本当に両面型?評判の悪い転職エージェントサイトを回避できる全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「評判の悪い転職エージェントサイト」といえば、知識や経験がない人にとっては非常に判別しにくい問題だ。

だからこそ、評判の悪い転職サイトについて、腑に落ちる知識を得られぬまま、延々と調べている人は本当に多い。

あなたも「評判の悪い転職エージェントサイト」に関して、以下に示すような疑問や不安をもっていないだろうか?

  • 評判の悪い転職エージェントサイトにはどんな特徴があるのか
  • 業界人だけが知っている評判の悪い転職エージェントサイトの実態を教えて!
  • 絶対に避けるべき転職エージェントとはどんなサイト?
  • 評判の悪い転職エージェントサイトを回避するためのコツを知っておきたい

こうした疑問や不安を持っているのに解決しないまま、転職エージェントサイトを利用しようとしてはいけない。

評判の悪い転職エージェントサイトに関する知識が足りないので、このままでは悪徳担当者になってしまうだろう。

そこで今回は「評判の悪い転職エージェントサイト」に関する疑問・不安について、複数回の転職経験者である筆者が必要な知識を解説していく。

最後まで読み終えた時、以下のような知識を身につけることができるだろう。

  • 「見極めが重要?評判の悪い転職エージェントサイトとの付き合い方」
  • 「本当はブラック?評判の悪い転職エージェントサイトの実態」
  • 「レスポンスが重要!絶対に避けるべき転職エージェントサイトの特徴」
  • 「両面型がベスト!評判の悪い転職エージェントサイトを回避するための知識」

つまり、この記事を読めばあなたが知っておくべき「評判の悪い転職エージェントサイト」に関する知識は、すべて網羅できるということだ。

これを機に、評判の悪い転職エージェントサイトについて理解して、これからの活動に役立てて頂きたい。

目次

見極めが重要?評判の悪い転職エージェントサイトとの付き合い方

まず解説するのは「見極めが重要?評判の悪い転職エージェントサイトとの付き合い方」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • ダメな転職エージェントの見極めは必須だが意外とカンタン
  • 転職エージェントは複数登録して何人もの担当者と会ってみるべき
  • 転職エージェントは営利企業でありボランティアでやっているのではない

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

ダメな転職エージェントの見極めは必須だが意外とカンタン

転職エージェントは色々なサイトが溢れかえり出したので、どこにすれば良いのか迷う人が多い。

世間的に評判が悪い転職エージェントの特徴や選択の仕方を知りたい人も多いだろう。

詳しくは次章以降で紹介するが、見極めは思いのほか簡単だ。下手に警戒する必要はない。

転職エージェントは複数登録して何人もの担当者と会ってみるべき

相性の悪い担当者にあたった時は担当変更をオファーすることもできるが、早々カンタンではない。

だからこそ転職エージェントは最初から一社にせずに、複数登録して何人かの担当者に会ってみよう。

転職エージェントもビジネスであり、悪質なアドバイザーもいるので要注意だ。

転職エージェントは営利企業でありボランティアでやっているのではない

転職エージェントは成果報酬型なので、スタッフは親身にサポートしてくれる。

しかしエージェント側もあくまで営利を求めるもので、ビジネスとして仕事をしていることを忘れてはいけない。

以上、「見極めが重要?評判の悪い転職エージェントサイトとの付き合い方」について解説してきた。

この章で解説した知識は「評判の悪い転職エージェントサイト」を理解する必要知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「評判の悪い転職エージェントサイト」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である「本当はブラック?評判の悪い転職エージェントサイトの実態」について、次章では解説する。

本当はブラック?評判の悪い転職エージェントサイトの実態

次に解説するのは「本当はブラック?評判の悪い転職エージェントサイトの実態」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 転職エージェントの本質は効率よく数字(転職者の数)を上げること
  • 悪質な転職エージェントは話を聞いたフリしかしない
  • 転職活動の全てを転職エージェントに委ねてはいけない

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

転職エージェントの本質は効率よく数字(転職者の数)を上げること

毎月厳しすぎるノルマを課している相当悪徳な環境のところもあり、無理に転職させようとする悪質な担当者もいる。

できるだけ多くの求職者を効率よく転職へといざなうために(つまり効率よく「数字」を上げるために)行動するのだ。

悪質な転職エージェントは話を聞いたフリしかしない

求職者の希望など話半分に、手堅く内定を獲得できそうな企業に面接を通そうとしてくる。

彼らにとって話などどうでもよく、「何処でもいいので早く転職先が決まればそれで良い」という考えなのだ。

転職活動の全てを転職エージェントに委ねてはいけない

転職エージェントもビジネスなので、自分の数字稼ぎだけを考えて寄り添ってくれるわけではない。

エージェントの言うことはあくまで「ガイドライン」として取り入れ、意思決定をエージェントに委ねないようにしよう。

以上、「本当はブラック?評判の悪い転職エージェントサイトの実態」について解説してきた。

この章で示した知識は「評判の悪い転職エージェントサイト」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「評判の悪い転職エージェントサイト」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である「レスポンスが重要!絶対に避けるべき転職エージェントサイトの特徴」について、次章では解説する。

レスポンスが重要!絶対に避けるべき転職エージェントサイトの特徴

次に解説するのは「レスポンスが重要!絶対に避けるべき転職エージェントサイトの特徴」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 面談すら行わない転職エージェントは絶対に避けるべき
  • メールの返信など各種レスポンスが遅い転職エージェントは戦力にならない
  • 面談時とともにいきなり数十社の案件を出してくる担当はアウト

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

面談すら行わない転職エージェントは絶対に避けるべき

「当たり前」というべき大前提になるが、顔合わせすらしない転職エージェントは却下してOKだ。

中には職務経歴書だけ預かってそのまま企業にオファーしていく人もいるが、そんな所はお世話になるだけ無駄である。

面談を設けて話やビジョンを聞いてくれるアドバイザーが最適である。

メールの返信など各種レスポンスが遅い転職エージェントは戦力にならない

筆者の経験上、レスポンスの早さは、イコール「エージェントの質が高い」と言っても過言ではない。

レスポンスの早いところほど親身で丁寧だ。一方、各種対応が遅いところほど仕事も投げやりな印象である。

転職エージェントに限らず、ビジネスソーンにおいてはどこも同じだろう。

優秀な人ほど、レスポンスは早く返す。だからこそ最初に早くレスポンスが返ってきた所から、面談に行くのをお勧めする。

面談時とともにいきなり数十社の案件を出してくる担当はアウト

面談に行ってみたら、いきなり数十社近い求人情報を押しつけてくるような転職エージェントもあるがこれはNGだ。

こんな担当者は基本的に「数打ちゃ当たる」と短絡的に考えている人なので避けた方が良い。

ノルマに追われてキツいのであれば、転職に関するバックアップは任せられない。

こういうタイプは「分業型エージェント」に数多く見られる。

詳しくは後述するが、面談担当が案件を手に入れていないので、適当な案件を手当たり次第出してくる。要注意だ。

以上、「レスポンスが重要!絶対に避けるべき転職エージェントサイトの特徴」について解説してきた。

この章で解説した知識は「評判の悪い転職エージェントサイト」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「評判の悪い転職エージェントサイト」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である「両面型がベスト!評判の悪い転職エージェントサイトを回避するための知識」について、次章では解説する。

両面型がベスト!評判の悪い転職エージェントサイトを回避するための知識

最後に解説するのは「両面型がベスト!評判の悪い転職エージェントサイトを回避するための知識」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 転職エージェントの優劣は自分のニーズとのマッチング精度で計る
  • 「分業型」の転職エージェントであれば企業を知らずに紹介している可能性大
  • 良い転職エージェントを求めるのであれば「両面型」エージェントがおすすめ

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

転職エージェントの優劣は自分のニーズとのマッチング精度で計る

担当エージェントの優劣を測るには、やはり「どれくらい自分にマッチした求人を出してくれるか?」で判断するしかない。

担当者に巡り合うか、悪い担当者になるかどうかによって、転職の成否は大きく左右されると思って間違いないだろう。

「分業型」の転職エージェントであれば企業を知らずに紹介している可能性大

転職エージェント内部の仕組みだが、運営しているサイトによって「分業型」と「両面型」で大きく2タイプに分かれる。

分業型は面談業務だけする人で、両面型は求人案件獲得と面談業務をするエージェントだ。

つまり業務を別々の人間で分担しているか、同じ担当者が一貫して請け負っていたかでタイプが分かれる。

両面型はあらゆる求人案件を紹介してくれるだろう。

一方で片面型は、実際に対面するスタッフと企業から案件を取ってきたセールスマンが別人だ。

そのため企業の情報や欲する人材像を、スタッフが深く理解していないケースも少なくない。

良い転職エージェントを求めるのであれば「両面型」エージェントがおすすめ

ある程度自分の中で案件を絞れてきたら、希望する業種に特化した両面型エージェントに話を聞きに行こう。

様々な特化型エージェントがあるが、両面型だと各業界に深く精通した担当者がいるのでコンサルの質は高い。

ちなみに「良い両面型エージェントはどこなの?」と悩んでいるなら、マイナビエージェントをおすすめする。

マイナビは大手ならではの安心感と、エージェントひとりひとりの業界への見識の深さが非常に魅力的だ。

以上、「両面型がベスト!評判の悪い転職エージェントサイトを回避するための知識」について解説してきた。

この章で解説した知識は「評判の悪い転職エージェントサイト」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

まとめ

ここまで「評判の悪い転職エージェントサイト」をテーマとして、即戦力となる様々な知識を解説してきた。

「総決算」として改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみたい。

今回の記事で「どんな知識を得ることができたのか」という最後の確認になるだろう。ぜひ目を通してほしい。

見極めが重要?評判の悪い転職エージェントサイトとの付き合い方

  • ダメな転職エージェントの見極めは必須だが意外とカンタン
  • 転職エージェントは複数登録して何人もの担当者と会ってみるべき
  • 転職エージェントは営利企業でありボランティアでやっているのではない

本当はブラック?評判の悪い転職エージェントサイトの実態

  • 転職エージェントの本質は効率よく数字(転職者の数)を上げること
  • 悪質な転職エージェントは話を聞いたフリしかしない
  • 転職活動の全てを転職エージェントに委ねてはいけない

レスポンスが重要!絶対に避けるべき転職エージェントサイトの特徴

  • 面談すら行わない転職エージェントは絶対に避けるべき
  • メールの返信など各種レスポンスが遅い転職エージェントは戦力にならない
  • 面談時とともにいきなり数十社の案件を出してくる担当はアウト

両面型がベスト!評判の悪い転職エージェントサイトを回避するための知識

  • 転職エージェントの優劣は自分のニーズとのマッチング精度で計る
  • 「分業型」の転職エージェントであれば企業を知らずに紹介している可能性大
  • 良い転職エージェントを求めるのであれば「両面型」エージェントがおすすめ

上記に記した知識は、「評判の悪い転職エージェントサイト」の被害に遭わないための知識なので、必ず吸収しておくべきだ。

逆に解説してきた知識さえ押さえておけば、評判の悪い転職エージェントサイトに関して疑問や不安を抱く必要はもうないだろう。

あなたにとって必要な知識は、すべて網羅できているので安心して欲しい。

今回紹介した、評判の悪い転職エージェントサイトに関する知識を使って、今後に活かしてもらえれば幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

最初のコメントを頂けますか?

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »