転職エージェントの流れを5ステップで完全ガイド!上手な利用方法も解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

転職エージェントといえば、転職する人にとって必要不可欠なサービスと成長した。

今、満足いく転職するなら、転職エージェントの利用は絶対に外せないだろう。

しかしいざ転職エージェントを使うとなると、どんな流れで進行していくのか想像がつかない人は多い。

あなたも転職エージェントの流れについて、以下のような考えをもっていないだろうか?

  • 転職エージェントに言われるままに、転職活動しないようにはどうすればいい?
  • 事前に転職エージェントの流れを理解して、サービスを完全に使いこなしたい
  • 転職エージェントの流れを知らないまま、利用申し込みしてもいいのだろうか・・・

上記のような考えが頭によぎったまま、解決しないのであれば、あなたの転職は絶対に成功できない。

転職エージェントの利点を使いこなせずに、日々の流れに圧倒されて、気づけば転職に失敗している。

せっかく転職エージェントを使うのであれば、満足いく転職のために役立てたいのではないだろうか。

そこで今回は転職のエキスパートである筆者が、転職エージェントを使った時の流れについて解説していく。

転職エージェントの流れとしては、以下5つのステップで進行することになる。

  1. 転職エージェントの流れ1.「エージェント登録」
  2. 転職エージェントの流れ2.「面談でのカウンセリング」
  3. 転職エージェントの流れ3.「面談で求人提案」
  4. 転職エージェントの流れ4.「企業に対する応募・書類選考」
  5. 転職エージェントの流れ5.「面接での選考・内定から入社」

上記5ステップが全体像だとイメージしたうえ、次章以降の各ステップの解説に目を通してみてほしい。

転職エージェントの流れ1.「エージェント登録」

最初のプロセスは転職エージェントに登録の申し込みにトライすることである。

申し込むとエージェントから折り返しが来るので、訪問する日どりを決めよう。

三つの情報を入力するだけでOK

転職エージェントのサイトで登録依頼をするが、どのサービスでも次の3つの情報を入力する。

  1. 個人プロフィール
  2. これまでの職業履歴
  3. 転職先に求める希望条件

個人プロフィールは名前・生年月日・連絡先、学歴といったデータになる。

これまでの職務経歴は過去に勤めたプロジェクト内容や所属企業が該当するだろう。

希望条件はどんな職種や業種に転職したいか、または職場を変えたい時期はいつ頃なのか等である。

登録で重要なことは、可能な限りあなたの情報を伝える点と転職に対する強い意志をアピールすることだ。

後ほど行われる面談にて、実効性のあるキャリアカウンセリングを受けるためにも手を抜いてはならない。

3つとはいえ最大限の情報を入力する

あなたにフィットする求人を紹介してもらう為には、可能な限り事前にあなたの情報が必要だ。

その鍵をにぎるのはエントリー時の「職務経歴」と「希望条件」の充実である。

文章の体裁よりも、フレーズや箇条書きでも良いので、なるべくたくさんの情報を入力してほしい。

さらに登録時に打ち込むべき希望転職時期の項目を、実際に入力する時は要注意だ。

「すぐに転職を希望」もしくは「できるだけ早く転職を希望」にチェックして、転職に対する意欲をアピールしよう。

エージェントは転職を成功させる事で企業側から報酬を手に入れるので、意欲のある転職者にはサポートの力も入る。

多くの情報があれば、よりあなたに合った求人を数多く紹介できるだろう。当然、内定の確率も高くなる。

エージェントからの連絡でスケジュールを調整する

申し込みが完了すると、あなたが入力したアドレスに「エントリー完了メール」が届く。

1週間以内に転職エージェントから連絡が入るだろう。主に電話で連絡してくることが多い。

連絡内容としては、就職アドバイザーとの面談日の案内になるだろう。

エージェントを訪問して面談を行う為に、日程の候補日が言われるのでスケジュールを調整してほしい。

エージェントはほとんどの場合で、土曜日の面談が可能だ。

また平日の日中に足を運べない方でも、夜中の19時から20時開始という形で面談を設定してくれるだろう。

ここまでで、転職エージェントの流れ1.「エージェント登録」は終了だ。

次は、転職エージェントの流れ2.「面談でのカウンセリング」へと進もう。

転職エージェントの流れ2.「面談でのカウンセリング」

登録した後はエージェントまで出向いて面談を受けるが、まず行われるのは「キャリアカウンセリング」だ。

キャリアカウンセリングという文言は聞いたことがあっても、具体的に何をするのかが知らない人も多いだろう。

転職エージェントが実施する「キャリアカウンセリング」とは、次のような内容である。

  • 現在の転職市場についてのレクチャー
  • あなたが今まで行ってきた職務のヒアリング
  • 転職する理由と希望求人条件のヒアリング

転職市場とは、希望する職種や業界での転職者や企業のトレンドのことだ。

あなたの年齢や経験での会社変更の難易度など、ありのままの転職市場を教えて貰える。

ヒアリングについては、主にあなたのビジネス職歴や希望条件などをエージェントと情報共有するだろう。

因みに面談自体は引き続き行われる「求人提案」も含めて、1時間から1時間30分を目処にするとよい。

面談はエージェントと1対1で行われ、面談時間の8割は「キャリアカウンセリング」に費やされるだろう。

カウンセリング中は遠慮なく疑問をぶつけるようにする

カウンセリングは原則として、エージェントの質問に一方的に答えていく形だ。

その中であなたの転職についての想いや疑問を伝えていくのが、最も効率的で成果が得られるアプローチである。

限られた時間なので不明箇所や、要望は事前にピックアップしておきたいところだ。

登録時に自由記入欄は付いているので、その中でアナウンスしておくとスムーズに進むだろう。

たまにエキサイトして転職理由がただの愚痴になる人がいるが、それでは時間がもったいない。

それなら否定的な転職理由を、書類や面接でどのように述べるべきかを聞いた方が、内定には近づく。

ここまでで、転職エージェントの流れ2.「面談でのカウンセリング」は終了だ。

次は、転職エージェントの流れ3.「面談で求人提案」へと進もう。

転職エージェントの流れ3.「面談で求人提案」

キャリアカウンセリング以降はその内容を基に、アドバイザーがあなたに合った求人を提案してくれる。

提案される求人数はエージェントや、あなたの状況によって大きく変化する。

営業職といった募集枠が多い業種を希望した場合、大手のエージェント企業だと30社以上の求人を提案されることも。

専門職を希望した場合はマッチング精度を求められるため、求人数が少なくなる。

転職エージェントの求人は主に内密の求人が中心なので、転職サイトに記載された求人に比べ良好な求人が多い。

また、日を改めて求人を追加で提案してくる場合もある。

どちらにしても提案された求人に関しては、1週間以内を目安に応募へと進むかどうかの返事をするように。

応募したい求人が存在しないなら、その理由をアナウンスして新たな求人を紹介してもらおう。

転職エージェントの求人提案の上手な使い方

興味が無い求人があったケースでは、エージェントに対して気づかいするのは禁物だ。

返事をしなかったり遠回しに拒否したりするより、はっきりとした理由を伝えて求人を却下しよう。

できれば応募する求人についても、興味がある部分を伝えるようにしたい。

そういった求人に対するあなたのリアクションからあなたの希望を知り、新たに提示する求人の精度を上げていく。

言うなれば、あなたの中にある「求人に対する好き嫌い」をアナウンスするのである。

これがより、マッチングレベルの高い求人を紹介してもらえるコツだ。

興味が無い求人を案内してもらったからと言って、「使えないサービスだ」と判断するのはナンセンスだ。

意見を伝えて、サービスの精度を確かなものにすることが重要である。

ここまでで、転職エージェントの流れ3.「面談で求人提案」は終了だ。

次は、転職エージェントの流れ4.「企業に対する応募・書類選考」へと進もう。

転職エージェントの流れ4.「企業に対する応募・書類選考」

紹介された求人の応募への心構えが固まったら、応募企業に送付する職務経歴書を作成することになる。

職務経歴書はあなた自身で制作するが、エージェントサービスのユーザーページにサンプルがあるので参考にしよう。

作成に関してエージェントから指導してもらうことも可能だ。アドバイザーから添削もしてもらえる。

職務経歴書をエージェントに任せると、後はエージェント側で会社に応募してくれる。

この時、エージェントはあなたが作った文書とともに、あなたを企業にPRするための「推薦状」をあわせて送るだろう。

推薦状のおかげで、一般的な転職サイトで自分からエントリーするよりも、書類の通過率はダントツにあがる。

書類選考の結果は最短だと即日、だいたい1週間程度だ。書類選考の結論もエージェント経由で告知されるだろう。

中途採用は早い者勝ちだと常に意識しておく

応募企業に対するセールスポイントが分からなければ、エージェントに質問してみるといい。

応募企業の募集背景といままでの会話の内容から、アピールすべきポイントについて助言がもらえるはずだ。

作成後そのまま出されることはなく、エージェントが書類の添削まで行ってくれる。

そのため、時間を書けて頭を悩ませるよりも、とにかく仕上げてエージェントに提出するのが一番だ。

中途採用の求人は「早いもの勝ち」につき、スピード感をキープし対応した方が良い結果に向かう。

書類選考に落ちたとしても、アドバイザーがその理由を企業に確認してくれる。

次回の書類作成に役立つポイントが手に入るかも知れない。だからこそ、とにかく応募するコトが重要なのだ。

ここまでで、転職エージェントの流れ4.「企業に対する応募・書類選考」は終了だ。

最後となる転職エージェントの流れ5.「面接での選考・内定から入社」へと進もう。

転職エージェントの流れ5.「面接での選考・内定から入社」

書類選考が通過したら、そのあとは面接である。面接のフェーズでも転職アドバイザーは活躍してくれるだろう。

面接では企業との日程調整はアドバイザーが代行してくれる。

自分で転職活動を実践している場合は、企業と直接メールのキャッチボールをする必要がある。

メールの頻度はどうしても多くなりがちなので、転職者がフラストレーションを感じる部分だ。

しかし転職エージェントは企業の人事担当者と直接やりとりしてくれ、あなたのストレスを軽減してくれる。

また面接官のタイプ、面接でのヒアリング内容、どのような転職者がマークされるかを事前にレクチャーしてくれる。

不安があるならアドバイザーが模擬面接をお願いしてみるといい。文句も言わずに黙々と練習に付き合ってくれる。

さらに面接通過また面接不採用などの理由をヒアリングしてくれるだろう。

二次面接や他の会社の面接にも、アドバイザーが得た「理由」を活かすことができる。

面接選考時はスピーディな連絡を心がける

面接選考のステップになると、とにかくアドバイザーへの連絡は素早く対応してほしい。

日程調整はアドバイザー側の負担が大きい。

素早く自分のスケジュールをアナウンスし、エージェントにとって優良な転職者になるべきだ。

さらに、転職理由やセールスポイントなど面接で心配な点がある場合は、事前にアドバイザーに対策の指示を仰ごう。

エージェントも人間だ。やはり内定獲得にまじめに取りくむ転職者を応援したいと思っている。

こまめな連絡はエージェント側にやる気が伝わるし、担当者の負担が少なくなるので絶対に意識しておきたい。

内定が出てもエージェントとの付き合いは終わらない

内定もエージェント経由で、結果を教えてもらえるだろう。

しかし内定が出ても気は抜いてはダメだ。

入社までのサポートもアドバイザーの活用が必要になる。

具体的には以下のような内容について、内定後にアドバイザーに動いてもらうことになるだろう。

  • 初年度の年収交渉
  • 入社日のスケジュール調整
  • 退職のための各種手続きのサポート

面接にて年収の確約をやっていない限り、内定後に年収交渉のすきが発生するケースが起こりうる。

自分で行うのは困難であっても、エージェントなら上手に交渉ができるだろう。

無茶な金額アップは不可能だが、10%以内なら給料のアップすることも可能である。

さらに何かと問題になる可能性が高い「今の会社の退職日」と「次の会社の入社日」に関しても注意だ。

多くの転職者をバックアップしてきたエージェントに、日にちの調整のサポートをお願いすべきである。

最後に復習しておくべき転職エージェントの流れ

転職エージェントの流れ1.「エージェント登録」

  • 登録は三つの情報を入力するだけでOK
  • 登録時には最大限の情報を入力する
  • エージェントからの連絡があれば面接のためのスケジュールを調整する

転職エージェントの流れ2.「面談でのカウンセリング」

  • カウンセリング中は遠慮なく疑問をぶつけるようにする

転職エージェントの流れ3.「面談で求人提案」

  • 一方的にお任せせずに、転職エージェントの提案精度をあげる努力をする

転職エージェントの流れ4.「企業に対する応募・書類選考」

  • 中途採用は早い者勝ちだと常に意識し、スピード感をもって動く

転職エージェントの流れ5.「面接での選考・内定から入社」

  • 面接選考時はスピーディな連絡を心がける
  • 内定が出てもエージェントとの付き合いは終わらない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

最初のコメントを頂けますか?

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »