転職エージェントを利用しないのはアリ?使わない利点や代替案を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「転職エージェントを利用しない」という選択肢は、知識や経験がない人にとって頭をひねるポイントだ。

だからこそ、転職エージェントを利用しないかどうか、腑に落ちる決断ができず、延々と調べる人は本当に多い。

あなたも「転職エージェントを利用しないこと」に関して、以下に示すような疑問や不安をもっていないだろうか?

  • 転職エージェントを利用しなくてもいい理由って何?
  • 転職エージェントを利用しないメリットとデメリットを知りたい
  • 転職エージェントを利用しない転職活動方法を教えてほしい

こうした疑問や不安を持っているのに解決しないまま、転職エージェント利用の是非を決めてはいけない。

転職エージェントを利用しないことに関する知識が足りていないので、満足いく転職活動にはならないだろう。

そこで今回は「転職エージェントを利用しないこと」に関する疑問・不安について、複数回の転職経験者である筆者が必要な知識を解説していく。

最後まで読み終えた時、以下のような知識を身につけることができるだろう。

  • 「必須ではない?転職エージェントを利用しなくてもいい理由」
  • 「自由意志の尊重?転職エージェントを利用しない3つのメリット」
  • 「独自案件が見れない?転職エージェントを利用しない3つのデメリット」
  • 「意外と多い?転職エージェントを利用しない転職活動方法」

つまり、この記事を読めばあなたが知っておくべき「転職エージェントを利用しないこと」に関する知識は、すべて網羅できるということだ。

これを機に、転職エージェントを利用しないことについて理解して、これからの活動に役立てて頂きたい。

目次

必須ではない?転職エージェントを利用しなくてもいい理由

まず解説するのは「必須ではない?転職エージェントを利用しなくてもいい理由」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 転職先企業を1社に絞り込んでいる場合は転職エージェント不要
  • 転職エージェントに求人を出していない企業も存在する
  • 転職エージェントを使うべきかどうかは利点と欠点の比較で行う

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

転職先企業を1社に絞り込んでいる場合は転職エージェント不要

世間的には転職時に情報を供給してくれる転職エージェントを利用した方が、転職成功率は高まる傾向が強い。

では具体的に、どのような人は転職エージェントの利用が必要ないのだろうか。

もっともシンプルなのは「特定の1社だけをエントリーしたい」「あの企業がダメだったら、今の会社に残る」という人だ。

求人広告などを見て特定企業のみをふるいにかけているようなであれば、転職エージェントの利用は必要ないだろう。

転職エージェントに求人を出していない企業も存在する

採用活動において転職エージェントにお世話になる会社もあるが、中には諸事情で求人を出さない企業もある。

数多い会社からの転職を希望するケースでは、転職エージェントはベストとはいえない方法であろう。

転職エージェントを使うべきかどうかは利点と欠点の比較で行う

どうしても転職エージェントを使うべきか否か、わからない人もいるだろう。

転職エージェントを使うか悩んでいる方は、後述する「利用しない利点と欠点」を把握した上で、意思決定をしよう。

以上、「必須ではない?転職エージェントを利用しなくてもいい理由」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職エージェントを利用しないこと」の必要知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職エージェントを利用しないこと」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である「自由意志の尊重?転職エージェントを利用しない3つのメリット」について、次章では解説する。

自由意志の尊重?転職エージェントを利用しない3つのメリット

次に解説するのは「自由意志の尊重?転職エージェントを利用しない3つのメリット」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 自分の力だけで転職活動をすると面談をする手間が省ける
  • エージェントの発言に左右されて不本意な転職活動をすることがない
  • 100%自分の力だけで転職活動の意思決定ができる

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

自分の力だけで転職活動をすると面談をする手間が省ける

エージェントサービスに登録すると職歴や各種リクエスト確認をするために、必ずエージェントと面談をしなくてはいけない。

利用しなければ、エージェント会社の各地にある支店等に赴いて、エージェントと話す手間がかかることはないだろう。

エージェントの発言に左右されて不本意な転職活動をすることがない

エージェントは転職先で働いて欲しいと望んでいる。選択の幅は狭くなってしまうだろう。

一方、エージェントを利用しなければ、自分が満足するまで転職活動をすることができる。

転職エージェントはボランティアで、求人情報をアナウンスしているわけではない。

転職エージェントのうまい営業トークに自分の意思がねじ曲げられてしまい、不本意な転職をする羽目になる可能性がある。

一方、転職エージェントを利用しなければ、求人情報をあなた一人で選んで、転職活動を進めることが可能だ。

100%自分の力だけで転職活動の意思決定ができる

転職エージェントを利用しなければ、転職アドバイザーの都合に振り回されずに、意思決定することができる。

歪んだ意見などが起因して、転職アドバイザーとのやり取りが、転職自体に対する方向性を誤らせる可能性がある。

そのため、転職エージェントを使わない方が望ましい人というのも存在はするのだ。

以上、「自由意志の尊重?転職エージェントを利用しない3つのメリット」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職エージェントを利用しないこと」の必要知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職エージェントを利用しないこと」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である「独自案件が見れない?転職エージェントを利用しない3つのデメリット」について、次章では解説する。

独自案件が見れない?転職エージェントを利用しない3つのデメリット

次に解説するのは「独自案件が見れない?転職エージェントを利用しない3つのデメリット」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 転職エージェント経由でしか知り得ない求人情報が存在する
  • 転職エージェント経由だけしか採用しない企業もある
  • 転職をサポートする人は一切おらず失敗を招きやすい

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

転職エージェント経由でしか知り得ない求人情報が存在する

転職希望者で入社したい企業がある程度ピックアップされていない場合、エージェント限定公開の求人に注意だ。

転職エージェントを使わないと、結果的にチャンスの芽を摘むことになるだろう。

転職エージェント経由だけしか採用しない企業もある

直接応募だと応募人数が多すぎるといったケースには、エージェントが推薦してくれた候補者だけを選考対象にすることもある。

エージェントだからこそ持っている情報やテクニックもあるため、利用しないとなると大きなハンデとなる。

こうなると転職エージェントを利用しないマイナスポイントは、大きいと言えるだろう。

転職をサポートする人は一切おらず失敗を招きやすい

転職エージェントを利用していれば、企業の内情や雰囲気も理解しながら円滑に交渉してくれる。

転職エージェントを利用していないと,転職知識が素人の個人が組織を相手に対応を余儀なくされ、不利になる。

エージェントを利用しないと、面接でミスを犯した時にサポートしてくれる人がいないことになり、挽回が難しくなるだろう。

以上、「独自案件が見れない?転職エージェントを利用しない3つのデメリット」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職エージェントを利用しないこと」の必要知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職エージェントを利用しないこと」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である「意外と多い?転職エージェントを利用しない転職活動方法」について、次章では解説する。

意外と多い?転職エージェントを利用しない転職活動方法

最後に解説するのは「意外と多い?転職エージェントを利用しない転職活動方法」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 転職エージェント以外の方法があるのを頭にいれておく
  • 転職エージェント経由しないと納得できない内定が断りやすい
  • 転職サイトやハローワークなどエージェント以外の手段は豊富

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

転職エージェント以外の方法があるのを頭にいれておく

デメリットがあるとしても、「転職エージェントなしで転職を成功したい」という方もいるだろう。

また、赴任希望地によって、エージェントにバックアップを断られるケースもある。

そのため、エージェントに頼らない方法を頭に入れておいて損はない。

転職エージェント経由しないと納得できない内定が断りやすい

転職エージェントで面接した場合、様々な人を絡めたうえで応募しているが故に、内定を断りにくい。

さらに取引先に社員が転職して、その後の関係性が乱れた場合、転職にトラブルを招く可能性も考えられる。

転職エージェント経由で転職を考えるケースでは、内定拒否などのリスクも十分考慮するようにしてほしい。

転職サイトやハローワークなどエージェント以外の手段は豊富

転職サイトは、エージェントに求人を出していない企業にもチャレンジできる方法である。

また転職サイト以外の方法も、可能な限り役立てていこう。

具体的にはハローワークの利用をしてみることも選択肢の一つである。

紹介経由でも転職は可能なうえ、場合によってはヘッドハンティングなどの方法も考えられるだろう。

以上、「意外と多い?転職エージェントを活用しない転職活動方法」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職エージェントを利用しないこと」の必要知識なので、忘れないようにしてほしい。

まとめ

ここまで「転職エージェントを利用しないこと」をテーマとして、即戦力となる様々な知識を解説してきた。

「総決算」として改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみたい。

今回の記事で「どんな知識を得ることができたのか」という最後の確認になるだろう。ぜひ目を通してほしい。

必須ではない?転職エージェントを利用しなくてもいい理由

  • 転職先企業を1社に絞り込んでいる場合は転職エージェント不要
  • 転職エージェントに求人を出していない企業も存在する
  • 転職エージェントを使うべきかどうかは利点と欠点の比較で行う

自由意志の尊重?転職エージェントを利用しない3つのメリット

  • 自分の力だけで転職活動をすると面談をする手間が省ける
  • エージェントの発言に左右されて不本意な転職活動をすることがない
  • 100%自分の力だけで転職活動の意思決定ができる

独自案件が見れない?転職エージェントを利用しない3つのデメリット

  • 転職エージェント経由でしか知り得ない求人情報が存在する
  • 転職エージェント経由だけしか採用しない企業もある
  • 転職をサポートする人は一切おらず失敗を招きやすい

意外と多い?転職エージェントを利用しない転職活動方法

  • 転職エージェント以外の方法があるのを頭にいれておく
  • 転職エージェント経由しないと納得できない内定が断りやすい
  • 転職サイトやハローワークなどエージェント以外の手段は豊富

上記に記した知識は、「転職エージェントを利用しないこと」において絶対に必要な知識なので、必ず吸収しておくべきだ。

逆に解説してきた知識さえ押さえておけば、転職エージェントを利用しないことに関して、疑問や不安を抱く必要はもうないだろう。

あなたにとって必要な知識は、すべて網羅できているので安心して欲しい。

今回紹介した知識を使って、転職エージェントを使うかどうか決めてもらえれば幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of