面接で許される髪のトーンは何レベル?転職時の「髪色」を完全ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「転職時における髪の色」といえば、知識や経験がない人にとっては非常に厄介で、ミスをしてしまう要素だ。

だからこそ「転職時における髪の色」について、腑に落ちる知識を得られぬまま、延々と調べる人は本当に多い。

あなたも「転職時における髪の色」に関して、以下に示すような疑問や不安をもっていないだろうか?

  • ビジネスシーンにおいて、髪色は何色が常識なのだろうか・・・
  • 転職活動でも黒髪にするのがイヤだけど、やっぱり染めるべき?
  • 転職活動にふさわしい髪色と、トーンレベルってどれくらい?
  • もともと地毛が明るい人は、どうすればいいのだろうか

こうした疑問や不安を持っているのに解決しないまま、転職活動をスタートしてはいけない。

転職時における髪の色に関する知識が足りていないので、このままではあなたが望む結果にならないだろう。

そこで今回は「転職時における髪の色」に関する疑問・不安について、複数回の転職経験者である筆者が必要な知識を解説していく。

最後まで読み終えた時、以下のような知識を身につけることができるだろう。

  • 「転職活動前に知っておきたいビジネスシーンにおける髪色の常識」
  • 「転職活動において黒髪がイヤな人が知るべき髪を染めることのリスク」
  • 「転職活動にふさわしい髪色とトーンと地毛が明るい人の対策方法」
  • 「転職活動する人は絶対に押さえておくべき髪色に関する3つの注意点」

つまり、この記事を読めばあなたが知るべき「転職時における髪の色」に関する知識は、すべて網羅できるということだ。

これを機に「転職時における髪の色」についてしっかりと理解して、これからの活動に役立てて頂きたい。

目次

転職活動前に知っておきたいビジネスシーンにおける髪色の常識

まず解説するのは「転職活動前に知っておきたいビジネスシーンにおける髪色の常識」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 転職先の企業に好印象を得られる髪型でないと意味がない
  • 面接に適した髪色は誰もが悪印象を持たない「無難な色」
  • 転職だけでなくビジネスシーンでは「黒髪」や「暗めの色」が常識的

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

転職先の企業に好印象を得られる髪型でないと意味がない

職場に慣れてくると、職場に雰囲気はわかっていながらも、自分の個性を出すために好みの髪色にしたくなるものだ。

しかしその髪色が転職活動や、その面接にフィットするものであるかどうかは、別の問題である。

当たり前のことだが、自分に合った髪色にすることよりも転職先の企業に「受け入れられる髪色」であることが大事である。

面接に適した髪色は誰もが悪印象を持たない「無難な色」

転職を成功させるためには、面接に適した髪色をキープする必要があるだろう。

最悪でも、悪い印象を持たれない髪色にすることが望ましい。

では、どんな髪の色が転職を希望する先の企業から見れば、好印象を持たれる髪色なのであろうか。

はっきりいうと、転職活動を進めていくうえで「無難な髪色」の方が面接は有利になる。

転職だけでなくビジネスシーンでは「黒髪」や「暗めの色」が常識的

無難な髪色、つまり良い印象をもたらす髪色は、「黒色」である。

印象の話だけでなく、ビジネスシーンでは「髪色は暗くあってほしい」という共通認識が、たしかにあるので注意してほしい。

以上、「転職活動前に知っておきたいビジネスシーンにおける髪色の常識」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職時における髪の色」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職時における髪の色」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である、「転職活動において黒髪がイヤな人が知るべき髪を染めることのリスク」について、次章では解説する。

転職活動において黒髪がイヤな人が知るべき髪を染めることのリスク

次に解説するのは「転職活動において黒髪がイヤな人が知るべき髪を染めることのリスク」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 「髪の色を染めた」という事実そのものが減点になることがある
  • 髪を染めることに慣れていない人が面接官になることはあり得ること
  • どうしても髪の色を変えたいなら業界の傾向を調べてみるべし

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

「髪の色を染めた」という事実そのものが減点になることがある

「染めた方が自分には似合うだろう」と位置付けて、髪色を変えることによるイメージアップをしてもダメだ。

染めたという事実そのものが、減点の対象と判断されてしまう場合もある。

つまり髪色が黒色もしくは、黒色に近い人はその事実だけでチャンスかもしれないのだ。

髪を染めることに慣れていない人が面接官になることはあり得ること

日本人として企業に転職しようと希望するなら、「染めていない色」である黒髪が無難である。

髪色をもともとの色から別の色に変更する文化が、馴染む前に就職した人もいる。

つまり髪を染めることをいいこととは感じ取っていない世代の人がいることは多いのだ。

そのような人たちには、黒色以外の髪色をしている人には「不真面目だ」などの印象を与えてしまいやすい。

どうしても髪の色を変えたいなら業界の傾向を調べてみるべし

先程の項目では「髪色は黒色がベスト」と言い表したが、どうしても髪色を変えたい人は動向を探ってみる必要があるだろう。

ちなみに医療などは髪色について厳しいという特徴が見られる。

ITやベンチャーは髪色については、他のマーケットに比べれば随分寛容である傾向にある。

以上、「転職活動において黒髪がイヤな人が知るべき髪を染めることのリスク」について解説してきた。

この章で示した知識は「転職時における髪の色」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職時における髪の色」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である、「転職活動にふさわしい髪色とトーンと地毛が明るい人の対策方法」について、次章では解説する。

転職活動にふさわしい髪色とトーンと地毛が明るい人の対策方法

次に解説するのは「転職活動にふさわしい髪色とトーンと地毛が明るい人の対策方法」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 転職活動にふさわしい髪色のトーンは「8レベル」が限度
  • IT業界は髪色が自由なケースが多いがトーン8以上は避けるべし
  • グラデーションは禁止・既に褐色気味の人は履歴書に記入する

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

転職活動にふさわしい髪色のトーンは「8レベル」が限度

転職活動に相応しい髪色のトーンとは、いくらのレベルなのであろうか。

8レベルを上回るトーンレベルになってしまうと、室内にいるだけでも髪色を染めていることが目に明らかである。

黒色に準ずるという意味でも8レベルよりも低レベルトーンの髪色にするのがいいであろう。

アルバイトの面接であれば、触れられることもなかなかない髪色である。

しかし8レベル以上になると、髪色に赤みが見受けられるようになる。

職場によっては「髪色を暗いものに染め直すように」と注意を受けるかもしれない。

ベストは黒色だが、さほど髪色に対して厳しくない企業の面接を受ける人なら話は別だ。

どうしても真っ黒い髪色は嫌だという人は、派手な印象にならないように8レベル以下の髪色にしておけばいいであろう。

IT業界は髪色が自由なケースが多いがトーン8以上は避けるべし

IT業界は髪色については他の業界に比べて思いの外厳しくもなく、比較的自由な企業も多い。

服装が自由よ規定された企業でも、面接では奇抜だったり、トーン8以上淡かったりする髪色は避けよう。

グラデーションは禁止・既に褐色気味の人は履歴書に記入する

転職の際のマナーは髪色にも適用される。髪色は余分なものがない、さりげない色にしておきたいものだ。

髪色は単色のみが常識的で、グラデーションはご法度である。

しかし髪色が元来黒色ではない人は、少し事情が変わってくるので要注意だ。

髪色で不遇を受けたり、不利益を与えられることが差別にも繋がり得ることなので、下手に合わせる必要はないだろう。

具体的には、髪色が褐色気味で明るい色味になっている人は、黒く染めなおすまではしなくて構わない。

しかし履歴書には地毛の色について、特記しておくのがよいだろう。

以上、「転職活動にふさわしい髪色とトーンと地毛が明るい人の対策方法」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職時における髪の色」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職時における髪の色」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である、「転職活動する人は絶対に押さえておくべき髪色に関する3つの注意点」について、次章では解説する。

転職活動する人は絶対に押さえておくべき髪色に関する3つの注意点

最後に解説するのは「転職活動する人は絶対に押さえておくべき髪色に関する3つの注意点」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  1. 自分に適した髪色にするのは転職が成功してからがベスト
  2. 髪色自由と言われても度を超した髪色にしてはいけない
  3. カラートーンのレベル8以上は転職活動にふさわしくない

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

自分に適した髪色にするのは転職が成功してからがベスト

第一印象で心証を損ねてしまわないためにも、あなたの髪色には留意しよう。

自分が知っている自分に最も似合う髪色に変えておきたいという気持ちは、誰もが持っているのであろうがグッと我慢だ。

髪色自由と言われても度を超した髪色にしてはいけない

髪色自由だからと言って、まったく自由自在にしていいという訳でもない。

奇抜な髪色が許されるのかというと、そうではないのだ。

髪色や髪型も、常識の範囲内のモノに仕上げなければならない。

カラートーンのレベル8以上は転職活動にふさわしくない

転職活動するに当たり、髪色を定めるルールは「不自然でないこと」である。不自然でない髪色こそ、黒色だ。

もしくはカラートーンのレベル8、これよりもっと明るいレベルは転職活動に相応しくない。

面接官が自然さ感じられるように、レベル8以内にてあなたの髪色を選ばなければならない。

以上、「転職活動する人は絶対に押さえておくべき髪色に関する3つの注意点」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職時における髪の色」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

まとめ

ここまで「転職時における髪の色」をテーマとして、即戦力となる様々な知識を解説してきた。

「総決算」として改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみたい。

今回の記事で「どんな知識を得ることができたのか」という最後の確認になるだろう。ぜひ目を通してほしい。

転職活動前に知っておきたいビジネスシーンにおける髪色の常識

  • 転職先の企業に好印象を得られる髪型でないと意味がない
  • 面接に適した髪色は誰もが悪印象を持たない「無難な色」
  • 転職だけでなくビジネスシーンでは「黒髪」や「暗めの色」が常識的

転職活動において黒髪がイヤな人が知るべき髪を染めることのリスク

  • 「髪の色を染めた」という事実そのものが減点になることがある
  • 髪を染めることに慣れていない人が面接官になることはあり得ること
  • どうしても髪の色を変えたいなら業界の傾向を調べてみるべし

転職活動にふさわしい髪色とトーンと地毛が明るい人の対策方法

  • 転職活動にふさわしい髪色のトーンは「8レベル」が限度
  • IT業界は髪色が自由なケースが多いがトーン8以上は避けるべし
  • グラデーションは禁止・既に褐色気味の人は履歴書に記入する

転職活動する人は絶対に押さえておくべき髪色に関する3つの注意点

  • 自分に適した髪色にするのは転職が成功してからがベスト
  • 髪色自由と言われても度を超した髪色にしてはいけない
  • カラートーンのレベル8以上は転職活動にふさわしくない

上記に記した知識は、「転職時における髪の色」において絶対に必要な知識なので、必ず吸収しておくべきだ。

逆に解説してきた知識さえ押さえておけば、「転職時における髪の色」に関して疑問や不安を抱く必要はもうないだろう。

あなたにとって必要な知識は、すべて網羅できているので安心して欲しい。

今回紹介した「転職時における髪の色」に関する知識を使って、今後に活かしてもらえれば幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

最初のコメントを頂けますか?

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »