30分程度が常識的?短いと落ちるって本当?転職の面接時間を徹底解剖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「転職の面接時間」といえば、知識や経験がない人にとってはよくわからない領域で、不安を煽る要素だ。

だからこそ「転職の面接時間」について、腑に落ちる知識を得られぬまま、延々と調べている人は本当に多い。

あなたも「転職の面接時間」に関して、以下に示すような疑問や不安をもっていないだろうか?

  • 転職活動時にセッティングされることが多い面接の時間帯はいつ?
  • 転職の面接時間を夜にすると、何か悪い影響があるって本当?
  • 自分の都合の良いように、面接時間を調整する方法を知りたい
  • 転職の面接時間が、長くなったり短くなったりするのはなぜ?

こうした疑問や不安を持っているのに解決しないまま、転職の面接に挑戦しようとしてはいけない。

転職の面接時間に関する知識が圧倒的に足りていないので、このままではあなたが望む結果にならないだろう。

そこで今回は「転職の面接時間」に関する疑問・不安について、複数回の転職経験者である筆者が必要な知識を解説していく。

最後まで読み終えた時、以下のような知識を身につけることができるだろう。

  • 「転職時にセッティングされることが多い面接の時間帯」
  • 「合否に影響する?転職の面接時間を夜にする場合の影響力」
  • 「自分の都合の良いように面接時間を調整する方法」
  • 「転職の面接時間が長くなったり短くなったりする理由」

つまり、この記事を読めばあなたが知っておくべき「転職の面接時間」に関する知識は、すべて網羅できるということだ。

これを機に「転職の面接時間」についてしっかりと理解して、これからの活動に役立てて頂きたい。

目次

転職時にセッティングされることが多い面接の時間帯

まず解説するのは「転職時にセッティングされることが多い面接の時間帯」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 現職を意識して転職面接を夕方以降から実施する企業も多くなっている
  • 「タダ働き」の防止のために日中の面接を嫌う企業は多い
  • 企業的には「平日の18時半以降」の面接時間が好ましい

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

現職を意識して転職面接を夕方以降から実施する企業も多くなっている

転職求職者で現職の仕事があまりに多忙過ぎたら、毎日、帰宅時間が深夜になってしまう方もいまだに多い。

そのため、現職に在籍した状態で、転職活動に手をつける求職者の方に配慮する企業が増えてきた。

具体的には転職の面接時間を、18時や19時スタートにする企業が最近では多く存在している。

「タダ働き」の防止のために日中の面接を嫌う企業は多い

給料を貰っている時間帯、就業時間帯であるお昼の間の転職活動は、ただで給与を与えていることになる。

そのため、求職者の在籍する会社事情を最大視して、日中に面接という明らかな転職活動を嫌がる企業もあるのだ。

日中に転職活動を行うことを不快だと感じる会社と、特に気にしない企業の割合は半分程度だろう。

企業的には「平日の18時半以降」の面接時間が好ましい

面接は会社から提示された日時の中から、転職希望者は自分の対応できる時間帯を選んで候補日時を決める。

提示される転職の面接希望日時は、18時以降の時間など、現在勤めている会社の就業時間後が多い。

ほとんどのケースで企業は、夜の時間帯を転職のための面接時間を想定しているのだ。

以上、「転職時にセッティングされることが多い面接の時間帯」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職の面接時間」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職の面接時間」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である、「合否に影響する?転職の面接時間を夜にする場合の影響力」について、次章では解説する。

合否に影響する?転職の面接時間を夜にする場合の影響力

次に解説するのは「合否に影響する?転職の面接時間を夜にする場合の影響力」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 夜遅くの面接時間にすると採用担当が疲れている可能性大
  • 審査に通る確率を上げたいなら日中にするのがベスト
  • 多数の案件を処理する面接官の疲労を考慮するのが合格への近道

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

夜遅くの面接時間にすると採用担当が疲れている可能性大

適切な教育を受けて、きっちりと訓練された面接官は、そうそう存在しないのが現実だ。

1日で何人面接しようとも合否判断の基準に一本の軸があり、最初から最後まできっと面接できる人間はほとんどいない。

疲れのせいか、本来合格にすべき人でも、カラダとココロの疲労のせいで評価が低くされてしまうのだ。

審査に通る確率を上げたいなら日中にするのがベスト

疲労の蓄積や先に面接した人の影響をミニマムにするためにも、面接は早い時間帯にいくのがベストだろう。

しかし在職中の場合、日中は身動きが自由にできないので、夜の時間帯での面接になる傾向が多くなる。

そのため、土日でも面接に応じてくれる企業や、平日の日中の予定を調整できる会社を見つけるのが望ましい。

多数の案件を処理する面接官の疲労を考慮するのが合格への近道

面接で採用の判断をするのも神経をすり減らす。たくさんの時間ずっと続けば、面接官は疲労していくだろう、

疲れのせいで「採用見送り」という、間に合わせ的な判断に逃げる傾向が強くなる。

だからこそ、もし合格・通過を狙う場合、面接を実施する時間は早い時間に受けた方が得策である。

以上、「合否に影響する?転職の面接時間を夜にする場合の影響力」について解説してきた。

この章で示した知識は「転職の面接時間」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職の面接時間」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である、「自分の都合の良いように面接時間を調整する方法」について、次章では解説する。

自分の都合の良いように面接時間を調整する方法

次に解説するのは「自分の都合の良いように面接時間を調整する方法」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 面接希望日は一つに絞らずに都合の良い日を複数提示する
  • 提示された面接時間がかぶったらスピーディーに変更希望の連絡をする
  • 面接時間が決まった後に変更を申し出るのは基本的にやってはいけない

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

面接希望日は一つに絞らずに都合の良い日を複数提示する

在職中の場合、最初に提示した日程では無理なケースが多くあるのを、もちろん企業側も理解している。

だからこそ面接の時間調整をする場合は、3つ以上候補をピックアップするほうが得策である。

3つ以上提示するのは、相手への細やかな心遣いにもなりえるのでぜひ実践してほしい。

提示された面接時間がかぶったらスピーディーに変更希望の連絡をする

面接の日程がかぶった場合、一刻でも早く採用担当者に時間調整の連絡を入れる必要がある。

企業は当然面接に来ることを想定して担当者を控えさせているので、少しでも早い段階で連絡を入れるのが得策である。

スピーディーに事を伝えるためにも電子メールなどの連絡手段ではなく、電話で連絡が好ましい。

面接時間が決まった後に変更を申し出るのは基本的にやってはいけない

既に日程が決まっているにも関わらず、面談の日程を改めたい場合に送るメールには、必ず謝罪を入れる必要がある。

なぜかというと既に決まっていたスケジュールを変えるのは、多大な迷惑が掛かる確率が非常に高いからだ。

だからこそ「大変申し訳ございません」など、お詫びのフレーズを必ず入れるようにしよう。

スケジュールを変更してもらうことは、非常に大きな「過失」ということを受け止め、文面で表現することが大切である。

以上、「自分の都合の良いように面接時間を調整する方法」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職の面接時間」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職の面接時間」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である、「転職の面接時間が長くなったり短くなったりする理由」について、次章では解説する。

転職の面接時間が長くなったり短くなったりする理由

最後に解説するのは「転職の面接時間が長くなったり短くなったりする理由」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 面接時間の平均は30分から1時間!会社によっては規定されている
  • 「面接時間が短かった」イコール「不合格」ではない
  • 応募人数が短いと面接時間を強制的に短くされることが多い

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

面接時間の平均は30分から1時間!会社によっては規定されている

平均的な時間は約30分から1時間だが、企業別で異様に長い、短いなど違いがあるので注意してほしい。

中小企業では、募集する人数が少ないケースが多く、即戦力の見極めを誤らない必要があるので極端に面接が長くなる傾向がある。

逆に大企業であれば、多くの募集枠を埋めるべく面接を敢行しているため、逆に極端に面接が短い場合もあるだろう。

「面接時間が短かった」イコール「不合格」ではない

平均的な面接時間は、約30分~1時間だ。

その中で、最も重要な最初に受けたイメージや採用基準をチェックする時間は、5分程度になる。

転職面接において面接官の心の中では、5分で「この人は●●だ」という採用・不採用の決定しているのだ。

つまり面接が5分で終了しても、しっかりと能力や人柄を判断しているので、短い面接でも不採用に直結することはない。

応募人数が短いと面接時間を強制的に短くされることが多い

応募人数が多い場合、面接者数もそれに比例して増えることになる。

応募人数が多ければ多いほど、もう採用担当者も来る日も来る日も、休む間もなく面接を行うだろう。

だからこそ採用担当者は、一人一人の面接にかける時間を節減する傾向があるのだ。

以上、「転職の面接時間が長くなったり短くなったりする理由」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職の面接時間」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

まとめ

ここまで「転職の面接時間」をテーマとして、即戦力となる様々な知識を解説してきた。

「総決算」として改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみたい。

今回の記事で「どんな知識を得ることができたのか」という最後の確認になるだろう。ぜひ目を通してほしい。

転職時にセッティングされることが多い面接の時間帯

  • 現職を意識して転職面接を夕方以降から実施する企業も多くなっている
  • 「タダ働き」の防止のために日中の面接を嫌う企業は多い
  • 企業的には「平日の18時半以降」の面接時間が好ましい

合否に影響する?転職の面接時間を夜にする場合の影響力

  • 夜遅くの面接時間にすると採用担当が疲れている可能性大
  • 審査に通る確率を上げたいなら日中にするのがベスト
  • 多数の案件を処理する面接官の疲労を考慮するのが合格への近道

自分の都合の良いように面接時間を調整する方法

  • 面接希望日は一つに絞らずに都合の良い日を複数提示する
  • 提示された面接時間がかぶったらスピーディーに変更希望の連絡をする
  • 面接時間が決まった後に変更を申し出るのは基本的にやってはいけない

転職の面接時間が長くなったり短くなったりする理由

  • 面接時間の平均は30分から1時間!会社によっては規定されている
  • 「面接時間が短かった」イコール「不合格」ではない
  • 応募人数が短いと面接時間を強制的に短くされることが多い

上記に記した知識は、「転職の面接時間」において絶対に必要な知識なので、必ず吸収しておくべきだ。

逆に解説してきた知識さえ押さえておけば、「転職の面接時間」に関して疑問や不安を抱く必要はもうないだろう。

あなたにとって必要な知識は、すべて網羅できているので安心して欲しい。

今回紹介した「転職の面接時間」に関する知識を使って、今後に活かしてもらえれば幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

最初のコメントを頂けますか?

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »