチ

BIZREACH

ビズリーチ

※参照:ビズリーチ公式HP

ビズリーチの詳細情報

求人数 約60,000件以上
取引先企業数 約7,700社
ヘッドハンター数 2,000名以上
利用者の年齢 登録者の約半数が30~40代
特徴 ヘッドハンターと企業両面からのスカウト方式
料金 基本は無料/有料プランは30日間で3,000円~5,000円前後
運営会社 株式会社ビズリーチ
主要対応エリア 全国対応
※2020年2月現在の公式ホームページ情報を調査 ※非公開事項は筆者のヒアリングによる

ビズリーチの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 年収500万円以上で、よりキャリアアップしたい方
  • 管理職・専門職の経験がある方
  • マネジメントスキルに自信がある方
  • 語学力に自信がある方
  • グローバル志向の方
ビズリーチについて、下記の記事でも詳しく解説しているのでぜひ読んでほしい。
※WEB履歴書等の詳細情報入力すると非公開の高収入案件を見ることができます。

【無料】ビズリーチを3分チェック

ちなみにビズリーチでは、登録時にWEB履歴書を基本情報(下記赤い部分・13項目)まで入力すると非公開の高収入求人が見られるようになっている。

ビズリーチの完了画面

ビズリーチの完了画面

1画面1設問なので、筆者の場合も3分ほどで入力ができた。

求人の条件にはこだわりたい!という場合は、ひと手間惜しまず入力してみよう。

但し、年収500万以上の人しか非公開求人を見られる権利を得られないようになっている。

年収500万以下の人は「リクルートエージェント」がオススメだ。

2.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

※参照:リクルートエージェント公式HP

リクルートエージェントの詳細情報

求人数 公開34,732件 非公開173,064件
得意な業界 IT・通信・機械・小売・サービス・人材
コンサルタント数 約400名
面談の有無 有り
応募書類添削対応 有り
選考日程調整対応 有り
年収交渉対応 有り
転職実績(累計) 約40万名
転職実績(年単位) 約2万名
求人の更新頻度 高い
料金 無料
運営会社 株式会社リクルートキャリア
主要対応エリア 全国対応
拠点数 16拠点(2020年2月時点)
※2020年2月現在の公式ホームページ情報を調査 ※非公開事項は筆者のヒアリングによる

リクルートエージェントの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 幅広い職種・業界を紹介してほしい方
  • 大手企業・中堅企業を希望する方
  • 転職によって年収アップを目指す方
リクルートエージェントについて、下記の記事でも詳しく解説しているのでぜひ読んでほしい。
※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】リクルートエージェントを3分チェック

3.dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービス

※参照:dodaエージェントサービス公式HP

dodaエージェントサービスの詳細情報

求人数 公開約40,000件 非公開約120,000件
コンサルタント数 不明/分野別コンサルタントが存在/提携エージェント300社
面談の有無 有り
応募書類添削対応 有り
選考日程調整対応 有り
年収交渉対応 有り
求人の更新頻度 高い
料金 無料
運営会社 パーソルキャリア株式会社(旧・株式会社インテリジェンス)
主要対応エリア 全国対応
拠点数 32拠点(2020年2月時点)
※2020年2月現在の公式ホームページ情報を調査

dodaエージェントサービスの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 幅広い職種・業界を紹介してほしい方
  • 20代後半~30台前半の方
  • 志望業界の予備知識がある方
  • 面接や書類の添削を受けなくても転職が出来る自信がある方
  • 転職のスケジューリングに不安がある方
dodaエージェントサービスについて、下記の記事でも詳しく解説しているのでぜひ読んでほしい。
※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】dodaエージェントサービスを3分チェック

4.マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

※参照:マイナビエージェント公式HP

マイナビエージェントの詳細情報

求人数 公開6,307 件 非公開20,462件
得意な業界 IT・通信・メーカー・小売・サービス
コンサルタント数 不明
面談の有無 有り
応募書類添削対応 有り
選考日程調整対応 有り
年収交渉対応 有り
転職実績(累計) 厚生労働省委託事業「職業紹介優良事業者認定制度」において「職業紹介優良事業者」事業者認定を取得
転職実績(年単位) -
求人の更新頻度 高い
料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
主要対応エリア 全国対応
拠点数 5拠点(2020年2月時点)
※2020年2月現在の公式ホームページ情報を調査

マイナビエージェントの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 幅広い職種・業界を紹介してほしい方
  • 企業の内情をちゃんと把握したい方
  • 転職活動が初めてで、サポートしてもらいたい方
マイナビエージェントトについて、下記の記事でも詳しく解説しているのでぜひ読んでほしい。
※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】マイナビエージェントを3分チェック

5.パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア

※参照:パソナキャリア公式HP

パソナキャリアの詳細情報

求人数 約40,000件(うち非公開求人約25,000件)
取引先企業数 約16,000社
得意な業界 ソフトウェア・通信・IT・電気・機械
得意な職種 営業・エンジニア・管理部門
コンサルタント数 不明
面談の有無 有り
応募書類添削対応 有り
選考日程調整対応 有り
年収交渉対応 有り
転職実績(累計) 累計約25万人の転職支援
求人の更新頻度 高い
料金 無料
運営会社 株式会社パソナ
主要対応エリア 全国対応
拠点数 50拠点(2020年2月時点)
※2020年2月現在の公式ホームページ情報を調査 ※非公開事項は筆者のヒアリングによる

パソナキャリアの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 女性で理系職種の転職希望者
  • 安定して長く働ける会社に行きたい方
  • 専門的なスキルを活かしたい方
  • 管理職を経験した事がある方
  • 第二新卒の転職希望者
パソナキャリアについて、下記の記事でも詳しく解説しているのでぜひ読んでほしい。
※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】パソナキャリアを3分チェック

6.JACリクルートメント

JAC Recruitment

JAC Recruitment

※参照:JACリクルートメント公式HP

JACリクルートメントの詳細情報

求人数 約6,000~10,000件
取引先企業数 約25,000社
コンサルタント数 550名以上
転職実績(年間) 年間約67,000人が登録
特徴 外資系・海外企業に強み
料金 無料
運営会社 株式会社ジェイエイシー リクルートメント
主要対応エリア 全国対応
拠点数 9拠点(2020年2月時点)
※2020年2月現在の公式ホームページ情報を調査

JACリクルートメントの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 外資系企業・海外勤務を希望している方
  • 管理職経験が長い方
  • 各職種・業界のトップ人材
  • 語学力を活かして働きたい方
JACリクルートメントについて、下記の記事でも詳しく解説しているのでぜひ読んでほしい。
※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】JACリクルートメントを3分チェック

転職エージェントと合わせて活用したい!市場価値算出ツール「ミイダス(MIIDAS)」

ミイダス

ミイダス

※参照:ミイダス公式HP

ここまで読んできて、

  • 自分の市場価値はどの程度なのか分からなくなった
  • どのレベルの求人を希望すれば良いのか不安になってきた
という人はいないだろうか。

満足度の高い転職のためには、企業が望む人材と自身のスキルのバランスが取れていることが重要だ。

経歴詐称に近いレベルでコンサルタントに応募書類を改変され、年収はアップしたものの周りに追いつけず、居づらくなって辞めたという話も時々耳にする。

自分の市場価値を把握する、企業からのオファーによる転職活動という2つの特徴を持つのが「ミイダス」だ。

ミイダスでは自分の経歴・スキルを入力すると、200万人の転職者データベースから自分の市場価値(適正年収)を算出してくれる。

またそのプロフィールを元に、書類選考通過と同じステップとなる企業からのオファーが届く仕組みだ。

  • 今すぐ転職活動をするのは不安だが、自分の市場価値は知っておきたい
  • 自分の経歴・スキルを歓迎してくれる企業に入りたい
という人には、一度試してみる価値があるだろう。

※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】ミイダスを3分チェック

転職エージェントについては下記記事で詳しく解説している。

意外と多い?転職エージェントを利用しない転職活動方法

最後に解説するのは「意外と多い?転職エージェントを利用しない転職活動方法」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 転職エージェント以外の方法があるのを頭にいれておく
  • 転職エージェント経由しないと納得できない内定が断りやすい
  • 転職サイトやハローワークなどエージェント以外の手段は豊富

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

転職エージェント以外の方法があるのを頭にいれておく

デメリットがあるとしても、「転職エージェントなしで転職を成功したい」という方もいるだろう。

また、赴任希望地によって、エージェントにバックアップを断られるケースもある。

そのため、エージェントに頼らない方法を頭に入れておいて損はない。

転職エージェント経由しないと納得できない内定が断りやすい

転職エージェントで面接した場合、様々な人を絡めたうえで応募しているが故に、内定を断りにくい。

さらに取引先に社員が転職して、その後の関係性が乱れた場合、転職にトラブルを招く可能性も考えられる。

転職エージェント経由で転職を考えるケースでは、内定拒否などのリスクも十分考慮するようにしてほしい。

転職サイトやハローワークなどエージェント以外の手段は豊富

転職サイトは、エージェントに求人を出していない企業にもチャレンジできる方法である。

また転職サイト以外の方法も、可能な限り役立てていこう。

具体的にはハローワークの利用をしてみることも選択肢の一つである。

紹介経由でも転職は可能なうえ、場合によってはヘッドハンティングなどの方法も考えられるだろう。

以上、「意外と多い?転職エージェントを活用しない転職活動方法」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職エージェントを利用しないこと」の必要知識なので、忘れないようにしてほしい。

まとめ

ここまで「転職エージェントを利用しないこと」をテーマとして、即戦力となる様々な知識を解説してきた。

「総決算」として改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみたい。

今回の記事で「どんな知識を得ることができたのか」という最後の確認になるだろう。ぜひ目を通してほしい。

必須ではない?転職エージェントを利用しなくてもいい理由

  • 転職先企業を1社に絞り込んでいる場合は転職エージェント不要
  • 転職エージェントに求人を出していない企業も存在する
  • 転職エージェントを使うべきかどうかは利点と欠点の比較で行う

自由意志の尊重?転職エージェントを利用しない3つのメリット

  • 自分の力だけで転職活動をすると面談をする手間が省ける
  • エージェントの発言に左右されて不本意な転職活動をすることがない
  • 100%自分の力だけで転職活動の意思決定ができる

独自案件が見れない?転職エージェントを利用しない3つのデメリット

  • 転職エージェント経由でしか知り得ない求人情報が存在する
  • 転職エージェント経由だけしか採用しない企業もある
  • 転職をサポートする人は一切おらず失敗を招きやすい

意外と多い?転職エージェントを利用しない転職活動方法

  • 転職エージェント以外の方法があるのを頭にいれておく
  • 転職エージェント経由しないと納得できない内定が断りやすい
  • 転職サイトやハローワークなどエージェント以外の手段は豊富

上記に記した知識は、「転職エージェントを利用しないこと」において絶対に必要な知識なので、必ず吸収しておくべきだ。

逆に解説してきた知識さえ押さえておけば、転職エージェントを利用しないことに関して、疑問や不安を抱く必要はもうないだろう。

あなたにとって必要な知識は、すべて網羅できているので安心して欲しい。

今回紹介した知識を使って、転職エージェントを使うかどうか決めてもらえれば幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Career Rules編集部

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of