WEBマーケッターでもよく間違える!KPIとKGIの意味と違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ビジネスシーンにおいて、一緒に目にすることの多いのが「KPI」と「KGI」です。

「KPI」の意味は「会社が掲げた最終目標の達成具合を評価するための指標」です。

一方、「KGI」の意味は「会社が掲げた目標の達成具合を評価するための指標」です。

KPIとKGIの両者を比べると、ほぼ同じ意味であることがわかるでしょう。

ただ違いを挙げるとしたら「最終目標」なのか「目標」であるかの違いが挙げられます。

KPIが「最終目標」ですが、KGIが最終目標のための「短期・中期の目標」になります。


「KPI」の意味

「KGI」の意味

ここまで間違えやすい「KPI」と「KGI」の意味と違いを解説していきました。

ただし、「KPI」と「KGI」それぞれの意味や使い方については、まだまだ理解できていないことでしょう。

そこでまずは「KPI」についての使い方や具体的な実例について、もう少し深掘りしていきます。

「KPI」の意味と具体的な使い方と実例

あらためてKPIの意味をお伝えしましょう。

「KPI」の意味は「会社が掲げた最終目標の達成具合を評価するための指標」です。

ただし「KPI」という言葉を、具体的にどう使えばいいのかは、まだわからないでしょう。

そこで「KPI」という言葉が、どんな時・どういう会話で使われるのか解説していきます。

今回紹介する「KPI」の使い方とシチュエーションは、「決算期が迫った時期に会議をする時の“KPI”」です。

会話例とともに紹介していくので、今のあなたシチュエーションと結びつけながらチェックしてみてください。

決算期が迫った時期に会議をする時の「KPI」

決算期が迫った時期に会議をする時に「KPI」が出てくると、どんな意味になるのでしょうか。

以下の具体的な会話を見て、使い方と意味を理解しましょう。

元の会話

上司:「【KPI】を確認してほしい。現状とは離れていることがわかるだろう」
部下:「【KPI】を達成するにはどうすればいいのでしょうか・・・」

わかりやすく変換

上司:「【最終目標の達成具合を評価するための指標】を確認してほしい。現状とは離れていることがわかるだろう」
部下:「【最終目標の達成具合を評価するための指標】を達成するにはどうすればいいのでしょうか・・・」

使い方に関する解説

上記のシーンでは「会社が掲げた最終目標の達成具合を評価するための指標」という意味で「KPI」を使います。

そもそも「KPI」の意味は「最終目標の達成具合を評価するための指標」だけなので迷うこともありません。

ちなみに「KPI」は大手企業で設定されることが多かったですが、現在は中小企業でも設定されています。

「KPI」と似たような言葉・間違えやすい言葉

「KGI」と一括りにされがちなのが、「KPI」ですが、他にも密接な関係をもつ言葉があります。

「KPI」という言葉と一緒くたにされやすいのが、「HOWツリー」という言葉です。

「HOWツリー」と「KPI」を比較して、使い方のポイントや意味の違いを浮き彫りにしていきましょう。

「KPI」と「HOWツリー」を比較

「HOWツリー」の本来の意味は、「“どうやって”を積み重ねていく思考方法」です。

ビジネスシーンにおいて「HOWツリー」は、目標達成の思考方法としてよく使われています。

一方、先述したようにKPIには「会社が掲げた最終目標の達成具合を評価するための指標」という意味があります。

KPIとHOWツリーの意味を比較するとわかると思いますが、これらは全く別物です。

もし、あえてKPIとHOWツリーを一緒に使うのであれば、どんな用法になるでしょうか。

「KPIを設定するためにHOWツリーを使う」という言い方が予想されます。

ちなみに実際のビジネスシーンにおいて、KPIを設定するためにはHOWツリーが必要不可欠です。

「どうやって」を積み重ねていって、「最終目標に到達するにはどうすればいいか」を考えていきます。

思考方法的には非常にシンプルなので誰でもできますが、「どうやって」が4回目ほどになると大変です。

頭に汗をかかないと、なかなか「どうやって」の回答が出てきません。

このようにKPIにはHOWツリーの利用が必要不可欠なので、両者は密接な言葉だと解釈されているのです。

ここまでは、「KPI」と似たような言葉・間違えやすい言葉についてお伝えしました。

「KPI」と似たような言葉である「HOWツリー」との違いを、理解していただけたと思います。

これまでの解説で「KPI」について知識は、十分になっているといえます。

では次に「KGI」についての使い方や具体的な実例について、もう少し深掘りしていきます。

「KGI」の意味と具体的な使い方と実例

あらためてKGIの意味をお伝えしましょう。

「KGI」の意味は「会社が掲げた目標の達成具合を評価するための指標」です。

ただし「KGI」という言葉を、具体的にどう使えばいいのかは、まだわからないでしょう。

そこで「KGI」という言葉が、どんな時・どういう会話で使われるのか解説していきます。

今回紹介する「KGI」の使い方とシチュエーションは、「会社で会議をしている時の“KGI”」です。

会話例とともに紹介していくので、今のあなたシチュエーションと結びつけながらチェックしてみてください。

会社で会議をしている時の「KGI」

会社で会議をしている時に「KGI」が出てくると、どんな意味になるのでしょうか。

以下の具体的な会話を見て、使い方と意味を理解しましょう。

元の会話

上司:「【KGI】を確認してほしい。このままではKPIには届かないだろう」
部下:「KPIのためにも【KGI】をなんとか達成したいですね・・・」

わかりやすく変換

上司:「【目標の達成具合を評価するための指標】を確認してほしい。このままではKPIには届かないだろう」
部下:「KPIのためにも【目標の達成具合を評価するための指標】をなんとか達成したいですね・・・」

使い方に関する解説

今回のようなシーンでは「会社が掲げた目標の達成具合を評価するための指標」という意味で「KGI」を使います。

そもそも「KGI」には「目標の達成具合を評価するための指標」という意味しかないので迷うこともないでしょう。

ちなみに「KGI」は「KPI」が設定されている会社では、ほぼ確実に設定されていることが多いです。

「KGI」と似たような言葉・間違えやすい言葉

「KPI」と一括りにされがちなのが、「KGI」ですが、他にも密接な関係をもつ言葉があります。

「KGI」という言葉と一緒くたにされやすいのが、「WHYツリー」という言葉です。

「WHYツリー」と「KGI」を比較して、使い方のポイントや意味の違いを浮き彫りにしていきましょう。

「KGI」と「WHYツリー」を比較

「WHYツリー」の本来の意味は、「“なぜ”を積み重ねていく思考方法」です。

ビジネスシーンにおいて「WHYツリー」は、問題解決の思考方法としてよく使われています。

一方、先述したようにKGIには「会社が掲げた目標の達成具合を評価するための指標」という意味があります。

KGIとWHYツリーの意味を比較するとわかると思いますが、これらは全く別物です。

ちなみに実際のビジネスシーンにおいて、KGIを設定するためには「WHYツリー」を使いません。

KGIもWHYツリーではなく、先述した「HOWツリー」を使います。

「どうやって」を積み重ねていって、「目標に到達するにはどうすればいいか」を考えていくのです。

「HOWツリー」とちがって「WHYツリー」は、すでに起こった問題を解決するための思考方法です。

そのため、目標を設定することになる「KGI」とは用途があいません。

しかしKGIを設定する方法として「HOWツリー」ではなく「WHYツリー」を紹介する人も中にはいます。

しかし厳密にはKGIおよびKPIには「HOWツリー」が必要だということを忘れないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

最初のコメントを頂けますか?

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »