あなたと同じ理由の人はいる?リアルな「転職のきっかけ」を完全公開

あなたと同じ理由の人はいる?リアルな「転職のきっかけ」を完全公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
あなたと同じ理由の人はいる?リアルな「転職のきっかけ」を完全公開 あなたと同じ理由の人はいる?リアルな「転職のきっかけ」を完全公開

第三者の「転職のきっかけ」といえば、知識や経験がない人にとって非常に参考になる情報だ。

自分の同じようなきっかけを持つ人を見つけたい人もいれば、今の自分の立ち位置を確認したい人もいるだろう。

あなたも「転職のきっかけ」に関して、以下に示すような疑問や不安をもっていないだろうか?

  • 自分と同じように職場の待遇が気に入らなくて転職した人はいないのか
  • 自分の都合や気持ちを押し通して転職をした人なんているの?
  • やはり過酷な労働状況がきっかけで転職を決意するケースが多いのだろうか
  • 会社の状況や方針がきっかけで転職を決意するケースもあるのだろうか

こうした疑問や不安を持っているのに解決しないまま、転職活動を本格的にスタートしようとしてはいけない。

あなたの転職活動のガソリンとなる「きっかけ」がハッキリしていないので、絶対に望む結果にならないだろう。

そこで今回はあなたのモチベーションを確固たるものにすべく、様々な「転職のきっかけ」について、複数回の転職経験者である筆者が必要な知識を解説していく。

以下4つの「転職を決意したきっかけ」についてご紹介しよう。

  • 「給料に満足できない?職場の待遇がきっかけで転職を決意するケース」
  • 「会社は関係なし?自分の都合や気持ちがきっかけで転職を決意するケース」
  • 「休日出勤が当たり前?過酷な労働状況がきっかけで転職を決意するケース」
  • 「会社が倒産?会社の状況や方針がきっかけで転職を決意するケース」

これを機に、よくある「転職のきっかけ」についてしっかりと把握して、これからの活動に役立てて頂きたい。

目次

給料に満足できない?職場の待遇がきっかけで転職を決意するケース

まず解説するのは「給料に満足できない?職場の待遇がきっかけで転職を決意するケース」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 期待していた給料や待遇がないと転職を考える
  • 成果を残したのにもかかわらず賞与がない企業には見切りをつけたくなる
  • 希望していない部署や役職についてしまうと転職のきっかけになる

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

期待していた給料や待遇がないと転職を考える

待遇面での不満が、人が転職を考える方向へと向かわせる。給料や待遇は、仕事の質にも影響を与えるだろう。

人には言っていないが「儲かる会社だから雇用してもらった」という人もいるはず。

その人たちにとっては、給料が全てなのだ。転職したくなるのも無理はない。

成果を残したのにもかかわらず賞与がない企業には見切りをつけたくなる

給料や待遇は、仕事をしていくうえでのモチベーションに大きな影響がもたらされる。

成果を残したにもかかわらず、賞与や昇給も無いならば、モチベーションは下がっていくだろう。

その結果、働きに正当な給料をセッティングする会社に向けての転職を踏み出すのである。

希望していない部署や役職についてしまうと転職のきっかけになる

企業も生き残っていくために、雇用条件の再チェックを行っていく。

見直しによっては、部署異動なども引き起こされるかもしれない。

希望していない部署や役職に就いてしまったケースでは、転職へのきっかけとなり得る。

このような「歪み」が積もることで、転職を決断するまでに至ってしまうのだ。

以上、「給料に満足できない?職場の待遇がきっかけで転職を決意するケース」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職のきっかけ」を知る上で重要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である「会社は関係なし?自分の都合や気持ちがきっかけで転職を決意するケース」について、次章では解説する。

会社は関係なし?自分の都合や気持ちがきっかけで転職を決意するケース

次に解説するのは「会社は関係なし?自分の都合や気持ちがきっかけで転職を決意するケース」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 自分の夢を求めて転職を決意するケースも少なくない
  • 女性の場合は「結婚・出差」で職場を変えるケースが多い
  • ヘッドハンティングを受けて転職するケースもわずかながら存在する

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

自分の夢を求めて転職を決意するケースも少なくない

退職をする時には、人それぞれのきっかけがあるだろう。

中には夢を求めて転職へ動き出すと言ったケースも見受けられる。

仕事をしていて「私もあんな感じの仕事をしてみたい」と、夢が膨らんできて、退職を臨む人もいるのだ。

転職へのきっかけは人により違うが、ポジティブな気持ちは原動力が強いので、仕事も早く見つかるかもしれない。

女性の場合は「結婚・出差」で職場を変えるケースが多い

女性に多い転職のきっかけは「結婚・出産」である。

結婚してご主人が転勤することになると、必然的に女性側は付いて行かざるを得ないことの方が多い。

そのため、今の職場を離れ、転勤先で新しい仕事場を見つけなければならないのだ。

そもそも出産後に職場復帰が難しいという問題もいまだに根強い。

嘆かわしいことだが、復職先の企業の子育てに関する理解が得られないと、職を変えざるをえない時も起こるのだ。

ヘッドハンティングを受けて転職するケースもわずかながら存在する

特殊な事例かもしれないが、ヘッドハンティングを貰ったことが転職へのきっかけとなった事例もある。

ヘッドハンティングとは、優秀な人材を自社へ招き入れようとする行為だ。

つまりは「スカウト」ということになる。

スカウトされた企業に転職すれば、給料もランクアップし、待遇も良くなるだろう。

以上、「会社は関係なし?自分の都合や気持ちがきっかけで転職を決意するケース」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職のきっかけ」を知る上で重要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である「休日出勤が当たり前?過酷な労働状況がきっかけで転職を決意するケース」について、次章では解説する。

休日出勤が当たり前?過酷な労働状況がきっかけで転職を決意するケース

次に解説するのは「休日出勤が当たり前?過酷な労働状況がきっかけで転職を決意するケース」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • パワハラや激務によって転職を考えるケースは今だに多い
  • 休日出勤をしないと仕事が終わらない企業だと転職したくなる
  • 職場の人間関係に疲れたことがきっかけで転職を希望する人は多い

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

パワハラや激務によって転職を考えるケースは今だに多い

激務だらけで寝る暇もない、いつも罵詈雑言が飛び交い、人間関係の劣悪ということもあるだろう。

パワハラなどにより心身がボロボロになってしまい、知らず知らずのうちに心身を壊してしまっている人もいる。

職場で知らず知らずのうちに積み重なったストレスをため込み続けていると、気持ち的に耐えられなくなってしまう。

身体を壊して、心身が回復不可になってしまってはもう遅い。

酷い状態になる前にできれば、会社へ移ってもらいたいものだ。

休日出勤をしないと仕事が終わらない企業だと転職したくなる

企業によっては、終電まで仕事をする、または休日出勤をしないと仕事が終わらない激務をやらされる。

毎日残業していても仕事が終わらなくて、休日も出勤が当たり前という会社も存在しているのだ。

時間を侵略されては、誰のために仕事をしているか分からなくなってしまうだろう。

ちなみにそういった企業にかぎって、仕事量に見合った給料を振り込みしていないケースが多い。

不満が増大され、転職するしかないと気持ちを確定させてしまうのも無理はない。

職場の人間関係に疲れたことがきっかけで転職を希望する人は多い

上司との仲に悩んでいる人は本当に数多くいる。

人間関係がギクシャクしていると、リラックスして仕事ができない上に進捗もない。

それが原因でうつ病になってしまった人さえいるほどだ。

人間関係で疲弊してしまえば、仕事の充実感どころの話ではない。

以上、「休日出勤が当たり前?過酷な労働状況がきっかけで転職を決意するケース」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職のきっかけ」を知る上で重要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である「会社が倒産?会社の状況や方針がきっかけで転職を決意するケース」について、次章では解説する。

会社が倒産?会社の状況や方針がきっかけで転職を決意するケース

最後に解説するのは「会社が倒産?会社の状況や方針がきっかけで転職を決意するケース」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 倒産しそうな会社なら不満がなくても転職を希望する人が多い
  • 業績不振が長く続く会社は不安が募り過ぎて転職したくなる
  • 正当な評価システムが整っていない会社では長く働きたいとは思わない

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

倒産しそうな会社なら不満がなくても転職を希望する人が多い

今の会社で働いていることに不満がまったくなかったとしても「会社がつぶれそう」と転職を決意した人もいる。

会社がつぶれてから転職をするのは、給料面はもちろんのこと、就職先の有無にも不安が残る。

そのため、できるだけ存続しているうちに新規の仕事場を見つけたいのだろう。

業績不振が長く続く会社は不安が募り過ぎて転職したくなる

会社の業績不振が見えてくると、会社はもちろん、自分の将来性にも不安がよぎる。

さらに業績不振を乗り越えようと、事業方針に大きな改訂が生じると問題だ。

この方針転換が余計に業績不振を加速してしまうだろうと考え、さらに不安が大きくなるのである。

将来性に不安を抱くと最悪の場合、減給やリストラなどもあるのではないかと頭に浮かんでしまう。

将来が安定している企業と、いつ倒産するかはっきりしていない企業では、安定している企業に勤めたいものだ。

正当な評価システムが整っていない会社では長く働きたいとは思わない

正当な評価というのも、仕事をしていく上で重要である。

評価システムがしっかりしていないと、昇給はなかなか実現しない。

今の会社にいるよりも企業に行った方が給料もグンと跳ね上がるのではないか、と考え始めるのだ。

また評価システムがキチンとしていないと、手柄を上司に持っていかれてしまうケースが出てくる。

努力が無駄になってしまう環境であるなら、転職したいと思って当然だろう。

以上、「会社が倒産?会社の状況や方針がきっかけで転職を決意するケース」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職のきっかけ」を知る上で重要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

まとめ

ここまで「転職のきっかけ」をテーマとして、即戦力となる様々な知識を解説してきた。

「総決算」として改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみたい。

今回の記事で「どんな知識を得ることができたのか」という最後の確認になるだろう。ぜひ目を通してほしい。

給料に満足できない?職場の待遇がきっかけで転職を決意するケース

  • 期待していた給料や待遇がないと転職を考える
  • 成果を残したのにもかかわらず賞与がない企業には見切りをつけたくなる
  • 希望していない部署や役職についてしまうと転職のきっかけになる

会社は関係なし?自分の都合や気持ちがきっかけで転職を決意するケース

  • 自分の夢を求めて転職を決意するケースも少なくない
  • 女性の場合は「結婚・出差」で職場を変えるケースが多い
  • ヘッドハンティングを受けて転職するケースもわずかながら存在する

休日出勤が当たり前?過酷な労働状況がきっかけで転職を決意するケース

  • パワハラや激務によって転職を考えるケースは今だに多い
  • 休日出勤をしないと仕事が終わらない企業だと転職したくなる
  • 職場の人間関係に疲れたことがきっかけで転職を希望する人は多い

会社が倒産?会社の状況や方針がきっかけで転職を決意するケース

  • 倒産しそうな会社なら不満がなくても転職を希望する人が多い
  • 業績不振が長く続く会社は不安が募り過ぎて転職したくなる
  • 正当な評価システムが整っていない会社では長く働きたいとは思わない

上記に記した知識は「転職のきっかけ」を理解するうえで、絶対に必要な知識なので必ず吸収しておくべきだと考えている。

今回テーマにした「転職のきっかけ」を自分の糧として吸収して、今後に活かしてもらえれば嬉しく思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

最初のコメントを頂けますか?

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »