渡す必要はなし?転職エージェント面接時の名刺の取り扱いを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「転職エージェントに渡す名刺」といえば、知識や経験がない人にとっては、非常にミスしやすいポイントだ。

だからこそ、転職エージェントに渡す名刺について、腑に落ちる知識を得られずに、延々と調べる人は本当に多い。

あなたも「転職エージェントに渡す名刺」に関して、以下に示すような疑問や不安をもっていないだろうか?

  • 転職エージェントに自分の名刺は渡すべきなの?
  • 転職エージェントの方からは名刺を渡してくるの?正しい受け取り方は?
  • 名刺以外に転職エージェントの面接で用意すべきモノを知りたい

こうした疑問や不安を持っているのに解決しないまま、転職エージェントの面接に挑戦しようとしてはいけない。

名刺の有無など面接に臨むために必要な知識が足りないので、このままではあなたが恥をかく羽目になるだろう。

そこで今回は「転職エージェントに渡す名刺」に関する疑問・不安について、複数回の転職経験者である筆者が必要な知識を解説していく。

最後まで読み終えた時、以下のような知識を身につけることができるだろう。

  • 「転職エージェントに名刺は渡すべきなのか?事前に知るべき基礎知識」
  • 「渡すと損する?転職エージェントが名刺をもらわない理由と渡すリスク」
  • 「マナーチェック?転職エージェントから名刺を受け取る時の注意点」
  • 「名刺以外に転職エージェントの面接で用意すべき3つのモノ」

つまり、この記事を読めばあなたが知っておくべき「転職エージェントに渡す名刺」に関する知識は、すべて網羅できるということだ。

これを機に、転職エージェントに渡す名刺についてしっかりと理解して、これからの活動に役立てて頂きたい。

目次

転職エージェントに名刺は渡すべきなのか?事前に知るべき基礎知識

まず解説するのは「転職エージェントに名刺は渡すべきなのか?事前に知るべき基礎知識」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 転職エージェントと対面する時に名刺を渡す必要はナシ
  • 転職のための面接時にもあなたの名刺を渡す必要は一切ない
  • 転職エージェントは名刺で確認すべき情報を調査票で確認する

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

転職エージェントと対面する時に名刺を渡す必要はナシ

転職エージェントを介した転職活動をするケースでは、担当となったエージェントから名刺を渡される場合もある。

このときに名刺を渡し名刺交換をするのが正しいか否かについて、知りたい人は多いだろう。

ハッキリ言おう、転職エージェントには名刺を差し出す必要はない。

転職のための面接時にもあなたの名刺を渡す必要は一切ない

転職活動をしていると「名刺交換をするべきタイミングかも」と思うときが出てくる。

多くはエントリー先の企業の面接担当者から名刺を手渡されて、そのときに名刺を渡すべきか否かというシーンだろう。

結論からいうと、履歴書などを郵送して必要な情報は知っているので、特に名刺交換をする必要もない。

そのせいか求職者から名刺を渡されたとしても、スマートに拒否する担当者も実際にいる。

転職エージェントは名刺で確認すべき情報を調査票で確認する

転職エージェントに登録したら、実際にアドバイザーの在籍する事務所に面談や登録にいくだろう。

基本的に名刺が渡されるだろう。そしてあなたは、エージェントの用意している独自の調査票に記入する

このような流れとなっているので、名刺は要求されないのだ。

以上、「転職エージェントに名刺は渡すべきなのか?事前に知るべき基礎知識」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職エージェントに渡す名刺」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職エージェントに渡す名刺」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である「渡すと損する?転職エージェントが名刺をもらわない理由と渡すリスク」について、次章では解説する。

渡すと損する?転職エージェントが名刺をもらわない理由と渡すリスク

次に解説するのは「渡すと損する?転職エージェントが名刺をもらわない理由と渡すリスク」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 個人情報が漏れるのを防ぐために転職エージェントは名刺をもらわない
  • 質の悪いエージェントなら名刺を見て在職中に連絡をしてくることがある
  • 転職エージェントは「取引先」ではないので名刺を渡してはダメ

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

個人情報が漏れるのを防ぐために転職エージェントは名刺をもらわない

転職エージェントは在職中の人の登録がほとんどになるので、現職企業に転職活動がばれないように細心の注意をしている。

結果的に転職エージェント経由でプライベート情報が流出することはない。だからこそ名刺ももらわないのだ。

質の悪いエージェントなら名刺を見て在職中に連絡をしてくることがある

エージェントサービスもいろいろと数が増えてきたので、質の低いところもないとはいえない。

名刺をエージェントに差し出す義務は元々ないが、万が一にも質の低いエージェントに渡してしまうと大変だ

名刺には前職企業の連絡先も案内されているので、在職中に連絡をされてしまうとややこしい話になってくる場合もある。

転職エージェントは「取引先」ではないので名刺を渡してはダメ

ビジネスの場では名刺は頻繁に交換するのが当たり前だが、目的は人脈形成を目指したものだ。

転職先企業(面接を受けている担当者)や転職アドバイザーとは取引をするわけでなく、転職活動をするだけに過ぎない。

そのため現職であっても、前職であっても、あなたの方から名刺を渡す必要はないのだ。

もちろん転職先企業をはじめ、転職アドバイザーが名刺を渡してくれば受け取って構わない。

以上、「渡すと損する?転職エージェントが名刺をもらわない理由と渡すリスク」について解説してきた。

この章で示した知識は「転職エージェントに渡す名刺」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職エージェントに渡す名刺」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である「マナーチェック?転職エージェントから名刺を受け取る時の注意点」について、次章では解説する。

マナーチェック?転職エージェントから名刺を受け取る時の注意点

次に解説するのは「マナーチェック?転職エージェントから名刺を受け取る時の注意点」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 転職エージェント側は必ず自分の名刺を渡してくる
  • 名刺をもらう仕草でマナーがある人間がチェックされるので要注意
  • もらった名刺はすぐに片付けずに面談が終わるまで机においておく

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

転職エージェント側は必ず自分の名刺を渡してくる

転職先企業および転職エージェントによっては、名刺を渡しても拒否するという場合もある。

具体的には退職する予定の会社の名刺をもらっても、処分する手間だけが出るからだ。

前職調査をする企業だと名刺を欲しがるケースもあるが、そうではない企業だと特に名刺を要求してくるということはない。

しかし転職エージェント側は必ずといっていいほど、自分の名刺を渡してくるだろう。

名刺をもらう仕草でマナーがある人間がチェックされるので要注意

転職エージェントとの面談で、名刺の「交換」はしてはいけないが、名刺をもらう時の動作は見られている。

名刺の受け方や扱い方で、社会人としての基礎的なビジネスマナーが身についているかどうかを判断するのだ。

挨拶は立って行い、差し出された名刺については「頂戴します」と言って頭を下げ、両手で受け取ろう。

もらった名刺はすぐに片付けずに面談が終わるまで机においておく

名刺は一度目を通して、机の左サイドに名刺入れに乗せるようにして置いておく。

もらった名刺にメモを書き込んだり、無意味に触ったりしないようにしよう。

以上、「マナーチェック?転職エージェントから名刺を受け取る時の注意点」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職エージェントに渡す名刺」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職エージェントに渡す名刺」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である「名刺以外に転職エージェントの面接で用意すべき3つのモノ」について、次章では解説する。

名刺以外に転職エージェントの面接で用意すべき3つのモノ

最後に解説するのは「名刺以外に転職エージェントの面接で用意すべき3つのモノ」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • あなたのスキルを見るために履歴書と職務経歴書を求められる
  • 希望リストを作っておけば転職エージェントが動きやすくなる
  • 3つのモノをキチンと渡すと転職エージェントを完全に味方にできる

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

あなたのスキルを見るために履歴書と職務経歴書を求められる

転職エージェントとの面接までに履歴書および職務経歴書は面談までに用意しよう。

実際にあなたの履歴書と職務経歴書の提出は、面談が始める前に求められることがほとんどである。

履歴書・職務経歴書を通じて、あなたの経歴・文書制作のスキルや論理的思考能力をみることができる。

希望リストを作っておけば転職エージェントが動きやすくなる

履歴書や職務経歴書のクオリティによって、アドバイザーの力の入りようが変わってくる。

そのうえで「年収は○○万円以上」「通勤時間にかかる時間は1時間以内」「転勤なし」といった「希望リスト」も作っておこう。

希望リストをつくっておくと、転職アドバイザーも非常に動きやすくなるので、条件を明確に伝えるようにしたい。

3つのモノをキチンと渡すと転職エージェントを完全に味方にできる

エージェントは中立的な立場でいなければならないが、彼らも人間である。

自分にとって都合の良い「渡すべきモノ」があると、態度が変わるだろう。

エージェントとの関係は二人三脚と捉えるのがベストだ。

あなたが全力になると、エージェントの心を動かすことができる。

あなたが本気で準備をすれば、エージェントも「本気の求職者」として捉え、親身になってくれるのだ。

最初からエージェントの心を惹きつけておくことが、結果的にあなたのためになるだろう。

以上、「名刺以外に転職エージェントの面接で用意すべき3つのモノ」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職エージェントに渡す名刺」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

まとめ

ここまで「転職エージェントに渡す名刺」をテーマとして、即戦力となる様々な知識を解説してきた。

「総決算」として改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみたい。

今回の記事で「どんな知識を得ることができたのか」という最後の確認になるだろう。ぜひ目を通してほしい。

転職エージェントに名刺は渡すべきなのか?事前に知るべき基礎知識

  • 転職エージェントと対面する時に名刺を渡す必要はナシ
  • 転職のための面接時にもあなたの名刺を渡す必要は一切ない
  • 転職エージェントは名刺で確認すべき情報を調査票で確認する

渡すと損する?転職エージェントが名刺をもらわない理由と渡すリスク

  • 個人情報が漏れるのを防ぐために転職エージェントは名刺をもらわない
  • 質の悪いエージェントなら名刺を見て在職中に連絡をしてくることがある
  • 転職エージェントは「取引先」ではないので名刺を渡してはダメ

マナーチェック?転職エージェントから名刺を受け取る時の注意点

  • 転職エージェント側は必ず自分の名刺を渡してくる
  • 名刺をもらう仕草でマナーがある人間がチェックされるので要注意
  • もらった名刺はすぐに片付けずに面談が終わるまで机においておく

名刺以外に転職エージェントの面接で用意すべき3つのモノ

  • あなたのスキルを見るために履歴書と職務経歴書を求められる
  • 希望リストを作っておけば転職エージェントが動きやすくなる
  • 3つのモノをキチンと渡すと転職エージェントを完全に味方にできる

上記に記した知識は、「転職エージェントに渡す名刺」において絶対に必要な知識なので、必ず吸収しておくべきだ。

逆に解説してきた知識さえ押さえておけば、転職エージェントに渡す名刺に関して疑問や不安を抱く必要はもうないだろう。

あなたにとって必要な知識は、すべて網羅できているので安心して欲しい。

今回紹介した、転職エージェントに渡す名刺に関する知識を使って、今後に活かしてもらえれば幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

最初のコメントを頂けますか?

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »