転職面接で名刺交換は必要?好印象を与える面接マナーの実践マニュアル

転職面接で名刺交換は必要?好印象を与える面接マナーの実践マニュアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
転職面接で名刺交換は必要?好印象を与える面接マナーの実践マニュアル 転職面接で名刺交換は必要?好印象を与える面接マナーの実践マニュアル

転職活動時に気になることのひとつは、面接時に好印象を与えることができるかどうかではないだろうか。

転職を成功させるために少しでもよりよい面接対応を、と考えるのも当然だ。

新卒の就職活動時にも面接は経験しているはずだが、転職時にはまた違う注意点がある。

その代表例は名刺の扱いだ。

「名刺を渡されたらどう対応すればいいのか?」「こちらも名刺を渡すべきなのか?」疑問がつきない方も多いだろう。

そこで本記事では、

  • 転職時の面接では名刺を渡すべきかどうか
  • すでに退職している場合も名刺を渡すべき?
  • 面接で名刺を受けとった時はどう受け取るか、置き場所はどうするべきか?
  • 転職面接で好印象を与えられるマナーを知りたい


といった、転職面接で多くの人が抱く疑問にお答えしよう。

さらに、面接で好印象を与えるマナーもまとめて紹介するので、ぜひ本記事の内容を活用して転職の成功させてほしい。

結論:転職で名刺交換は不要

結論:転職で名刺交換は不要
結論から先に言ってしまえば、転職時の面接では名刺交換は不要だ。

面談は、会社員として臨むのではなく、一個人として参加するものだという認識を持つ必要がある。

つまり、面談とはプライベートな用事ということ。

名刺交換は、会社の顔として相手に自分を紹介する行為であり、プライベートな立場で臨む面談にはそぐわない。

もうすぐ辞める予定の会社の名刺を自分から渡すことは、相手に悪印象を与えかねないので気をつけよう。

また名刺交換をすることで、雰囲気が堅くなってしまい面接がやりづらくなる、という側面もある。

そういう意味からも、転職面接での名刺交換は基本的に不要だ。

面接官から名刺交換を求められる場合もある

面接から一方的に名刺を渡された場合はそのまま受け取れば良くて、こちらから名刺をあえて渡す必要はない。

ただ、まれに面接官から名刺「交換」を求められることがある。

面接官が名刺交換を望む理由は、以下のような意図がある。

  • 念のため現職を確認しておきたい
  • 社会人としての一般的なマナーが身についているかどうかを確認したい


そのような場合は、積極的に名刺交換はしよう。

つまり名刺は、念のため持っていくべきだ。

普段、名刺を持参しないような職種の人は注意しておこう。

また、営業職を応募している場合は、名刺の持参はマナーだとも言えるので、マイナス評価になりうる可能性もある。

名刺の持ち合わせがない場合は、「申し訳ありません」と前置きした上で

  • 現職の名刺を切らしている
  • 退職しているので名刺は返却した


といったような、さりげない断り文句を言えば問題ない。

まとめると、転職の面接時は、

  • 名刺を渡された時も自分の名刺は渡さない
  • 面接官からの名刺を受け取るのが基本
  • 「名刺交換を求められた場合」のみ自分が持っている名刺を渡す
  • 名刺を持っていない場合は素直に伝える


と覚えておこう。

それでは、面接官から名刺を渡された場合、その名刺はどのように扱えばいいのだろうか。

以降では、面接で名刺を渡された場合の扱い方を解説する。

面接で名刺を渡された場合の取り扱いマニュアル

面接で名刺を渡された場合の取り扱いマニュアル
この章では、面接で名刺を渡された場合の扱い方を、以下の順番で説明する。

  • 好印象を与える受け取り方
  • 受け取った名刺は面接中どこに置いておくべきか
  • 面接後は御礼のメールを送った方がいいのかどうか

この3点を抑えておくことで、名刺交換にまつわる場面で相手に好印象を与えることが可能だ。

それでは、以降で詳しく見ていこう。

好印象を与える名刺の受け取り方

面接官から名刺を受け取る時は、以下の通りに行動すると、相手に好印象を与えられる。

  • 一度席を立ち、机越しの名刺交換とならないよう机の向こう側など、名刺交換しやすい場所に移動する
  • 立ち姿勢が猫背にならないように注意
  • 両手を胸の高さまで差し出し、相手の目を見て軽く会釈をしながら両手で受け取る
  • 受け取ったら書かれている内容を確認
  • 名前の読み方が分からない場合はその場で聞くと良い

複数の面接官から名刺を受け取る場合は、余裕があれば受け取ったごとに机の上に並べ、次の相手も両手で受け取ろう。

机がないなどの場合ですぐに手を空けられない場合は、致し方ないため左手に受け取った名刺を持ち、右手で次の人の名刺を受け取って左手に持った名刺を下に重ねる。

目上の人が先に名刺を渡すのがマナーなので、最初に受け取った人の名刺が常に一番上に来るように持っておく。

きれいな立ち姿勢はなかなか自分では分からないもの。

姿見を見たり、他人からチェックしてもらったりして身体に覚え込ませよう。

名刺の受け取り方も何度か練習を済ませておけるなら済ませておくとより安心だ。

名刺交換の場面ではビジネスマナーも見られている

先述した通り、基本的に転職時の面接では名刺交換は不要だ。

にも関わらず面接官が名刺の受け渡しを申し出るということは、ビジネスマナーのチェックを主眼に置いているとみていいだろう。

受け取り時の動作は、身体で覚えておくとスムーズなので、家族や親しい人に頼んで何度か練習しておくことをおすすめする。

面接中、名刺はどこに置いておくべきか

次に、面接中に受け取った名刺をどこに置いておくかを確認していこう。

【面接会場にテーブルがある場合】

1.受け取った名刺が1枚だけの場合:名刺ケースがあれば名刺ケース、なければ机の上に置く(名刺ケースは自分から見て机の左側に)

2.名刺を複数受け取った場合:1人から受け取るごとに、机の上で面接官の着席順に対応させて並べる

【面接会場にテーブルがない場合】

1.ひと言「失礼します」と断りを入れてノートやスケジュール帳に挟み込みバッグの中に片づける

2.複数の面接官から名刺を渡される場合は、その都度上記の要領で名刺を片づける

注意:名刺をメモ代わりには絶対使わない

そんな人はごく少数だと思うが、面接中に名刺をメモ代わりに使用することは厳禁だ。

名刺はいわば相手の社会的な顔に当たるもの。

忘れたり汚したり折り曲げたり、ということがないように気をつけたい。

面接が終了したら、机の上に並べている名刺を忘れないように名刺ケースに入れて持ち帰ろう。

面接後:御礼メールを送る必要はない

面接後は、名刺に書かれているメールアドレス宛に御礼のメールを送るべきかどうか悩む人もいるだろう。

貴重な時間を割いてもらって面接をしてもらったのだから、と感じる人がいても不思議ではない。

しかし、基本的に御礼のメールは面接官の負担になるため不要だ。

面接官の立場になって考えてみてほしい。

社内の重要な連絡メールが面接者の御礼メールで埋もれてしまう可能性もある。

毎日多くの面接をしている中で、その人たちが全員御礼のメールを面接官に出していたら、それこそかなりの時間を浪費させてしまうことは想像がつくのではないだろうか。

どうしてもお礼の気持ちを伝えたいのであれば、エージェントを通じて伝えてもらうことをおすすめする。

筆者のおすすめは「はがきの御礼状」

どうしても面接官に御礼の気持ちを伝えたいのなら、はがきでの御礼状を使うのが良いだろう。

はがきならすぐに出せる上に、受け取った側もかさばらず、仕事の邪魔にならず自分の好きな時間に読めるので負担感が軽くなる。

また、ハガキを受け取る側は、宛名の本人が受け取らなくても課内でまとめて受け取ってもらえるので安心だ。

御礼の内容を手書きにすると、さらに気持ちも伝わりやすくなる。

筆者としてはおすすめしたい御礼の伝え方だ。

ここまで、転職時の面接における名刺の取り扱い方法について説明した。

しかし、面接の場面でマナーが問われるのは名刺交換・名刺の受け取り方だけではない。

次に、名刺以外の面接マナーをシーンごとにまとめているので、最後まで読んで面接時に不安が残らないようにしてほしい。

面接で好印象を与える6つのマナーまとめ

面接で好印象を与える6つのマナーまとめ
後半は、名刺だけでなく、面接で好印象を与えるマナーを以下の通り紹介していきたい。

これらを押さえておけば、面接のマナー対策は万全だ。

  • 服装
  • へアスタイルその他身だしなみ
  • 所持品
  • 入退室
  • 挨拶関連
  • 質疑応答時

服装:第一印象を左右する服装は落ち着いた色でまとめる

服装とヘアスタイルは、第一印象を左右する重要ポイント。

基本的にはリクルートスーツ(紺・黒・グレー)でまとめておけば問題ない。

中のワイシャツも、カラーシャツは避けてホワイトを選ぶ。

ネクタイや靴・靴下も、派手な色は避け、全体的に落ち着いた雰囲気を出すように意識しよう。

ネクタイなら、スーツに合わせた色がいいし、靴なら黒または茶色、靴下は白・グレー・紺・黒あたりが無難だろう。

ここでもっとも気をつけてほしい点が「清潔感をいかに見せるか」だ。

  • ワイシャツ・ブラウスはきちんとアイロンがかかったものを着用する
  • 足元も見られがちなので、靴のお手入れもぬかりなく行う


といった点は特に注意しよう。

同じような服装の面接者が多いため、少しでも手抜きをすると目立ってしまうので気をつけたい。

ここまで気を遣っておけば、面接者から服装でマイナスイメージを持たれることはないだろう。

へアスタイル・その他身だしなみ:清潔感を第一に

ヘアスタイルは基本的に

  • 目と耳が隠れない
  • 髪色は黒


を鉄則と考えよう。

地の髪色が明るい色の場合は、その旨を履歴書に書いておくと誤解を受けないで済む。

その他身だしなみで注意したい点をいくつか挙げておこう。

  • 爪は短く切りそろえる
  • 結婚指輪以外のアクセサリーはNG

また、男性・女性の別で身だしなみに注意したい点を説明しよう。

【男性の場合】

  • ひげはそる
  • 靴の汚れに注意

【女性の場合】

  • パーマなどで髪の毛がパサついて見えそうなら、髪の毛をまとめておくと清潔感が増す
  • 髪の毛をまとめる時はポニーテールは避け低い位置でまとめる
  • ナチュラルメイクにすると好感度が高い
  • 色のあるネイルはしない、使ってもOKなのはつや出しのトップコート
  • ピンヒールの靴はNG

所持品:持っておくと安心なアイテム

面接で持っておくと安心なアイテム
面接時に必要な所持品は、基本的に面接先の会社から連絡がある。

または転職エージェントから伝えられる事もあるだろう。

そのような連絡がない場合にも、これだけ持っていくと安心、と言えるおすすめ所持品を紹介しよう。

【必須】

企業から指定された持ち物:上記以外に企業から指定されたものは忘れず前日までにそろえておこう

【書類】

  • 企業に送付した履歴書・職務経歴書などの応募書類:何を書いていたかを確認できるように
  • 会場までの地図:当日スマホをなくしてしまっても困らないように保険といて紙でも持っていく
  • 募集要項:どういう目的で企業が募集をかけていたのか直前にもう一度確認
  • 面接する企業のパンフレット:事前に入手できるなら入手して質問したい事柄をあらかじめメモしておこう

【ビジネスマナー関連】

  • スマホまたは携帯電話:先方より連絡が入る可能性があるため忘れないこと、バッテリーは満タンにしておこう
  • 名刺入れまたは名刺ケース:自分の名刺は必要ないが、面接時に受け取る可能性があるため
  • 筆記用具:メモを取る際に使う、スマホは面接会場では電源OFFで取り出さないようにしたい
  • メモ帳:紙でメモ取り用、緊急連絡先も書いておくと安心
  • 腕時計:いつもスマホに頼っている人は特に注意・印鑑:何かと必要になる場合がある

【身の回り品】

  • バッグ:机やいすの横に立てかけられるようなタイプがおすすめ、A4の書類が入ることを想定
  • モバイルバッテリー&コード:スマホのバッテリーを満タンにしていたとしても念には念を入れておく
  • 折りたたみ傘:天候の急変に備えよう
  • (女性の場合)ストッキング:伝線が入った時の対応用
  • (女性の場合)メイクポーチ:化粧直しはこまめに
  • (女性の場合)生理用品:万が一の時にも慌てないため

最初と最後はキチンと決めたい入退室時のマナー

面接室への入退室マナーは、最初に面接官と顔合わせをし、最後の印象を左右する大切なタイミングだ。

どちらも気を抜かずに最後まで丁寧に進めたい。

特に、退室時は緊張の糸が切れてしまいがちなので注意しよう。

入室時から退室時のマナーを順番に説明する。

  1. 入室時はドアを2回ノック
  2. 面接官から入室許可が下りたらドアを開け入室
  3. 入室時は面接官に対して背面(もっと言えばお尻)を見せないように注意
  4. 面接が終了したら、まず席の横に立ち、「ありがとうございました」と礼を述べる
  5. 礼を述べた後、45度のお辞儀をして、ドアまで進む
  6. ドアの横で「失礼します」ともう一度挨拶してから退室(この時も面接官に背面を見せないように注意)

この流れが自然にできるよう、何度か練習しておこう。

挨拶関連マナーで印象度をアップしよう

入室後、一度ドアの横に立って「失礼します」と言いお辞儀をしてから席まで進む。

席の横まで来たら、45度のお辞儀をした後に「本日はよろしくお願いいたします」と挨拶。

面接官から着席の許可が出てから椅子に座ろう。

座っている間は、背筋を伸ばし、できれば背面にもたれかからないようにすると、美しい姿勢に見えて好印象だ。

また、足を組んだり貧乏ゆすりなどはしないように気をつけよう。

質疑応答時:面接官との自然なやり取りと聞き取りやすい話し方を意識

基本的には、面接官の目を見ながらハキハキと答えるように意識する。

緊張すると早口になりがちなので、少しゆっくり話すようにすると、面接官も聞き取りやすい。

質疑応答時のNG項目は以下の通りだ。

  • 前職の悪口を言う:自分は悪口を言う人間だということを宣伝することになるので絶対ダメ
  • 質問はないか聞かれても何も質問しない:やる気がないと見なされる可能性あり
  • 話の流れを無視した自己PR:面接官とのやり取りに乗るようにして自己PRをすると嫌味なく好印象

面接時のマナーについては、何度か実際に練習して、その様子を動画で撮影して確認することをおすすめする。

自分の様子を他の人に見てもらうだけでなく、自分自身で客観的に修正するべき部分を意識することが重要だ。

面接時のマナー関連をここまで実践できれば、面接官にかなり好印象を持ってもらえるはずなので、自信を持って面接に臨もう。

まとめ

転職時の面接マナーについて、名刺の扱いを中心に紹介した。

ここまでの内容をまとめるので確認してほしい。

転職面接時の名刺交換マナー

  • 転職時の面接では名刺を渡す必要はない
  • 面接官から名刺を受け取る場合があるため名刺入れか名刺ケースは所持していくこと
  • 受け取った名刺は、机の左側に置く
  • 受け取った名刺が1枚なら名刺入れか名刺ケースの上に置く、複数枚なら面接官の着席順に並べる
  • 面接後の御礼は手書きのハガキで伝えるのがオススメ

転職面接で好印象を与えられるマナー

  • 服装:リクルートスーツが基本、清潔感を第一に
  • へアスタイルそのた身だしなみ:清潔感を第一に、華美にならないこと
  • 所持品:名刺入れ、筆記用具、印鑑があると良い
  • 入退室:入室するときと退室する時で、それぞれ2回挨拶ポイントがある
  • 挨拶関連:相手が聞き取りやすいようにゆっくりハキハキ話そう
  • 質疑応答時:前職の悪口厳禁、質疑応答時は質問すること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

最初のコメントを頂けますか?

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »