転職サイトをまとめて登録する方法を大公開!4つのオススメサイトも解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

転職サイトといえば、転職志望者には絶対に外せない必須ツールだ。

転職サイトごとに色々な特色があるので、時には複数利用も求められるようになった。

あなたも転職サイトについて、以下のような考えをもっていないだろうか?

  • 複数の転職サイトをまとめて使いたいのだけど、登録が面倒くさい。
  • 転職サイトは入力すべき情報が多すぎる。なんとかならないだろうか
  • まとめて転職サイトを使うつもりだけど、何のサイトを使えばいいのか

上記のような考えをもったまま、解決しないのであれば、あなたは転職サイトを使いこなすことはできないだろう。

そこで転職サイトについて筆者が今回の記事で伝えたいのは、

  • 1回でまとめて複数の転職サイトに登録できるサービスは3つある
  • まとめて利用登録しておきたいおすすめ転職サイト4選

ということだ。

1回でまとめて複数の転職サイトに登録できるサービス3選

転職したいと考えた時、必ず利用することになるのが転職サイトだ。

しかし世の中には実にバラエティーに富んだ転職サイトがある。

色々な転職サイトを自分でピックアップして、1つずつ登録していくのは面倒くさくてやってられないだろう。

そこでこの章では1つのサイトを利用すれば、一気に国内の重要な転職サイトに登録できるサービスを紹介する。

先に結論をいっておくと、1回でまとめて複数の転職サイトに登録できるサービスは以下の通りだ。

  1. キャリアインデックス
  2. 転職EX
  3. 転職会議

まとめて転職サイトに登録できるサービス1.「キャリアインデックス」

キャリアインデックス

キャリアインデックス

キャリアインデックス」は転職サイトをまとめて登録出来るという、効率性を求める人には便利なサービスだ。

気になるサイトをまとめて登録するためには、このサービスの会員登録時に設定するだけ。

登録画面を進んでいけば、一緒に登録できるサイトの一覧を指し示してくれる。

好きなサイトにチェックして「登録ボタン」をクリックするだけで全て完了だ

リクナビNEXT・DODAなど国内の主要な転職サイトと一通りタイアップしている。

登録した情報はシステムを介して自動でこれらのタイアップサイトにデータが移送され、登録が完結する仕組みだ。

登録後、各転職サイトから「登録完了通知」が届くので、キチンと登録できた事をもバッチリ確認できる。

1点だけ注意点としては、それぞれの転職サイトを退会したいケースだ。

非常に面倒だが、各転職サイトに行って、それぞれで退会作業を行う必要がある。

まとめて転職サイトに登録できるサービス2.「転職EX」

転職EX

転職EX

「キャリアインデックス」と全く同じサービスを取り扱っている転職サイトが「転職EX」だ。

大手転職サイトの情報を一括リサーチし、主要な転職サイトの職員募集情報をまとめてチェックできる。

もちろん、面倒な登録作業もまとめて行えるシステムだ。

転職EXはDODA・@type・Greenなどの有名転職サイトと提携している。

キャリアインデックスよりはいくぶん少ないものの、押さえておくべき転職サイトに一括で登録できるので安心だ。

ちなみにこちらの転職サイトに関しても、退会したい時にはそれぞれの転職サイトを回って退会する必要があるので要注意。

まとめて転職サイトに登録できるサービス3.「転職会議」

転職会議

転職会議

「転職お祝い金」というキャッシュバック制度の導入や、最年少の上場社長という話題で名を上げた「リブセンス」。

そのリブセンスがマネージメントしている転職クチコミサイトが「転職会議」だ。

転職会議は国内の色んな会社の内情がクチコミでわかるようになっている。

入社したい企業の内情を気に掛かるという人たちが参考にするにはぴったりのサイトだ。

転職会議は企業の口コミを確認するサイトという認識かもしれないが、実は転職会議でもまとめて利用登録できる。

企業の口コミとその会社の求人情報を合わせて確認する事が可能だ。

もし気に入った求人情報があるのなら、その場で応募までトライする事も可能になっている。

また転職会議の登録作業を続けていけば、該当する求人情報の提供元サイトも同時に登録する事ができるシステムだ。


ここまでは、まとめてたくさんの転職サイトに利用登録できるサービスをお伝えしてきた。

1回でまとめて複数の転職サイトを利用登録する手段について、理解していただけたことだろう。

ただし1回でまとめて登録できるサービスを知ったところで、何の転職サイトを登録すべきかわからないだろう。

そこで次の章では「まとめて利用登録しておきたいおすすめ転職サイト4選」についてご紹介しよう。

まとめて利用登録しておきたいおすすめ転職サイト4選

前章では複数の転職サイトをまとめて利用登録できるサイトを紹介した。

しかし肝心の転職サイトについて何もしらなければ、複数登録できる意味はない。

そこでこの章では、まとめて利用登録しておきたいおすすめ転職サイトを紹介していきたいと思う。

先に結論をいっておくと、利用登録しておきたい転職サイトは以下の通りだ。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. Green
  4. @type

まとめて利用登録しておきたい転職サイト1.「リクナビNEXT」

リクナビNEXT

リクナビNEXT

「リクルートグループ」の1社である、リクルートキャリアがマネージメントするのが「リクナビNEXT」だ。

登録者数は230万人を超えるほどで、圧倒的な知名度があり、利用者からの評判も良い。

20代から50代と幅広い世代や、女性も多く愛用している転職サイトとなっている。

強みは何と言っても業界大手であるがゆえに成し得る「求人量の充実」だ。

企業の新着・更新求人情報は各週1,000件以上にも達する。

求人の多さというのは、求職者だとすれば大切なポイントであるのは間違いない。

案件数の多い転職サイトに関しては、そうなって当たり前といえるほど「企業からの信頼」がある。

つまりは、転職サイトが多くの会社と繋がっている、信頼されているということを表するのだ。

だからこそ、ユーザーからの信頼に結び付いていくということも言える。

リクナビNEXTはスカウト数が多い

リクナビNEXTでは、自分で求人を探すだけではなく、企業から「スカウト」が来るのが特徴だ。

掲載企業の多さにとどまらずスカウトの数も驚異的で、月に400万件以上のスカウトメールが送信されている。

そんなリクナビNEXTのスカウト機能には「オープン方式」と「プライベート方式」の2パターンがある。

前者は企業が条件を絞り込んで一斉送信をしている方式であり、後者は自分宛に個別で配信してくれているものだ。

数多く紹介されている案件から会社を選んで選考をトライしつつ、スカウトの可能性も考えられるのは魅力だ。

転職の成功確率をぐっと上昇させながら、転職活動を実施することができるだろう。

その他には転職に実効性があるコンテンツも、たっぷり用意されている。

自分の強みを探り当てることのできる「グッドポイント診断」や、転職活動のコツが詰め込まれたコラムが魅力だ。

転職を優位に推し進めるための情報収集をすることが可能になるだろう。

まとめて利用登録しておきたい転職サイト2.「DODA」

DODA

DODA

リクナビNEXTと並んで非常に認知度が高い転職サイトが「DODA」だ。

総合人材企業の一流企業である「パーソルキャリア」がマネージメントする転職サイトである。

元々は大手企業だけに限った求人掲載が行われおり、昔からずっと評判が良かったサイトだ。

今では大手だけではなく新興企業から中小企業まで、あらゆる角度からカバーしている。

転職サイトの中でも案件数がバツグンに多く、非公開求人までプラスすると、その数は10万件以上にも及ぶ。

これほどまでに多くの求人に出会えたら、転職希望者の希望に叶った企業も発見することができるだろう。

DODAはスカウト機能や診断系ツールが充実

リクナビNEXTと同様に、DODA(デューダ)にもスカウトシステムがある。

急成長中の新興企業から一流企業までヘッドハンティングされる魅力的な制度だ。

さらになんと非公開求人からもヘッドハンティングされる見込みがある。

また何よりDODAのアドバンテージといえば、転職サイトと転職エージェントの二つの機能を持っている点だろう。

この二つのサービスを1つのサイトで手がけているところはあまり無く、状況に応じた活用ができる。

時間がないときは転職サイトと位置付けて自主的に企業を応募したり、スカウトメールを期待するのもいいだろう。

時間があるときは、転職アドバイザーにキャリアカウンセリングをしてもらうのもアリだ。

このように自分の都合に合った「フレキシブルな使い方」ができるのがDODAの強みといえる。

また、DODAには以下のような診断系のツールが充実しているのも特徴だ。

  • 職歴・経歴を加味した上ではじき出される「年収査定」
  • 120の質問に答えて厳正に自分の能力がわかる「キャリアタイプ診断」
  • 人気300社の中からあなたが合格する可能性が高い企業がわかる「合格診断」

このようにバラエティー豊富な診断系ツールが用意されている。

また、履歴書・職務経歴書の作成を後押ししてくれる「レジュメビルダー」も是非活用してもらいたい。

まとめて利用登録しておきたい転職サイト3.「Green」

Green

Green

「アトラエ」が運営するIT・ウェブ系特化型転職サイトが「Green」だ。

Web系業界の中ではかなり認知度が高く、特徴的な広告バナーを見たことのある方もいるだろう。

転職希望者の登録は30万人をオーバーしており、掲載求人もいかなる時でも4,000社を超えている。

その中でも、社員募集の6割以上がIT・Web系法人となっているのがポイントだ。

IT・Web系企業とはいえ、キックオフベンチャーから上場企業まで様々網羅している。

インターネット業界に就職したい人あれば、非常に頼りになる転職サイトだといえるだろう。

Green は2種類のスカウト機能を実装

スカウト機能が駆使して、会社は転職希望者に対してアプローチを実施する。

アプローチ方法は2パターン存在し、一つ目は直接メッセージをしてくるオーソドックスなスカウト機能。

二つ目は「気にかけている」ということだけをやんわりとアナウンスするスカウト機能である。

転職希望者が転職サイト内で求人を探しだし、気になった企業をブックマークしておこう。

するとブックマークした企業と酷似した企業のリコメンドもしてもらえるのも魅力だ。

このように自分でコンタクトを取りつつも、企業からコンタクトがもらえる優秀な転職サイトといえる。

インターネット業界に転職希望している方は、是非とも利用してもらいたいサイトだ。

まとめて利用登録しておきたい転職サイト4.「@type」

@type

@type

総合人材企業で一部上場も果たした「キャリアデザインセンター」が運営する転職サイトが「@type」だ。

エンジニア専門のオンラインマガジンを取り仕切っているせいか、エンジニア案件が多く揃っている。

その他には外資系企業が強く、IT企業や外資コンサルなどに仕事を変えたいという方は、登録すべきサイトだ。

大手企業がマネジメントしている転職サイトだが、正直いって募集枠はリクナビNEXTのような巨大サイトには見劣りする。

ただし、年収アップする確率の高い魅力的な求人が揃っているのは、大きな強みといえるだろう。

@typeは他のサイトにない独自サービスが多い

@type内での行動分析をしてユーザーにあった企業をピックアップしてくれる「足あとマッチング」が魅力だ。

「足あとマッチング」に代表されるように、他の転職サイトにはないオリジナルなコンテンツも提供している。

また、面接対策の情報ピックアップに実用的な「面接情報ページ」もある。

企業から求職者にコンタクトをかける「スカウト」の機能も、当然のように実装されているのが特徴だ。

もちろん、履歴書・職務経歴書の記入方法や、転職ノウハウをわかりやすく解説したコラムも充実している。

最後に押さえておきたい重要ポイントまとめ

1回でまとめて複数の転職サイトに登録できるサービス3選

  1. キャリアインデックス
  2. 転職EX
  3. 転職会議

まとめて利用登録しておきたいおすすめ転職サイト4選

まとめて利用登録しておきたい転職サイト1.「リクナビNEXT」

  • リクナビNEXTは逆スカウトもある

まとめて利用登録しておきたい転職サイト2.「DODA」

  • DODAは逆スカウト機能や診断系ツールが充実

まとめて利用登録しておきたい転職サイト3.「Green」

  • Green は2種類のスカウト機能を実装

まとめて利用登録しておきたい転職サイト4.「@type」

  • @typeは他のサイトにない独自サービスが多い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

最初のコメントを頂けますか?

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »