【看護師・薬剤師】医療業界で働く人の転職サイトランキング徹底まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

慢性的な人手不足と言われている医療関連の業界では、そこで働く人たちも様々な悩みを抱えている。

特に超過勤務や夜勤、休みの取りにくさなど、医療業界でよく聞かれる悩みを、職場を変えることで解決したいと考えている人が多いのも現状だ。

一方で求人の数は常に多いため、その中から今の課題を解決できる転職先、今より良い条件で働くことができる転職先を見つけ出すことは自力ではなかなか難しい。

多くの転職希望者が仕事を続けながら、転職サイトや転職エージェントを利用して好条件の求人を紹介してもらい、転職成功させたいと思っていることだろう。

そこで医療業界の中でも、看護師と薬剤師の転職にスポットを当て、おすすめの転職サイトをランキングにして紹介する。

多くの転職エージェントや医療関係者、医療関連の人材コンサルタントとも付き合いの長い筆者が、そのランキングの根拠も併せて解説するのでぜひ参考にして欲しい。

現在の職場が忙しい中でも、より使いやすい転職サイトを利用して、ストレスのない転職活動と、理想の転職を実現して欲しい。

悩める看護師はこんな転職サービスを求めている

多くの優良求人と採用実績があることはもちろん、看護師の持つ悩みをよく聞いて解決に導いてくれるのが理想的な転職サービスに求められる条件だろう。

現在の職場で悩みを抱え、誰にも相談できないまま、今より良い職場があるはずだという「退職ありき」で転職を決める看護師は多い。

看護師は、医療業界の中でも働く環境や待遇に特に多くの課題があり、そのために離職率も高いのだ。

転職によって現在の職場の悩みが解決できる。

多くの看護師にとって、そのような転職をアシストしてくれる転職サービスが求められているのだ。

看護師の職場事情と主な悩み

激務から逃げるように転職することに、罪悪感のような感情を抱く看護師は少なくない。

そこで実際に何名かの看護師から聞いた職場の悩みを挙げるので、同じような悩みを他の看護師も持っているということを知って、前向きに転職に臨んで欲しい。

また、転職サイトを選ぶ時はこうした悩みを、仕方がない、当たり前だと言わず、きちんと聞いてくれるサービスやエージェントを選ぶのが良いだろう。

  • 超過勤務や夜勤で体力的な負担が大きい
  • 休暇が取りにくい
  • 職場の人間関係が良くない
  • キャリアアップが望みにくい
  • 責任の重さと給与額が合っていない
  • 医療事故やミスへの不安など常に緊張している
  • 自分は看護師に向いていないのではという不安がある

職場や本人によって受け止め方は様々だが、いずれも強いストレスの原因になり体調を崩す可能性も高い。

看護師として高いパフォーマンスを発揮するためにも、良い職場を選ぶことは必要な選択なのだ。

転職エージェントを利用することが大前提

勤務時間や体力面で負担のある看護師の転職に、転職エージェントや転職コンサルタントの利用は非常に有益だ。

特に、よく相談に乗ってくれるか、転職後のフォローがあるかなどが良い転職サイトを選ぶポイントになる。

また、一般的に転職エージェントを利用するメリットには次のようなものがあることを押えておこう。

  • エージェントが求人案件とのマッチングをし、その中から求人を紹介してくれる
  • 面接の日程調整や面接の前後にアドバイスやフォローをしてくれる
  • 履歴書などの応募書類の書き方をサポートしてくれる
  • 年収や勤務時間、休みなどの条件面の交渉もエージェントがしてくれる

さらに条件の良い求人を多く持っている転職エージェントであることも、良い転職サービスの必須条件だろう。

色々と自分自身で調べ、自分ひとりで応募しても転職は出来る。

しかし転職エージェントを利用した方が時間を有効に使うことができ、条件の良い転職先に出会いやすいのだ。

非公開求人から条件の良い転職先に応募する

転職エージェントを利用する最大のメリットともいえるのが非公開求人への応募ができる点だ。

求人情報サイトなどで公開され見ることができる求人情報は、広く多くアピールして応募者を集める目的がある。

一方で非公開求人は、転職エージェントを通じて紹介がなければ知ることもできない。

非公開にする理由は様々だが、広く公開しなくても採用が見込める求人、公開すると応募が集まり過ぎて対応しきれなくなる求人など、好条件である場合が多いのだ。

また、転職エージェントが求人情報と応募者のキャリアや希望からマッチングしてから紹介してくれるため、応募者の希望に近い条件であるはずだ。

非公開求人から好条件の求人に応募するためにも、転職エージェントの利用は必須といえるだろう。

【2018年11月最新版】看護師におすすめの転職サイトランキング

優良求人を多く持っていて紹介してくれ、さらに悩みの相談からフォローまでしてくれる。

そういった良さもきちんと踏まえて紹介する、看護師おすすめの最新の転職サイトランキングは次の通りだ。

看護師おすすめの最新の転職サイトランキング5選

これらのおすすめ転職サイトの解説と併せてランキングの理由についても説明していこう。

1位:看護のお仕事

看護のお仕事

看護のお仕事

看護のお仕事」を最もおすすめできる理由は、とにかくコンサルタントの対応が良いという点だ。

また業界トップクラスの規模で、より希望に近い転職先が見つかる可能性もぐっと高まる。

  • 月間利用者数20万人以上、公開求人だけで5万件以上
  • 非公開求人を多数持っている
  • 相談は24時間電話対応で転職後も相談可
  • 地域専任のコンサルタントで無理に転職を勧めない

このような充実した体制でサポートしてくれるため、安心して任せることができるだろう。

また、育児と両立したいなどの相談にも乗ってくれ、希望に合う職場を親身になって探してくれるとの評判も高い。

ぜひ登録したい転職サイトのひとつだ。

看護のお仕事を無料で利用する

2位:ナースではたらこ

ナースではたらこ

ナースではたらこ

ナースではたらこ」をおすすめする理由は、サポートの良さと独自のサービスを持っている点だ。

特に、転職先として行きたい病院や医療機関を指定することができる「逆指名」制度はこのサイトを利用する上で使い勝手の良いサービスだ。

  • 求人数9万件以上、90%以上の医療機関情報を持っている
  • 応募書類の作成や添削から転職後もサポート
  • 24時間電話対応やナース・キャリア・ステーションでの対面支援がある

独自の取材などで得た医療機関の情報を持っているからこそ対応できる「逆指名」制度など、職場情報が豊富な点もこのサービスの魅力のひとつだろう。

ナースではたらこを無料で利用する

3位:マイナビ看護師

マイナビ看護師

マイナビ看護師

マイナビ看護師」をおすすめする理由は、働きやすい転職先を多く扱っているという点だ。

マイナビといえば人材サービスの大手だが、働く現場の情報収集は細やかだ。

例えば職場の人間関係が良い求人や有給消化率、研修制度が整っている職場の求人などを多く扱い、高評価を得ている。

  • 業界トップクラスのサービス利用満足度
  • 非公開求人などで人気求人を多く扱っている
  • 転職希望者ひとりひとりと会うことを大切にしている

マイナビ看護師が意識している点は転職後の定着率だ。

そのために出来る限り現場の情報を提供してくれ、離職率の低い転職先を紹介してくれる。

他の転職サイトと併せて利用することをおすすめしたい転職サイトだ。

マイナビ看護師を無料で利用する

4位:看護roo!

看護roo!

看護roo!

看護roo!」をおすすめする理由は、その求人の質の高さという点だ。

看護師転職サイトの業界大手で、コンサルタントが病院や医療施設の情報に精通していることも心強い。

  • 診療科目が充実しており、厚待遇、好条件の求人が4万件以上、非公開求人5万件以上
  • 事前に病院の詳しい内部事情を取材した上で紹介してくれる
  • 本人が興味のない求人を無理に勧めない

夜勤の有無や職場の雰囲気などは求人情報だけではわかりにくいが、そういった情報も提供してくれる。

また、面接に同席までしてくれるというサポートの手厚さから口コミ評価も高い。

このサイトも他の転職サイトと併せて登録しておくと、より理想的な転職活動が実現できるだろう。

看護roo!を無料で利用する

5位:ナースフル

ナースフル

ナースフル

ナースフル」をおすすめする理由は、厚待遇の求人の多さと大都市圏の求人に強い点だ。

ナースフルは人材業界最大手のリクルートグループが運営しており、東京、横浜、大阪、名古屋、福岡など、拠点のある大都市圏の求人に強い。

また、求人案件の8割が非公開求人で、ナースフルでしか扱いのない高収入の案件が魅力だ。

  • 他のサイトにはないレアな診療科目の求人も扱っている
  • 応募書類作成から面接対策まで高いレベルでサポートが受けられる
  • 交渉力などで、全体的にエージェントのレベルが高い

エージェントに多少の当たり外れはあるものの、業界最大手として転職のノウハウに関してレベルが高い。

悩みへのフォローというより、積極的なキャリアアップやスピード転職を重視するなら、ぜひとも登録しておきたいサイトだ。

ナースフルを無料で利用する

本当に厚待遇!?薬剤師の転職事情

薬剤師は一般的に安定した職業と言われているが、実際に求人も多い上に資格を要する専門職だ。

ドラッグストアでも第1類医薬品の扱いが始まり、薬剤師をおく必要が出てきたことなど、病院や調剤薬局以外でも薬剤師のニーズは高まっている。

薬剤師の就職先としては、病院、製薬会社、ドラッグストア、調剤薬局などがありその待遇も様々となっている。

活躍できるステージが多いのは確かだが、その待遇も様々で、職場によって格差があるのが現状だ。

薬剤師の転職の際にはより慎重な職場選びが必要になるといえるだろう。

激務、薄給?病院薬剤師

薬剤師の中でも待遇が厳しいと言われているのが病院薬剤師で、そのために転職するケースも少なくない。

  • 薬剤師全体の平均年収およそ530万円に比べ病院薬剤師は400万円台~と薄給
  • 外来患者への調剤と入院患者への調剤、救急対応などがあり忙しい
  • 病院内のヒエラルキーでは下に見られることがあるなど人間関係の悩みがある

公立の病院、大学病院または民間経営などによっても異なるが、病院薬剤師はこのような悩みを持っている。

ただ一方で、薬剤師の経験を積み、専門性を高めるには病院薬剤師が最も良いとも言われている。

またチーム医療の一員として活躍できるなど、他では味わえないやりがいを得られるのも病院薬剤師だ。

病院以外で活躍する薬剤師の転職事情

病院薬剤師以外では次のようなケースがあり、やはり転職によって激務や薄給、人間関係の悩みをクリアしたいと考えるケースが多い。

  • 人間関係の悩みがあり転職したい
  • 初任給は良かったが昇給に満足できない
  • スキルアップ、キャリアアップが望めない
  • ついていけない、薬剤師に向いていないと感じる

人間関係は最も多い転職理由のひとつ

病院薬剤師に限らず、その他の職場でも人間関係に悩みや不満を感じて転職するケースは多い。

スキルアップの機会が上司や先輩からのOJT(現場教育)や調剤の実経験による職場も多く、人間関係が直接スキルアップに影響するケースもあるのだ。

ただし、キャリアアドバイザーに聞いてみると、それを転職によって解決すべきか、現在の職場で改善出来ないか、といった提案をするとのことだ。

ネガティブな理由で転職しても、転職先で同じ問題にあたってしまう場合もある。

現在の職場のメリットや課題の解決方法などを慎重に考えてみることも必要だろう。

調剤薬局勤務の場合は昇給額に不満がある

初任給の段階では病院薬剤師に比べ調剤薬局の方が厚待遇だと言われている。

ただし、調剤薬局の場合、その後の昇給に不満を感じている薬剤師が少なくない。

これはほとんどの調剤薬局が中小規模の会社で、給与体系や基準が緩やかなことが多いためでもあるだろう。

一方で、中小の調剤薬局へ転職した方が大手より年収アップするケースもある。

大手に比べて人材の確保がしにくいために年収額を高く設定して中途求人を行うためで、これも中小の給与基準が緩やかなせいだといえる。

調剤薬局では特に、入社時の年収額だけでなく昇給や賞与のルールについて下調べや質問をした方が良いだろう。

ドラッグストア勤務でキャリアアップを望めない

ドラッグストア勤務でも、特に店舗採用の場合はキャリアアップしにくく、給与水準は高いが昇給は大きくない。

また、市販薬の安全な使用方法を購入客へ説明することが主な業務で、病院や調剤薬局に比べてスキルアップの機会が少ない。

パートタイムや人材派遣であればドラッグストア勤務は待遇も良く恵まれているが、長期のキャリアを形成したい薬剤師にとっては物足りない環境といえるだろう。

ドラッグストアには調剤薬局併設などの場合もあり、そういった職場を選択すれば、キャリアアップや年収面で満足度の高い環境を得られる可能性が高い。

製薬会社の正社員雇用は、条件は良いがハードルが高い

製薬会社の正社員採用は、新卒からしても中途採用でも非常にハードルが高くなっている。

当然ながら年収面では恵まれているが、新薬開発などにも携わるため、高い知識や専門性が求められる。

最近では博士号を持っていることが応募要件であるケースも出てきているので、他の薬剤師とは一線を引いた研究職と考えておいた方が良い。

応募要件を満たして製薬会社への転職を検討する場合は、教育研修の制度や仕事内容について事前に確認しておく必要があるだろう。

【2018年11月最新版】厳選!薬剤師転職サイトランキング

転職事情で紹介したように、薬剤師の転職はまず、転職先の業種を考える必要がある。

現在の職場と同じ方がキャリアや経験が活かせると考える場合もあるだろう。

一方で、次は病院ではなく調剤薬局、または製薬会社からドラッグストアへの転職なども考えることができる。

それぞれ異なるため、それぞれの業種に強みを持った転職サイトを選ぶようにすると良い。

薬剤師の転職サイトランキングはそれが分かるように一覧表にしたので比較して欲しい。

順位 転職サイト 地域:強みのある職種や勤務先 求人案件数 高収入求人 アピールポイント
1位 薬キャリ 全国:病院、調剤薬局、企業 3万5,000件

以上

★★★ 医療ビジネスに強いエムスリーグループ
2位 マイナビ薬剤師 全国:企業、調剤薬局、病院、ドラッグストア 4万8,000件

以上

★★ 楽天リサーチで5年連続満足度№1
3位 ファルマスタッフ 全国:調剤薬局、

ドラッグストア

4万件以上 ★★★ 時給4,000円以上の高額派遣も多い
4位 リクナビ薬剤師 全国:企業、調剤薬局、病院 3万5,000件

以上

★★ 転職案件の75%が非公開求人

1位:薬キャリ

薬キャリ

薬キャリ

薬キャリは、求人案件数の多さはもちろん、薬剤師転職に特化したサイトでは群を抜く、年間利用者数9万人という実績を誇る。

そして、薬キャリの強みは何といっても病院や医療機関への太いパイプがあることだ。

医療ビジネスに強いエムスリーグループ(東証一部)が運営しているため、業界事情を熟知した転職サイトといえるだろう。

また、エージェントによって対応にばらつきはあるものの、難しい条件でも根気よく探してくれるなど、対応の良さが多くの利用者から聞かれるのも特徴だ。

病院求人でも高収入を狙いたい場合や企業薬剤師の求人を狙うのであればぜひ、登録しておきたいサイトだ。

薬キャリを無料で利用する

2位:マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

求人市場大手のマイナビによる薬剤師専門の転職サイトで案件数や利用者数は多い。

また、企業から病院、ドラッグストアまで広い範囲の求人案件を持っているのも強みだろう。

さらに人材業界大手だからこそ、大企業とのパイプを持ち、同時に全国に拠点があるため地方転職にも強い。

楽天リサーチにおいて薬剤師求人サイトの満足度№1を獲得し続けているのもこうした背景があるからだ。

一方で案件数を広く多く保有しているために、好条件の求人と、中には待遇面で見劣りする求人もある。

エージェントからの紹介を受けたらその求人の条件をよく見て、理想から離れているときはそれをきちんと伝えて辞退する、といった判断が必要になるだろう。

マイナビ薬剤師を無料で利用する

3位:ファルマスタッフ

フェルマスタッフ

フェルマスタッフ

ファルマスタッフは日本調剤(東証一部)が運営する転職サイトで、薬キャリ同様に業界に精通しているという強みがある。

得意としている転職先は調剤薬局やドラッグストアで、最近になって年収の高い転職案件が増えている。

面接にエージェントが同行して直接交渉する、といった独自のサービスが高収入案件の背景になっているようだ。

さらに、登録すると「薬剤師保険調剤テキスト」が無料で配布されるなど、細やかなサービスで利用者の好感度もおおむね高い。

また働き方としては、正社員のほかパートや派遣にも対応してくれ、特に派遣では時給4,000円といった高額案件も扱っているので選択肢のひとつとして検討しても良いだろう。

フェルマスタッフを無料で利用する

4位:リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は求人業界最大手のリクルートグループが運営する薬剤師のための転職サイトだ。

転職エージェントやスカウトサービスには安定感があり、全国展開しているため地方求人にも強い。

何よりリクナビ薬剤師の持っている求人案件の75%以上が非公開求人だという点に注目したい。

多くの応募が欲しい公開求人に比べ、非公開求人はエージェントがマッチングしてユーザーに紹介することでしか応募が出来ず、その分、厚待遇であることも多いからだ。

同様に、ハイレベル転職サイトの「薬剤師求人プレミア」も運営しており、企業薬剤師や製薬会社への高収入求人を狙うなら押さえておきたい転職サイトといえるだろう。

リクナビ薬剤師を無料で利用する

まとめ

看護師と薬剤師の転職におすすめしたい転職サイトランキングを紹介した。

振り返ってまとめるので、自身の持つ職場の悩みを転職によって解決できるように役立てて欲しい。

現職の悩みを解決してくれる転職を目指す

  • 職場を変えるだけではなく、持っている課題を解決出来ることが大切
  • きちんと悩みを聞いてくれる転職エージェントを利用することが大前提
  • 非公開求人から、好条件・厚待遇の案件を紹介してもらう

看護師におすすめの転職サイトランキング

ポイント

  • 紹介案件が多く、採用につながりやすい
  • 悩み相談から条件面での交渉、転職後のサポートまで面倒見が良い
  • 待遇や条件の良い案件を多く紹介してくれる

薬剤師は職種や勤務先によって事情が異なる

  • 病院薬剤師は多忙で薄給である場合が多いが、やりがいやスキルアップの面では良い
  • 調剤薬局は昇給や賞与の基準やルールを確認することが大切
  • ドラッグストアへの転職でキャリアアップを望むなら調剤薬局併設がおすすめ
  • 企業薬剤師は応募要件のハードルが高いが経験やキャリアがあれば厚待遇の転職が可能

薬剤師におすすめの転職ランキング

順位 転職サイト 地域:強みのある職種や勤務先 求人案件数 高収入求人 アピールポイント
1位 薬キャリ 全国:病院、調剤薬局、企業 3万5,000件

以上

★★★ 医療ビジネスに強いエムスリーグループ
2位 マイナビ薬剤師 全国:企業、調剤薬局、病院、ドラッグストア 4万8,000件

以上

★★ 楽天リサーチで5年連続満足度№1
3位 ファルマスタッフ 全国:調剤薬局、

ドラッグストア

4万件以上 ★★★ 時給4,000円以上の高額派遣も多い
4位 リクナビ薬剤師 全国:企業、調剤薬局、病院 3万5,000件

以上

★★ 転職案件の75%が非公開求人

ポイント

  • サイトごとの強みを知ってそれに合わせた選択が大切
  • まずはエージェントに自身の希望や理想を相談する

医療関連の業界には高い志を持って働いている人も多い。

より働きやすく高いパフォーマンスを発揮できる職場への転職を成功させて欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of