転職 住民税

普通徴収と特別徴収の違いも解説!転職時における「住民税」の全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
転職 住民税 転職 住民税

「転職と住民税の関係性」といえば、知識や経験がない人にとっては非常に難解で、不安を煽る問題だ。

だからこそ「転職と住民税の関係性」について、腑に落ちる知識を得られぬまま、延々と調べている人は本当に多い。

あなたも「転職と住民税の関係性」に関して、以下に示すような疑問や不安をもっていないだろうか?

  • そもそも住民税の基本知識についてまだ理解できていない・・・
  • 転職をすると住民税の納税金額はいくらになるのか知りたい
  • 転職先が決まっていない場合、住民税の納付方法はどうなるのか?
  • 転職するときに発生する住民税の支払いで注意すべきポイントとは?

こうした疑問や不安を持っているのに解決しないまま、転職活動をスタートしようとしてはいけない。

転職と住民税の関係性に関する知識が足りていないので、ミスをしてしまい、痛い目に遭ってしまうだろう。

そこで今回は「転職と住民税の関係性」に関する疑問・不安について、必要な知識を回答・解説していく。

最後まで読み終えた時、以下のような知識を身につけることができるだろう。

  • 「転職前に絶対知っておくべき住民税の基本知識」
  • 「転職をすると住民税の金額はいくらになるのか」
  • 「転職先が決まっていない場合の住民税の納付方法」
  • 「転職するときに発生する住民税の支払いで注意すべき3つのポイント」

つまり、この記事を読めばあなたが知るべき「転職と住民税の関係性」に関する知識は、すべて網羅できるということだ。

これを機に「転職と住民税の関係性」についてしっかりと理解して、これからの活動に役立てて頂きたい。

目次

転職前に絶対知っておくべき住民税の基本知識

まず解説するのは「転職前に絶対知っておくべき住民税の基本知識」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 住民税とは都道府県民税と市町村民税を総称した税金のこと
  • 住民税には天引きの「特別徴収」と自身で納税する「普通徴収」がある
  • 普通徴収と特別徴収は支払い方法が全く違うので注意が必要

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

住民税とは都道府県民税と市町村民税を総称した税金のこと

都道府県に納付する都道府県民税および、市町村に納付する市町村民税の2種類を総称した地方税を「住民税」という。

住民税は個人だけでなく法人にも課税される仕組みであり、1月1日時点で住所のある自治体に納付する。

納付した住民税は、地域住民が安心・安全・気持ち良く暮らせるための行政サービスの費用として使われる仕組みだ。

住民税には天引きの「特別徴収」と自身で納税する「普通徴収」がある

住民税の納付方法は「特別徴収」および「普通徴収」の2つが存在する。

自営業者などが確定申告をして自分で納税を実施することを「普通徴収」という。

一方、給与からあらかじめ天引きされて納税されていく方法を「特別徴収」と呼んでいる。

普通徴収と特別徴収は支払い方法が全く違うので注意が必要

普通徴収は、6月末に一括払い、または、一年のうち4回(6月末、8月末、10月末、翌年の1月末)に分けて納税する。

納付書が送られてくるので、金融機関の受け付け窓口やコンビニ、口座振替で支払うことができる。

特別徴収は毎月の給与から引かれる仕組みを採用しているので、1年間のうち12回に分けて天引きされる。

会社員は副業や仕事以外の収入があるケースをのぞき、基本的に住民税を納付するために必要な手続きは発生しない。

以上、「転職前に絶対知っておくべき住民税の基本知識」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職と住民税の関係性」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職と住民税の関係性」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である、「転職をすると住民税の金額はいくらになるのか」について、次章では解説する。

転職をすると住民税の金額はいくらになるのか

次に解説するのは「転職をすると住民税の金額はいくらになるのか」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 住民税の納税額を決めるのは「自分の前年度の年収」
  • 前年度の年収が影響を与えるので転職してすぐに住民税が変わることはない
  • 転職前に住民税の手続きをしないと自動的に普通徴収に切り替えられる

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

住民税の納税額を決めるのは「自分の前年度の年収」

住民税の課税対象は、前年の所得であり、おおむね都道府県税が4%、市町村税が6%の税率となっている。

所得に対して税率が課税され、納税する年の1月1日時点で、住所がある地方自治体に納める仕組みだ。

ちなみに特別徴収の場合は、6月のサラリーから次の年の5月までの1年間にわたって12等分されて天引きされる。

前年度の年収が影響を与えるので転職してすぐに住民税が変わることはない

住民税は転職して給与額が変わったり、新しい就職先が確定できずに給料がなくなっても、当月からす住民税額が変動しない。

そのため、転職後の給与が下がると少しの間だけ住民税の支払いが重くなり、逆の場合は負担が軽くなる。

ちなみに転職後の収入が課税のターゲットになる住民税は、翌年の6月から納付する仕組みだ。

転職前に住民税の手続きをしないと自動的に普通徴収に切り替えられる

転職前の会社に住民税手続きの徴収についてのリクエストをしないと、転職前の会社は普通徴収への切り替え手続きを行う。

その後、自治体から住民税の納付書が何もしなくても送られてくるだろう。

手元に来た納付書で住民税を納付したあとに、普通徴収から特別徴収への変更をオーダーすると、給与から天引きされる。

以上、「転職をすると住民税の金額はいくらになるのか」について解説してきた。

この章で示した知識は「転職と住民税の関係性」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職と住民税の関係性」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である、「転職先が決まっていない場合の住民税の納付方法」について、次章では解説する。

転職先が決まっていない場合の住民税の納付方法

次に解説するのは「転職先が決まっていない場合の住民税の納付方法」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 6月から12月末に退職したら天引きから普通徴収に切り替える
  • 希望者に限って退職金から一括で住民税を納税することも可能
  • 1月から5月末に退職したら5月分までを一括で支払うことになる

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

6月から12月末に退職したら天引きから普通徴収に切り替える

6月1日~12月31日に退職した場合、退職した月の住民税は給与から天引きで徴収してもらおう。

そして退職月以降に残っている住民税を、みずから普通徴収に切り替えて納税する。

退職前に支払い方法の変更を会社にリクエストすると、地方自治体から個人で納税するための納税通知書が送られてくるだろう。

希望社に限って退職金から一括で住民税を納税することも可能

希望すれば、退職月から翌年の5月分に至るまでの住民税を退職月の給与、または退職金から一括で徴収してもらうこともできる。

ただ退職後に収入が少ないと、翌年により大きい金額の住民税を納付しなければならないので、安易に一括徴収しないのがベストだ。

1月から5月末に退職したら5月分までを一括で支払うことになる

1月1日から5月31日に退職したときは、結局のところ退職月の給与から5月分までの住民税を一括で徴収される。

退職した月の給料額が、税金として持って行かれる金額よりも少ないときは、普通徴収に変更してもよい。

自治体から送付されてくる納税通知書を活用して、自分で支払うことも可能になっている。

以上、「転職先が決まっていない場合の住民税の納付方法」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職と住民税の関係性」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職と住民税の関係性」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である、「転職するときに発生する住民税の支払いで注意すべき3つのポイント」について、次章では解説する。

転職するときに発生する住民税の支払いで注意すべき3つのポイント

最後に解説するのは「転職するときに発生する住民税の支払いで注意すべき3つのポイント」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  1. 転職で収入が低くなってしまうと住民税の負担が多くなってしまう
  2. 特別徴収を続けることができるかどうか事前に確認しておくべし
  3. 住民税の納付書が送られてきて焦っても遅い!早めの対処をしよう

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

注意点1.転職で収入が低くなってしまうと住民税の負担が多くなってしまう

住民税は前年の収入に対して課税され、サラリーマンの場合は原則として翌年支払われる給与から天引きされる。

前年まで働いていた前職の収入が多く、転職をすることによって収入が少なくなると住民税の負担が大きくなる。

注意点2.特別徴収を続けることができるかどうか事前に確認しておくべし

退職前に次の会社が決まっているときは、転職した後の会社で特別徴収が継続できるか確認してみよう。

知らずに退職や転職をすると、知らず知らずのうちに普通徴収になり、予想外のコストになるかもしれない。

注意点3.住民税の納付書が送られてきて焦っても遅い!早めの対処をしよう

住民税の納付通知が来てからあせらないように、前もって支払い方法を確認しておくべきだ。

住民税の納付書が送られてきて、お金がなかったり税額にびっくりして焦っても遅いので注意してほしい。

以上、「転職するときに発生する住民税の支払いで注意すべき3つのポイント」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職と住民税の関係性」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

まとめ

ここまで「転職と住民税の関係性」をテーマとして、即戦力となる様々な知識を解説してきた。

「総決算」として改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみたい。

今回の記事で「どんな知識を得ることができたのか」という最後の確認になるだろう。ぜひ目を通してほしい。

転職前に絶対知っておくべき住民税の基本知識

  • 住民税とは都道府県民税と市町村民税を総称した税金のこと
  • 住民税には天引きの「特別徴収」と自身で納税する「普通徴収」がある
  • 普通徴収と特別徴収は支払い方法が全く違うので注意が必要

転職をすると住民税の金額はいくらになるのか

  • 住民税の納税額を決めるのは「自分の前年度の年収」
  • 前年度の年収が影響を与えるので転職してすぐに住民税が変わることはない
  • 転職前に住民税の手続きをしないと自動的に普通徴収に切り替えられる

転職先が決まっていない場合の住民税の納付方法

  • 6月から12月末に退職したら天引きから普通徴収に切り替える
  • 希望者に限って退職金から一括で住民税を納税することも可能
  • 1月から5月末に退職したら5月分までを一括で支払うことになる

転職するときに発生する住民税の支払いで注意すべき3つのポイント

  1. 転職で収入が低くなってしまうと住民税の負担が多くなってしまう
  2. 特別徴収を続けることができるかどうか事前に確認しておくべし
  3. 住民税の納付書が送られてきて焦っても遅い!早めの対処をしよう

上記に記した知識は、「転職と住民税の関係性」において絶対に必要な知識なので、必ず吸収しておくべきだ。

逆に解説してきた知識さえ押さえておけば、「転職と住民税の関係性」に関して疑問や不安を抱く必要はもうないだろう。

あなたにとって必要な知識は、すべて網羅できているので安心して欲しい。

今回紹介した「転職と住民税の関係性」に関する知識を使って、今後に活かしてもらえれば幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

最初のコメントを頂けますか?

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »