エージェントと求人サイトはどっちが良い?転職をする4つの方法を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「転職する方法」といえば、知識や経験がない人にとっては未知の領域で、初心者は盲目になりやすいポイントだ。

だからこそ「転職する方法」について、腑に落ちる知識を得られぬまま、延々と調べている人は本当に多い。

あなたも「転職する方法」に関して、以下に示すような疑問や不安をもっていないだろうか?

  • 求人サイト経由以外で転職する方法なんてあるの?
  • イベント経由で転職する方法ってアリなのだろうか・・・
  • 転職エージェントって、一体何をしてくれるの?
  • 求人情報を知る以外の方法で、転職することって可能?

こうした疑問や不安を持っているのに解決しないまま、転職活動をスタートしてはいけない。

転職する方法に関する知識が圧倒的に足りていないので、このままではあなたに適した企業と巡りあえないだろう。

そこで今回は「転職する方法」に関する疑問・不安について、数度の転職経験者である筆者が必要な知識を解説していく。

最後まで読み終えた時、以下のような知識を身につけることができるだろう。

  • 「インターネットサイト経由で転職する方法の概要・メリット・デメリット」
  • 「イベント経由で転職する方法の概要・メリット・デメリット」
  • 「転職エージェントで転職する方法の概要・メリット・デメリット」
  • 「第三者からの推薦や紹介で転職する方法の概要・メリット・デメリット」

つまり、この記事を読めばあなたが知っておくべき「転職する方法」は、すべて網羅できるということだ。

これを機に「転職する方法」についてしっかりと理解して、これからの活動に役立てて頂きたい。

目次

インターネットサイト経由で転職する方法の概要・メリット・デメリット

まず解説するのは「インターネットサイト経由で転職する方法の概要・メリット・デメリット」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 求人サイトはインターネットさえあれば大量の求人情報を閲覧できる
  • 求人サイトは比較検討できる求人数の圧倒的な多さが魅力
  • 簡易的な情報しか掲載されていないのでどんな企業体質なのか分からない

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

求人サイトはインターネットさえあれば大量の求人情報を閲覧できる

求人サイトとはその名前の通り、求人情報をインターネットで提供するサービスである。

有名な転職求人サイトは「リクナビNEXT」「DODA(デューダ)」が挙げられ、数十万以上の大量の求人情報を閲覧できる仕組みだ。

求人サイトは比較検討できる求人数の圧倒的な多さが魅力

圧倒的求人掲載数は単純に言えば、それに匹敵するだけのチャンスが簡単に手に入ることと同義だ。

転職活動においては、どれだけの求人情報にめぐり会えるのかは1つの重要なポイントである。

あなたが希望する職種や企業、年収に合う求人に巡りあう確率も必然と上がるだろう。

簡易的な情報しか掲載されていないのでどんな企業体質なのか分からない

求人数が多すぎるために、転職の軸が明瞭になっていないと企業を絞りにくいのは難点だ。

比較検討しようにも企業数がありすぎて、本当のところはどこがいいのか分からないなんてこともある。

さらに、求人サイトは企業の業務内容・企業体質をはじめとする社員の雰囲気などはほとんど知ることができない。

企業風土については、どの会社も似たり寄ったりのことを書いているのは大きな問題だ。

以上、「インターネットサイト経由で転職する方法の概要・メリット・デメリット」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職する方法」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職する方法」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である、「イベント経由で転職する方法の概要・メリット・デメリット」について、次章では解説する。

イベント経由で転職する方法の概要・メリット・デメリット

次に解説するのは「イベント経由で転職する方法の概要・メリット・デメリット」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 転職イベントは求人サイトが主催して定期的に行われている大型の催し
  • 実際に働いている人と事前に接触できるのは転職イベントしかない
  • 全ての企業を回ることは不可能なうえに体力的にも相当キツい

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

転職イベントは求人サイトが主催して定期的に行われている大型の催し

一同に多くの企業がブースを出展、候補者とダイレクトな接触が図れるイベントだ。

ブースに来た方に自社の説明を行うのが通例で、転職サイトを運営する企業が主催することが多い。

有名なフェアは、「リクナビNEXT」「DODA」「マイナビ」などがある。

実際に働いている人と事前に接触できるのは転職イベントしかない

何と言っても、一度に多くの企業とコンタクトが図れるのはメリットだろう。

ブースでは社員とも直接話すことができ、採用を決めるための面接ではないので気軽に質問ができるのが魅力だ。

インターネットでは得られない、生の情報を取り揃えられるのはフェアならではといえる。

全ての企業を回ることは不可能なうえに体力的にも相当キツい

多くの企業が出展しているとは言え、ありとあらゆる企業ブースを回ることは不可能だ。

そのため、ある程度興味のある企業をフィルタリングしていく必要はある。

また自分で事前準備をして、会場に出向き、一日かけて企業の話を聞くとなると時間・体力的な負担もかかる。

以上、「イベント経由で転職する方法の概要・メリット・デメリット」について解説してきた。

この章で示した知識は「転職する方法」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職する方法」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である、「転職エージェントで転職する方法の概要・メリット・デメリット」について、次章では解説する。

転職エージェントで転職する方法の概要・メリット・デメリット

次に解説するのは「転職エージェントで転職する方法の概要・メリット・デメリット」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 転職エージェントとはあなたの代わりに転職に関わる業務を代行してくれるサービス
  • 時間と手間をかけずに自分に最適な企業をピックアップ可能
  • 「ハズレ」のエージェントサービスを使うと台無しの転職活動になる

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

転職エージェントとは転職に関わる業務を代行するサービス

転職エージェントは採用にかかる作業を、金銭を払うことなく代行してくれるサービスだ。

企業の選定や面接日程のスケジューリングなどの業務を、専任のコンサルタントがサポートしてくれる。

時間と手間をかけずに自分に最適な企業をピックアップ可能

コンサルタントが転職活動を一からフォローアップするので、時間的な負担は少なくてすむ。

企業選定においても、膨大な求人情報からピッタリ合うものを選定するうえ、レジュメの書き方も教えてくれる。

自分だけで活動するよりも、転職までの最も早いルートを示してくれ、転職の専門家からアドバイスも非常に心強い。

「ハズレ」のエージェントサービスを使うと台無しの転職活動になる

エージェントとの相性や質が、転職活動に途方もなく大きい影響を及ぼすのは問題だ。

エージェントに登録してコンサルタントにサポートをお願いしたのに、その後一切案件の紹介がないことも多い。

紹介があったとしても、「自分が望んでいる企業を全然紹介されない」等の経験談は絶えることがない。

以上、「転職エージェントで転職する方法の概要・メリット・デメリット」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職する方法」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職する方法」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である、「第三者からの推薦や紹介で転職する方法の概要・メリット・デメリット」について、次章では解説する。

第三者からの推薦や紹介で転職する方法の概要・メリット・デメリット

最後に解説するのは「第三者からの推薦や紹介で転職する方法の概要・メリット・デメリット」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 推薦・紹介は「リファーラル」と呼ばれる意外と多い転職方法
  • 会社の内情を誰よりも知っている人から推薦されるので離職率が低い
  • そもそも推薦・紹介が発生する機会そのものが少ない

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

推薦・紹介は「リファーラル」と呼ばれる意外と多い転職方法

紹介・推薦は「リファーラル」という意味でよく使われている。

知り合いや親類が勤めている企業にあなた自身を推薦・紹介してもらうという方法だ。

ちなみに米国では採用のほとんどが、最近ではリファーラル経由と言われている。

会社の内情を誰よりも知っている人から推薦されるので離職率が低い

紹介された企業の内情について詳しく知ることが可能で、入社後のギャップが少ないというのがメリットだ。

紹介者も知人であるが故に、無理に入社させて能率が出ない人には声をかけない。

そのため転職して失敗だったという事例がなかなか報告されない。

入社後の定着率も高いのがこの採用手法のアドバンテージだ。

そもそも推薦・紹介が発生する機会そのものが少ない

残念ながら推薦・紹介が発生することそのものが、転職市場において非常に少ない。

自分から知人に紹介してくれないかと頼むのも有益な手だが、いきなりは無理だ。

紹介のためには、日頃から自身の人脈を増やしたうえで、日々メンテナンスすることが必要になってくる。

さらに、あなたが転職を検討している・条件がフィットする企業はどこか、ということを知ってもらう必要がある。

そのためには、SNSなどを駆使して社外で情報をツイートする必要が出てくるだろう。

以上、「第三者からの推薦や紹介で転職する方法の概要・メリット・デメリット」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職する方法」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

まとめ

ここまで「転職する方法」をテーマとして、即戦力となる様々な知識を解説してきた。

「総決算」として改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみたい。

今回の記事で「どんな知識を得ることができたのか」という最後の確認になるだろう。ぜひ目を通してほしい。

インターネットサイト経由で転職する方法の概要・メリット・デメリット

  • 求人サイトはインターネットさえあれば大量の求人情報を閲覧できる
  • 求人サイトは比較検討できる求人数の圧倒的な多さが魅力
  • 簡易的な情報しか掲載されていないのでどんな企業体質なのか分からない

イベント経由で転職する方法の概要・メリット・デメリット

  • 転職イベントは求人サイトが主催して定期的に行われている大型の催し
  • 実際に働いている人と事前に接触できるのは転職イベントしかない
  • 全ての企業を回ることは不可能なうえに体力的にも相当キツい

転職エージェントで転職する方法の概要・メリット・デメリット

  • 転職エージェントとはあなたの代わりに転職に関わる業務を代行してくれるサービス
  • 時間と手間をかけずに自分に最適な企業をピックアップ可能
  • 「ハズレ」のエージェントサービスを使うと台無しの転職活動になる

第三者からの推薦や紹介で転職する方法の概要・メリット・デメリット

  • 推薦・紹介は「リファーラル」と呼ばれる意外と多い転職方法
  • 会社の内情を誰よりも知っている人から推薦されるので離職率が低い
  • そもそも推薦・紹介が発生する機会そのものが少ない

上記に記した知識は、「転職する方法」において絶対に必要な知識なので、必ず吸収しておくべきだ。

逆に解説してきた知識さえ押さえておけば、「転職する方法」に関して疑問や不安を抱く必要はもうないだろう。

あなたにとって必要な知識は、すべて網羅できているので安心して欲しい。

今回紹介した「転職する方法」に関する知識を使って、今後に活かしてもらえれば幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of