20代の転職はエージェントが必須!選び方やオススメ、活用方法を解説

20代の転職者に話を聞くと、自力で求人を探し、応募書類なども自分で作成している人が多いことに気がついた。

理由を聞くと「応募できる求人がまだ多いから」「自分でできそうだから」などと返ってくる。

筆者の意見としては、20代の転職だからこそ「転職エージェント」の利用が必須だ。

社会経験の少ない20代のうちは、アピールできるポイントや、自分に向いている職業が見えていないことが多い。

転職エージェントを利用すれば、二人三脚で転職活動を進めていくことになるので、しっかりと状況を整理することもできる。

応募書類の添削や面接対策、人生相談までもできる仲間がいるのは心強いのではないだろうか。

今回は20代の転職でぜひ使ってほしい「転職エージェント」について、詳しくご紹介していこう。

20代が転職エージェントを使うべき5つの理由

20代が転職する際に転職エージェントを使うべき理由は、以下の5つがある。

20代が転職する際に転職エージェントを使うべき理由5つ

  1. 自分にあった業界・職種を一緒に見つけてくれる
  2. 応募書類の添削をしてくれる
  3. 面接対策に付き合ってくれる
  4. 求人を紹介してくれる
  5. 面接の日程調整をしてくれる

エージェントの利用を勧めると「転職サイトでもいいではないか」と言われることがある。しかし、転職サイトとエージェントと転職サイトは大きく違う

一番の違いは、転職エージェントは転職活動に関して手厚いサポートが受けられることだろう。

転職サイトは求人を掲載するだけの掲示板だとすれば、転職エージェントは一緒に就職を目指す仲間といえる。

20代はまだ社会経験が少ない。そのため、転職活動でアピールすべきポイントが見えていなかったり、自分に合っている業界や職種が理解できていなかったりすることもある。

自分の転職をサポートしてくれる存在が不可欠なのだ。

理由1.自分にあった業界・職種を一緒に見つけてくれる

20代の転職でエージェントを利用するべき理由の1つ目は、自分にあった業界・職種を一緒に見つけてくれること。

冒頭でも話したが、社会経験が少ない20代では自分に合った業界や職種がまだ見えていないこともあるだろう。

しっかりと自分のことを理解できていないと、せっかく転職しても何か違和感を覚える可能性がある。

そうはいっても、自分に合う業界・職種を1人で見つけるのは簡単ではない。

転職エージェントを利用すれば一緒になって探してくれるため、より自分に合った企業への転職が叶うのだ

理由2.応募書類の添削をしてくれる

20代の転職でエージェントを利用するべき理由の2つ目は、応募書類の添削をしてくれること。

転職活動を進めるうえで避けては通れないのが、応募書類を作成することだ。

しかし、書類選考に通りやすい書類の作成方法を理解している人は少ないだろう。転職エージェントを利用すると、応募書類の添削をしてもらえる。

エージェントは転職のプロ。効果的なアピール方法なども理解しているため、選考に通りやすい応募書類の作成ができる

自分が思ってもいなかったアピールポイントを見つけてくれることもあるので、積極的に添削を受けておきたい。

理由3.面接対策に付き合ってくれる

20代の転職でエージェントを利用するべき理由の3つ目は、面接対策に付き合ってくれること。

1人で転職活動をしていると、どうしても面接は型どおりの練習しかできない。

もちろん、面接対策本などを利用して練習することは大切だが、それだけでは面接には受かりにくい。

転職エージェントを利用すると、面接対策にも付き合ってもらうことができる。

面接対策は、緊張感とどう戦っていくかを練習する場でもある。

そのためには、やはり目の前に人がいたほうがいいのだ。

自分の面接時のクセを指摘してもらえるので、変なクセを事前に直すことができる

例えば、緊張しすぎると口が開きやすかったり(呆けて見える)、回答に困るとヘラヘラしてしまったり(真剣味がないと感じる)、面接で印象を下げるクセは意識して直したほうがいいだろう。

理由4.求人を紹介してくれる

20代の転職でエージェントを利用するべき4つ目の理由は、求人を紹介してくれることだ。

1人で転職活動を進める場合、応募書類の作成や面接対策と並行して求人を探す必要がある。

毎日何十社もの求人が新しく更新されるため、すべてに目を通して応募先を決めるのは、かなりの負担だ。

しかし、転職エージェントを利用すると求人はエージェントが紹介してくれる形式のため、自分で探す手間がかからない

自分の希望条件を伝えておけば、希望に合った求人を見つけてきてくれるのだ。

「自分で探したらもっと良い求人があるかもしれない」と思う人もいるかもしれない。

しかし、転職エージェントはそのような転職者の気持ちも理解している。

条件には合っていなくても、転職者が興味のありそうな求人に関しては「こんなのもありますよ」と教えてくれる。

転職エージェントは転職のパートナーだ。安心して任せよう。

理由5.面接の日程調整をしてくれる

20代の転職でエージェントを利用するべき5つ目の理由は、面接の日程調整をしてくれること。

転職エージェントは求人紹介や面接対策のような“直接影響すること”だけでなく、面接の日程調整や内定後の給与交渉などの細かい手続きでもサポートしてくれる。

特に、働きながら転職活動をする人には、ありがたいサポートではないだろうか。

時間のない中での転職活動は、日程調整だけでも時間をロスしてしまうもの。

連絡作業に追われて、肝心な応募書類の作成などが間に合わなければ本末転倒だ。

日中の対応をすべて転職エージェントに任せてしまえば、自分のやるべきことに集中でき、時間を有効に使うことができる

20代の転職で利用するエージェントの選び方

ここまで、20代の転職ではエージェントの利用が必須な理由についてお伝えしてきた。

次に、利用するエージェントの選び方について解説しよう。

転職エージェントの選び方としては、大きく分けて下記の2種類がある。

転職エージェントの選び方2つ

  1. 状況に合わせて選ぶ
  2. 転職時期に合わせて選ぶ

自分に合った転職エージェントを選び、失敗しない転職を実現してほしい。

選び方1.状況に合わせて選ぶ

まずは、状況に合わせて選ぶ方法から見ていこう。「状況」というのは、こういうことだ。

状況から見る転職パターン2つ

  1. 正社員から正社員への転職
  2. アルバイト、パート、派遣社員から正社員への転職

どちらの状況かによって、おすすめの転職エージェントは変わってくる。

自分の状況を見て、選んでほしい。

パターン1.正社員から正社員への転職

正社員から正社員への転職の場合、ここでも2つに分けられる。

正社員から正社員への転職パターン2つ

  1. 経験ありの職種への転職
  2. 経験なしの職種への転職

経験ありの職種への転職は、基本的にどのエージェントを利用しても問題ないだろう。

これまでの経験をきちんと洗い出し、ステップアップを狙った転職も叶うはずだ。

一方で、経験なしの職種へ転職する場合には、未経験OKの求人を狙うことが必須

かつ、これまでの経験で活かせるものをアピールすることで、内定を勝ち取ることができる。

未経験OKの求人は、エージェントによっては少ないこともあるので、取り扱っている未経験可の求人数を確認しておくのがいいだろう。

正社員から正社員への転職で、経験ありの職種への転職では、エンジャパンの運営する「AMBIがおすすめ。

詳細は次章でお伝えするが、ステップアップを目指した転職が叶うはずだ。

正社員から正社員への転職で、経験なしの職種への転職では「ハタラクティブがいいだろう。

未経験OKの求人を多数扱っていることで有名なエージェントだ。

こちらも詳細は次章でお伝えするので、確認してほしい。

パターン2.アルバイト、パート、派遣社員から正社員への転職

次に、アルバイト、パート、派遣社員から正社員への転職を目指している場合。

正社員への転職は、なかなか難しいこともある。

しかし、不可能ではないので内定を勝ち取ってほしい。

転職方法としては、

  • 転職しやすい職種を選ぶ
  • 未経験でもOKの求人を狙う

というアプローチがおすすめだ。

転職しやすいと言われている職種

  • 営業職
  • 販売職
  • エンジニア

企業によっては、事務職も未経験を受け入れる可能性がある。

もちろん、やりたい職種があるのなら積極的に掴みにいこう。

「未経験でもOK」という求人は、転職エージェントによって数にバラつきがある。

そのため、取り扱っている未経験可の求人数を事前に確認しておこう。

アルバイト、パート、派遣社員から正社員への転職の場合には、「ウズキャリ」や「ハタラクティブの利用がおすすめだ。

どちらのエージェントも未経験可の求人を多く取り扱っており、サポートも期待できる。

ただ、どうしても正社員への転職が難しいということもあるだろう。

そのような時には、契約社員や紹介予定派遣などから正社員を目指すのもありだということをお伝えしておく。

選び方2.転職時期に合わせて選ぶ

次に、転職時期に合わせて選ぶ方法だ。

ひと言で「20代」と言っても、転職市場で見ると

  • 20代前半
  • 20代後半

に分けられる。

それによって転職エージェントも

転職エージェントのターゲット例

  • 20代前半をメインターゲットにしているところ
  • 20代後半をターゲットにしているところ
  • 20代全部ターゲットにしているところ

など、まちまちだ。

自分の年齢によって合う・合わないがあることもあるので、利用するエージェントのメインターゲットを確認しておこう。

そうはいっても、年齢外の転職エージェントを退会する必要はない。

20代向けと言っていても30代前半までOKというエージェントもあるので、使い続けて損はないだろう。

20代前半向け

まずは、20代前半向けの転職エージェントについて解説しよう。

若い人材を求めている企業も多いため、20代前半は売り手市場とも言える。

売り手市場とは、転職者が企業を選べる状態にあるということ

つまり、内定を受けやすい時期でもあるのだ。

しかし、高卒や第二新卒のように「すぐに辞めてしまうのではないか」というイメージを持たれることもある。

自身の熱意をしっかりと伝えられるよう、エージェントと応募書類を作成しよう。

20代前半の転職におすすめの転職エージェントは、「マイナビジョブ20’s」や「ウズキャリがおすすめ。

これらのエージェントの詳細については次章でお伝えするが、20代向けの中でも第二新卒や若い人材を求めている企業の求人が多いエージェントだ。

20代後半向け

20代後半では、キャリアアップを目指したり、違う職種へチャレンジしたい気持ちが高まったりする時期だ。

今までアルバイトやパートで働いていた人が正社員を目指したくなる時期でもある。

キャリアアップを目指した転職の場合には「未経験可」や「若い人材募集」の求人を狙うよりも、経験者を探している求人に応募するのがおすすめ。

転職エージェントを選ぶ時には、未経験OKな求人よりも、今より年収が高くなったり、やりがいを感じられたりする求人があるかどうかを確認しておこう。

一方で、未経験職種への転職や初めて正社員を目指す人は、未経験でも応募できる求人が多い転職エージェントを選ぶといい。

目的に合わせておすすめする転職エージェント

これらのエージェントについても、詳細は次章でお伝えする。

20代の転職でおすすめのエージェント8選

転職の状況別や年代別でおすすめのエージェントをお伝えしてきたが、ここからはおすすめのエージェントを8つご紹介しよう。

自分に合ったエージェントを利用して転職を成功させよう。

各エージェントについて紹介する前に、一覧を確認してほしい。

エージェントおすすめ求人数良いところ
マイナビジョブ20’s・20代全般
・第二新卒
非公開20代に特化しているので、応募できる求人が多い
リクルートエージェント・20代全般
・未経験職種への転職
約25万件以上求人の8割が非公開求人のため、低い倍率で優良企業を目指せる
AMBI(アンビ)・20代後半
・経験ありの職種への転職
約3万件以上ハイキャリア向けなので、収入アップを見込める
dodaエージェント・20代全般
・未経験職種への転職
約10万件以上アプリや転職フェアでのサポートも充実
パソナキャリア・20代後半
・未経験職種への転職
約3.7万件以上アドバイザーの質が高く、満足度は業界1位
type転職エージェント・20代全般
・女性
非公開女性に寄り添ったサポートが期待できる
ウズキャリ・20代全般
・第二新卒
・フリーター
非公開手厚いサポートで、内定率が高い
ハタラクティブ・20代全般
・第二新卒
・フリーター
約2,300件人柄重視の求人が多いので、学歴に不安があっても応募できる

おすすめエージェント1.マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sは、マイナビが運営する20代の転職専門のエージェント。

第二新卒のような若手を対象にしているため、すべての求人に応募することができる。

マイナビジョブ20’sと似たサービスで、マイナビエージェントというものがある。

こちらは全年齢を対象とした転職エージェントサービス。

経験者や管理職を採用したい企業の求人も多いため、必ずしも自分に合った求人が見つかるとは限らない。

一方で、マイナビジョブ20’sは若い人材を探している企業ばかりのため、実務経験が少ないことやビジネススキルがまだ高くないことも考慮されている。

社会経験の少ない時期での転職では、マイナビジョブ20’sを使うほうがいいだろう。

 

マイナビジョブ20’s

おすすめエージェント2.リクルートエージェント

リクルートエージェントは、リクルートが運営する転職エージェントサービス。

リクルートは転職サイトも有名なので、名前を聞いたことがある人も多いのではないだろうか。

大手の転職サイトであるため、求人数の多さは圧倒的だ。

約25万件の求人のうち、80%にあたる20万件は非公開求人。

そのため、低い倍率で優良な求人に応募できるところが魅力である。

さまざまな業界の求人が揃っているので、未経験職種への転職を目指す人におすすめのエージェントだ。

※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】リクルートエージェントを3分チェック

おすすめエージェント3.AMBI(アンビ)

AMBI(アンビ)は、エンジャパンが運営する20代・ハイキャリア向けのスカウト型転職サイトだ。

年収500万円以上の求人を取り扱っており、経験のある職種で転職する際に利用したいサービス。

同じくエンジャパンが運営する「エンエージェント」と合わせて利用することで、ハイクラスの転職を目指せる。

もちろん、転職者にかかる料金はなし。

2017年にリリースされたばかりのサービスだが、登録者数も多く、求人も3万件以上と頼もしい。

他のサイトと大きく違うところは、応募前に自分の合格可能性を3段階で教えてくれる「マイバリュー」という機能。

気になる求人に対して「興味あり」のボタンを押すだけで、判定可能だ。

一方で、登録情報をもとに、企業からアプローチされる「プラチナスカウト」という機能もある。

どこが評価されたのかもわかるので、自分の強みを再確認するきっかけにもなるだろう。

ただし、AMBIは年収400万円以上の人が対象となっている。

すでに超えていて、さらにレベルアップしたい人におすすめのサービスだ。

エンジャパンは入社後に活躍できるよう「入社後活躍支援プログラム」のアプリも出している。

ハイクラスの転職を叶えたら、アプリを利用してさらなるスキルアップを目指すのもいいだろう。

AMBI(アンビ)公式サイト

おすすめエージェント4.doda(デューダ)

doda(デューダ)も知名度が高く、聞いたことがある人が多いはずだ。

あまり知られていないが、dodaは転職サイトに登録すると自動的にdodaエージェントにも登録される。

そのため、転職サイトの利用と並行して、エージェントのサポートも受けられるのだ。

他のエージェントだと、転職サイトの登録とは別にエージェントの登録をする必要がある。

面倒な手続きがないというのは、dodaの強みでもあるだろう。

求人数も約10万件と申し分なく、他職種への転職を目指す人には使ってほしいエージェントである。

dodaではエージェントサービスだけでなく、2種類の転職サポートアプリをリリースしている。

dodaの転職サポートアプリ2種類

  1. dodaカレンダーアプリ
  2. doda面接対策アプリ

どちらも、効率的に転職を進めていくためにダウンロードしておくといいだろう。

また、転職フェアも定期的に開催されている。

実際に同僚となるスタッフと会えたり、職種を絞ったフェアが開催されたりと、参加して損はない。

参加は強制ではないので、行ける日にフラッと立ち寄るのもいいだろう。

※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】dodaエージェントサービスを3分チェック

おすすめエージェント5.パソナキャリア

パソナキャリアは、転職サイトとエージェントが一緒になったサービス。

2019年のオリコン顧客満足度調査では、転職エージェント部門で第1位を獲得している。

20代から60代まで幅広い年代で利用できるため、求人の種類も多い。

未経験職種への転職を希望している場合には、ぜひとも利用してほしい。

パソナキャリアはエージェント(キャリアアドバイザー)の質が良いことでも有名だ。

エージェントの登録を断られることもある未経験への転職や社会経験が少ない年代でも、パソナキャリアではしっかりと話を聞いてもらえる。

年収アップ率も6.7%と高く、条件のより良い企業への転職を叶えている人が多い。

キャリアアップを目指している人の利用もおすすめだ。

※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】パソナキャリアを3分チェック

おすすめエージェント6.type転職エージェント

type転職エージェントには、女性専用の「type女性の転職エージェント」というサービスがある。

年間5,000名以上のキャリアカウンセリングを実施した実績があり、安心して相談できる。

もちろん、男性も利用できる「type転職エージェント」を利用してもいいのだが、女性ならではの悩みや未来への不安については、女性専用の「type女性の転職エージェント」のほうが理解されやすいだろう。

一般的な転職エージェントのサポートだけでなく、女性のためのメイク方法やキャリアプランの作成のような“女性ならでは”なことへのサポートも受けられる。

結婚や出産、育児などで働き方が変わる女性の転職は厳しいと言われたり、子持ち女性や美人でないと時間がかかると言われることもある。

しかし、これらはすべて嘘だ。

本人のやる気次第で早期の転職は叶うので、将来を見据えた転職を進めよう。

男女問わずチェックしておきたいのが、20代のキャリアに悩む人の背中を押すメディア「20’s type」というコンテンツ。

著名人へのインタビューやコラムで、キャリアやビジネスへのヒントをくれる。

type転職エージェントを利用していない人も、コンテンツをチェックするとヒントがもらえるかもしれない。

※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

type転職エージェントを無料で利用する

おすすめエージェント7.ウズキャリ

ウズキャリは、第二新卒や正社員経験の少ない人を対象にした転職サポート。

フリーターやニートのサポートも対応しているので、一度も正社員になったことがない人にもおすすめだ。

ウズキャリは就活サポートの充実が最大の魅力。

1人あたり平均20時間のサポートをしており、他社よりも長い時間数だ。

ビジネスマナーや心構えなどの講座や、入社後のサポートも受けられる。

この充実したサポートにより、内定率は86%、定着率は95%と圧倒的だ。

ウズキャリの運営する「第二の就活」では、読み物だけでなく、動画でも転職についてのアドバイスが充実している。

コンテンツを見るだけでも参考になるので、チェックしてみてほしい。

ウズキャリ公式サイト

おすすめエージェント8.ハタラクティブ

ハタラクティブは20代に特化した転職エージェント。

実際の利用者も9割が20代である。

高卒や専門卒の就職実績もあるため、学歴に不安がある人でも利用できるエージェントだ。

他社では1人の転職者に複数のエージェントがつくこともあるが、ハタラクティブでは専任のエージェントがつく。

マンツーマンで、人生相談から面接対策まで幅広く相談できるので安心だ。

若手を育てて長期雇用したい企業や、人柄重視の企業が多いため、スキルや学歴が原因でうまくいかなかった人でも成功する可能性が高い。

求人数が少ないところがネックではあるが、サポートの手厚さを考えると利用して損はないだろう。

※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】ハタラクティブを3分チェック

エージェントをうまく活用して転職を成功させる5つの方法

ここまで、おすすめの転職エージェントを8種類ご紹介した。

ここからは転職を成功させるために、エージェントをうまく活用する方法をお伝えしよう。

エージェントをうまく活用して転職を成功させる方法5つ

  1. こまめにエージェントと連絡を取ること
  2. 合わないエージェントはすぐに変えること
  3. 嘘をつかないこと
  4. 同職種への転職なら、年収交渉をしてみること
  5. 面接後にはすぐに担当エージェントに連絡すること

どれも簡単なことではあるが、やるのとやらないのでは結果が変わることもあるポイント。

せっかく転職活動をするのなら、成功させるためにやっておいたほうがいいだろう。

エージェントの活用方法をしっかりと確認し、転職を成功させてほしい。

方法1.こまめにエージェントと連絡を取ること

必ずやっておいたほうがいいのは「こまめに連絡を取ること」だ。

エージェントは、1人で複数人の転職を担当していることが多い。

そのため、常にさまざまなことに追われていると言っても過言ではない。

エージェントから連絡が来ることもあるが、返信せずにいるとそのうち連絡が来なくなる

あなたにはやる気がないと判断され、その分の時間を他の人に使われてしまうのだ。

どんなに希望に合っていない求人を紹介されたとしても、仕事を探している間はこまめに連絡を取るようにしよう。

連絡するまでもないと思ったとしても、「今回ご紹介いただいた求人には応募しません」のようにひと言返信すること。

方法2.合わないエージェントはすぐに変えること

次に、「合わない」と感じたエージェントはすぐに変えることも覚えておいてほしい。

転職を進める人の中には、

  • 信用できない
  • むかつく

など、エージェントに対して「合わない」と感じている人がいる。

しかし、合わないエージェントをそのまま利用し続けている人が多すぎるのだ。

日本人ならではの奥ゆかしさなのかもしれないが、合わないならすぐに変えたほうがいい

転職活動中にイライラしていてもいい結果には繋がらないうえに、お互いにやりづらいだけ。

直接言いにくいようならメールで伝えるのもアリだろう。

我慢して合わないエージェントと一緒に進めるくらいなら、思い切って違う人に変えてもらうのがベストだ。

方法3.嘘をつかないこと

転職エージェントに自分に合った求人を紹介してもらうためには、嘘をつかないことが必須。

登録情報やスキル、これまでの経歴は嘘をつかないことが鉄則だ。

やってしまいがちなのが、これまで経験してきたことについて話を盛ってしまうこと。

もしバレてしまった場合に信頼を失うだけでなく、そのエージェントを使っての転職ができなくなる可能性がある。

少しでも内容に迷ったら、必ず確認してから伝えること。

方法4.同職種への転職なら、年収交渉をしてみること

同業種への転職をする際に必ずやっておくべきなのが、年収交渉だ。

同職種への転職であれば、今まで培ってきたスキルが最大限活かせるはず。

せっかく転職するのだから、年収交渉はしておくといい。

言わなければ提示条件から変わることはないが、伝えれば少しプラスになることもある。

自分からは伝えにくい場合には、エージェントを通して伝えるといいだろう。

エージェントのサポートの中には給与交渉も含まれているので、最善を尽くしてくれるはずだ。

方法5.面接後にはすぐに担当エージェントに連絡すること

最後に、面接を受けたらすぐに担当エージェントに連絡することを忘れないでほしい。

というのも、転職エージェントから企業の採用担当者に口添えしてくれる可能性があるからだ。

面接が済んだら、手応えなどを含め、すぐに担当エージェントに連絡を入れること。

自分が「入りたい」と強く感じたのなら、なおさらそのことも伝えたほうがいい。

転職者の感想込みで、企業に連絡を入れてくれれば、採用へのひと押しになるだろう。

転職エージェントの活用方法は下記記事でも詳しく解説している。

また、転職エージェント全般については下記記事でも詳しく解説。

まとめ

20代が転職する際に転職エージェントを使うべき理由

  • 自分にあった業界・職種を一緒に見つけてくれる
  • 応募書類の添削をしてくれる
  • 面接対策に付き合ってくれる
  • 求人を紹介してくれる
  • 面接の日程調整をしてくれる

転職エージェントの選び方

  • 状況に合わせて選ぶ(正社員から正社員への転職、フリーターから正社員への転職)
  • 転職時期に合わせて選ぶ(20代前半、20代後半)

20代の転職でおすすめのエージェント8選

  1. マイナビジョブ20’s
  2. リクルートエージェント
  3. AMBI(アンビ)
  4. doda(デューダ)
  5. パソナキャリア
  6. type転職エージェント
  7. ウズキャリ
  8. ハタラクティブ

エージェントをうまく活用して転職を成功させる方法

  • こまめにエージェントと連絡を取ること
  • 合わないエージェントはすぐに変えること
  • 嘘をつかないこと
  • 同職種への転職なら、年収交渉をしてみること
  • 面接後にはすぐに担当エージェントに連絡すること
アバター

rira

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of