正社員を目指す!フリーターでも登録できる転職エージェントと活用方法の全て

フリーターの転職にはエージェントを使おう!注意点や活用方法を解説

正社員を目指す!フリーターでも登録できる転職エージェントと活用方法の全て 正社員を目指す!フリーターでも登録できる転職エージェントと活用方法の全て

フリーターから卒業し、正社員を目指す!

そう決めたら使ってほしいのが、転職エージェントだ。

転職エージェントとは、採用したい企業と採用されたい転職者を繋げる役割をするサービス。

多くの場合、転職者は無料で利用できる。

そうはいっても、利用を断られた経験のある人も多いかもしれない。

というのも、エージェントは採用が決まって初めて利益になる。

これまでに業務経験が少ない人には「採用の見込みが低い=利益にならない」と判断されてしまうのだ。

しかし多くのサポートが必要なフリーターの転職には、エージェントの利用は必須。

フリーターからの転職でも使えるエージェントをご紹介するとともに、有効活用するコツについてもお伝えする

転職エージェントを使って、正社員での採用を叶えよう。

そもそも転職エージェントとは何か?

フリーターが転職する際にエージェントを利用するべき理由をお伝えする前に、そもそもエージェントとはどのようなものなのかを解説しよう。

エージェントとは、企業と転職者の橋渡しをする立場であり、転職者の気持ちに寄り添い、転職者の希望に合った求人を紹介する人のこと

採用確定後に企業から求人紹介料を受け取っているため、転職者は無料で利用することができる。

転職者の転職サポートや内定後の条件交渉など、最初から最後まで手伝ってくれるのに無料なのだ。

使わない手はないだろう。

フリーターの就職には転職エージェントを利用するべき理由については、次章で詳しくお伝えする。

フリーターの転職にエージェントを使うべき3つの理由

それでは、フリーターの転職にエージェントを使うべき3つの理由について解説しよう。

エージェントを使うべき3つの理由

  • 理由1.相談に乗ってくれる
  • 理由2.求人の紹介をしてくれる
  • 理由3.応募書類の添削をしてくれる

3つともフリーターにとってはありがたいサポートだ。

ぜひ利用を前向きに検討してみてほしい。

理由1.相談に乗ってくれる

フリーターの多くは、就職活動自体が初めてという人がほとんどだろう。

右も左もわからない状態では効率よく転職活動を進めることはできない。

エージェントを使えば、どんなに小さな相談にも乗ってくれるので、安心して進めることができる

就職活動に多い悩み

  • どのような仕事が向いているのかわからない
  • 就職活動の進め方がわからない
  • 世の中にどのような仕事があるのか知らない

といった就職活動の基本的なことでも、質問すれば丁寧に教えてもらえるはずだ。

筆者の感覚だが、公共職業安定所(ハローワーク)は、フリーターでも訪れやすいメリットはあるものの、基本的なことはアドバイスしてくれない。

そのため、なんとなくの状態で仕事を探すことになり、自分の適性に合っていない職種に就いてしまう可能性がある。

せっかくの転職活動をするのなら、自分に合った職場を選びたいだろう。

転職エージェントを利用して、疑問をクリアにすることが大切だ。

理由2.求人の紹介をしてくれる

前項でもお伝えしたように、フリーターからの転職では求人の選び方がポイントになってくる。

自分に合っていない職場を選んでしまっては、楽しく働けず、やりがいも感じにくい。

そうは言っても、自分に合った求人がわからない人もいるはずだ。

エージェントを利用すれば転職者の希望を聞き、条件に合った求人を紹介してくれるのでハズレが少ない。

中には、「フリーターだからこそ、選り好みしていてはいけない」と考える人もいるかもしれない。

しかし、希望に合わない企業に応募するのは時間の無駄である。

やりたくない仕事をやるために就職を目指す人はいないはずだ。

どうせ働くなら、少しでも楽しいと感じられる仕事をしていきたいだろう。

自分の条件に合わない就職先では、またすぐに転職活動をする羽目になる。

せっかく活動するなら、できるだけ長く続けられる職場を選ぼう。

理由3.応募書類の添削をしてくれる

応募書類の作成は、多くの人が苦手だと感じるところだ。

書類の作成が嫌でフリーターになったという人もいるかもしれない。

エージェントは転職者の応募書類の添削や、それ以前に「何を書けばいいかわからない」という人へのサポートもおこなっている。

応募書類のフォーマットをただ渡されて「作って」と言われるわけではなく、「この欄にはこれを書く」というように、基本から教えてもらえる。

イチから教えてもらえるので、作成もスムーズにできるはずだ。

また、出来上がった書類はそのまま提出するわけではない。

一度エージェントが中身を確認し、転職者の魅力をもっと伝えられるように添削をしてくれる

より魅力が伝わりやすい応募書類で応募することで、書類選考の通過率も上がるはずだ。

フリーターが転職エージェントを使う際の2つの注意点

フリーターの転職に、エージェントの利用はかなりオススメだが、注意するべき点もあるのでご紹介しておこう。

エージェントを使う際の注意点2つ

  • 注意点1.大手の転職エージェントは使わない方が吉
  • 注意点2.わからないからと流されない

これらの注意点を意識すれば、問題ないはずだ。

注意点1.大手の転職エージェントは使わない方が吉

まず1つ目の注意点は、大手の転職エージェントは避けた方が良いということ。

大手の転職エージェントは、正社員の転職をメインに扱っているため、フリーターの転職には向かない

正社員から正社員への転職がメインのため、フリーターからの転職が叶う求人が少ないのだ。

フリーターに特化したエージェントを使った方が、効率的に進められるはずである。

注意点2.わからないからと流されない

フリーターからの転職では、何もわからないことを理由にエージェントの意見を丸呑みしてしまう人がいる。

  • わからないから、とりあえず言う通りにする
  • よくわかっていないが、進めてみる

という転職活動も、もちろん絶対に悪いことではないが、自分の意見を大切にしてほしい。

わからないことをわからないままにするのではなく、できる限り理解する努力をしてみよう。

また、自分自身に関することは、エージェントの言いなりになっている場合ではない。

  • 転職をしてどうなりたいのか
  • どのような生活を送りたいのか

など、自分の気持ちを深く掘り下げることで、絶対に譲れない条件を見つけよう

転職活動を進める上での、あなたの軸になるポイントだ。

フリーターにおすすめの転職エージェント

それでは、フリーターからの転職におすすめのエージェントについて、年代別にご紹介しよう。

先に一覧にすると、以下のようになる。

エージェントおすすめの年代魅力
ハタラクティブ20代・未経験の転職に強い
・内定率が80%を超える
第二の終活20代・サポートが充実している
・研修で実務に近いことを経験できる
パソナキャリア30代・求人数が3万件以上と豊富
・非公開求人が多く、ライバルが少ない
DYM就職30代・フリーターやニートに特化している
・就職率が96%と高い
Spring転職エージェント40代・面接希望者を断らない
・企業担当と転職者担当が同じため、連絡がスムーズ
ワークポーク40代・IT業界に特化している
・無料で研修を受講でき、基礎から専門知識まで習得できる

それぞれ詳しく見ていこう。

20代にオススメの転職エージェント

20代にオススメの転職エージェントは、次の2つだ。

20代にオススメの転職エージェント2つ

  1. ハタラクティブ
  2. ウズキャリ

それぞれの特徴を解説する。

【20代】オススメ1.ハタラクティブ

ハタラクティブは、利用者の約9割が20代で、さらに5割近くの利用者が未経験での転職に成功している。

未経験でも応募できる求人を、常時2,300件キープしており、「応募企業がない!」というトラブルも避けられる。

40種類以上の職種を揃えているため、より自分のやりたいことに近い職種への転職が叶えられるだろう。

面接の対策にも力を入れており、内定率は80.4%を誇っている。

やりたいことが見えていない人でも、就活アドバイザーがマンツーマンで対応してくれるので安心だ。

どこに応募すればいいかわからない状態から抜け出し、自分の理想に合った職場を選べるだろう。

※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】ハタラクティブを3分チェック

【20代】オススメ2.第二の終活(ウズキャリ)

第二の終活は、キャリアカウンセラー全員が元既卒・元第二新卒。

長く続けられない人の気持ちも理解した上でアドバイスをくれるので、受け入れやすいのが魅力だ。

もちろん応募へのサポートも期待できる。

就活のサポートは平均20時間と、圧倒的な時間の長さだ。

第二の終活の内定率は86%以上なので、サポートの高さが想像できるだろう。

研修制度が充実している点もオススメだ。

第二の終活では、ITエンジニアコースと営業コースに分かれており、希望のコースで業務に近い研修を受けることができる

事前に研修を通して業務について触れるため、「思っていたのと違う」というミスマッチを防ぐこともできる。

そのため、第二の終活を通して採用された人の1年後の定着率は、94.7%とかなり高い。

※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

第二の終活を無料で利用する

30代にオススメの転職エージェント

続いて、30代にオススメの転職エージェントは、次の2つだ。

30代にオススメの転職エージェント2つ

  1. パソナキャリア
  2. DYM就職

それぞれの特徴を解説しよう。

【30代】オススメ1.パソナキャリア

パソナキャリアは大手転職エージェントではあるが、エージェントが親身になってくれると評判である。

これまでのキャリアに不安がある人でも、きちんと話を聞いてもらえるのでオススメだ。

パソナキャリアで転職を決めた人の約43%が、初めての転職である。

転職活動の進め方がわからない人でも、気軽に相談できるのだ。

取り扱い求人の種類も幅広く、3万件以上の求人の中から多種多様な業界・職種から応募先を選べる。

また、求人の80%が非公開求人のため、ライバルの少ない求人へ応募することも可能だ。

履歴書や職務経歴書の添削や、面接の対策など、初めての転職でも迷わずに済むサポート体制が魅力のエージェントである。

[pasona]

【30代】オススメ2.DYM就職

DYM就職は、フリーターやニートなどへの就職支援をおこなっているエージェント。

大手エージェントでは思うようにいかなかった場合でも、DYM就職ならサポートを受けられる可能性が高い。

DYM就職では、書類選考なしで面接へ進める制度が最大の魅力だろう。

エージェントが転職者とのカウンセリングで、しっかりと話を聞き、人柄や経歴を確認する。

そのため、企業が書類選考をする必要がないのだ。

応募者にとっても、大きなハードルの1つである書類選考がないのは魅力だろう。

就職率は96%と、ありえないほどに高い。

それだけサポートが充実しているということだ。

残念ながら対象は35歳までとなっているが、30代であれば相談してみるのもアリだろう。

※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

DYM就職を無料で利用する

40代にオススメの転職エージェント

続いて40代にオススメの転職エージェントは、次の2つだ。

40代にオススメの転職エージェント2つ

  1. Spring転職エージェント(アデコ)
  2. ワークポート

サポート対象の年齢から外れ、利用できるエージェントが少なくなってくる40代。

利用できるエージェントを最大限活用し、希望の転職を叶えよう。

それでは2つのエージェントの特徴を解説する。

【40代】オススメ1.Spring転職エージェント(アデコ)

Spring転職エージェントは、年齢に関係なく、丁寧な対応をしてくれると評判のエージェントである。

面接希望者を断らないため、他社でサポートが受けられなかった場合にも利用できる。

一般的なエージェントは、企業の担当者と転職者の担当者が別であることが多い。

そのため、企業に対し質問があっても、回答を受けるまでに時間がかかることがある。

しかしSpring転職エージェント(アデコ)なら、企業の担当者が転職者のサポートもおこなうため、迅速に情報共有することが可能だ。

また、エージェントが企業に対して、応募者を推してくれることも期待できる。

注意したいのは、同じアデコが運営する派遣サービスがあるということ。

エージェントに登録したつもりが、間違って派遣サービスに登録していたというトラブルにならないよう、登録時には気をつけよう。

※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】Spring転職エージェントを3分チェック

【40代】オススメ2.ワークポート

ワークポークはIT業界に強い転職エージェントである。

一度に大量に求人を紹介されるので、自分の興味のある企業へ応募することができる。

そうはいっても、IT業界に疎い人もいるだろう。

ワークポートなら無料でプログラミング講習を受けることもできるので、未経験でも利用しやすい

基本的なことから、専門的な知識まで、就職後に困らない知識を身につけることができるのだ。

また、ワークポートも面接希望者を断らないため、キャリアに不安がある人でも気軽に相談できる。

エージェントの優秀さも評判で、転職者の不安や悩みに寄り添いつつ、転職活動を進めてくれる。

レスポンスも早いので、返信を待っている間、悶々とすることがないのも嬉しいポイントだ。

[workport]

転職エージェントを利用する流れ8ステップ

ここまで、年代別のおすすめエージェントを紹介してきた。

次に、転職エージェントを利用した転職の流れをお伝えしよう。

転職エージェントを利用した転職8ステップ

  • (1)登録する
  • (2)エージェントから折り返し連絡がくる
  • (3)カウンセリングをおこなう
  • (4)求人を紹介される
  • (5)応募書類の添削
  • (6)応募する
  • (7)面接対策・面接本番
  • (8)内定・退職手続き

(1)登録する

まずは登録することから始めよう。

エージェントの多くは、簡単な情報登録だけで済む。

詳細な情報を登録する際には、正しく入力をすることを心がけてほしい。

(2)エージェントから折り返し連絡がくる

登録するとエージェントより連絡がくる。

電話で少し話すこともあれば、直接会って面談をおこなうこともある。

転職面接ではないので、リラックスして本音を伝えよう

転職時期や業種・職種・年収などの希望を聞かれることが多い。

(3)カウンセリングをおこなう

転職活動を進めるために、より具体的な話を聞く時間を設定する。

エージェントのオフィスへ行ったり、エージェントが来てくれることもある。

PRポイントの整理や応募書類への記載方法などを考えていく。

(4)求人を紹介される

希望条件に合いそうな求人を紹介される。

期間を分けて数件ずつ紹介されることもあれば、一気に何十件も紹介されることもある。

(5)応募書類の添削

求人へ応募する前に、応募書類の添削を受けよう。

最初から魅力の伝わる書類を作るのは、かなり難しい。

アドバイスを受けながら、アピール力の高い応募書類を作成しよう

(6)応募する

応募書類が完成したら、いよいよ応募する。

エージェントが紹介してくれる求人の中には、応募書類が不要なものもある。

その場合には、応募する意思を伝えるだけでOKだ。

(7)面接対策・面接本番

応募したら、いよいよ面接だ。

面接は誰もが緊張するもの。

エージェントとの面接対策でしっかりと準備をしておこう。

(8)内定・退職手続き

内定が出たら、退職手続きをして転職活動は終了となる。

退職する企業に対しても、円満な形で別れられるようにすること。

退職手続きについてもサポートしてくれるエージェントが多いので、不安な人は相談してみよう。

フリーターがエージェントを有効活用する3つの方法

ここまで、転職エージェントを使った転職活動の流れをお伝えした。

エージェントを使うからには、より効果的に使いたいだろう。

フリーターがエージェントを有効的に活用する3つの方法をご紹介しよう。

先にお伝えすると、以下の3つだ。

エージェントを有効活用する方法3つ

  • 方法1.転職へのやる気を伝える
  • 方法2.マナーを守って接する
  • 方法3.仕事を長く続ける意思を伝える

それぞれ詳しく解説しよう。

方法1.転職へのやる気を伝える

フリーターは正社員経験が少ないまま、現在まで時間を過ごしている。

もちろん、正社員以外の仕事から得られるものも多いが、不安を感じる人もいるのが現実だ。

いざ就職活動を始めても、フリーターだということで「就職する気が薄いのでは?」と思われることもある。

エージェントからのサポートを最大限にするためには、やる気があることをしっかりと伝えることが大切だ。

転職する気持ちが強いことを伝え、エージェントの協力をあおごう。

方法2.マナーを守って接する

エージェントは協力者ではあるが、友人ではない

マナーには気をつけて活動を進めてほしい。

エージェントも人間だ。

マナーや態度が好ましくない人への対応は、それなりになってしまう。

フリーターの転職はエージェントのサポートが不可欠。

最低限のマナーを守り、丁寧に対応しよう。

時には、エージェントへの感謝の気持ちや労いの気持ちを伝えてみるのもいいだろう。

方法3.仕事を長く続ける意思を伝える

フリーターには、仕事を続けられないイメージが一般的についているため、長く続ける意思があることを伝えるのも有効だ。

エージェントは就職が決まって初めて報酬になる。

しかし採用者がすぐに辞めてしまうと返金することになり、報酬が減ってしまうのだ。

せっかくサポートをしても、報酬に繋がらなければ困ってしまう。

転職するからには長く続けたいと思っているはず。

続ける意志があることを積極的に伝えていこう

紹介予定派遣から正社員になるのも手

ここまで、フリーターから正社員への転職にはエージェントの利用が不可欠な理由と利用の流れ、より有効活用する方法について解説してきた。

しかし、正社員へのハードルというのは非常に高い

正社員は一度採用すると簡単には解雇できないため、慎重に採用を検討するからだ。

人気の職種への就職は応募者数も多く、かなり厳しいだろう。

そこで、正社員としての採用を目指す人には「紹介予定派遣」の存在も知っておいてほしい。

紹介予定派遣とは、一定の期間派遣社員として働き、その後に企業と労働者の合意が得られれば、直接雇用で雇用する制度のこと

お互いに気持ちよく仕事ができそうであれば採用、そうでなければ契約終了することができるため、企業にとっては導入のハードルが低い。

労働者としては、先に企業の内情を見ることができ、実際の業務も経験できるため、入社後のミスマッチを避けることができる

一方の企業側も、労働者の人間性や仕事へのやる気などを、あらかじめ確認することができる。

狙っている企業や業種があるのなら、紹介予定派遣から正社員を目指すのもアリだろう。

紹介予定派遣のデメリットとしては、直接雇用に至らない可能性があるということ。

労働者は働きやすく感じ、続けたいと思っていても、企業側が直接雇用を断ってくることもある。

両者が合意しないと直接雇用にはならないので、希望が叶わない場合もある。

そうはいっても、派遣先で経験した業務等は自分の実績になる。

もし直接雇用にならなかったとしても、悪いことはないだろう。

契約社員やバイトから正社員登用を狙う

紹介予定派遣で紹介される業界・職種の中に、自分のやりたいことがない場合には、契約社員やバイトから正社員登用を狙うのも手だ。

もちろん簡単な道ではなく、仕事で成果をあげ、評価される必要がある。

主な評価ポイント3つ

  1. 勤務態度が良い
  2. 他のスタッフとの連携が取れている
  3. 業務の質が高い

など、見られるポイントはいくつかあるが、正社員になりたいくらいの仕事であれば、基準をしっかりと満たす働き方ができるはずだ。

目の前の仕事に対して真摯に向き合い、努力している姿は必ず誰かがみている

仕事を楽しみながら、正社員を目指して努力しよう。

契約社員やバイトから正社員を目指す場合、

契約社員やバイトから正社員を目指す際のリスク2つ

  1. 企業のコスト的な問題で登用されないこともある
  2. いつ正社員になれるかわからない

といったリスクがある。

長期的に見る必要があるので、今すぐに正社員になりたい人には向かない方法だ。

まとめ

エージェントとは

  1. 企業と転職者の橋渡しをする立場
  2. サポートが充実しているのに無料
  3. 無料の理由は、企業から報酬を得ているため

フリーターの転職にエージェントを使うべき理由

  • 理由1.相談に乗ってくれる
  • 理由2.求人の紹介をしてくれる
  • 理由3.応募書類の添削をしてくれる

転職エージェントを使う際の2つの注意点

  • 注意点1.大手の転職エージェントは使わない方が吉
  • 注意点2.わからないからと流されない

フリーターの転職におすすめのエージェント

【20代】

  • ハタラクティブ:未経験の転職に強く、内定率は80%超え
  • ウズキャリ:サポートが充実しており、実務に近い研修が魅力

【30代】

  • パソナキャリア:求人数が豊富で、ライバルの少ない非公開求人も多い
  • DYM就職:フリーターやニートの転職に特化。就職率は96%

【40代】

  • Spring転職エージェント(アデコ):面接希望者を断らず、スムーズな対応が魅力
  • ワークポート:IT業界に特化し、無料の講習で基礎から専門知識まで学べる

転職エージェントを利用した転職の流れ

  • (1)登録する
  • (2)エージェントから折り返し連絡がくる
  • (3)カウンセリングをおこなう
  • (4)求人を紹介される
  • (5)応募書類の添削
  • (6)応募する
  • (7)面接対策・面接本番
  • (8)内定・退職手続き

転職エージェントを有効活用する方法

  • 方法1.転職へのやる気を伝える
  • 方法2.マナーを守って接する
  • 方法3.仕事を長く続ける意思を伝える

紹介予定派遣から正社員を目指すのもあり

  • 派遣社員として働いてから、直接雇用される制度
  • 実際に内情を知ることができる
  • 企業としてもハードルが低いので、導入されやすい
  • もし直接雇用にならなくても、派遣先で経験した業務等は実績にできる

契約社員やアルバイトから正社員を目指す道もある

  • もちろん簡単な道ではない
  • コツコツ努力を積み重ねられる人にはおすすめ
  • 必ず正社員になれるわけではないので、リスクもある
アバター

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of