転職エージェントの掛け持ち利用は必須!複数利用するべき理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

転職活動をしていると複数の転職エージェントから「お仕事をご紹介します」とアプローチされることがある。

「もう担当してもらっている人がいるから」と断らず、複数の転職エージェントを利用するのは有効だ。

今回は、なぜエージェントを複数利用したほうがいいのか、どのような方法での転職が効果的なのかご紹介しよう。

転職エージェントを複数利用するべき理由

転職エージェントを複数利用するべきもっとも大きい理由は、良い求人にめぐり合う可能性が高くなることだ。

本気で求人をしたい企業は、採用できるように出来るだけ多くの入口を作っておくもの。

それは何種類もの求人広告に掲載したり、複数社の人材紹介会社に依頼をしたりするという行動に表れている。

したがって大手の求人や必要とされるスキルの汎用性が高い職種であれば、どの求人サイトを見ても掲載されていたり、どの人材紹介会社のエージェントも紹介できたりする案件である可能性が高くなる。

ここまで聞くと「じゃあたくさんの転職エージェントを利用しても変わらないってことか」と思う方もいるかもしれないが、求人の中には「非公開求人」というものがある。

非公開求人とは、競合に募集をしていることがバレたくない、応募してくる求職者の人数を絞りたい等の理由で、特定の人材紹介会社でしか扱っていない求人のこと

したがって、企業との繋がりが強く非公開求人やその求人企業から依頼を一本化してもらっているような人材紹介会社、そこに所属している転職エージェントであれば、他では紹介されない案件を求職者に提案することが可能なのである。

また、専門性が高い職種で、普通に募集してもほぼ集まる見込みがない、特化型の人材紹介会社でないと難しいという求人も存在する。

もし求職者が特殊なスキルや専門性の高いジャンルの勤務経験があれば、特化型の人材紹介会社の転職エージェントからお仕事を紹介してもらえる可能性があるのだ。

転職エージェントを複数利用することで、各社の特色に沿った独自の求人を紹介してもらえるというわけである。

さらに複数の転職エージェントに競わせることで、より手厚くフォローしてもらえる可能性が上がる

転職エージェントとしては求職者の転職を決めれば売り上げになるが、他社に取られればそれまでの労力は0円になってしまう。

自社の紹介で決めたいため、より連絡が密になったりいい案件を紹介してもらえたりするだろう。

転職エージェントが所属する企業によって、求職者への対応の方針は異なる。

質より量のような感じでの紹介だったり、ドライだったり、やりすぎなくらい密だったり、紹介数は少ないが内容が独自性があったり…と利用するエージェントによって合う・合わないがあるはずだ。

一社だけを見て「転職エージェントの利用が合う・合わない」を決めるのではなく、サービスを比較することも転職活動を成功させる秘訣である。

転職エージェントを複数利用するメリット

ここからは転職エージェントを複数利用するメリットを細かく分析していく。

転職エージェントを複数利用するメリット5つ

  1. 自分に合ったエージェントを利用できる
  2. 転職先に合わせて使い分けられる
  3. 非公開求人に数多く出会える
  4. 併用した分だけ求人が増え、選択肢が増える
  5. さまざまなアドバイスが聞ける

転職に関する可能性が広がるという点ではどれも共通点があるが、それぞれ詳しく見ていこう。

メリット1.自分に合ったエージェントを利用できる

ひと言に転職エージェントと言っても、色々な担当者がいる。

経験、知識、性格などによって提案内容や行動が異なるだけでなく、人間的に合う・合わないもあるだろう。

人材業界は人の出入りが激しい業界だ。

求職者の転職を世話する転職エージェント自体が、異業種から転職したばかりだったり、未熟だったりするケースは割と多い。

反対に、3年程度勤務していればかなりのベテランと考えることができる。

したがって、経験十分であなたの興味ある職種やエリアの知識が豊富な転職エージェントに当たれば、かなりラッキーだ。

ただ、一見経験年数が短いように見えても、転職エージェントは短期間で膨大な量の企業情報と求職者情報に触れるもの。

有能な人物であれば経験が数ヶ月であっても、求職者にとってハッピーなマッチングをすることができる場合がある。

そして、能力がある転職エージェントは、知識や情報を入手するための努力を惜しまない。

求職者および企業の満足度が高くなるように行動するものだ。

満足度が高くなり自分への信頼度が上がれば、自分からの紹介で決めるケースが増え、自分の売り上げが上がるからである。

したがって、求職者へ紹介する企業も決まる可能性が高そうな案件をブラッシュアップするはずだ。

闇雲に提案すれば効率が低下し、売り上げに直結しない自分の仕事が増えるばかりだからである。

一方、能力にかかわらず「話していて安心できる」「性格が合う」などの理由で求職者から支持を集める転職エージェントもいる。

転職活動中の求職者の不安に寄り添うことができるという意味では、こういった転職エージェントも得難いものだ。

様々なタイプの転職エージェントがいるので、自分に合う担当者を見つけるためには複数社利用するのは有効である。

所属する人材紹介会社の社風によっても、転職エージェントの傾向が異なる。

メリット2.転職先に合わせて使い分けられる

求職者が複数の職種や業種での転職を選択肢に入れている場合は、複数の転職エージェントの利用はより有効だ。

例えば「これまで、介護施設の施設長として勤務してきた。業務内容としては職員や入居者の管理、施設のハード面の管理、経理、病院等への営業などがメインだった。転職先は特に介護業界にこだわらない」というケースがあるとしよう。

可能性としては、まず介護業界内の転職が挙げられる。

介護系は「特化型」のエージェントが強いので、まずここで1社登録する。

次に管理職をやっていたということで、ハイキャリア向けの人材紹介会社に登録することもできるだろう。

さらに施設管理、経理、営業までやっていたということなので、総合職として転職する選択肢もある。

ここでまた1社登録できるだろう。

というように、複数の人材紹介会社に登録し転職エージェントから紹介を受けることで、様々な可能性が広がる

一社に全部の業種、職種でのマッチングを依頼することもできるが、転職先候補のボリュームは複数の転職エージェントを使用した方が断然増えるものだ。

メリット3.非公開求人に数多く出会える

人材紹介会社にwebで会員登録をして配信されてくるDMに、「非公開求人」というものがあるのを見たことがある人もいるだろう。

これは、一般には募集をしていることが明かされていない求人のことだ。

前述したように、競合に募集していることや条件がバレたくない、応募人数を絞りたいといった理由がある。

非公開求人というくらいなので、求人したい企業がたくさんの転職エージェントに募集を依頼する可能性というのは低い。

同じタイミングで基本的には1社、多くても2社、それも取引している中で最も信頼できそうな転職エージェントに依頼をしているはずだ。

したがって、非公開求人に関しては各社独自性が高いものをそれぞれ抱えていると考えていい。

複数の転職エージェントを利用することで、表に出てこない好条件の求人を紹介してもらえる確率が上がるのだ。

メリット4.併用した分だけ求人が増え、選択肢が増える

複数の転職エージェントを利用すれば、当然紹介される量が増えるため、選択肢も増える。

全く同じ内容で転職エージェントに依頼したとしても、100%同じ傾向の紹介先がくるとは限らないのだ。

また、転職活動においては条件、職務内容、規模感など、様々な求人企業を比較することが重要だ。

転職エージェントを複数利用すれば、企業情報がそれだけたくさん集まることになる。

より良い企業を見つけやすくなるのはもちろん、自分の現在の希望が身の丈に合っているのか、自分の市場での価値がいかほどかなどを分析することも可能になるのだ。

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」という「自分や相手の情報をしっかり集めていれば負けることはない」という意味の言葉もある。

転職活動は情報戦でもあるので、複数の転職エージェントを情報集めにしっかり活用しよう。

メリット5.さまざまなアドバイスが聞ける

あなたの状況や希望について相談したり、疑問に思ったことを転職エージェントに質問してみたりしてほしい。

おそらく転職エージェントが5人いて完全に同じ回答になることは少ないはずだ。

なぜなら、転職エージェント自体の得手不得手、所属する会社の得手不得手、さらにヒアリング力含めた情報収集力に差があるから。

大筋では同じことを言っているという場合も多いかもしれない。

しかしちょっと違う部分が意外に鍵になることもある。

複数の転職エージェントに積極的にアドバイスを求めてみよう。

転職エージェントを複数利用するデメリット

ここからは転職エージェントを複数利用するデメリットを細かくみていこう。

やり取りの煩雑さがキーポイントとなる。

転職エージェントを複数利用するデメリット3つ

  1. 登録や面談に時間が取られる
  2. エージェントとのやり取りが多くなる
  3. 日程調整が複雑になる

デメリット1.登録や面談に時間が取られる

まず多くの転職エージェントでは面談を行うため、指定された場所に出向かなければならない。

移動時間や面談時間が発生する。

面談は大体1時間~1時間半なので、往復の時間を考えると3時間~4時間は取られてしまう可能性もある。

電話でヒアリングとなるケースでも、やはり1時間~1時間半はかかるものだ。

これを複数社行うとなると結構な負担になる。

したがって、転職活動初期のモチベーションが比較的高い時期に登録したほうが良いだろう。

デメリット2.エージェントとのやり取りが多くなる

複数のエージェントを利用することで、連絡のやりとりが増えることをデメリットと感じる人もいるかもしれない。

転職エージェントとの連絡方法を決めておくのがいいだろう。

例えば、

  • 連絡は基本メールで
  • もし急ぎや重要な件で電話をする場合の時間指定

など、自分のストレスにならないやり方で連絡をしてもらおう。

特に在職中の場合、勤務中に転職エージェントからの電話が鳴り続けるのは気になるだろう。

誰と何を話したか忘れてしまう場合もあるかもしれないため、落ち着いてやりとりできる方法を選択しよう。

デメリット3.日程調整が複雑になる

複数の転職エージェントからたくさんの紹介先をもらえるのはいいが、企業の面接がたくさん決まり日程調整が難しくなるのもデメリットだ。

転職エージェントとしては他社のエージェントに取られる前に早く決めたいので、出来るだけすぐに面接を入れようとしてくる。

もちろんすぐに面接が決まるのは求職者にとってもいいことだが、複数の転職エージェントの間に優先順位をつけておくといいだろう。

A社のエージェントから紹介が来たら最優先で面接に行く、B社のエージェントからの紹介は余裕を持った日程にする、など担当者の感じや信頼度によって上手に調整することが求められる。

すっぽかしやダブルブッキングだけはないように、細心の注意を払おう。

転職エージェントを複数利用する際の組み合わせ

転職エージェントを複数利用する場合、自分のこれまでの職歴・業務経験・属性などを元に、組み合わせを考えよう

例えばITエンジニアとして専門性の高い開発をしてきた人は、まず専門性の高い転職エージェントを利用するのがいいだろう。

加えて総合型の転職エージェントにも登録することで、可能性を広げることにも繋がる。

特別志望業界がない、専門性がないような求職者であれば、総合型を複数利用するのもいい。

総合型の中にも中高年転職のような「年齢特化型」のサービスがある。

総合型であっても様々な特色があるので、見てみるといいだろう。

転職エージェントの複数利用の注意点

最後に、複数の転職エージェントを利用する際の注意点をご紹介する。

基本的には「正確に、正直に」というのが求められる。

複数の転職エージェントを利用する際の注意点3つ

  1. 同じ求人に複数のエージェントから応募するのはNG
  2. 連絡もれに注意する
  3. 複数のエージェントに登録していることを隠さない

注意点1.同じ求人に複数のエージェントから応募するのはNG

同じ企業の求人を、複数の転職エージェントから紹介されるケースもあるかもしれない。

この場合、同時応募は不可だ。

また、面接に落ちた企業を別のエージェントから紹介されて、再度選考に臨むのも基本的には不可なので注意しよう。

一度不採用になった企業を紹介された場合には、まず転職エージェントにすでに落ちていることを伝えること。

一旦落ちたところに受かる可能性は低いだけでなく、人材紹介会社の信頼を落としかねないからだ。

信頼のないエージェントからの紹介者を採用したい企業はあるだろうか?

回り回って、転職者に不利益がかかるので気をつけよう。

注意点2.連絡もれに注意する

複数の転職エージェントとやり取りをしている中で、連絡もれや勘違いには要注意。

口頭でのやりとりだと間違いが起こりやすいので、極力メールで履歴を残すと安心だ。

注意点3.複数のエージェントに登録していることを隠さない

複数の転職エージェントを利用していることは、むしろ伝えるべきだ。

それによって、他社に求職者を取られたくない転職エージェントのサービスが向上することが予想されるためである。

また、「A社の転職エージェントがこんなことを言っていたんだけど、どう思うか」などをB社の転職エージェントに尋ねると、別の意見を述べてくれたりより深く調査してくれたりする場合もある。

ライバルの転職エージェントを活用することで、情報をブラッシュアップできるのだ。

転職エージェントとしても、求職者を介してライバル社の動きやどんなアプローチをしているかを知ることができるのはメリットなので、積極的に触れていこう。

まとめ

転職エージェントを複数利用するべき理由=良い求人にめぐり合う可能性が高くなるから。

転職エージェントを複数利用する5つのメリット

  1. 自分に合ったエージェントを利用できる
  2. 転職先に合わせて使い分けられる
  3. 非公開求人に数多く出会える
  4. 併用した分だけ求人が増え、選択肢が増える
  5. さまざまなアドバイスが聞ける

転職エージェントを複数利用する3つのデメリット

  1. 登録や面談に時間が取られる
  2. エージェントとのやり取りが多くなる
  3. 日程調整が複雑になる

転職エージェントを複数利用する際の組み合わせ

  • 総合型と特化型の組み合わせだけでなく、総合型を複数利用するのもオススメ

転職エージェントの複数利用の注意点3つ

  1. 同じ求人に複数のエージェントから応募するのはNG
  2. 連絡もれに注意する
  3. 複数のエージェントに登録していることを隠さない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Career Rules編集部

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of