リクルートエージェント

転職支援サービス「リクルートエージェント」再登録のための4つの知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
リクルートエージェント リクルートエージェント

「リクルートエージェントの再登録」といえば、知識や経験がない人にとっては、勘違いを生みやすい問題だ。

だからこそ「リクルートエージェントの再登録」について、腑に落ちる知識を得られぬまま、延々と調べている人は本当に多い。

あなたも「リクルートエージェントの再登録」に関して、以下に示すような疑問や不安をもっていないだろうか?

  • リクルートエージェント再登録はできるのか
  • 再登録したら、担当エージェントはどうなる?
  • エージェントサービスに再登録するための具体的な方法を知りたい
  • リクルートエージェントを再登録したら、まず何をすればいい?
  • エージェントサービスの再登録で、注意すべきポイントとは?

こうした疑問や不安を持っているのに解決しないまま、リクルートエージェントを再登録しようとしてはいけない。

リクルートエージェントの再登録に関する知識が足りていないので、このままではキチンと処理されないだろう。

そこで今回は「再登録」に関する疑問・不安について、リクルートエージェント経験者である筆者が必要な知識を解説していく。

最後まで読み終えた時、以下のような知識を身につけることができるだろう。

  • 「リクルートエージェント再登録は可能!担当者はどうなる?」
  • 「意外とカンタンなリクルートエージェントの再登録方法」
  • 「リクルートエージェント再登録後にあなたが行うべき具体的なアクション」
  • 「リクルートエージェントに再登録するなら絶対に押さえておくべき3つの注意点」

つまり、この記事を読めばあなたが知るべき「リクルートエージェントの再登録」に関する知識は、すべて網羅できるということだ。

これを機に「リクルートエージェントの再登録」についてキチンと理解して、これからの活動に役立てて頂きたい。

リクルートエージェント全般ついて、下記の記事でも詳しく解説しているのでぜひ読んでほしい。

目次

リクルートエージェント再登録は可能!担当者はどうなる?

リクルートエージェント

リクルートエージェント

まず解説するのは「リクルートエージェント再登録は可能!担当者はどうなる?」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • リクルートエージェントの再登録は基本的に無条件で可能
  • 以前使っていた個人データは消されている場合があるので要注意
  • 再登録をすると以前の担当だった転職エージェントでない可能性大

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

リクルートエージェントの再登録は基本的に無条件で可能

まず結論から回答すると、リクルートエージェントへの再登録は可能である。

以前に一度登録をしていて、結果的にエージェントを利用しなかった方でも問題なく登録可能だ。

また転職サービスを利用して転職を成功させた人も、もちろん登録ができるようになっている。

以前使っていた個人データは消されている場合があるので要注意

リクルートエージェントに登録したパーソナルデータは、一定期間しか保管されていない。

担当の転職エージェントに相談した内容など、詳細なデータに関しても消されてしまっている可能性もある。

新たにキャリアアドバイザーの方と面談を実施して、転職に対する希望などを伝えた方が良いだろう。

再登録をすると以前の担当だった転職エージェントでない可能性大

リクルートエージェントに再登録した時のスタッフについてだが、前回利用時と同じ担当者がつくとは限らない。

当時の担当者の方が退職している時もあるし、クライアントをたくさん抱えていることも考えられる。

どうしても同じ担当の方が良いといったケースでは、再登録時に一度、その旨を伝えて相談してみるのが良いだろう。

以上、「エージェントサービスの再登録は可能!担当者はどうなる?」について解説してきた。

この章で解説した知識は「リクルートエージェントの再登録」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「リクルートエージェントの再登録」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である、「意外とカンタンなリクルートエージェントの再登録方法」について、次章では解説する。

意外とカンタンなリクルートエージェントの再登録方法

次に解説するのは「意外とカンタンなリクルートエージェントの再登録方法」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • リクルートエージェントの再登録は最初に登録した時の手順と一緒
  • リクルートエージェントと「リクナビネクスト」は情報同期していない
  • 再登録からサポートを受けられる期間は基本的に3ヶ月間

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

リクルートエージェントを再登録する方法は最初に登録した時の手順と一緒

再登録するための方法についてだが、前回利用時に転職サービスにエントリーした時と同じ手順になる。

下記情報を入力するだけで、リクルートエージェントの再登録が完了する仕組みだ。

  • 転職を希望するタイミング
  • 希望する勤務エリア
  • 現在従事している職種および年収
  • 自身のメールアドレス(連絡先)

「リクナビNEXT」における情報は同期していない

同じリクルートが提供している「リクナビNEXT」に登録済みであれば、再登録が捗るかと言われればそうではない。

リクナビNEXTとリクルートエージェントの間では、情報の同期はしていないので、注意しておいてほしい。

再登録からサポートを受けられる期間は基本的に3ヶ月間

転職エージェントにエントリーしてから、各種バックアップを得られる期間は、おおよそ三ヶ月ほどである。

もちろん、仕事の紹介を受けている最中だと言うのならば、何ヶ月でも続けてサポートを受けられるだろう。

しかし条件と折り合わないなどの理由でピックアップしてもらえる案件がない場合、一旦サポートを終了される可能性はある。

そのような理由でサポートが終了になったケースになると、すぐに再登録をしても無意味だ。

紹介してもらえる案件がない状況が急に変化することは皆無なので、しばらく時間を置いてから再登録すると良いだろう。

以上、「意外とカンタンなリクルートエージェントの再登録方法」について解説してきた。

この章で示した知識は「リクルートエージェントの再登録」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「リクルートエージェントの再登録」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である、「エージェント再登録後に行うべき具体的なアクション」について、次章では解説する。

リクルートエージェント再登録後にあなたが行うべき具体的なアクション

次に解説するのは「リクルートエージェント再登録後にあなたが行うべき具体的なアクション」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 再登録時すぐは転職アドバイザーからの連絡を待つ
  • 対面の面談時は現在のあなたが持つ希望や目的をしっかりと伝える
  • 再登録は「引き継ぎ」では「新たな登録」として扱われる

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

再登録時すぐは転職アドバイザーからの連絡を待つ

再登録が完了すると、登録情報を元にして専属のアドバイザーが、あなたに適した求人案件があるかをリサーチする。

該当する求人案件がある場合は連絡があり、電話そうでなければ対面による面談が行われることになる。

対面の面談時は現在のあなたが持つ希望や目的をしっかりと伝える

面談時にあなたの転職の目的や、どのような仕事を求めているのかなどの詳細を伝えると良いだろう。

ただ、面談は必ず行われるというわけではないので注意が必要だ。

あなたの経験や条件と合致する求人案件がないケースでは、面談をしてもらうことも難しくなるだろう。

再登録は「引き継ぎ」では「新たな登録」として扱われる

エージェントに再登録を実行する行為は、カンタンに言うと「新しい人材として新規登録する」ということになる。

つまり、再登録は「引き継ぎ」ではなく「新たな登録」として扱われるとイメージしてほしい。

以上、「リクルートエージェント再登録後にあなたが行うべき具体的なアクション」について解説してきた。

この章で解説した知識は「リクルートエージェントの再登録」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「リクルートエージェントの再登録」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である、「再登録をするなら絶対に押さえておくべき3つの注意点」について、次章では解説する。

リクルートエージェントに再登録するなら絶対に押さえておくべき3つの注意点

最後に解説するのは「再登録するなら絶対に押さえておくべき3つの注意点」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  1. 再登録時は前回利用の時と同じ情報を登録するようにする
  2. 前回登録時の情報と差異があれば信用を失ってしまう
  3. 転職エージェントとは「信用」で繋がっていることを忘れない

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

注意点1.再登録時は前回利用の時と同じ情報を登録するようにする

リクルートエージェントの再登録自体はとてもシンプルなのだが、ひとつ注意してほしいポイントがある。

それは「基本情報を入力する時に、前回登録した顧客データと同じ情報を登録する」ということだ。

言い換えれば「嘘の情報を登録しない」ということである。

注意点2.前回登録時の情報と差異があれば信用を失ってしまう

期間によっては、以前登録した基本データベースは、リクルート保有の情報としてまだ残っている可能性がある。

もし残っていた場合には、その情報と比較チェックをされ、相違する点があれば質問を受けることになるだろう。

相違点が、例えば引越しで住所が変更になった等、キッチリと説明出来るようなものだったら問題はない。

しかし、仮に相違点の原因が嘘をついていたケースになると、担当エージェントの信用を失うことになる。

場合によっては、再登録を断られることもありえるだろう。

さらには以後リクルートが運営するエージェントサービスを利用することが禁止される可能性も、ゼロではない。

注意点3.転職エージェントとは「信用」で繋がっていることを忘れない

リクルートエージェントはサービス運営の立場として、もちろん信用できる方に仕事を紹介したいと思っている。

そのうえで良い案件があれば、信用できる登録者に優先的に仕事紹介をするだろう。

つまりは転職エージェントを利用しての転職は、「信用」が重要なポイントになるので、キモに命じて欲しい。

あなたの経験や条件と合致する求人案件がないケースでは、面談をしてもらうことも難しくなるだろう。

以上、「リクルートエージェントに再登録するなら絶対に押さえておくべき3つの注意点」について解説してきた。

この章で解説した知識は「リクルートエージェントの再登録」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

まとめ

以上、「リクルートエージェントの再登録」をテーマとして、即戦力となる様々な知識を解説してきた。

「総決算」として改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみたい。

今回の記事で「どんな知識を得ることができたのか」という最後の確認になるだろう。ぜひ目を通してほしい。

リクルートエージェント再登録は可能!担当者はどうなる?

  • リクルートエージェントの再登録は基本的に無条件で可能
  • 以前使っていた個人データは消されている場合があるので要注意
  • 再登録をすると以前の担当だった転職エージェントでない可能性大

意外とカンタンなリクルートエージェントの再登録方法

  • リクルートエージェントの再登録は最初に登録した時の手順と一緒
  • リクルートエージェントと「リクナビネクスト」は情報同期していない
  • 再登録からサポートを受けられる期間は基本的に3ヶ月間

リクルートエージェント再登録後にあなたが行うべき具体的なアクション

  • 再登録時すぐは転職アドバイザーからの連絡を待つ
  • 対面の面談時は現在のあなたが持つ希望や目的をしっかりと伝える
  • 再登録は「引き継ぎ」では「新たな登録」として扱われる

リクルートエージェントに再登録するなら絶対に押さえておくべき3つの注意点

  1. 再登録時は前回利用の時と同じ情報を登録するようにする
  2. 前回登録時の情報と差異があれば信用を失ってしまう
  3. 転職エージェントとは「信用」で繋がっていることを忘れない

上記に記した知識は、「リクルートエージェントの再登録」において絶対に必要な知識なので、必ず吸収しておくべきだ。

逆に上記の知識さえ押さえておけば、「リクルートエージェントの再登録」に関して、疑問や不安を抱く必要はもうないだろう。

あなたにとって必要な知識は、すべて網羅できているので安心して欲しい。

今回紹介した「リクルートエージェントの再登録」に関する知識を使って、今後に活かしてもらえれば幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of