【不安解消】挨拶・自己紹介・服装を完全ガイド!転職初日を上手く乗り切る全知識

緊張の1日を乗り切る!挨拶・自己紹介・服装を完全ガイド!転職初日の過ごし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
【不安解消】挨拶・自己紹介・服装を完全ガイド!転職初日を上手く乗り切る全知識 【不安解消】挨拶・自己紹介・服装を完全ガイド!転職初日を上手く乗り切る全知識

「転職した初日」といえば、知識や経験がない人にとっては難易度が高く、不安を伴うターニングポイントだ。

だからこそ「転職した初日」について、腑に落ちる知識を得られぬまま、延々と調べている人は本当に多い。

あなたも「転職した初日」に関して、以下に示すような疑問や不安をもっていないだろうか?

  • 転職初日に意識すべき服装と、身だしなみを知りたい
  • 初対面の人に好印象を与えるには、どんな挨拶をすればいい?
  • 転職初日には、会社に何を持って行けばいいのだろうか
  • 転職初日の不安と上手く付き合うためのコツを教えて欲しい

こうした疑問や不安を持っているのに解決しないまま、転職初日を迎えてはいけない。

転職した初日をうまく乗り切るための知識が足りていないので、このままではあなたが望む結果にならないだろう。

そこで今回は「転職した初日」に関する疑問・不安について、数度の転職経験者である筆者が必要な知識を解説していく。

以下のようなステップでお話ししていこう。

  • 「転職初日に意識すべき服装と身だしなみ」
  • 「初対面の人に好印象を与える転職初日の挨拶」
  • 「一般的なビジネスシーンにおける転職初日に持って行くべきモノ」
  • 「転職初日の不安と上手く付き合うためのたった一つのコツ」

あなたが知っておくべき「転職初日」に関する知識を、すべて詰め込んだつもりだ。

これを機に「転職初日」についてしっかりと理解して、これからの活動に役立てて頂きたい。

目次

転職初日に意識すべき服装と身だしなみ

まず解説するのは「転職初日に意識すべき服装と身だしなみ」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 良い印象をもってもらうなら身だしなみの重要性をしっかりと意識する
  • 初日はスーツで行って少しずつ社風に合わせた服装に返える
  • カドがたつような化粧や髪型にするのは絶対にダメ

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

良い印象をもってもらうなら身だしなみの重要性をしっかりと意識する

人の第一印象は、話の内容より、服装の清潔感や話し方で決まる。

心理学的にはその効果は明らかだ。

そのため転職後の初日の挨拶では、服装の清潔感と話し方に気を付けるようにしよう。

初日はスーツで行って少しずつ社風に合わせた服装に返える

入社前にある程度、職場の服装についてのレクチャーは受けていても、無難に清潔感のあるスーツでいこう。

初日はスーツで行き、徐々にその職場の服装をリサーチして取り入れていけば良い。

「カジュアル」で良いと言われた場合は、勤務場所の常識に合わせた服装でいくのがベストだ。

カドがたつような化粧や髪型にするのは絶対にダメ

転職後初日から打ち解けるためには、ヘアスタイルや化粧等の身だしなみに気を付けよう。

特に初日は気合いが入りすぎて、ヘアスタイルや化粧が派手になりがちだ。

男性の場合は、髪が長いなら短髪にして、無精ヒゲもしっかり剃る。

女性なら化粧が濃くならないよう自然なメイクに、髪色は落ち着いた色に染め直ししよう。

以上、「転職初日に意識すべき服装と身だしなみ」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職した初日」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職した初日」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である、「初対面の人に好印象を与える転職初日の挨拶」について、次章では解説する。

初対面の人に好印象を与える転職初日の挨拶

次に解説するのは「初対面の人に好印象を与える転職初日の挨拶」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 転職初日は誰よりも早く出社して会う人みんなに挨拶をする
  • 挨拶をする時は相手の目を見てハキハキ元気よくすること
  • 相手が明らかに後輩だとしても低姿勢で挨拶をしていくべし

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

転職初日は誰よりも早く出社して会う人みんなに挨拶をする

転職後の初日の出勤は、誰よりもスピーディに出社しておこう。

早く出社する事で出社してきた従業員を向けて、個別に自己紹介や挨拶をする事ができる。

さらに早く出社する真面目な人だと親しみがわいて、認めてもらえるだろう。

挨拶をする時は相手の目を見てハキハキ元気よくすること

個別で挨拶する時のポイントは、あなたの方からアクティブに進んで挨拶と自己紹介をすることだ。

挨拶をする時は、しっかりと相手の目をとらえて、ハキハキと元気よく話しかけよう。

自分が挨拶をされた時、好印象を持てるような「ほどよい」元気の良さを心がけてほしい。

相手が明らかに後輩だとしても低姿勢で挨拶をしていくべし

個別で挨拶する時に大事なのが、挨拶する相手が年下に見えても低姿勢で話しかける事である。

「自己紹介をさせて頂いてもよろしいですか?」と挨拶をする相手の都合を考えて丁寧に話しかけていこう。

こうしておく事で、気遣いと礼儀をキチンと学んでいる人なのだと認めてもらえる。

以上、「初対面の人に好印象を与える転職初日の挨拶」について解説してきた。

この章で示した知識は「転職した初日」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職した初日」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である、「一般的なビジネスシーンにおける転職初日に持って行くべきモノ」について、次章では解説する。

一般的なビジネスシーンにおける転職初日に持って行くべきモノ

次に解説するのは「一般的なビジネスシーンにおける転職初日に持って行くべきモノ」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 会社から事前に指示のあったモノは必ずもっていくようにする
  • 一般的なビジネスシーンで用意すべきモノは決まっている
  • 勤める会社によっては用意しなければならないモノもあるので要注意

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

会社から事前に指示のあったモノは必ずもっていくようにする

まず大前提として、入社予定の会社からアナウンスがあった場合は、必ずそれに従おう。

大企業はもちろんのこと、中小企業での事前の持ち物にかんする指示をすることは多い。

もし準備が間に合わないのであれば、事前に既存のスタッフに報告、相談するのを忘れないようにしたい。

一般的なビジネスシーンで用意すべきモノは決まっている

一般的に正社員として雇用されると、会社に差し出すモノは決まっている。

具体的には以下のモノを転職初日までに用意しておこう

  • 通勤するために使う交通費の額
  • 給与を振込するための銀行口座情報
  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 印鑑(実印でなくてもOK)
  • マイナンバー
  • 扶養家族の情報(家族の名前と人数)

マイナンバーに関しては、「まだカードを発行していない」という人もいるだろう。

しかし会社の経理上は、番号さえあれば大丈夫のケースが多いので、そこまで気にしなくてもOKだ。

勤める会社によっては用意しなければならないモノもあるので要注意

入社時に提示を求められるかどうかは会社によりけりだが、以下のモノも準備はしておいて損はない。

  • 前職でもらった源泉徴収票
  • 戸籍抄本
  • 住民票(3ヶ月以内に発行したモノ)

ハッキリ言って、上記の書類は事前に言いつけがなかったのであれば、当日持ってなくても問題ない。

会社も持ってこない前提で「●日までに提出しててください」と話をするだろう。

ただ、これらの書類の状況は、最初から出すことが出来るようにしておけば、印象が良くなるのは間違いない。

ちなみに源泉徴収票は、とくに喜ばれる書類だ。すでに持っているのであれば、持っていくようにしよう。

また住民票や戸籍抄本の場合は、必要な情報(本籍およびマイナンバー記載が必要なのか等)を確認するように。

以上、「一般的なビジネスシーンにおける転職初日に持って行くべきモノ」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職した初日」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職した初日」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である「転職初日の不安と上手く付き合うためのたった3つのコツ」について、次章では解説する。

転職初日の不安と上手く付き合うためのたった3つのコツ

最後に解説するのは「転職初日の不安と上手く付き合うためのたった3つのコツ」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 不安と上手く付き合うにはイメージトレーニングをするしかない
  • 現実はそこまで上手くいかないが「それで当たり前」だと考える
  • 不安と上手く付き合うと自分の行動もガラリと変わる

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

不安と上手く付き合うにはイメージトレーニングをするしかない

スポーツ選手も不安をうまく払拭するために、よく試合前はイメージトレーニングを行っている。

仕事であれば当日出社するところから始まり、自己アピールの内容、研修はどんなだろうかイメージするのだ。

どんな感じで上司と話をしようか、良い印象をもたれるにはどうすればいいか、などとイメージを広げていく。

当日にどんな事柄が起こりうるかを、何パターンもイメージしよう。

そして必ず良いイメージを固定していくことが大事である。

現実はそこまで上手くいかないが「それで当たり前」だと考える

「初日なのにそれなりにうまくこなしている自分」をイメージしよう。イメージするだけなら簡単である。

ただ実際はうまくいかないことだらけであろう。どんな優秀な人でも最初はうまくいかない。

つまり今は「それで当たり前」なのだ。最初から「自分はもっと上手くできる」とかんがえるのは止めよう。

不安と上手く付き合うと自分の行動もガラリと変わる

不安で押しつぶされそうなまま、転職当日を迎え入れるのは逆効果でしかない。

プラスなイメージを脳に膨らませてから転職初日に挑んでいくと、あなたの行動にも違いが出てくるだろう。

以上、「転職初日の不安と上手く付き合うためのたった一つのコツ」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職した初日」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

【2018年8月最新】筆者オススメの厳選転職エージェント6選

筆者がオススメする厳選転職エージェント

ここでは、筆者がオススメする転職エージェントを厳選して紹介しておこう。

転職エージェントを最大限活用する為には、

  • 自分の希望に合ったスタイルの転職エージェントか
  • その業界・企業に強みを持っているか
が大きなカギを握っている。

転職エージェントの利用先は、一つでなければ行けない決まりはない。

筆者としては、厳選した6社から3~4社ほど申し込むことをオススメしている。

勿論、やり取りが追い付かないレベルはNGだが、ある程度話を聞いてみて「この人が一番信頼できる」と感じたエージェントに活動を絞っていくのがベストだ。

※ランキングは筆者の見解による

1.ビズリーチ

BIZREACH

ビズリーチ

※参照:ビズリーチ公式HP

ビズリーチの詳細情報

求人数 約60,000件以上
取引先企業数 約7,700社
ヘッドハンター数 2,000名以上
利用者の年齢 登録者の約半数が30~40代
特徴 ヘッドハンターと企業両面からのスカウト方式
料金 基本は無料/有料プランは30日間で3,000円~5,000円前後
運営会社 株式会社ビズリーチ
主要対応エリア 全国対応
※2018年8月現在の公式ホームページ情報を調査 ※非公開事項は筆者のヒアリングによる

ビズリーチの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 年収500万円以上で、よりキャリアアップしたい方
  • 管理職・専門職の経験がある方
  • マネジメントスキルに自信がある方
  • 語学力に自信がある方
  • グローバル志向の方
ビズリーチについて、下記の記事でも詳しく解説しているのでぜひ読んでほしい。

ビズリーチを利用する

2.パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア

※参照:パソナキャリア公式HP

パソナキャリアの詳細情報

求人数 約40,000件(うち非公開求人約25,000件)
取引先企業数 約16,000社
得意な業界 ソフトウェア・通信・IT・電気・機械
得意な職種 営業・エンジニア・管理部門
コンサルタント数 不明
面談の有無 有り
応募書類添削対応 有り
選考日程調整対応 有り
年収交渉対応 有り
転職実績(累計) 累計約25万人の転職支援
求人の更新頻度 高い
料金 無料
運営会社 株式会社パソナ
主要対応エリア 全国対応
拠点数 50拠点(2018年8月時点)
※2018年8月現在の公式ホームページ情報を調査 ※非公開事項は筆者のヒアリングによる

パソナキャリアの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 女性で理系職種の転職希望者
  • 安定して長く働ける会社に行きたい方
  • 専門的なスキルを活かしたい方
  • 管理職を経験した事がある方
  • 第二新卒の転職希望者
パソナキャリアについて、下記の記事でも詳しく解説しているのでぜひ読んでほしい。

パソナキャリアを無料で利用する

3.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

※参照:リクルートエージェント公式HP

リクルートエージェントの詳細情報

求人数 公開34,732件 非公開173,064件
得意な業界 IT・通信・機械・小売・サービス・人材
コンサルタント数 約400名
面談の有無 有り
応募書類添削対応 有り
選考日程調整対応 有り
年収交渉対応 有り
転職実績(累計) 約40万名
転職実績(年単位) 約2万名
求人の更新頻度 高い
料金 無料
運営会社 株式会社リクルートキャリア
主要対応エリア 全国対応
拠点数 16拠点(2018年8月時点)
※2018年8月現在の公式ホームページ情報を調査 ※非公開事項は筆者のヒアリングによる

リクルートエージェントの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 幅広い職種・業界を紹介してほしい方
  • 大手企業・中堅企業を希望する方
  • 転職によって年収アップを目指す方
リクルートエージェントについて、下記の記事でも詳しく解説しているのでぜひ読んでほしい。

リクルートエージェントを無料で利用する

4.マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

※参照:マイナビエージェント公式HP

マイナビエージェントの詳細情報

求人数 公開6,307 件 非公開20,462件
得意な業界 IT・通信・メーカー・小売・サービス
コンサルタント数 不明
面談の有無 有り
応募書類添削対応 有り
選考日程調整対応 有り
年収交渉対応 有り
転職実績(累計) 厚生労働省委託事業「職業紹介優良事業者認定制度」において「職業紹介優良事業者」事業者認定を取得
転職実績(年単位) -
求人の更新頻度 高い
料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
主要対応エリア 全国対応
拠点数 5拠点(2018年8月時点)
※2018年8月現在の公式ホームページ情報を調査

マイナビエージェントの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 幅広い職種・業界を紹介してほしい方
  • 企業の内情をちゃんと把握したい方
  • 転職活動が初めてで、サポートしてもらいたい方

マイナビエージェントを無料で利用する

5.JACリクルートメント

JAC Recruitment

JAC Recruitment

※参照:JACリクルートメント公式HP

JACリクルートメントの詳細情報

求人数 約6,000~10,000件
取引先企業数 約25,000社
コンサルタント数 550名以上
転職実績(年間) 年間約67,000人が登録
特徴 外資系・海外企業に強み
料金 無料
運営会社 株式会社ジェイエイシー リクルートメント
主要対応エリア 全国対応
拠点数 9拠点(2018年8月時点)
※2018年8月現在の公式ホームページ情報を調査

JACリクルートメントの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 外資系企業・海外勤務を希望している方
  • 管理職経験が長い方
  • 各職種・業界のトップ人材
  • 語学力を活かして働きたい方

JACリクルートメントを利用する

6.DODAエージェントサービス

DODAエージェントサービス

DODAエージェントサービス

※参照:DODAエージェントサービス公式HP

DODAエージェントサービスの詳細情報

求人数 公開約40,000件 非公開約120,000件
コンサルタント数 不明/分野別コンサルタントが存在/提携エージェント300社
面談の有無 有り
応募書類添削対応 有り
選考日程調整対応 有り
年収交渉対応 有り
求人の更新頻度 高い
料金 無料
運営会社 パーソルキャリア株式会社(旧・株式会社インテリジェンス)
主要対応エリア 全国対応
拠点数 32拠点(2018年8月時点)
※2018年8月現在の公式ホームページ情報を調査

DODAエージェントサービスの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 幅広い職種・業界を紹介してほしい方
  • 20代後半~30台前半の方
  • 志望業界の予備知識がある方
  • 面接や書類の添削を受けなくても転職が出来る自信がある方
  • 転職のスケジューリングに不安がある方

DODA転職支援サービスを無料で利用する

まとめ

ここまで「転職した初日」をテーマとして、即戦力となる様々な知識を解説してきた。

「総決算」として改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみたい。

今回の記事で「どんな知識を得ることができたのか」という最後の確認になるだろう。ぜひ目を通してほしい。

転職初日に意識すべき服装と身だしなみ

  • 良い印象をもってもらうなら身だしなみの重要性をしっかりと意識する
  • 初日はスーツで行って少しずつ社風に合わせた服装に返える
  • カドがたつような化粧や髪型にするのは絶対にダメ

初対面の人に好印象を与える転職初日の挨拶

  • 転職初日は誰よりも早く出社して会う人みんなに挨拶をする
  • 挨拶をする時は相手の目を見てハキハキ元気よくすること
  • 相手が明らかに後輩だとしても低姿勢で挨拶をしていくべし

一般的なビジネスシーンにおける転職初日に持って行くべきモノ

  • 会社から事前に指示のあったモノは必ずもっていくようにする
  • 一般的なビジネスシーンで用意すべきモノは決まっている
  • 勤める会社によっては用意しなければならないモノもあるので要注意

転職初日の不安と上手く付き合うためのたった3つのコツ

  • 不安と上手く付き合うにはイメージトレーニングをするしかない
  • 現実はそこまで上手くいかないが「それで当たり前」だと考える
  • 不安と上手く付き合うと自分の行動もガラリと変わる

上記に記した知識は、「転職した初日」において絶対に必要な知識なので、必ず吸収しておくべきだ。

今回紹介した「転職した初日」に関する知識を使って、今後に活かしてもらえれば嬉しく思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of