転職活動で重要な流れを完全ガイド!準備・面接・退職などの手順を解説

転職活動で重要な流れを徹底ガイド!準備・面接・退職などの手順を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
転職活動で重要な流れを完全ガイド!準備・面接・退職などの手順を解説 転職活動で重要な流れを完全ガイド!準備・面接・退職などの手順を解説

転職活動の「流れ」といえば、知識や経験がない人にとっては未知の領域だが、知らないと問題になる要素だ。

だからこそ「転職の流れ」について、腑に落ちる知識を得られぬまま、延々と調べている人は本当に多い。

あなたも「転職の流れ」に関して、以下に示すような疑問や不安をもっていないだろうか?

  • 転職に必要な事前準備の流れはどうなっているのか、確認しておきたい
  • どんな会話になるのか、転職面接の具体的な流れを知りたい
  • 求人情報を得るまでに何をするべきか、転職エージェント利用の流れを教えてほしい
  • 引き継ぎの手順など、転職が決まった後の退職までの流れを把握したい

こうした疑問や不安を持っているのに解決しないまま、転職活動をスタートしてはいけない。

転職の流れに関する知識が圧倒的に足りていないので、このままではあなたが望む結果にならないだろう。

そこで今回は「転職の流れ」に関する疑問・不安について、複数回の転職経験者である筆者が、必要な知識を解説していく。

今回は、次のようなステップでお話ししていきたい。

  • 「今後の活動を有利にさせる!転職に必要な事前準備の流れ」
  • 「どんな会話になるのか?転職における面接の流れ」
  • 「求人情報を得るまでに何をする?転職エージェント利用の流れ」
  • 「引き継ぎはどうする?転職が決まった後の退職までの流れ」

あなたが知っておくべき「転職の流れ」に関する知識を全て詰め込んだつもりだ。

これを機に転職活動における様々な「流れ」についてしっかりと理解して、これからの活動に役立てて頂きたい。

目次

今後の活動を有利にさせる!転職に必要な事前準備の3STEP

まず解説するのは「今後の活動を有利にさせる!転職に必要な事前準備の流れ」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  1. まずは自己分析をして職務経歴書のネタなどをピックアップする
  2. 次に「なぜ転職するのか」という目的をハッキリさせておく
  3. 最後に転職活動を完結させるまでのスケジュールを確定させる

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

STEP1.まずは自己分析をして職務経歴書のネタなどをピックアップする

これまでの自分の経験を洗い出しながら、あなた自身の市場価値はどのくらいか、考えてみることが大切である。

ここで考えたことが後に、職務経歴書に何をセールスポイントとして書くかなどの源泉となってくる。

そのため、ノートやスマホのメモアプリなどに、断片的にでも書き出していくと良いだろう。

STEP2.次に「なぜ転職するのか」という目的をハッキリさせておく

「何のために転職するのか?」を軸としていくことが、転職の目的を考えるうえでは非常に大切である。

仕事内容を変えたい、将来のためのチャレンジを行いたい、年収を上げたいなど、まずは思いつくものを書いてみてほしい。

それによって自然と、その後の「企業選び」のコアとなる部分や「転職理由」として企業に伝える内容も決まってくるだろう。

STEP3.最後に転職活動を完結させるまでのスケジュールを確定させる

転職活動を始めてから入社まで3カ月程度のスパンを目途として、まずは大まかに計画を立ててみると動きやすい。

転職活動の中で、自分だけで予定を確定できないのが、面接と退職交渉である。

まずは次の企業にいつごろ入社したいかを明確化して、そこから逆算しながらスケジュールを立ててみよう。

以上、「今後の活動を有利にさせる!転職に必要な事前準備の流れ」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職の流れ」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職の流れ」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である、「どんな会話になるのか?転職における面接の流れ」について、次章では解説する。

どんな会話になるのか?転職における面接の流れ

次に解説するのは「どんな会話になるのか?転職における面接の流れ」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 面接開始の5分前までには会場に入れるように近くで待機しておく
  • 面接開始すると「自己紹介」や「現職の状況」について聞かれる
  • 質問が一通り終わると最後の難関「逆質問」を持ちかけられる

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

面接開始の5分前までには会場に入れるように近くで待機しておく

直前まで仕事や予定が入っているというケースでも、開始5分前くらいには対象の企業に行けるようにしておこう。

ただし面接官も基本的には仕事中なので、30分以上予定より早く訪問するのは迷惑となるので注意してほしい。

気持ち少し早めに出て、面接会場付近のカフェなどで最終確認をしたり、リラックスしたりするといいだろう。

面接開始すると「自己紹介」や「現職の状況」について聞かれる

一般的にまずは世間話などの話しやすい話題から、「自己紹介」や「職歴」について触れられる。

回答のポイントとしては「手短にまとめる」ことに気を付けておきたいところだ。

あまりに簡素すぎるのはもちろんよくないが、簡潔化できずにムダに話が長くなってしまう方がアウトといえる。

質問が一通り終わると最後の難関「逆質問」を持ちかけられる

面接の最後には「何か質問は?」という切り口によって、あなたから面接官に質問や確認をされることが多い。

面接中に生じた疑問や応募の際の不明点などが引っかかっているなら、この場で解消しておこう。

また絶対に忘れてはならないのは、逆質問はやる気をみせる最後のアピールになることだ。上手く活用しよう。

以上、「どんな会話になるのか?転職における面接の流れ」について解説してきた。

この章で示した知識は「転職の流れ」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職の流れ」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である、「求人情報を得るまでに何をする?転職エージェント利用の流れ」について、次章では解説する。

求人情報を得るまでに何をする?転職エージェント利用の3STEP

次に解説するのは「求人情報を得るまでに何をする?転職エージェント利用の流れ」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  1. まずはエージェントサービスに登録(エントリー)する
  2. 次にエージェントサービス(担当スタッフ)からの連絡を待つ
  3. 最後に担当エージェントと会ってカウンセリングをする

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

まずはエージェントサービスに登録(エントリー)する

最初のステップは、転職エージェントサービスに対して、登録の申し込み(エントリー)を行うことだ。

転職エージェントのサイトで申し込みを実施するが、どのサービスも以下3つの情報を求められる形になっている。

  • あなたのプロフィール(年齢・連絡先・学歴)
  • これまでの職務経歴
  • 次の仕事に求める希望条件

次にエージェントサービス(担当スタッフ)からの連絡を待つ

申し込みが完了すると、1日~7日以内に就職アドバイザーから連絡がある。主に電話で掛かってくることが多い。

エージェントを訪問して面談をする為に、予定スケジュールが伝えられるので日時を調整してほしい。

ちなみに土曜日の面談が可能なケースが珍しくなく、平日も19時~20時開始という形で面談を受け付けてくれるのが大半だ。

最後に担当エージェントと会ってカウンセリングをする

登録した後はエージェントがいる会社まで出向いて、「キャリアカウンセリング」を受けることになる。

キャリアカウンセリングは、登録情報をベースにして将来のキャリアプランについてのアドバイスをすることだ。

エージェントから、さまざまな質問もされるだろう。

その際、あなたの転職に対する想いや疑問をぶつけていくのが、最も効果的だといえる。

以上、「求人情報を得るまでに何をする?転職エージェント利用の流れ」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職の流れ」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職の流れ」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である、「引き継ぎはどうする?転職が決まった後の退職までの流れ」について、次章では解説する。

引き継ぎはどうする?転職が決まった後の退職までの流れ

最後に解説するのは「引き継ぎはどうする?転職が決まった後の退職までの流れ」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • まずは現在の職場に「退職の意思」をしっかりと行う
  • 次に上司や引き継ぎスタッフと話し合って具体的な退職日を決定する
  • 最後に自分が担当していた取引先への挨拶回りと引き継ぎを行う

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

まずは現在の職場に「退職の意思」をしっかりと行う

退職の意思を伝えるのは、業務に不都合が出ないよう、会社の繁忙期は避けるようにしよう。

また「上司より前に周囲が知っていた」という最悪の事態になるのを防ぐべく、絶対に先に上司に伝えるようにしたい。

その際、転職先を明らかにすることはするべきでない。意思の固さと感謝の気持ちだけを伝えて理解を得よう。

次に上司や引き継ぎスタッフと話し合って具体的な退職日を決定する

退職日は一方的に伝えるのではなく、上司と打ち合わせをしてお互いが納得できる日を決めよう。

また仕事の引き継ぎに要する時間も、新しい仕事場への入社日などを考えて決めておくべきだ。

転職先企業の受け入れ準備にも悪影響が出るため、入社日は一度決めたら変更しないようにしよう。

最後に自分が担当していた取引先への挨拶回りと引き継ぎを行う

取引先へのあいさつは、会社の意向にフィットするように対応していくことがベストだ。

ただ取引先で退職理由を聞かれても、「個人的な都合」など一般的な理由にしておくべきだろう。

そして、たとえ後任者が後輩であっても、「●●は私より優秀な人材です」などの紹介をするのがベターだ。

以上、「引き継ぎはどうする?転職が決まった後の退職までの流れ」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職の流れ」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

まとめ

ここまで「転職の流れ」をテーマとして、即戦力となる様々な知識を解説してきた。

「総決算」として改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみたい。

今回の記事で「どんな知識を得ることができたのか」という最後の確認になるだろう。ぜひ目を通してほしい。

今後の活動を有利にさせる!転職に必要な事前準備の流れ

  • まずは自己分析をして職務経歴書のネタなどをピックアップする
  • 次に「なぜ転職するのか」という目的をハッキリさせておく
  • 最後に転職活動を完結させるまでのスケジュールを確定させる

どんな会話になるのか?転職における面接の流れ

  • 面接開始の5分前までには会場に入れるように近くで待機しておく
  • 面接開始すると「自己紹介」や「現職の状況」について聞かれる
  • 質問が一通り終わると最後の難関「逆質問」を持ちかけられる

求人情報を得るまでに何をする?転職エージェント利用の流れ

  • まずはエージェントサービスに登録(エントリー)する
  • 次にエージェントサービス(担当スタッフ)からの連絡を待つ
  • 最後に担当エージェントと会ってカウンセリングをする

引き継ぎはどうする?転職が決まった後の退職までの流れ

  • まずは現在の職場に「退職の意思」をしっかりと行う
  • 次に上司や引き継ぎスタッフと話し合って具体的な退職日を決定する
  • 最後に自分が担当していた取引先への挨拶回りと引き継ぎを行う

上記に記した知識は、「転職の流れ」において絶対に必要な知識なので、必ず吸収しておくべきだ。

逆にここまでお話ししてきた知識を押さえておけば「転職の流れ」に関して疑問や不安を抱く必要はないだろう。

今回紹介した、転職活動で行うことになる「流れ」に関する知識を駆使して、今後に活かしてもらえれば幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of