転職サイトをまとめて検索! 転職求人を数十万件の求人から探す方法

転職先を探す、という作業を実際してみた人は、想像していたより苦労しているのではないだろうか。

転職に対して目的や理想をちゃんと持っていれば持っているほど、自分に合った転職先に出会うことは難しい。

転職に求める主な条件

  • 自分自身の経験が活かせる
  • 勤務地や通勤時間の都合が良い
  • やりがいのある仕事だ
  • 年収アップやキャリアアップが見込める
  • 経営が安定した企業だ
  • 休日や福利厚生が充実している、など

このような条件を挙げていけばいくほど、自分の理想通りの求人案件にたどり着くのが大変だと実感するはずだ。

だからといって、いくつもの転職サイトに登録して様々な求人情報から探そうとすると、登録の手間や使い勝手の違いなど、わずらわしさもあるだろう。

そこで「それぞれの転職サイトで扱っている求人をまとめて見たい、そこから探したい」というニーズに応えるサービスがある

採用担当として様々な転職メディアにかかわってきた筆者が、現在広く利用されているそうしたサービスについて紹介し、解説したい。

現代ではインターネットを利用して、効率よく、欲しい情報を入手することが重要だ。

転職先や求人情報もやはり同じように、自分の理想に合った求人を効率よく見つけ出すことが転職成功につながるはずだ。

初めての転職という人も、すでにいくつかの転職サイトに登録し、さらに登録しようとしている人も、そのメリット・デメリットを知った上で利用を検討してみて欲しい。

転職サイトからまとめて求人情報を検索

それぞれの転職サイトに掲載されている求人案件をまとめて見ることができればいいのに、というニーズに応えたサービスがある。

それが「求人情報特化型の検索サイト」だ。

まずはその概要から解説していくので、自身の転職先探しに役立つかどうかを考えながら読んでみて欲しい。

検索エンジンでも求人は探せる

検索サイト大手のYahoo!やGoogleで「求人 千代田区 事務」といったワードを使うと、転職サイトなどの他に、求人案件のいくつかを見つけることができる。

おそらく、ぼんやりと転職を思い立った頃に、どのような求人があるのか、給与の相場はどのくらいか、検索してみたことがあるのではないだろうか。

ただしこの場合の検索結果は、ブログの記事があり、転職サイトがあり、現在では終了している求人も含まれるため転職活動に利用することはできず「単なる情報」に過ぎないのだ。

「転職サイトに掲載中の求人情報」を扱う検索サイト

検索の対象を「求人サイトに掲載されている求人情報」に限定しているのが、求人情報特化型検索サイトだ。

言うまでもなく、このスタイルになって初めて実用的に利用することが出来るサービスといえる。

さらに検索の対象が「特定の転職サイト」に掲載されている求人に限定されることで、中途採用(転職)の案件だけに特化したサイトとなる。

「転職求人に特化した求人情報検索サイト」を利用することで、転職サイト選びをしなくても求人案件から転職先を探すことができるのだ。

理想の転職先が見つかる可能性が高い?

大手転職サイトのリクナビNEXTでは約12,000件(2019年4月現在)の求人案件を扱っている。

それに対して、転職サイトをまとめて検索できる特化型サイトは、サイトにもよるが50万件以上の求人案件を検索することができるのが強みのひとつだ。

もちろん別々の転職サイトに同じ求人が掲載依頼されている場合もあり、掲載数が多ければいいというものでもない。

しかし、案件数が多いほど自分に合った求人に出会える可能性も高まる、というのも確かに言えるだろう。

求人検索サイトの代表格「Indeed」

Indeed(インディード)

先に紹介したように一般的なYahoo!やGoogleなどの検索エンジンで求人情報を検索すると、必ず上位にヒットするサイトのひとつが「Indeed(インディード)」だ。

このIndeedこそ、現在、求人情報に特化した検索サイトの代表格として多くの求人情報を扱い、こうしたサイトのビジネスモデルを確立している。

CMなどでメディアへの露出も多く、気になっている人も多いのではないだろうか。

Indeedについて、どういったサイトなのか、そのビジネスモデルがどうなっているのかを紹介しよう。

検索は「キーワード」と「勤務地」

Indeedの利用は「キーワード」と「勤務地」の2つから求人情報を検索する。

キーワードには、職種や年齢層などを、勤務地には都道府県や市区町村を入力するだけで良い。

ただし、Indeedでは、アルバイトやパートから派遣、正社員、新卒採用まで広く扱っているため、検索結果からさらに絞り込みが必要だろう。

キーワードと勤務地の入力ワードと例

Indeedの検索は、一般的な検索エンジンと同じように、ヒットするであろうワードを入力して検索する。

それでも数千~数万件の求人情報が表示されるため、さらに絞り込みが必要になる。

絞込みの入力ワード例

  • キーワード(職種):事務職、看護師、エンジニア、コーダー、営業、など
  • キーワード(年代):30代、20代女性活躍中、など
  • 勤務地:東京都、さいたま市、渋谷区、横浜市緑区、など

絞り込み項目6つ

検索結果を絞り込む項目は6項目があり、該当件数を見ながら希望に近づけていく。

転職の求人案件ならば「雇用形態」を「正社員」にして絞り込むのが良いだろう。

検索を絞り込むための6項目

  1. 検索半径(指定した勤務地からの距離)
  2. 推定年収
  3. 雇用形態
  4. 勤務地(検索よりさらに特定、または近隣)
  5. 会社名
  6. 職種名

複数の異なるサイトから検索した50案件ほどを比較

探しやすい案件数まで絞り込んでいくと、検索サイトの長所である案件数が少なくなった気がするかもしれない。

しかしそれは、ある1つの転職サイトで探した数十件とは違い、複数の異なるサイトから絞り込んだ数十件なのだ。

Indeedがなければそのつど別の転職サイトで探さなければならないので、効率の良い探し方といえるだろう。

Indeedが成功しているビジネスモデル

Indeedは言うまでもなく検索サイトのため、無料で利用することができる。

しかし、無料でサービスを提供している訳ではなく、着実なビジネスモデルを作り上げているのだ。

タイプ別の収入源について解説しよう。

検索サイトの収入源(売上)は広告収入

Googleなどでも広告収入によるビジネスモデルが確立しているが、Indeedの売上もやはり広告収入だ。

求人サービスで簡単に比較してみると以下のようになる。

サービスのタイプ転職サイト転職エージェント求人情報検索サイト
収入源(売上)求人企業からの掲載料求人企業から成功報酬契約または報酬型の広告料

求人企業側にとって無料でも利用できる

求人企業にとってIndeedへ広告料を支払うことの最大のメリットは、検索画面で常にトップに掲載される点だ。

もちろんそのまま無料でも、転職サイトへ求人を掲載している限り検索結果には表示されることになる。

有料広告は、Googleなどでも[広告]という文字の入ったサービスや商品、企業が検索結果の上に表示されているが、こうした広告を「スポンサー広告」といい、検索サイトのビジネスモデルなのだ。

さらに企業側はIndeedにチャージを先払い、該当の求人広告がクリックされるとワンクリックごとに費用発生となるシステムで無駄が少ない。

今回の求人に力を入れている企業はトップに広告掲載している、と考えて利用するのがいいだろう。

Indeedに続け! 転職求人特化の検索サイト

こうしたビジネスモデルが成功している例もあって、転職求人情報に特化した検索サイトは他にも登場している。

大手転職サイトと「パートナー」として提携し、別々に登録、探す必要のあった転職求人を一括検索できるポータルサイトの役割を果たしている。

ニフティ転職

日本のインターネット創成期からサービスプロバイダなど、インターネット関連サービスを手掛けてきた大手のniftyが展開する転職情報特化型検索サイトだ。

検索方法は「職種」と「勤務地」というシンプルさで、サイトの見やすさは初めて利用する人にも使いやすいものになっている。

ニフティ転職のスペック

  • 掲載転職サイト:13サイト
  • 主な提携サイト:@type、エン転職、マイナビ転職、doda、はたらいく、とらばーゆ、など
  • 求人掲載数:約300,000件(2019年4月)

CAREER INDEX(キャリアインデックス)

50の転職サイトをまとめて検索できる転職サイト、として株式会社キャリアインデックス運営している。

2005年設立と、業界では新しい会社だが、提携先が多く広い職種をカバーできるという点で特長がある。

CAREER INDEXのスペック

  • 掲載転職サイト:50サイト
  • 主な提携サイト:@type、エン転職、マイナビ転職、リクナビNEXT、WORKPORT、BIZREACH、薬キャリエージェント、など、転職エージェントも含めて50社
  • 求人掲載数:約760,000件(2019年4月)

転職EX

こちらも2006年設立と、比較的若いインターネット情報関連の企業である株式会社じげんが運営している。

前出のサイトと比較するとやや規模は小さいものの、<stronga.社風、環境、採用の掲揚や福利厚生からも検索できる。

転職EXのスペック

  • 提携転職サイト:9サイト
  • 主な提携サイト:doda、マイナビ転職、@type、イーキャリア、女の転職type、WorkGate、など
  • 求人掲載数:約340,000件(2019年4月)

検索エンジンだからここが違う! Indeedの特長

大手転職サイトと提携して情報提供するサイトと異なり、Indeedはウェブ上を巡回して一定条件に当てはまる求人情報を検索結果に表示する「検索エンジン」という点だ。

紹介した3つのサイトとIndeedの異なる特長として次の2つは欠かせない。

Indeedの特長2つ

  1. ハローワーク求人も扱う
  2. 求人企業の自社求人も検索対象になる

地元採用に強いハローワーク求人

ハローワークは公共サービスのため、民間の転職サイトに比べると使い勝手が良いとは言えない。

一方で、日本全国に持っている拠点数で言えば、大手人材関連会社をはるかに凌ぐ。

それだけ地元に密着した求人、地元採用に強みを持っているため、都市部以外の求人を見つけやすいという点が強みだ。

Indeedを利用することで、インターネットの便利さと、ハローワークの強みを活かすことができる。

いつでも企業ホームページの求人から応募できる

検索エンジンにとって一定の条件を満たした求人ページは、企業ホームページ内のものでもIndeedの検索対象になる。

企業独自の採用ページから応募するメリットは、求人広告と違って掲載期間が長いという点だ。

求人広告は2週間から2ヶ月ほどだが、コストの心配のない企業ホームページ内では常に募集していることがほとんどなのだ。

応募する側にとって、その企業の求人を逃すことなく応募できるのはメリットだと言えるだろう。

転職求人特化型検索サイトのデメリット

データ入力(クラウドソーシングのタスク)

転職求人情報をまとめて検索できるサイトについて、その特徴と併せて紹介してきたが、デメリットもある。

デメリットも押さえた上で上手く利用できれば、より効率よく、より理想に近い求人情報を得ることができるはずだ。

もちろん転職求人特化型検索サイトを利用しない方法、利用する転職エージェントや転職サイトに直接登録する方法など、検討してみて欲しい。

応募の手間は変わらない

複数の転職サイトからまとめて検索できる点ではメリットだが、応募する際に係る手間は結局変わらない。

検索して絞り込み「応募する」のリンク先が、掲載元の転職サイトである場合だ。

検索まではまとめてできるが、応募段階では転職サイトに登録しなければならないため、結果として複数の転職サイトに登録することになる。

一応応募はしているのでムダな登録とは言えないが、出来ればここも一括で利用したいところだ。

潜在的なマッチングを見逃しやすい

応募者自身が絞り込んだ条件でしか求人情報を見ることがないため、自分の想定外の求人は見逃すことになる。

転職エージェントや転職サイトに登録することで、スカウトやオファーを活用した方がいい場合もある。

自分が思ってもいなかったスキルや経験を活かせる仕事や、適性のある仕事、高待遇の仕事などを逃してしまう可能性があるというデメリットが考えられる。

検索ワードや絞り込みによって偏りが出る

潜在的マッチングの見逃しと同じように、検索ワードや絞り込みを自分だけ考えるため、検索結果に偏りが出やすい。

一方で色々な検索ワードを試すと対象案件が膨大になってしまうので逆に非効率になってしまう。

求人情報によく使われる検索ワードや、自分にマッチしていると思われる職種の呼び方など、検索の仕方が多少上手でないと検索結果に当たり外れ(多すぎ、少なすぎ)が生じてしまう

初めて利用する時はトライ&エラーを何度か繰り返し、最適なワードを見つけていく必要があるだろう。

若干ながらタイムラグもある

掲載元で直接検索して応募するのに比べ、提携サイトや、特に検索エンジンを使った検索結果には若干のタイムラグはある。

もちろんだが掲載元の方が情報が早く、検索サイト側の方が若干遅れるものだ。

元々まとめて検索する目的は「効率化」「スピーディに」なので、気になる求人へは素早く対応していこう。

まとめ

転職求人の案件をまとめて検索することができる、特化型の検索サイトについて解説してきた。

便利な点と、一方でデメリットもあり、絶対に使った方がよいとは言い切れない。

ただ、こうした検索サイトが競合して性能やサービスを高めていけばこれからますます便利に使うことができそうだ。

現在の転職求人特化型検索サイトをうまく使いこなすためにも、解説を振り返ってまとめよう。

転職サイトからまとめて求人情報を検索

それぞれの転職サイトに掲載されている求人案件をまとめて見ることができる「求人情報特化型の検索サイト」

検索エンジンでも求人は探せる

ただし、Yahoo!やGoogleで検索した求人は、現在募集中の求人情報だけとは限らない

「転職サイトに掲載中の求人情報」を扱う検索サイト

どの転職サイトにするか選ばなくても求人案件から転職先を探すことができる

理想の転職先が見つかる可能性が高い?

案件数が多いほど自分に合った求人に出会える可能性も高まる、ともいえる

求人検索サイトの代表格「Indeed(インディード)

検索は「キーワード」と「勤務地」

アルバイトやパートから派遣、正社員、新卒採用まで広く扱っているため、検索結果からさらに絞り込みが必要

①検索ワードの例

絞込みの入力ワード例

  • キーワード(職種):事務職、看護師、エンジニア、コーダー、営業、など
  • キーワード(年代):30代、20代女性活躍中、など
  • 勤務地:東京都、さいたま市、渋谷区、横浜市緑区、など

②絞り込み項目

検索を絞り込むための6項目

  1. 検索半径(指定した勤務地からの距離)
  2. 推定年収
  3. 雇用形態
  4. 勤務地(検索よりさらに特定、または近隣)
  5. 会社名
  6. 職種名

Indeedが成功しているビジネスモデル

①検索サイトの収入源(売上)は広告収入

サービスのタイプ転職サイト転職エージェント求人情報検索サイト
収入源(売上)求人企業からの掲載料求人企業から成功報酬契約または報酬型の広告料

②今回の求人に力を入れている企業はトップに広告掲載している、と考えてよい

Indeedに続け! 転職求人特化の検索サイト

(1)ニフティ転職

ニフティ転職のスペック

  • 掲載転職サイト:13サイト
  • 主な提携サイト:@type、エン転職、マイナビ転職、doda、はたらいく、とらばーゆ、など
  • 求人掲載数:約300,000件(2019年4月)

(2)CAREER INDEX(キャリアインデックス)

CAREER INDEXのスペック

  • 掲載転職サイト:50サイト
  • 主な提携サイト:@type、エン転職、マイナビ転職、リクナビNEXT、WORKPORT、BIZREACH、薬キャリエージェント、など、転職エージェントも含めて50社
  • 求人掲載数:約760,000件(2019年4月)

(3)転職EX

転職EXのスペック

  • 提携転職サイト:9サイト
  • 主な提携サイト:doda、マイナビ転職、@type、イーキャリア、女の転職type、WorkGate、など
  • 求人掲載数:約340,000件(2019年4月)

検索エンジンだからここが違う! Indeedの特長

①地元採用に強いハローワーク求人も検索対象
地元に密着した求人、地元採用に強みを持っているため、都市部以外の求人を見つけやすい

②いつでも応募できる企業ホームページの求人も検索対処
コストの心配のない企業ホームページ内では常に募集していることがほとんどでいつでも応募できる

転職求人特化型検索サイトのデメリット

応募の手間は変わらない

  • 「応募する」のリンク先が掲載元の転職サイトの場合は登録が必要
  • 結果として複数の転職サイトに登録することになる

潜在的なマッチングを見逃しやすい

  • 転職サイトを直接利用することで、スカウトやオファーを活用した方がいい場合もある
  • 自分で検索しているため自分が思ってもいなかった適性のある仕事を逃してしまう可能性がある

検索ワードや絞り込みによって偏りが出る

  • 検索の仕方が多少上手でないと検索結果に当たり外れ(多すぎ、少なすぎ)が生じてしまう
  • 初めて利用する時はトライ&エラーを何度か繰り返し、最適なワードを見つけていく必要がある

若干ながらタイムラグもある

  • 掲載元の方が情報更新に比べ、検索サイト側の方が若干遅れる場合がある
  • 気になる求人へは素早く対応することが必要
Career Rules編集部

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of