リクナビNEXT

転職のプロが教える!リクナビNEXTがオススメできる理由と活用法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
リクナビNEXT リクナビNEXT

リクナビNEXTは、人材関連の最大手である株式会社リクルートキャリアが運営する転職サイトだ。

どのランキングサイトやコミ評価サイトでも概ね上位にランキングされ、おすすめに挙がっている転職サイトでもある。

今まで転職サイトを利用して転職しようと検討したことがあるなら何度となく目にしているはずだ。

また、同じ会社の運営なのだが、リクルートエージェントがおすすめに挙がっていることも多い。

リクルートエージェントは転職エージェント、リクナビNEXTは転職サイトという異なるサービスだ。

転職サイトは企業の出した求人広告の情報を見て、自分でそれらを突き合わせて応募する求人を選び、自分で応募する。

転職エージェントは、キャリアアドバイザーがこれらのマッチングを行い、条件に合った求人を紹介してくれる、という違いがある。

今回は、企業の採用担当としてリクルートキャリアとの付き合いも長く、自身もリクルートのサービスで転職した経験のある筆者が、転職サイトである「リクナビNEXT」について詳しく解説する。

なぜどのサイトでもリクナビNEXTの評価が高いのかを解説しながら、リクナビNEXTの上手な利用方法を伝授したい。

リクナビNEXTの特長を知って活用し、転職成功に結び付けて欲しい。

リクナビNEXTの基本情報と特長

まずはリクナビNEXTの基本情報から確認していこう。

サイト名リクナビNEXT
URLhttps://next.rikunabi.com/
リクナビNEXT会員数786万人
扱っている求人数常時10,000件前後
求人エリア(勤務地)北海道、東北、北信越、関東、東海、関西、中国四国、九州沖縄、海外
求人職種営業、事務・管理、マーケティング、経営、サービス、外食、販売、Web、ITエンジニア、ものづくりエンジニア、素材・化学系技術職、建築土木技術職、技能工、ドライバー、医療・福祉、介護、教育、保育、公務員など
運営会社株式会社リクルートキャリア(https://www.recruitcareer.co.jp/)

会員数、扱っている求人数ともに国内の転職サイトで最大規模、求人エリアや業種を幅広く扱っていることが分かるだろう。

こうしたスタイルは、例えば看護師やIT系など専門分野に特化した転職サイトに対し、総合転職サイトといえる。

リクナビNEXTに次ぐ大手有名転職サイトはこうした総合転職サイトの老舗がほとんどだ。

なぜリクナビNEXTは常に高評価なのか

テレビCMや広告で目にするような大手転職サイトの中でも特にリクナビNEXTの評価は常に上位だ。

その理由のひとつには「求人数の多さ」が挙げられる。

常時10,000件(条件なしで検索した求人数)というのは、他の転職サイトと比べて豊富な掲載量なのだ。

求人数が多いメリット

求人の件数が多いということは、多くの求人企業から支持されているということでもある。

中には有名企業や大手企業をはじめ、魅力的で質の高い求人も掲載されており、メリットのひとつと言っていいだろう。

数多く応募すればそのうち内定がもらえるというものではないが、求人数が多い方が、より自分に合った転職先に出会える可能性は高いといえるのだ。

求人している業界や業種、勤務地が幅広い

求人数が多いところに多くの転職希望者が集まる、ということもあるが、それだけではない。

リクナビNEXTの登録者数が多いのは求人の幅広さがあり、利用者を選ばないからだ。

求人数の多い営業職をはじめ、人気の高いIT・Web系業界、さらには医療業界などの専門職まで幅広く扱っている。

また大手のメリットを生かし国内の各拠点から求人情報を収集できるため、U・Iターン転職や地方の求人も安定した案件数を保有できるのも強みだろう。

転職エージェントとの違い

転職サイトと転職エージェントを比較すると次の表のようになる。

転職サイトと転職エージェントの違い

  • リクナビNEXT:求人を公開し、応募者はそれを見て応募する
  • リクルートエージェント:キャリアアドバイザーが転職希望者の経験やスキルに合った求人を紹介する

というのが最も大きな違いだ。

比較項目リクナビNEXTリクルートエージェント
利用料、サービス料無料無料
応募先を探す自分で探すキャリアアドバイザーが探す(マッチング)
応募書類(職務経歴書など)応募までに作成登録時に作成

アドバイザーが添削指導

応募する求人情報から自由に選んで応募

『応募する』から送信

アドバイザーからの紹介を受ける

アドバイザーから面接アドバイス

選考や面接を進める自分で直接連絡、アポイントを取るアドバイザーが企業との間に入って調整
給料など待遇の交渉面接の時に交渉、または自分で連絡アドバイザーが企業との間に入って交渉
内定を受けるまたは辞退する自分で企業へ連絡または承諾書を送るアドバイザーが企業との間に入って連絡

多くの求人に応募したいならリクナビNEXT

リクルートエージェントを利用することで、転職活動全体にわたりサポートを受けることができる。

一方リクナビNEXTのメリットは、応募要件さえ満たしていればどこに応募するのも自由、という点だ。

サポートは心強いが、これまでの職歴やキャリアにもとづいた求人内容に偏ったり、キャリアアドバイザーの考えや、場合によってはアドバイザーのノルマに左右されたりすることもあり得る。

一方で、自分が応募したいと思える求人に応募でき、多くの求人の中から自分自身で新たな可能性を見つけられるという点では、転職サイトの方が求人件数の多さを活かせるメリットがある。

自分で転職を有利に進められるなら自分のペースで良い

サポートを利用しなくても自分で転職活動を有利に進められる人は特にリクナビNEXTを使うメリットがある。

  • 履歴書や職務経歴書の作成方法、面接対策などを知っている
  • 比較的、転職活動にかける時間がある
  • エージェント(アドバイザー)の意見に左右されたくない
  • 自身のスキルや経験と合っている求人が分かる

これらを押さえていればサポートがなくてもスムーズに転職活動を進めていけるからだ。

自分の応募したい企業へ、自分のタイミングで応募できるというメリットがあるのでリクナビNEXTで充分だろう。

※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】リクナビNEXTを3分チェック

リクナビNEXTを使った転職活動

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職サイトであるリクナビNEXTの概要が分かったところで、リクナビNEXTに登録して実際に使っていこう。

応募までの手順をステップに沿って説明していく。

リクナビNEXTの応募までの4ステップ

  • ステップ1:リクルートIDへの登録で利用できる
  • ステップ2:自分の関心傾向が分かる「かんたんチェック」
  • ステップ3:求人情報を検索する前に考えておくこと
  • ステップ4:応募の時に気を付けること

まずはリクナビNEXTにアクセスしてみよう。

ステップ1:リクルートIDへの登録で利用できる

登録はまず、メールアドレスを入力し、そのアドレス宛てのメールが届けば仮登録となる。

ホテル予約のじゃらんやレストラン予約のホットペッパーなどで「リクルートID」を持っている場合はそのID・パスワードでリクナビNEXTもログインできるので新たに登録する必要がない。

ただし、転職の情報とレジャーの情報が一緒になってしまい、メールマガジンなどの量も少なくないので、筆者の経験からは別のアドレスにしておくのがおすすめだ。

登録したアドレスに届いたメールのURLから、氏名、生年月日、性別、住所、電話番号と簡単なプロフィールを入力するだけで登録は完了だ。

ステップ2:自分の関心傾向が分かる「かんたんチェック」

登録が完了し、最初にサイトにログインすると「かんたんチェック」からスタートする。

かんたんチェックでは、出てくる求人に対して「気になる」を選んでいくことで、自分がどういった求人に関心があるのかを割り出してくれるのだ。

かんたんチェックは、リラックスしてあまり悩まずに選択していく方が自分の傾向が分かりやすい。

職務経歴書の記入などはパソコンの方が便利だが、それ以外、こうした機能を利用する時はスマートフォンからのアクセスがおすすめだ。

ステップ3:求人情報を検索する前に考えておくこと

いよいよ求人案件の検索だが、求人案件数の多いリクナビNEXTだからこそ、求人情報の絞り込みは大切だ。

優良案件の見落としを防ぎつつ、効率よく見ていくためにも、あらかじめ次の要点を思いつくままで構わないので、書き出しておくことをおすすめしたい。

  • 転職先に求めること(勤務地や年収などの条件)
  • 持っている経験やスキル(業種、職種、仕事内容や役職)
  • 採用される可能性(応募要件に合っているか)

転職先を決めるときは少なくともこの3つから、自分自身と求人内容が合っていることを確認して応募することになるだろう。

さらに優先順位を決めておけば、妥協し過ぎて後悔するような転職は避けられるはずだ。

ステップ4:応募の時に気を付けること

応募する求人が決まったらその求人ページの『応募する』をクリック、企業からの質問への回答、職務経歴書の入力をして応募となる。

『応募する』をクリックしただけでは応募にならないが、ここから先は特にひとつひとつ確認しながら、慎重に回答、記入を進めていこう。

気になるがもう少し考えたい、という場合は『気になる』をクリックしておけば、ブックマークになる。

この『気になる』については後ほど詳しく説明するので、この段階ではブックマークと思っておいてよい。

チェック①:応募要件

応募要件とは、学歴、資格、経験など、企業側が定めたもので、仕事に最低限必要なもの

例えば、応募要件が「大卒、要普免」となっていれば4年制大学卒で、普通自動車免許を持っていることが応募する最低条件ということだ。

一方「歓迎要件」とは、なくても応募できるがあった方がいい、という条件で、ここにある資格を保有しているなどの場合は選考に有利だと思っていいだろう。

チェック②:仕事内容

仕事内容が具体的に分からない求人には原則として応募しないか、問い合わせてから応募することをおすすめする。

ここに記載されている用語や内容が分からないと入社しても困るか、または望まない仕事内容になる可能性がある。

入社したとして自分にその仕事ができるのか、やりたいのか、ということを確認してから応募しよう。

チェック③給与や待遇

給与や休日、福利厚生などの待遇面は、妥協できる点や妥協できる程度など、優先順位を決めておきチェックすべきだ。

「理想の年収額や待遇で、その上入社の可能性も高い」という求人に出会うことは非常にまれで、何かしら足りない部分があったりするものだからだ。

妥協しなければ応募できる企業は非常に少なくなり、妥協しすぎれば入社してから後悔する可能性が高いので、要チェックだ。

※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】リクナビNEXTを3分チェック

マルチな転職活動でもっと有利に

転職サイトだけを使う、という強いこだわりがないのであれば、「転職エージェント」と「スカウトサービス」を併せて利用することを強くおすすめする

リクナビNEXTはスカウトサービスの利用はもちろん、同じ会社の運営でリクルートエージェントを運営しているため、既に登録したIDをそのまま利用することができる。

単に登録する転職サイトを2~3社と増やせば多くの求人を見ることができるが、数だけ増えても効率的とは言えないだろう。

転職サイト、転職エージェント、スカウト、機能の異なるこの3つをマルチに使いこなすことが、最も効率的に理想に近い求人に出会う手段だと言えるのだ。

スカウト機能を利用しない手はない

転職サイトから自分で選んで応募することが「攻め」の転職活動だとすれば、スカウトの利用は「守り」の転職活動と言っていい。

自分で選んだ求人は、その時点で企業に求められているかどうかは分からない。

しかしスカウトやオファーを受けるということは、企業の求める人材に近いことが分かっているぶん、採用の可能性が高いのだ。

自分で応募する時は希望重視、オファーを受ける場合は採用重視と考えて、自分の希望に最も近く採用される可能性の高い転職先に絞って応募していこう。

スカウトサービスの使い方

スカウトサービスの利用には自身の情報を企業から見えるようにしておく必要がある。

「オファーを待つ」をクリックして、最初のプロフィールよりさらに詳しく、経験やスキル、職務経歴を登録しておこう。

この段階で応募書類としての「職務経歴書」をしっかり作成して、登録しておくことをおすすめする。

オファーを受けた時点で書類選考通過と同等に扱われることもあるので、ここで登録されるレジュメ情報は、時間をかけてでも、もれなく、詳しく登録しておきたい。

現在の会社に知られたくない場合

現在の職場でもリクナビを利用して採用活動を行っているような場合、登録情報に自社の名前があると転職活動を知られてしまうかもしれない。

そのような場合には「スカウト機能の利用設定」から、レジュメ公開ブロック企業で企業を登録しておこう。

こうすることで現在の職場に知られることなく自身の情報を公開しておけるので安心して利用して欲しい。

オープンオファーとプライベートオファー

公開情報に対してオープンオファーとプライベートオファーという2種類のオファーを受けることができる。

採用に近いのはプライベートオファーだ。

プライベートオファーを受けたら出来るだけ早めにレスポンスすることをおすすめしたい。

オープンオファーは求人情報への誘導

オープンオファーは、企業が自社の求人情報を見て欲しい時に使う。

人事担当の視点から言えば、次のような場合が当てはまるだろう。

  • 多くの応募者の中から絞り込みたい
  • 大量採用を考えている
  • 欲しい人材と登録されたレジュメになんとなく共通点がある

あくまで求人情報への誘導なので、求人情報から応募する方法は通常の応募方法と同じだ。

応募したとしても書類選考で不採用となることもあるので、求人情報を見て欲しい企業からのDM程度にとらえても差し支えないだろう。

プライベートオファー

プライベートオファーは、面接確約オファーと言い換えることのできる強いオファーだ。

プライベートオファーを受けたら出来るだけ早く求人内容を確認して、選考に進むか、辞退するかを決めよう。

選考を進める場合は「面接を希望する」をクリックし、あらかじめ登録しておいたレジュメを確認後、送信する。

ここで職務経歴書などのレジュメを再確認することはもちろん重要だ。

しかし、最初の登録で職務経歴書を完成させておくことが、プライベートオファーを受けることにつながると覚えておいて欲しい。

「気になる」は企業へ通知される

求人を見て応募しようかどうか保留にするような場合「気になる」をクリックする、ブックマークとして利用するという方法は前出の通りだ。

一方で、スカウト機能を利用している場合、転職希望者がクリックした「気になる」は、その求人を掲載している企業へ「御社の求人が「気になる」されました」という通知が届く。

つまり「求人に関心を持っている登録ユーザーがいますからオファーしてみてはどうですか」というおすすめが届くのだ。

オファーを多く受けられるようにして選択肢を広げたいなら「気になる」を多めに残しておき、あまり連絡が多いことを望まない場合は最小限にとどめておくのが良いだろう。

リクルートエージェント併用のメリットとデメリット

リクナビNEXTでスカウト機能を利用し、さらにリクルートエージェントを併用することで、自分に合った求人へ最も多くアプローチすることができる。

その最大の理由は、転職エージェントには求人情報を公開しない「非公開求人」があるからだ。

リクルートエージェントでは保有する求人の約8割が非公開求人なので、転職サイトで見た求人、紹介される非公開求人を合わせれば、より理想に近い求人に出会えるだろう。

リクルートエージェント併用のメリット

リクルートエージェント併用のメリットのひとつに非公開求人へのアプローチがあるが、他にも次のようなものがある。

  • 採用の可能性や応募者の市場価値に合わせた求人が分かる
  • 職務経歴書の書き方や面接に対してアドバイスをもらえる
  • 面接日程の調整から給与交渉まで間に入って対応してくれる

例えば職務経歴書や面接について受けたアドバイスはそのまま転職サイトからの応募でも役立てることができるだろう。

転職活動全体をフォローしてくれ、効率よく自分に合った求人への応募ができることもエージェント利用のメリットだ。

リクルートエージェント併用のデメリット

一方で併用のデメリットもある。

  • キャリアアドバイザーのノルマの都合に左右される場合がある
  • アドバイザーの経験値や業界知識などに当たり外れがある
  • リクナビNEXTからの応募状況など、アドバイザーとの情報共有がわずらわしい

マッチングや紹介を請け負ってくれる分、キャリアアドバイザー次第、という一面は避けられない。

また、選考の進捗状況をアドバイザーと共有するなど、ひとりで行う転職活動よりは若干の面倒も増えることは覚悟しておいた方が良い。

何よりアドバイザーは採用重視の営業マン、という一面があるので、ノルマ都合などに左右されないように注意が必要だ。

※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】リクルートエージェントを3分チェック

リクナビNEXTの裏側教えます・リクナビ転職HRTechスカウト

リクナビNEXTのスカウト機能、リクルートエージェントのどちらも、登録したレジュメはデータベースとして企業からのオファーの対象になる。

こうしたデータベースで企業からの直接オファーを可能にしているのが「リクナビ転職HRTechスカウト」だ。

リクナビHR TECH

リクナビHR TECH

こうした仕組みを「ダイレクト・リクルーティング」といい、現在の求人、特に転職市場では非常に重要な位置づけとなっている。

企業の人事担当者はレジュメ情報を直接見ている

求人情報を出している企業へはほぼ毎日、その企業の求人情報にマッチしたおすすめ登録ユーザーが通知される。

もちろん、氏名や詳しい住所などの個人情報は伏せられているが、職務経歴書などの情報はチェックすることができるのだ。

この裏側を知っていれば、リクナビNEXTやエージェントに登録しておく情報や職務経歴書の作成がどれだけ重要か、言うまでもないだろう。

「レジュメ情報を丁寧に作成しておく」たったそれだけのことで、書類選考通過、面接確約の可能性はぐんと高くなるのだ。

人事担当者の評価方法

人事担当者はおすすめ登録ユーザーを確認して大きく3段階の評価をつける。

  • ◎面接に来て欲しい(プライベートオファー、面接確約)
  • △応募して欲しい(オープンオファー)
  • ×興味がない、当てはまらない

こうすることで、リクナビNEXTの場合はオファーが届き、リクルートエージェント経由であればキャリアアドバイザーから紹介の打診を受けることになる。

また、この選択を人事担当者が行うことによってAI(人工知能)が企業へのおすすめをブラッシュアップしてくれるという、リクルート独自のシステムとなっている。

リクナビNEXTをすみずみまで活用したい人のために

求人情報を公開するだけであれば求人情報誌や求人広告でも同じなのだが、多彩なコンテンツを持っているのが業界大手のリクルートならではの特長だ。

転職が初めてでも、そうでなくても転職活動の充実に、一度は利用してみることをおすすめする。

フェアに参加してみよう

リクナビNEXTでは主要都市を中心に転職フェアを主宰している。

転職フェアとは、中途採用をしたい企業が会場にブースを構え、転職希望者を招き入れて行う就職説明会

求人情報だけでは分からない企業の雰囲気や、求人企業がどんな人材を求めているかなど、人事担当者の生の声を聞き、面談などを体験できるのも魅力だろう。

また、来場者は自分と同じように転職を考えている同志でありライバルといってもいい。

他の転職希望者の立ち回りもよく観察して、魅力的な企業へ有利な応募ができるようにしよう。

グッドポイント診断で強みを知ろう

ほとんどの面接で「あなたの長所、強みは何ですか」という質問があるが、なかなか自分では気が付くことができないものだ。

グッドポイント診断では、好みや行動、考え方の質問に選択式で回答することで「自分の強み」を客観的に診断する。

親密性、現実思考、慎重性、独創性、柔軟性、決断力など、18の特性から5つの強みを知ることができる。

履歴書の自己PR欄の記入や面接対策として、ゲーム感覚で取り組めるので試してみよう。

タイミングをつかむために特集をチェック

求人と応募はタイミングも重要だ。

どんなに自分の理想に近い求人も、企業が求めている人材に当てはまっていても、求人と転職活動のタイミングが合わなければ採用につながることはない。

そこでリクナビNEXTを利用する際にはまず、その時の特集から検索していくことをおすすめしたい。

例えば「事務の仕事」「メーカーで働く」「I・Uターン特集」など、常に何らかの特集が組まれている。

自分に合った特集を見たら、全体から検索するより先にそちらの求人情報をチェックして欲しい。

自分に合った求人がより一層見つかりやすくなるはずだ。

まとめ

転職サイト「リクナビNEXT」についてその強みと活用方法について解説してきた。

最後に重要ポイントを振り返ってまとめてみたい。

リクナビNEXTは求人数が多い

  • 多くの求人企業から支持されていることもあり求人の質が高い
  • 求人している業界や業種、勤務地が幅広い

リクルーエージェントとの違い

  • 多くの求人に応募したいならリクナビNEXT
  • 自分で転職を有利に進められるなら自分のペースで良い

他に転職サイトはどんなものがあるの?という方はぜひ下記記事も読んでもらいたい。

リクナビNEXTを始め、筆者がおすすめする転職サイトを厳選してまとめている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Career Rules編集部

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of