面接に「筆記用具持参」の文字!必要な文具の種類と行われること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

面接の持ち物として「筆記用具」が書かれていることがあるだろう。

  • どのような種類の文房具を持っていくべきなのだろうか?
  • 持参した筆記用具を使って、どのようなことをするのだろうか?

このような疑問を感じた方も多いだろう。

この記事では、持っていくべき文房具の種類と、当日何がおこなわれるのかをご紹介する。

中には対策が必要なものもあるので、ぜひチェックしてほしい。

また、当日筆記用具を忘れてしまった場合の対処法もお伝えする。

準備はしっかりしておくのが基本だが、万が一のために確認しておこう。

面接で「筆記用具持参」と記載があったが、具体的に何の種類が必要か

面接で筆記用具の持参を指示された場合には、次のような筆記用具が必要になる。

  • 黒色インクのボールペン
  • シャープペンと替え芯
  • 消しゴム

筆記用具ではないが、以下のような文房具もあると無難。

  • メモ帳
  • A4ファイル

詳しくは次の章で解説するが、筆記用具が必要な理由は、簡単なテストやアンケートなどを記入するからである。

したがって、最低限、上記のような筆記用具があれば事足りる。

分度器やコンパスといった、学生時代に使っていたような筆記用具は必要ない。

また、筆記用具を使うということは、何か書類に書き物をするということだ。

控えを渡される可能性もあれば、メモを取るように指示される可能性もある。

そのような場合に備えて、メモ帳やA4ファイルを持っていくと安心だろう。

それでは以下から、持参するべき筆記用具と文房具の選び方をご紹介しよう。

間違っても、持参した筆記用具で評価を落とさないように、注意しておきたい。

黒色インクのボールペン

まず必要になるのが、黒色インクのボールペンだ。

人によっては、青やブルーブラックのインクを使っていることもあるかもしれない。

しかし、面接で使用する筆記用具は黒色が基本である。

近年ではさまざまなデザインのボールペンが販売されているが、面接で使うボールペンは安っぽくないデザインのものを選ぶこと。

キャラクターの描かれたペンや、ゴテゴテした装飾のついているペンは避ける。

デザインが良ければ、多色ペンでも問題はない。

1つ注意しておきたいのが、万年筆の使用だ。

「社会人は万年筆が良い」と考えている人もいるようだが、面接時には避けた方が良い。

たしかに、万年筆は味わいのある字を書くことができる。

しかしインクが乾くまでに時間がかかるので、紙同士の擦れや手の動きで、文字が擦れて読めなくなる可能性がある。

面接時の提出物は「読めること」が大前提。

読めない書類を提出したことで評価が下がる可能性もあるので、万年筆は避けた方が良いだろう。

急にインクが出なくなってもいいように、予備として複数本入れておくとよい。

シャープペンと替え芯

もし、筆記用具が必要な理由が試験だった場合、回答するのにボールペンでは不安が大きい。

そこで持っておきたいのがシャープペンだ。

昔は試験といえば鉛筆であったが、現在はシャープペンで問題ない。

デザインはボールペンと同じく、見た目が安っぽくないもの。

キャラクターものや装飾が華美なものは避けること。

芯の太さは0.5mmがベスト。

筆圧が高い人は、少し細めの0.4mmや0.3mmでもいいかもしれない。

ただし、細すぎて読めなくなるリスクを避けるためにも、ある程度の太さがあった方が無難だ。

濃さはHBが主流。

ただこちらも人によって筆圧の関係で合う・合わないがある。

自分にあった濃さの芯を選ぶのが良いだろう。

芯の太さや濃さを選ぶときには、「相手が読みにくくないこと」を念頭に置いて選ぶようにしよう。

シャープペンもボールペン同様、芯の詰まりや破損、予期しないトラブルが起こってもいいように、数本用意しておくと安心だ。

予備の替え芯も入れておこう。

消しゴム

シャープペンで書いたものが消せるように、消しゴムも持っておこう。

消しゴムの種類は何でも良いが、ゴムの部分が白色か黒色のものが良いだろう。

ピンクや緑といった派手なカラーのものは避けた方が無難。

また、注意したいのが消しゴムの消耗具合。

周りの紙ケースがなく、ボロボロになった消しゴムを使っている人がいるが、これはやめた方が良い。

消しゴムの見た目が悪いことで、「見た目に無頓着なのでは?」と持ち主であるあなたの評価を下げる可能性があるからだ。

できるだけ新しい、きれいな消しゴムを持っていくのが良いだろう。

メモ帳

筆記用具が必要な場合、筆記試験がある可能性も高いが、メモを持っていくのが無難。

面接前の説明会等で、以下のようなことを話されることがある。

  • 会社についての説明
  • 選考の今後の流れ
  • 企業が求める人物像について

これらの話をただボーっと聞いていると、

  • 志望度が低いのでは?
  • やる気がないのでは?
  • 社会人としての資質がない?

と、採用担当者から悪い評価を受ける可能性があるのだ。

「社会人なのだからメモを取ることは基本」と考える採用担当者も多い。

メモを取らないことによって、評価を下げることがないように気をつけよう。

面接時に持っていくメモは、小さめのポケットサイズ、または、普通のノートを持っていくと良い。

ポケットサイズのメモは、立っているときにも書き込みやすいのが魅力。

一方のノートは、たくさんの情報を書き込めるため、やる気があるように見せられるのが魅力だろう。

どちらを選ぶにしろ、見た目には注意したい。

安っぽい見た目のものは避け、ビジネスで使っても恥ずかしくないようなデザインを選ぶ。

表紙が硬い厚紙のものや、黒の表紙がついたものが良いだろう。

間違っても、カラフルでキャラクターが描かれたものは選ばないこと。

A4ファイル

面接の最後に書類を渡されたり、持ち帰る書類が発生したりするかもしれない。

そこで書類をグシャっとバッグに押し込む人は、間違いなく採用されないだろう。

企業から受け取った書類は、きれいな状態で持ち帰るのがビジネスマナー。

そのために、A4のクリアファイルを持っていくと安心だ。

A4より小さいサイズでは、ファイルから書類が出てしまい、その部分が折れる可能性がある。

A4であれば一般的な書類のサイズは入れることができるうえ、万が一A3の書類を渡されたとしても折りたたんできれいに入れられる。

A4ファイルを選ぶときは、キャラクターデザインを避け、無地のファイルを選ぶこと。

クリアファイルが無難だが、薄く色がついているのでも問題はない。

あまりにも濃いカラーのものはやめておく。

面接で筆記用具を使って何を実施するのか

面接時に筆記用具の持参を求められた場合、次のようなことが実施されると予想できる。

面接で筆記用具を使って実施すること

  • 筆記試験
  • アンケートなどへの対応
  • 交通費の支給書類への署名
  • メモを取ってほしい
  • 受付で名前を書く
  • 個人情報の取り扱いについての書類にサインする

アンケートや書類へのサインは、その場ですぐに対応できるはずだ。

問題は筆記試験がある場合。

こちらはきちんとした対策が必要になるので、しっかりと準備しておこう。

筆記試験の対策方法

筆記試験がある場合には、基本的に事前に知らされることが多い。

しかし、事前準備なしの応募者のレベルを知るために、当日まで知らせないパターンもある。

筆記試験の有無を事前に予測するのが、「筆記用具持参」の指示だ。

この指示があったら試験が実施される可能性もあるので、念のために準備しておこう。

筆記試験にはいくつか種類がある。

  • 一般的な企業で実施される一般常識問題の「SPI試験」
  • 主に外資系企業で実施される「フェルミ推定」
  • 応募者が多い企業での実施が多い「小論文試験」

どの試験も、対策用の書籍や問題集が発売されている。

試験の可能性を感じ取ったら、すぐに問題集を解いてパターンをつかんでおこう。

SPI試験の場合は、SPIノートの会が作った「これが本当のSPI3だ!」がおすすめだ。

これが本当のSPI3だ! 【2019年度版

これが本当のSPI3だ! 【2019年度版

各年度に合わせて毎年改定されているので、その年の問題集を解いておこう。

これが本当のSPI3だ! 【2019年度版】

フェルミ推定の場合は、東大ケーススタディ研究会が作った「現役東大生が書いた 地頭を鍛えるフェルミ推定ノート」が良いだろう。

現役東大生が書いた 地頭を鍛えるフェルミ推定ノート

現役東大生が書いた 地頭を鍛えるフェルミ推定ノート

フェルミ推定を解くときの基本的な考え方や、解き方のパターンを知ることができる。

現役東大生が書いた 地頭を鍛えるフェルミ推定ノート

小論文試験は、成美堂出版編集部が出している「最新最強の作文・小論文」がおすすめだ。

最新最強の作文・小論文〈’19年版〉

最新最強の作文・小論文〈’19年版〉

小論文は書いていくなかで、書き方のコツやパターンを身につけることができる。

問題集を解き進め、たくさん書いてみるのが良いだろう。

最新最強の作文・小論文〈’19年版〉

筆記用具を忘れてしまったときの対処法

ここまで必要な筆記用具の種類と、筆記用具を使ってどのようなことをするのかをご紹介した。

準備もバッチリ、意気揚々と会場に向かっていたら、筆記用具を忘れたことに気がついた。

このような時でも、慌てずにきちんと対処していこう。

当日、筆記用具を忘れてしまった場合、対処法は3つある。

筆記用部を忘れてしまったときの対処法

  • 自宅に取りに戻る
  • 最寄りの店で購入する
  • 企業で筆記用具を借りる

好きな対処法を選べばよいわけではない。

状況に合わせて適切な対処法を選ぶ必要があるので、以下でご紹介しよう。

対処法1.自宅に取りに戻る

面接の開始時間まで、かなりの余裕がある場合には自宅に取りに戻ってもいいだろう。

自分の筆記用具の方が使い慣れていて、リラックスできるのは確かだ。

できれば自分のものを使いたいだろう。

筆記用具を忘れたことに気がついた時点では、交通機関が遅れていなくても、この後遅れる可能性もある。

取りに戻ったことで、遅延に巻き込まれてしまっては本末転倒。

面接時間までかなり余裕があるときだけ、この対処法を選ぶようにしよう。

対処法2.最寄りの店で購入する

自宅に戻るほどの時間がない場合には、面接会場近くのお店で購入するのが良い。

最近は文房具店でなくても、コンビニでも筆記用具は置いてある。

最低限の筆記用具を購入して会場へ向かおう。

その際に忘れがちなのが、ペンケースだ。

筆記用具を裸のまま持っていると印象がよくないので、合わせてペンケースも購入しておくこと。

企業で筆記用具を借りる

  • 自宅に帰る時間もない
  • 企業の近くに店もない

どうしても筆記用具の調達ができなかったときには、企業で筆記用具を借りるのが良い。

正直に筆記用具を忘れたことを伝え、丁寧にお願いする。

企業によっては、忘れる人を想定して、あらかじめ予備の筆記具を準備している場合もある。

そのような場合でも、丁寧に謝罪して借りるのがマナーである。

まとめ

面接で「筆記用具持参」を指定された場合、必要になるのは以下の文房具。

  • 黒色インクのボールペン
  • シャープペンと替え芯
  • 消しゴム
  • メモ帳
  • A4ファイル

文房具を選ぶときは、ビジネスシーンにふさわしいものを選ぶこと。

持参した筆記用具を使うのは、以下のシーン。

  • 筆記試験
  • メモを取る
  • アンケートなどへの対応
  • 書類へのサイン

筆記試験には事前の準備が必要なので、念のため対策しておくと良い。

当日、文房具を忘れたことに気がついたら、以下の対処法がある。

  • 自宅に取りに戻る
  • 最寄りの店で購入する
  • 企業で筆記用具を借りる

面接までの時間に応じて、対処法を決める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Career Rules編集部

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of