免許があれば評価UP?正しい書き方は?転職履歴書の免許の取扱いを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「転職履歴書の免許の取り扱い」といえば、知識や経験がない人にとっては非常に厄介で、ミスをまねく要素だ。

だからこそ、転職履歴書の免許の取り扱いについて、腑に落ちる知識を得られぬまま、延々と調べている人は本当に多い。

あなたも「転職履歴書の免許の取り扱い」に関して、以下に示すような疑問や不安をもっていないだろうか?

  • 免許がなくても、転職に悪影響はないのだろうか・・・
  • ペーパードライバーは転職履歴書に免許を記入してもいいのか
  • 免許書の有無を転職履歴書に書く時の注意点は何になる?

こうした疑問や不安を持っているのに解決しないまま、転職履歴書を作成しようとしてはいけない。

転職履歴書の免許の取り扱いに関する知識が足りていないので、このままではあなたの評価は高くならないだろう。

そこで今回は「転職履歴書の免許の取り扱い」に関する疑問・不安について、複数回の転職経験者である筆者が必要な知識を解説していく。

最後まで読み終えた時、以下のような知識を身につけることができるだろう。

  • 「なくても大丈夫?転職履歴書における免許の基礎知識」
  • 「ペーパードライバーが転職履歴書に免許を記入する時のたった1つの注意点」
  • 「書き間違いはアウト!免許書の有無を転職履歴書に書く時の注意点」
  • 「免許は何番目に書く?企業に好印象を持たれる転職履歴書の書き方」

つまり、この記事を読めばあなたが知っておくべき「転職履歴書の免許の取り扱い」に関する知識は、すべて網羅できるということだ。

これを機に、転職履歴書の免許の取り扱いについてしっかりと理解して、これからの活動に役立てて頂きたい。

目次

なくても大丈夫?転職履歴書における免許の基礎知識

まず解説するのは「なくても大丈夫?転職履歴書における免許の基礎知識」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 「運転免許がないと就職に不利」という時代はとっくの昔に終わった
  • 履歴の資格欄を空欄にするよりは免許証を書く方が良い
  • 評価されそうな資格や免許があるなら無理に書く必要はない

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

「運転免許がないと就職に不利」という時代はとっくの昔に終わった

ひと昔前までは、誰もが当たり前のように取得していたのが「運転免許」だ。

免許なし方が珍しい時代であったため、「免許ナシの人は就職・転職に不利」とまで言われることもあった。

しかし最近は、都心部を中心に若者のマイカー離れが進んでおり、運転免許を持っていない人も珍しくない。

履歴の資格欄を空欄にするよりは免許証を書く方が良い

事実、警察庁の調査によると、教習所の卒業者はこの10年で約20万人も減少している。

そんな時代だからこそ、大半のケースで免許のあるのか否かが就職・転職を結果を変える事はほとんどないだろう。

あえていうならば、履歴書に書くことができる資格がない人のみ、持っている運転免許を書く程度の意識でOKだ。

評価されそうな資格や免許があるなら無理に書く必要はない

履歴書の免許・資格欄は行数が制限されているため、他に保有する資格と照らし合わせよう。

そのうえで、応募する求人・企業で良い評価に繋がりそうな資格を優先的に記載していくのがベストだと言える。

以上、「なくても大丈夫?転職履歴書における免許の基礎知識」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職履歴書の免許の取り扱い」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職履歴書の免許の取り扱い」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である「ペーパードライバーが転職履歴書に免許を記入する時のたった1つの注意点」について、次章では解説する。

ペーパードライバーが転職履歴書に免許を記入する時のたった1つの注意点

次に解説するのは「ペーパードライバーが転職履歴書に免許を記入する時のたった1つの注意点」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 業種によっては免許がないと書類選考で落ちることがある
  • 免許必須業務ならペーパードライバーでも資格欄に書こう
  • ペーパードライバーならその事実を履歴書に書くのがマナー

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

業種によっては免許がないと書類選考で落ちることがある

日常的に車を運転する業種・職種に転職をしたいと思っている場合になると注意が必要だ。

実は「○○免許必須」などと応募条件がセッティングされている場合がある。

免許必須の企業の書類選考を通過するなら、持ち合わせている免許を必ず応募書類に記載してほしい。

免許必須業務ならペーパードライバーでも資格欄に書こう

ドライバーだけではなく、ルート営業などの各種セールス業務といった職種の求人でも例外ではない。

業務に必要な場合は、あなたが運転免許の所持者かどうかが必須のケースがあるので注意しよう。

もしペーパードライバーになった人でも、免許証の保有者であるのは事実なので、履歴書に記載して問題ない。

ペーパードライバーならその事実を履歴書に書くのがマナー

運転をすることが業務上必須である求人にエントリーする場合だと、ペーパードライバーの扱いは変わってくる。

具体的には「ペーパードライバーであること」を履歴書に書き添えておいたほうが良い。

ペーパーの事実を内緒にしたままで、実際に仕事で運転を要する業務を求められた際は大きな問題になるだろう。

あなたの進退に繋がるトラブルに発展してしまう可能性も十分なので、キチンと書いておくように。

以上、「ペーパードライバーが転職履歴書に免許を記入する時のたった1つの注意点」について解説してきた。

この章で示した知識は「転職履歴書の免許の取り扱い」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職履歴書の免許の取り扱い」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である「書き間違いはアウト!免許書の有無を転職履歴書に書く時の注意点」について、次章では解説する。

書き間違いはアウト!免許書の有無を転職履歴書に書く時の注意点

次に解説するのは「書き間違いはアウト!免許書の有無を転職履歴書に書く時の注意点」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 何の免許を持っているか正しく記入するのが重要
  • 免許の取得日や免許の種類をしっかりとチェックする
  • 道路交通法の改正などで免許の種類や呼び方が変わっているので要注意

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

何の免許を持っているか正しく記入するのが重要

履歴書に自動車運転免許を有していることを履歴書に書き込む際には、何に注意すればいいのだろうか。

注意すべきなのは、該当企業の採用スタッフに何の運転免許を保有している事実・情報を確実に伝達することだ。

免許の取得日や免許の種類をしっかりとチェックする

まずは、あなたが保有している免許をしっかりと把握しておこう。

免許証の右下の「種類」の箇所に、あなたが取得している免許がわかる。

また免許証の取得日に関しては、左下に記載されている日付をチェックしてほしい。

道路交通法の改正などで免許の種類や呼び方が変わっているので要注意

中には「わざわざ免許を見なくてもわかる」と確認を怠る人もいるかもしれない。

しかし、道路交通法の改正によって、受け取った免許の種類や呼称が変わっている場合もある。

だからこそ、改めて自身が保有する免許をチェックしよう。

以上、「書き間違いはアウト!免許書の有無を転職履歴書に書く時の注意点」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職履歴書の免許の取り扱い」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職履歴書の免許の取り扱い」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である「免許は何番目に書く?企業に好印象を持たれる転職履歴書の書き方」について、次章では解説する。

免許は何番目に書く?企業に好印象を持たれる転職履歴書の書き方

最後に解説するのは「免許は何番目に書く?企業に好印象を持たれる転職履歴書の書き方」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 保有する運転免許はできるだけ正式名称で書くようにしよう
  • 小さい車の免許より大型車の免許を記入した方が評価が上がる
  • 二輪と普通車を持っているなら普通車を記述する方が評価が高い

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

保有する運転免許はできるだけ正式名称で書くようにしよう

誤解のないように伝えるためにも、履歴書にはあなたが保有する運転免許を正式名称で記載することをオススメする。

複数の運転免許を保有している場合は、基本的に古いものから順番に記載していこう。

免許の取得順に関しては、免許証の左下に記載されている取得年月日欄に注目してほしい。

ちなみにこの枠には、バイク関係を示す「二・小・原」や、四輪関係の「他」、二種ひとまとめの「二種」の3つしか枠がない。

そのため、同じ「ニ・小・原」の中でも複数の免許の持ち主である場合には、運転免許経歴証明書を発行しよう。

警察署・交番・駐在所または自動車安全運転センターにいけば、証明書申込用紙が受け取れるので実戦してほしい。

小さい車の免許より大型車の免許を記入した方が評価が上がる

数が多く書ききれない場合には、先述したとおり、あなたの評価に直結する資格から優先順位をつけて記載すると良い。

そして、必要性の低いものは省略する意思が必要不可欠である。

ポイントとしては、小さい車と大きい車の免許を保有しているなら、小さい車輌の方を省略することだ。

たとえば「普通」と「大型」の免許を保有しているのであれば、履歴書には「大型」をピックアップして記載しよう。

「大型」を省略して「普通」だけを書き記すと、普通車しか運転できないと思われてしまうので要注意だ。

二輪と普通車を持っているなら普通車を記述する方が評価が高い

先述したように「大型」だけの記載でも、普通車もあなたが運転できることを伝えられる。

なお「二輪」の場合も同様に、より大きな車両に関する免許の方を書くように心がけてほしい。

きちんと自分が保有する運転免許に関してチェックし、運転免許の有無も希望転職先に主張するのがいいだろう。

以上、「免許は何番目に書く?企業に好印象を持たれる転職履歴書の書き方」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職履歴書の免許の取り扱い」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

まとめ

ここまで「転職履歴書の免許の取り扱い」をテーマとして、即戦力となる様々な知識を解説してきた。

「総決算」として改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみたい。

今回の記事で「どんな知識を得ることができたのか」という最後の確認になるだろう。ぜひ目を通してほしい。

なくても大丈夫?転職履歴書における免許の基礎知識

  • 「運転免許がないと就職に不利」という時代はとっくの昔に終わった
  • 履歴の資格欄を空欄にするよりは免許証を書く方が良い
  • 評価されそうな資格や免許があるなら無理に書く必要はない

ペーパードライバーが転職履歴書に免許を記入する時のたった1つの注意点

  • 業種によっては免許がないと書類選考で落ちることがある
  • 免許必須業務ならペーパードライバーでも資格欄に書こう
  • ペーパードライバーならその事実を履歴書に書くのがマナー

書き間違いはアウト!免許書の有無を転職履歴書に書く時の注意点

  • 何の免許を持っているか正しく記入するのが重要
  • 免許の取得日や免許の種類をしっかりとチェックする
  • 道路交通法の改正などで免許の種類や呼び方が変わっているので要注意

免許は何番目に書く?企業に好印象を持たれる転職履歴書の書き方

  • 保有する運転免許はできるだけ正式名称で書くようにしよう
  • 小さい車の免許より大型車の免許を記入した方が評価が上がる
  • 二輪と普通車を持っているなら普通車を記述する方が評価が高い

上記に記した知識は、「転職履歴書の免許の取り扱い」において絶対に必要な知識なので、必ず吸収しておくべきだ。

逆に解説してきた知識さえ押さえておけば、転職履歴書の免許の取り扱いに関して疑問や不安を抱く必要はもうないだろう。

あなたにとって必要な知識は、すべて網羅できているので安心して欲しい。

今回紹介した、転職履歴書の免許の取り扱いに関する知識を使って、今後に活かしてもらえれば幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of