マナーや付き合い方を完全ガイド!転職エージェント利用の4つの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「転職エージェント利用の注意点」といえば、知識や経験がない人にとっては必須の知識だ。

しかしネット上には、「リアルな現場の声」が反映された、エージェントに関する解説が公開されていない。

だからこそ、転職エージェント利用の注意点について、腑に落ちる知識を得られぬまま、延々と調べている人は本当に多い。

あなたも「転職エージェント利用の注意点」に関して、以下に示すような疑問や不安をもっていないだろうか?

  • 転職エージェントと付き合ううえでの基本的な注意点を教えてほしい
  • 上手に転職エージェントとの距離感をとっていくための注意点は?
  • 最大限、転職エージェントサービスを上手く活用するには、何に注意すればいい?

こうした疑問や不安を持っているのに解決しないまま、転職エージェントを利用しようとしてはいけない。

転職エージェント利用するうえで理解すべき注意点が足りないので、あなたが使いこなすことは難しいだろう。

そこで今回は「転職エージェント利用の注意点」に関して、複数回の転職経験者である筆者が解説していく。

最後まで読み終えた時、以下のような知識を身につけることができるだろう。

  • 「あなたには無関心?転職エージェントと付き合ううえでの基本的な3つの注意点」
  • 「主役はあなた!転職エージェントとの距離感に関するたった一つの注意点」
  • 「情はいらない!転職エージェントを利用する人の多くがミスする3つの注意点」
  • 「社会人として付き合うべし!転職エージェントサービスを上手く活用する注意点」

つまり、この記事を読めばあなたが知るべき「転職エージェント利用の注意点」は、全て網羅できるということだ。

これを機に、転職エージェント利用の注意点についてしっかりと理解して、これからの活動に役立てて頂きたい。

目次

あなたには無関心?転職エージェントと付き合ううえでの基本的な3つの注意点

まず解説するのは「あなたには無関心?転職エージェントと付き合ううえでの基本的な3つの注意点」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  1. 転職エージェントは「あなたの入社後」に関しては無関心である
  2. 転職エージェントは合格する可能性の高い求人しか紹介してこない
  3. 転職エージェントの意見よりも自分の意見を貫くことが大事

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

転職エージェントは「あなたの入社後」に関しては無関心である

あなたが転職する目的は「現状の不満を解消すること」または「前々からの望みを実現すること」だろう。

会社に入社することも重要だが、転職した後のことが重要になってくる。

エージェントの目的は求職者に企業を紹介し、雇い入れが決定することで得られる「コンサル料」を獲得することである。

あなたがどんな会社に入ろうが、入社後にどういった待遇になろうが、エージェントからすると、無関心だというのを気にとめておこう。

転職エージェントは合格する可能性の高い求人しか紹介してこない

転職エージェントはあなたのレベルにピッタリの「内定を勝ち得るだろう求人」しか紹介してこない。

マッチングこそ、エージェントを利用するアドバンテージでもある。

エージェントの紹介求人はあくまでも「数ある可能性の内の一つである」という認識を持って利用すべきだ。

転職エージェントの意見よりも自分の意見を貫くことが大事

紹介企業が優良企業である保証もなければ、あなたが本当に望むような企業どうかも分かるはずがない。

だからこそ「自分の意思を貫くこと」が転職エージェントサービスを利用するにおいて、何よりも大切である。

以上、「あなたには無関心?転職エージェントと付き合ううえでの基本的な3つの注意点」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職エージェント利用の注意点」として必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし、あなたが知るべき「転職エージェント利用の注意点」は、この限りではない。

同じく重要な知識である「主役はあなた!転職エージェントとの距離感に関するたった一つの注意点」について、次章では解説する。

主役はあなた!転職エージェントとの距離感に関するたった一つの注意点

次に解説するのは「主役はあなた!転職エージェントとの距離感に関するたった一つの注意点」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 転職エージェントが営利を重視するのは「仕方のないこと」と割り切る
  • 転職の主役は「あなた」で「転職コンサルタント」ではないと意識する
  • 意にそぐわない転職エージェントは変更要求を出すのがベスト

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

転職エージェントが営利を重視するのは「仕方のないこと」と割り切る

あなたが就職することで、紹介先企業から「見込み年収の20~30%前後」のコンサル料がエージェントに支払われる。

その為、「報酬目的の非マッチング企業のピックアップ」や「内定企業への入社促進」が行われる可能性もゼロではない。

転職エージェントの一つの側面なので、営利丸出しの事態に直面しても「ビジネスだから仕方がない」と軽く受け流そう。

「転職エージェントに急かされても、答えを出すことを慌てない」という心がけが大切である。

転職の主役は「あなた」で「転職コンサルタント」ではないと意識する

主役はあなた転職して新たな会社でスタートを切るのはあなたであって、コンサルタントではない。

意思を貫かないと、後悔する転職に着地してしまう可能性がある。

何度でも言おう。転職の主役はあなたであって、転職アドバイザーではないのだ。

意にそぐわない転職エージェントは変更要求を出すのがベスト

あなたの転職を成功させてくれるバックアップ役として、エージェントを利用しよう。

あなたの意思を貫くことで不利益を被ったり、態度が変わるようなら、コンサルタント変更要求を出すのが一番だ。

以上、「主役はあなた!転職エージェントとの距離感に関するたった一つの注意点」について解説してきた。

この章で示した知識は「転職エージェント利用の注意点」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし、あなたが知るべき「転職エージェント利用の注意点」は、この限りではない。

同じく重要な知識である「情はいらない!転職エージェントを利用する人の多くがミスする3つの注意点」について、次章では解説する。

情はいらない!転職エージェントを利用する人の多くがミスする3つの注意点

次に解説するのは「情はいらない!転職エージェントを利用する人の多くがミスする3つの注意点」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  1. 「お世話になっているから」といって転職エージェントに情が移るのは危険
  2. 「転職エージェントを利用する」イコール「内定確率がアップする」ではない
  3. あなたの能力はシビアに判断するのでスキル以上の求人は期待してはダメ

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

「お世話になっているから」といって転職エージェントに情が移るのは危険

サービス提供中はあなたに対して、アドバイザーが様々なサポートをしてくれるだろう。

「お世話になったので、転職先を早くハッキリさせて恩返ししたい」と思うかもしれない。

しかし、こんな感情が誤った判断の引き金になる危険性大だ。

コンサルタントとの関係性はなしに、心の底から「この企業で良いのか」と考えるべきである。

「自分の望みを実現できる会社なのか」「アドバイザーの意図は何なのか」を真剣に考えて対応するのが大切なのだ。

転職が終われば、コンサルタントとの関係はなくなるのをわすれないように。

「転職エージェントを利用する」イコール「内定確率がアップする」ではない

エージェント経由で応募すると、企業に対する応募書類の添削や面接対策を行ってくれるだろう。

そのため「内定が得やすい」という情報がネットの記事を中心に見受けられるが、決してそうではない。

人材像にマッチしなければ採用されない。

エージェントサービスを利用すれば内定確率が増加するというのは安易な考えである。

キャリアアップをはかる転職は、エージェントサービスに頼ったからといって実現しやすいわけではないのだ。

あなたの能力はシビアに判断するのでスキル以上の求人は期待してはダメ

エージェントは営利ビジネスのため、転職希望社が抱えている「高望み」に対しては非常に冷たい。

たくさんの転職者を見てきているので、あなたのスキル・実績・能力を見れば大体は判断できる。

エージェント側にとって、内定が難しい企業を無理に推すメリットはないので、お金に繋がらないことには無関心だ。

そのためエージェントサービスさえ利用すれば、自分のスキル以上の転職ができるなんて思ってはダメだ。

以上、「情はいらない!転職エージェントを利用する人の多くがミスする3つの注意点」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職エージェント利用の注意点」として必須知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし、あなたが知るべき「転職エージェント利用の注意点」は、この限りではない。

同じく重要な知識である「社会人として付き合うべし!転職エージェントサービスを上手く活用する注意点」について、次章では解説する。

社会人として付き合うべし!転職エージェントサービスを上手く活用する注意点

最後に解説するのは「社会人として付き合うべし!転職エージェントサービスを上手く活用する注意点」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 転職エージェント相手とはいえ敬語やレスポンスの早さは重要
  • 「早期の転職を感じさせる人材」として転職エージェントにアピールすべし
  • 転職エージェントとの会話に無意味な嘘は必要ない

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

転職エージェント相手とはいえ敬語やレスポンスの早さは重要

敬語など丁寧な受け応えをしつつ、エージェントから連絡が来れば可能な限り早くレスポンスを返そう。

シンプルにいえば、転職エージェントが相手だとしても「社会人としてのマナーを守ろう」ということだ。

「早期の転職を感じさせる人材」として転職エージェントにアピールすべし

何度もお伝えしますが、エージェントのお目当てはあなたを転職させて報酬を得ることである。

その可能性が高い人の為には積極的にバックアップしてくれるが、そうで為には動いてくれない。

だからこそ、あなた自身が「早期の転職の可能性大」の人物として見てもらう必要がある。

そのためには、「やる気」と「社会人としてもマナー」が欠かせない。

転職エージェントとの会話に無意味な嘘は必要ない

転職エージェントとの面談等では、リクエストや不安は素直に打ち明けよう。

営利目的だが、基本的にエージェントはあなたの味方なので、そこに嘘は必要ない。

以上、「社会人として付き合うべし!転職エージェントサービスを上手く活用する注意点」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職エージェント利用の注意点」として、絶対に忘れないようにしてほしい。

まとめ

ここまで「転職エージェント利用の注意点」をテーマとして、即戦力となる様々な知識を解説してきた。

「総決算」として改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみたい。

今回の記事で「どんな知識を得ることができたのか」という最後の確認になるだろう。ぜひ目を通してほしい。

あなたには無関心?転職エージェントと付き合ううえでの基本的な3つの注意点

  1. 転職エージェントは「あなたの入社後」に関しては無関心である
  2. 転職エージェントは合格する可能性の高い求人しか紹介してこない
  3. 転職エージェントの意見よりも自分の意見を貫くことが大事

主役はあなた!転職エージェントとの距離感に関するたった一つの注意点

  • 転職エージェントが営利を重視するのは「仕方のないこと」と割り切る
  • 転職の主役は「あなた」で「転職コンサルタント」ではないと意識する
  • 意にそぐわない転職エージェントは変更要求を出すのがベスト

情はいらない!転職エージェントを利用する人の多くがミスする3つの注意点

  1. 「お世話になっているから」といって転職エージェントに情が移るのは危険
  2. 「転職エージェントを利用する」イコール「内定確率がアップする」ではない
  3. あなたの能力はシビアに判断するのでスキル以上の求人は期待してはダメ

社会人として付き合うべし!転職エージェントサービスを上手く活用する注意点

  • 転職エージェント相手とはいえ敬語やレスポンスの早さは重要
  • 「早期の転職を感じさせる人材」として転職エージェントにアピールすべし
  • 転職エージェントとの会話に無意味な嘘は必要ない

上記に記した知識は、「転職エージェント利用の注意点」として必要な知識なので、必ず吸収しておくべきだ。

逆に解説してきた知識さえ押さえておけば、転職エージェント利用に関して疑問や不安を抱く必要はないだろう。

あなたにとって必要な知識は、すべて網羅できているので安心して欲しい。

今回紹介した、転職エージェント利用の注意点を使って、今後に活かしてもらえれば幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of