転職の内定辞退

電話とメールどっちにすべき?転職で得た内定の辞退方法を完全ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
転職の内定辞退 転職の内定辞退

「転職活動で得た内定の辞退」といえば、知識や経験がない人にとっては非常に厄介で、不安を煽る問題だ。

だからこそ「転職活動で得た内定の辞退」について、腑に落ちる知識を得られぬまま、延々と調べている人は本当に多い。

あなたも「転職活動で得た内定の辞退」に関して、以下に示すような疑問や不安をもっていないだろうか?

  • そもそも転職でもらった内定は辞退できるのか。そして辞退してもいいのか?
  • 転職の内定を円満に辞退する時に、注意するべきポイントは何?
  • 転職の内定を辞退する時に伝えるべきことを、具体的な例文で教えて欲しい
  • 転職エージェントを使っている場合の内定辞退の方法は、どうすればいい?

こうした疑問や不安を持っているのに解決しないまま、転職活動で得た内定を辞退しようとしてはいけない。

内定の辞退に関する知識が圧倒的に足りていないので、このままでは企業とのトラブルが起きてしまうだろう。

そこで今回は「転職活動で得た内定の辞退」に関する疑問・不安について、数度の転職経験者である筆者が必要な知識を解説していく。

最後まで読み終えた時、以下のような知識を身につけることができるだろう。

  • 「転職でもらった内定は辞退できるのか?知っておくべき基礎知識」
  • 「転職の内定を円満に辞退する時に注意するべき3つのポイント」
  • 「転職の内定を辞退する時に伝えるべきこと・具体的な例文」
  • 「転職エージェント経由で内定を辞退する方法」

つまり、この記事を読めばあなたが知っておくべき「転職活動で得た内定の辞退」に関する知識は、すべて網羅できるということだ。

これを機に「転職活動で得た内定の辞退」についてしっかりと理解して、これからの活動に役立てて頂きたい。

目次

転職でもらった内定は辞退できるのか?知っておくべき基礎知識

まず解説するのは「転職でもらった内定は辞退できるのか?知っておくべき基礎知識」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 転職活動でもらった内定は基本的に辞退することが可能
  • 安易に受諾するのはアウト!返事をしばらく待ってもらう方が常識的
  • 内定を保留する理由はわざわざ伝えなくても大丈夫

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

転職活動でもらった内定は基本的に辞退することが可能

結論から言うと、転職活動時に企業から提示された内定は辞退することができる。

転職活動で1社しか受けないというケース一辺倒ではないことも、採用担当者はよく知っているので心配は無用だ。

安易に受諾するのはNG!返事をしばらく待ってもらう方が常識的

本命企業よりも前に、第二志望以下の法人から予想外の内定が出ることもあるかもしれない。

その場合は安易に受諾をせず、当面の間は決断を待ってもらえるよう企業側に伝えよう。

内定を保留のまま企業が待ってくれるのは、ほとんどのケースで1週間だ。

どんなに長くても、2週間前後が限度だろう。それ以上待ってもらうのは、絶対に無理だと捉えてほしい。

内定を保留する理由はわざわざ伝えなくても大丈夫

内定保留を伝える場合は理由を聞かれる可能性が高いが、ここは素直に言う必要はない。

「家族に相談してから決めたいので」などの理由を使うと良いだろう。

「第一志望の企業からの結果が来るまで待ってください」と言ってしまうと、企業によっては気分を損ねてしまうので要注意だ。

以上、「転職でもらった内定は辞退できるのか?知っておくべき基礎知識」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職活動で得た内定の辞退」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職活動で得た内定の辞退」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である、「転職の内定を円満に辞退する時に注意するべき3つのポイント」について、次章では解説する。

転職の内定を円満に辞退する時に注意するべき3つのポイント

次に解説するのは「転職の内定を円満に辞退する時に注意するべき3つのポイント」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  1. 内定辞退の連絡を先方にするのであれば電話で伝えるのがエチケット
  2. 内定の理由は全て正直に伝える必要はナシ!理由なしの方が良い場合もある
  3. 企業によっては内定辞退の後に直接訪問を求められるケースがある

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

内定辞退の連絡を先方にするのであれば電話で伝えるのがエチケット

内定辞退を伝える手段は、「誠意を見せる」「可能かぎり迅速に伝える」という2つの観点から電話が最も適している。

できる限り相手側と接点を持たずに伝えたい思いも共感できるが、ここは相手への誠意の気持ちを大切にしよう。

内定の理由は全て正直に伝える必要はナシ!理由なしの方が良い場合もある

内定を辞退する際、一番困るのが「なぜ内定を拒否するのか」という辞退の理由だろう。

理由は人によってさまざまかとは思うが、隅から隅まで正直に伝える必要はない。

「検討の結果、勝手ながら辞退させて下さい」とハッキリと理由を明らかにしない言い方が一番無難といえる。

企業によっては内定辞退の後に直接訪問を求められるケースがある

基本的には電話でのやりとりで、内定そのものは企業に受理される。

ただ、中には「キチンと話をしたいので、直接来ていただけますか」と来社を依頼されることもあるので要注意だ。

呼び出しを受けた場合は、誠意を見せるという視点から考慮しても、先方に依頼されたとおりに来社しよう。

以上、「転職の内定を円満に辞退する時に注意するべき3つのポイント」について解説してきた。

この章で示した知識は「転職活動で得た内定の辞退」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職活動で得た内定の辞退」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である、「転職の内定を辞退する時に伝えるべきこと・具体的な例文」について、次章では解説する。

転職の内定を辞退する時に伝えるべきこと・具体的な例文

次に解説するのは「転職の内定を辞退する時に伝えるべきこと・具体的な例文」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 内定辞退を電話でする時には「理由を言うパターン」と「言わないパターン」がある
  • 「理由を言わないパターン」は当たり障りのない内容にする
  • 「理由を言うパターン」は「他社の内定」を辞退の理由にするのがベスト

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

内定辞退を電話でする時には「理由を言うパターン」と「言わないパターン」がある

電話で企業に内定辞退の連絡を入れる際には、内定辞退の理由を伝えない場合と、理由を言わないケースが該当する。

理由をいうなら、「他社からもらった内定を受け入れる」という理由から辞退するのがいいだろう。

「理由を言わないパターン」は当たり障りのない内容にする

以下に「理由を言わないパターン」の断り文を記す。先方に電話する時の参考にしてほしい。

お世話になります、●●です。大変申し訳ないのですが、この度は内定を辞退させていただきたくご連絡しました。

家族ともたくさん話し合って、自分で考えた結果、今回いただいた内定は辞退させていただきます。

誠に申し訳ないですが、何卒お願い申し上げます。

「理由を言うパターン」は「他社の内定」を辞退の理由にするのがベスト

以下に「理由を言うパターン」の断り文を記す。先方に電話する時の参考にしてほしい。

お世話になります、●●です。大変申し訳ないのですが、この度は内定を辞退させていただきたくご連絡しました。

大変恐縮ですが、実は御社以外にも面接にチャレンジしており、そちらから内定をいただいたので辞退させていただきたいのです。

こちらの一方的な都合を押しつけてしまい本当に申し訳ないですが、ご理解のほど、どうかよろしくお願いいたします。

以上、「転職の内定を辞退する時に伝えるべきこと・具体的な例文」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職活動で得た内定の辞退」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「転職活動で得た内定の辞退」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である、「転職エージェント経由で内定を辞退する方法」について、次章では解説する。

転職エージェント経由で内定を辞退する方法

最後に解説するのは「転職エージェント経由で内定を辞退する方法」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 転職エージェントがいるなら自分で連絡する必要はない
  • 転職エージェントには本当の辞退理由をきっちりと伝える
  • 辞退する理由が給料や条件なら転職エージェントが解決する場合もある

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

転職エージェントがいるなら自分で連絡する必要はない

転職エージェント経由で転職活動をしているケースになると、あなたが企業に直接連絡をとる必要はない。

担当のエージェント相手に、メールあるいは電話で内定辞退の意志を伝えるだけでOKだ。

転職エージェントには本当の辞退理由をきっちりと伝える

エージェントの場合、当たり前のように内定辞退の理由を詳しく聞いてくるだろう。

転職エージェントを相手にするなら、内定を辞退する理由がどんなものであっても、素直に答えてほしい。

率直に伝えることで、あなたの希望していたとおりの求人を提供してもらいやすくなるだろう。

辞退する理由が給料や条件なら転職エージェントが解決する場合もある

辞退理由が給料などの条件面だった場合、アドバイザーが企業側に交渉してくれるケースもある。

あなたによって有利になるのは間違いないので、キチンと伝えておくに越したことはない。

以上、「転職エージェント経由で内定を辞退する方法」について解説してきた。

この章で解説した知識は「転職活動で得た内定の辞退」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

まとめ

ここまで「転職活動で得た内定の辞退」をテーマとして、即戦力となる様々な知識を解説してきた。

「総決算」として改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみたい。

今回の記事で「どんな知識を得ることができたのか」という最後の確認になるだろう。ぜひ目を通してほしい。

転職でもらった内定は辞退できるのか?知っておくべき基礎知識

  • 転職活動でもらった内定は基本的に辞退することが可能
  • 安易に受諾するのはアウト!返事をしばらく待ってもらう方が常識的
  • 内定を保留する理由はわざわざ伝えなくても大丈夫

転職の内定を円満に辞退する時に注意するべき3つのポイント

  • 内定辞退の連絡を先方にするのであれば電話で伝えるのがエチケット
  • 内定の理由は全て正直に伝える必要はナシ!理由なしの方が良い場合もある
  • 企業によっては内定辞退の後に直接訪問を求められるケースがある

転職の内定を辞退する時に伝えるべきこと・具体的な例文

  • 内定辞退を電話でする時には「理由を言うパターン」と「言わないパターン」がある
  • 「理由を言わないパターン」は当たり障りのない内容にする
  • 「理由を言うパターン」は「他社の内定」を辞退の理由にするのがベスト

転職エージェント経由で内定を辞退する方法

  • 転職エージェントがいるなら自分で連絡する必要はない
  • 転職エージェントには本当の辞退理由をきっちりと伝える
  • 辞退する理由が給料や条件なら転職エージェントが解決する場合もある

上記に記した知識は、「転職活動で得た内定の辞退」において絶対に必要な知識なので、必ず吸収しておくべきだ。

逆に解説してきた知識さえ押さえておけば、「転職活動で得た内定の辞退」に関して疑問や不安を抱く必要はもうないだろう。

あなたにとって必要な知識は、すべて網羅できているので安心して欲しい。

今回紹介した「転職活動で得た内定の辞退」に関する知識を使って、今後に活かしてもらえれば幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

Leave a Reply

最初のコメントを頂けますか?

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »