裏ではどうなってる?転職エージェントが「無料」で利用できる理由と4つの注意点

裏ではどうなってる?転職エージェントが「無料」で利用できる理由と4つの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
裏ではどうなってる?転職エージェントが「無料」で利用できる理由と4つの注意点 裏ではどうなってる?転職エージェントが「無料」で利用できる理由と4つの注意点

転職にいざ取りかかってみると、すべきことやプロセスが多く、改めて大変な手間を感じる人が多い。

  • 求人情報から応募企業の絞り込み
  • 応募書類の作成とエントリー
  • 面接日程の調整と面接
  • 給与交渉や不安材料について企業に確認
  • 現職場への退職の届出や退職交渉、など

仕事をしながらこれらのことを効率よく進めていきたいなら、転職エージェントの利用を検討すべきだ。

肝心なところはもちろん自分自身で手間をかけなければならないが、エージェントを使うことで手間と時間はかなり軽くなるだろう。

また転職経験豊富な人というのは非常にまれで、「経験ゼロ」初めての転職という人も多い。

その一方で転職エージェントは毎日のように、数えきれないほどの転職を扱っている。

だからこそ転職に関する知識をはじめ、転職に必要なプロセスや、どうしたら採用率が上がるかといったノウハウを持っているのだ。

さらに挙げるなら、転職エージェントの利用は「無料」なのもメリットのひとつだ。

しかし、下記のような疑問が浮かんではいないだろうか。

転職エージェントはなぜ無料で使えるのか

何故こんな便利なサービスが「無料」で受けられるのかという点である。

転職活動において、転職エージェントは活用した方が間違いなく良いと筆者は思っている。

一方で、転職エージェントもビジネスである。

ビジネスである限りは利益を求めるので、利用が無料であればなおのこと、カラクリや利用する際の注意点がある。

そこで元転職エージェントとして、その裏側を知る筆者が、このカラクリや注意点について教えていこう。

仕組みや注意すべき点を知れば、転職エージェントはあなたにとって心強い味方になってくれるはずだ。

そして後半では転職エージェントを活用するコツについても紹介したい。

あなたは優れた経験やスキル、または高い意欲を持って転職に臨むことと思う。

だが、応募する企業の選択から採用に至るまで、そのステップを踏み間違えただけで望まない結果になることがあるのだ。

信頼できる転職エージェントは、出来る限り失敗の少ない道筋を示してくれる。

いま転職を考えているのなら、転職エージェントについて理解を深め、活用して欲しい。

目次

転職エージェントが無料で利用できる理由は企業側から成果報酬をもらっているから

転職エージェントが無料で利用できる理由は企業側から成果報酬をもらっているから

応募者にとって無料で利用できる転職エージェントは、企業から成果報酬をもらうことで成り立っている。

転職エージェントの一般的な仕事の流れは次の通り。

  1. 企業から求人情報を集めつつ、転職者の登録ユーザーを集める
  2. 企業の求人とユーザーの希望をマッチングして企業に紹介する
  3. 面接日程の調整など採用のサポートをする
  4. ユーザーが採用されたら、採用した企業から紹介料をもらう

1~4までは転職エージェントにとって1円の売上にもならない。

だが採用が決定すれば、比較的高額な「紹介手数料」を企業からもらう契約になっている。

紹介し、サポートをして、採用が決まれば報酬が発生する「成功報酬型」のビジネスモデルなのだ。

転職エージェントは成果報酬型のビジネスモデル

ちなみに紹介手数料の金額には幅があるが、大手転職エージェントの場合、採用者の推定年収額の30%前後が相場だ。

つまり、あなたが採用時に企業から提示された年収が500万円ならば、およそ150万円が手数料になるということだ。

求人情報を公開するWEBサイトやユーザー情報の維持管理、企業への紹介とユーザーのサポート、これらはエージェントが負担する。

採用されて初めて、そのビジネスが成り立つだけの手数料を企業から受け取ることができる、というわけだ。

転職エージェントが「ユーザーという商材を企業に売る営業マン」とよく例えられるのは、こういったビジネスモデルがその理由なのだ。

転職エージェントを使うにあたってこの構図はぜひ頭に置いて欲しい。

実は存在する「有料」の転職エージェント

実は存在する「有料」の転職エージェント

成功報酬型の転職エージェントがほとんどだが、実はユーザーも料金を支払う「有料」の転職エージェントもある。

無料で利用できるのが一般的となっているサービスを有料にしても登録ユーザーが増えないように思える。

この仕組みについても紹介しよう。

ビズリーチは転職希望者を「お客様」と考える

有料会員のある転職エージェントは最近テレビCMなどでもおなじみのビズリーチだ。

ビズリーチ

ビズリーチによれば、従来の転職エージェントが応募者を商材として売り込むのに対し、有料会員にすることで「お客様」として扱う、という説明をしている。

お金を払っているのだからお客様、という理屈は分からなくはないが、どういうビジネスモデルなのか。

まとめると次のようなサービスがある。

  1. 利用プランには無料で利用できる「スタンダード」と有料の「プレミアム」がある
  2. さらにプレミアムは「タレント会員」と「ハイクラス会員」に分かれる
  3. スタンダードプランは一般的な転職エージェントと同様に利用でき、主に公募されている求人に対して応募できる
  4. プレミアム会員になると非公開の企業求人やヘッドハンターが保有している求人へのアプローチが可能になる

このように、サービスにグレードを決め、有料会員になるとアプローチできる求人が増える。

しかしこれだけでは「無料ですべての求人にアプローチできるサービス」に勝つことは出来ない。

プレミアム会員という、ありそうでなかったサービスについてもう少し詳しく説明しよう。

ヘッドハンティングと連携したハイクラス求人が売り

ビズリーチ、特にプレミアムプランの特長は、ヘッドハンターの持つ情報にもとづいたハイクラス求人にある。

ヘッドハンターとは、スカウトによるヘッドハンティングを専門にする、特にキャリア採用やスペシャリストをターゲットにしたエージェントだ。

ヘッドハンティングでは企業で活躍し、重要なポストに就いているような人物をクライアントのリクエストで企業から引き抜く。

こういった人材は収入も1,000万円以上といったように高く、現状に満足しているため転職意思が高くない場合も多い。

それだけに難易度も高く、ヘッドハンターに支払う報酬も高額になることが多いのだ。

高い年収を用意する企業側も、採用コストが高くなり過ぎるのでは使いにくい。

ビズリーチでは、会員ユーザーからも料金を得ることで企業にとっては比較的負担を軽くしているのだ。

また会員登録するということは「転職意思が高い」ということでもある。

キャリア採用を考える企業などでは使う価値のあるサービスと言えるだろう。

一方で会員は、他ではなかなか出会えないハイクラス求人のチャンスを得ることになる。

従来のヘッドハンティングは望むと望まないに関係なく転職者は受け身だが、登録することで自らアクションを起こせるのが大きな違いだろう。

つまりこのサービスは企業と転職者が対等、エージェントにとってはどちらもお客様という訳なのだ。

会員料金は30日間で3,000円~5,000円前後だ。

もしもあなたが現職場で高いポストや専門性の高いスペシャリストの職に就いており、キャリア採用を目指すなら利用を検討してみるのも良いだろう。

タダより高いものはない?転職エージェントを利用する上での注意点

タダより高いものはない?転職エージェントを利用する上での注意点

「タダより高い物はない」という言葉があるが、無料で利用できる転職エージェントには注意点がある。

そこで、デメリットや注意点、併せて具体的な対応策についても紹介したい。

冒頭にも伝えた通り、あなたが商材でエージェントが営業マン、という構図である限り、デメリットも当然あると考えて注意しておくべきだろう。

  • (1)エージェントの実績のために妥協を求められる
  • (2)ミスマッチでも売り込まれることがある
  • (3)内定を受ける優先順位もエージェントの都合が影響しやすい
  • (4)エージェントを通すことで質問やアピールのニュアンスが変わってしまう

これらのデメリットについて詳しく見ていこう。

デメリット(1)エージェントの実績のために妥協を求められる

まず、エージェントは採用が実績となるため、応募する際に妥協を求められる。

応募者が妥協を求められるケース

応募者が自身の希望に対して妥協を求められるケースには次のようなものがある。
・通勤エリア
・希望年収や待遇
・業務内容
・年間休日や福利厚生、など

第一希望~第三希望、と伝えてあったとしてもそれ以外の選択肢がエージェントから提案される場合がある。

対応策

・この転職の理由と、年収、働き方、業務内容など、何を最も重視するかはっきりさせる
・事前に希望する優先順位を第三希望くらいまで決めておく
・絶対に譲れないラインを数字で決めておく
・妥協できない条件であれば交渉をお願いするか、辞退を検討する

条件に当てはまる求人が少ない、年齢や経験から採用が出にくい、といった場合は妥協も必要だ。

しかしくれぐれも「転職エージェントの都合」になってしまわないように注意しよう。

デメリット(2)ミスマッチでも売り込まれることがある

募集に対してあまり自信のないスキルや経験でも似たようなキーワードで売り込まれてしまうことがある。

転職エージェントはその仕事のプロではないので分からないものと考えておく

転職エージェントはあなたの希望する職種に関しては素人なので、分からないことがあると思っておいた方が良い。

例えば「電気エンジニア」といっても半導体を扱う電子回路からビルやマンションの電装工事、発電所のようなプラントエンジニアリングまで、言葉は似ているが専門性が全く異なる。

しかし転職エージェントにその全てを理解してもらうことは難しいのだ。

また、なかなか採用が決まらないような状況であれば「応募だけでも」「もしかしたらいけるかも」と思うかもしれない。

だが、面接でも、万が一採用になっても、自分の経験を活かすことが出来ないというのは転職において苦しいということは容易に想像できるだろう。

対応策

  • 自身のスキルや経験とマッチするキーワードや同業の企業などを知らせておく
  • エージェントから提示された求人票にはきちんと目を通し、応募と辞退の線引きを明確にする
  • その求人自体が少ない時は長期戦と考えて転職エージェントにもそれを伝えておく

ブラック企業から脱出したい、など、特別な理由がない限り焦りは禁物だ。

転職エージェントはそれが仕事なのでいつ採用が決まっても良い、ということはない。

ノルマをその時その時で達成していかなければならない。

しかしあなたには、転職をいつまでにしなければならない、というノルマは基本的にないはずだ。

自身のスキルや経験、希望とマッチする求人を待つ余裕は持っておいて欲しい。

デメリット(3)内定を受ける優先順位もエージェントの都合が影響しやすい

内定が出て、それを承諾する優先順位にもエージェントの都合が影響しやすい。

転職エージェントは複数人の候補者を扱っていることが普通

転職エージェントはあなただけでなく、他の候補者を扱っていることが普通だ。

つまり、あなたが好感触と思っている応募先の企業で同じく内定が出そうなライバルもまた、同じエージェントを使っていることがある。

このような場合、エージェントはあなたと、そのライバルの両方を採用させたいと考える。

もしこのタイミングであなたに対して別の企業から先に内定が出たとしたら、エージェントの気持ちとしてはそちらを受けて欲しいと思うだろう。

2社を並べて選ぶ余裕があればよいのだが、内定承諾書の期限が5日後、など決められてしまうと冷静に考えるのも難しい。

そしてこの期限は企業側とエージェントが決めているのだ。

結果、あなたにとって第二希望にあなた、第一希望にライバルが入社する、ということも起こりうるのだ。

対応策

  • 転職エージェントに、入社を希望する優先順位をあらかじめ伝えておく
  • 内定通知が出て、他に待ちたい選考があれば内定承諾までの期限を延ばしてもらうよう交渉する
  • 面接の日程調整にあまり日数を空けないように、また第一希望から先に面接日程を組むようにする

あらかじめ伝えておけば転職エージェントもその事情を汲み取ってくれる。

また可能であれば、優先希望順に合否が得られるように面接日程を入れておけば同様の事態が起こっても慌てなくて済む。

デメリット(4)エージェントを通すことで質問やアピールのニュアンスが変わってしまう

印象が大切な転職活動において、エージェントを通すことで質問やアピールのニュアンスが変わってしまうことがある。

転職エージェントが必ずしもあなたよりマナーやものの言い方に優れているとは限らない。

また、たまたま内定辞退が続いているような場合などは企業側と転職エージェントの関係が悪化していることもある。

こうした状況で、ほんの質問のつもりで給与や待遇のことをエージェントを介して問い合わせたら、採用担当者を怒らせてしまった、といったことも実際にある。

問い合わせた内容自体は別に怒られるようなことではないことでも、エージェントと企業の関係やエージェントのちょっとした言い回しなどで印象はずいぶん違う。

転職エージェントへの悪印象がそのままあなたへの悪印象になりかねないのだ。

対応策

  • 転職エージェントと出来るだけ多くやり取りをしておく
  • 質問内容によっては、エージェントに断った上で直接企業の担当者とやり取りする。
  • メールなど、丁寧で見やすい文章にして伝え、それをそのまま企業に転送してもらう

例えばエージェントの担当者よりあなたの方が伝え方やマナーに問題がなさそうなら、企業に直接連絡するのも手だ。

ただしその時でもエージェントに一言断ってから行動して欲しい。

やはり人と人である限り、信頼関係は大切だ。

「あなたの交渉がマズいから自分でやったんだけど」

といった態度ではエージェントも良い案件を紹介したりはしたくない。

転職エージェントにとっても、自信を持って企業にお勧めできる人材はやりがいが違うというものだ。

【結論】転職エージェントを上手に活用する5つのコツ

転職エージェントを上手に活用する5つのコツ

これらの注意点を踏まえて、転職エージェントを上手に活用する5つのコツを紹介したい。

  • (1)2社以上の転職エージェントを使う
  • (2)転職エージェントと目標をひとつにする
  • (3)業界や職種を特定するワードを共有する
  • (4)転職エージェントと気持ちの良いやり取りをする
  • (5)長所はもちろん、欠点や短所も共有しておく

(1)2社以上の転職エージェントを使う

まずは2社以上の転職エージェントを使うことをオススメする。

理由は、紹介案件数を増やすことと、リスクを分散するためだ。

転職エージェントにはそれぞれ異なる強みがある。

あなたの希望をより確実に実現したいならいろいろな提案を受けた方がいい。

また担当者には当たり外れがある。

1社だけを使って何となく上手くいかないから他に乗り換える、といった方法は時間と手間を失うのだ。

登録は無料なので、紹介のシステムや担当者、その紹介会社の強みを比較してより自分に合った方をメインに使っていくのがもっとも効率よく、転職の成功につながるだろう。

(2)転職エージェントと目標をひとつにする

転職エージェントと目標をひとつにすることも大切だ。

エージェントもただ淡々とマッチングや紹介をこなしているだけではない。

やはりお得意様となる企業により良い人材を提供し、企業にも、ユーザーにも喜んでもらいたいと思っている。

まずあなたは出来る限り具体的に、詳しく、熱量を持って希望する転職の理想を伝えて欲しい。

転職エージェントにとって採用と売上は大切だが、やはり「ありがとう」と言われる仕事がしたいものなのだ。

早い段階で目標を共有しておくことで転職エージェントの取り組む姿勢は変わる。

ぜひ試してみて欲しい。

(3)業界や職種を特定するワードを共有する

業界や職種を特定するワードを特定することでミスマッチを防ぎ、より確実に理想の転職に近づくことができる。

先にも述べた通り、転職エージェントはすべての業種に詳しいわけではない。

また、社内データベースの中から検索機能を使ってあなたの希望やスキルに合った候補企業を絞り込んでいるのだ。

どちらかといえば経験やキャリアからあなたの方が希望する業界や業種に詳しいはずだ。

そこで担当者には、その業界や職種、取扱商材や製品などを特定するワードを伝えておこう。

一般的なワードで検索すれば当然だが多くの求人がヒットする。

しかしその分、ミスマッチも起こりやすいのだ。

最初は数量勝負でも良いが、紹介される求人にズレを感じたら出来るだけ詳しくワードを共有できるようにした方が良い。

お互いにムダな労力は避け、よりあなたが活躍できる、マッチング度合いの高い企業を紹介してもらおう。

(4)転職エージェントと気持ちの良いやり取りをする

転職エージェントと気持ちのよりやり取りをすることで、あなたは有利に選考を進めることができるはずだ。

転職エージェントはあなたを企業に紹介する時、応募資料のほかに「あなたと面接した感想、所見」を添える。

エージェントから見たあなたの雰囲気や人物、意欲などをあらかじめ伝えるのだ。

事前に電話面接か直接面接のどちらかがあるので、そこでの受け答えがこの紹介文になる。

また、そのタイミングに限らず、普段のやり取りやメールの文章などにも充分気を遣って欲しい。

これまでに伝えてきたように、あなたと転職エージェントは、商材と営業マンの関係ではある。

しかしだからこそ、気持ちの良い言葉や態度で接することで、転職エージェントにとってイチ押し商品となり得るのだ。

採用担当者の立場で言えば、転職エージェントが「良い人です!」と自信を持って勧めてくれる応募者には必ず会うようにしている。

人づての悪い噂がより悪印象を招くように、良い評判もまた好印象を招くのだ。

メールの返事が早い、話し方が明るく意欲的など、まずは転職エージェントに良い印象を与えよう。

(5)長所はもちろん、欠点や短所も共有しておく

転職エージェントに自身の長所はもちろん、欠点や短所も共有しておいた方が良い。

当然だが転職エージェントはあなたの良いところ、長所を見出し、または聞き出して企業に勧める。

変に謙遜することなく、自己分析だと思ってどんな長所であっても伝えておくべきだ。

またその際には具体的な成功例を伴っているとなお良い。

こんなところが長所で、こういったプロジェクトで活かすことができ、こういった成果に結びついた、という具合だ。

単純にキャリアやスキルに表せないこういった部分は大いに評価を左右する。

また、欠点や短所も伝えておくことをオススメする。

転職エージェントが採用を目的としている限り、悪口のようにこれを企業に伝えることはまずない。

言い方や伝え方を考えた上で企業に伝えておいてくれるはずだ。

例えば口下手で話しをするのが得意でなかったとしても、コミュニケーション能力に難あり、とはならない。

「人前で話すのが得意ではありませんが、話していると真面目さの伝わる方です」などフォローしてくれる。

あまり触れて欲しくない欠点なら事前情報でフォローしておいてもらう方が悪い印象になりにくい。

正直に話すことで転職エージェントとの信頼関係にもつながりやすいのでまずは相談してみることだ。

まとめ

さて、ここまで転職エージェントが無料で利用できるその理由と注意点、さらにはその対処法と利用のコツを紹介してきた。

いま一度振り返って理解を深め、転職エージェントを有効に利用できるようにしておこう。

転職エージェントが無料で利用できるのは企業から料金をもらっているから

  • 転職エージェントが無料で利用できる理由は企業からお金をもらっているから
  • 「成功報酬型」で、採用されて初めて売上となるビジネスモデルである
  • 「ユーザーは商材、エージェントは営業マン」という構図を頭に入れておく必要がある
  • 有料のサービスもあり、主にハイクラス求人やキャリア採用向けの転職エージェントと言える

 

転職エージェントを使う4つのデメリット

転職エージェントがユーザーを売り込む営業マンだからこそ注意したいデメリットがある。

  • (1)エージェントの実績のために妥協を求められる
  • (2)ミスマッチでも売り込まれることがある
  • (3)内定を受ける優先順位もエージェントの都合が影響しやすい
  • (4)エージェントを通すことで質問やアピールのニュアンスが変わってしまう

転職エージェントを上手に使う5つのコツ

デメリットとその対処法を踏まえて5つのコツを紹介した。

  • (1)2社以上の転職エージェントを使う
  • (2)転職エージェントと目標をひとつにする
  • (3)業界や職種を特定するワードを共有する
  • (4)転職エージェントと気持ちの良いやり取りをする
  • (5)長所はもちろん、欠点や短所も共有しておく

転職エージェントには確かに注意すべきデメリットがある。

その反面、エージェントと人と人、気持ちの良いパートナーになることができれば心強い味方になってくれるだろう。

上手に利用してよりあなたの理想に近い転職を実現して欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

Leave a Reply

最初のコメントを頂けますか?

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »