【2019年最新版】IT転職におすすめの転職エージェント厳選12つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

人材・転職市場でいま最も活発な業界のひとつが「ITエンジニアの転職」だ。

IT業界では案件の大小にかかわらず常に多くの案件が受注されており、常に人手不足や人材不足が課題になっている。

一方で一定のスキルを持ったITエンジニアは、より良い職場環境や待遇を求めて活発に転職しているケースも多い。

このことは、すでにIT業界で働いた経験があれば身近で見て、聞いて、まさに肌で感じていることだろう。

さらにIT業界以外の多くの企業でも、急速なIT化によってインフラからセキュリティ、システム構築や管理、運用などにIT人材の需要が高まっている。

こうした背景から活発になっているIT転職だからこそ、思い付きや勢いで転職先を決めてしまうのではなく、地に足のついた転職を通じて自身の理想の転職を叶えて欲しい。

そこでこの記事では、人事、採用の担当者として多くの転職エージェントを吟味、検討してきた筆者が、IT転職に「使える」転職エージェント12社を紹介する。

12社は、IT業界未経験の転職から、人材業界大手、ユニークな転職エージェントまで様々なケースに対応できるように厳選した。

より恵まれた環境や待遇で自身のITスキルを存分に発揮できるよう、転職エージェントを有効利用して転職を成功に導いて欲しい。

厳選! IT転職におすすめの12社一覧

業界大手転職エージェントマイナビエージェント

リクルートエージェント dodaエージェント

パソナキャリア

IT転職以外も扱っている業界大手の転職エージェント。
ほぼ日本全国の案件に対応可能、保有する求人案件数の多さなどが強み。
IT専門転職エージェントレバテックキャリア

ワークポーク

TechClipsエージェント

業界に精通しており、専門性が高い転職エージェント。
IT転職に欠かせない分野や扱える言語についてもきめ細やかな対応が強み。
独自性の高い転職エージェントGeekly(ギークリー)

TECH::EXPERT(テックエキスパート)

MEITEC NEXT(メイテックネクスト)

扱う案件をはじめ、他社にはないセールスポイントを持った転職エージェント。
未経験者向け転職エージェントリクらくエンジニア

ハタラクティブ

未経験からIT業界へチャレンジしたい転職希望者でも利用できる転職エージェント。
フリーターから、20代、第二新卒の転職向け。

転職エージェントとは

念のためこの記事で扱う「転職エージェント」と呼ばれる民間の職業紹介サービスは、次の3つを備えているのでおさらいしたい。

転職エージェントの機能3つ

  • ①担当者(アドバイザー)が転職希望者のスキルや経験、希望に合わせて求人案件を絞り込む(マッチング)
  • ②求人企業への応募は全て転職エージェントからの紹介を通じて行う
  • ③利用開始から採用、入社まで、担当エージェントのサポートやアドバイスが受けられる

リクナビNEXTのように自分で求人を見て応募するものは「転職サイト」。

ビズリーチのようにスカウトやオファーをメインとしたものは「ダイレクト・リクルーティング」と呼ばれている。

今回は、「転職エージェント」に当てはまるサービスのみ厳選して解説していることを承知願いたい。

業界大手転職エージェント

業界大手転職エージェントは求人案件の多さだけでなく、サポート力などに強みがあり、IT系求人に特化した関連サイトを開設している転職エージェントもある。

IT系求人にかかわらず、保有案件数の多さ、アドバイザーや全国展開している拠点の多さ、転職ノウハウの豊富さなど、転職に関する土台が整っていることがサポート力につながっているのだ。

今回選んだ4社は、利用者満足度、知名度、保有案件数などで転職エージェント業界トップクラスと言っていいだろう。

IT専門転職エージェント

IT系求人を専門的に扱う転職エージェントは、その専門性の高さに強みがある。

IT転職では、その仕事内容や扱う分野が多岐にわたるため、エンジニア系、コンサルタント系など役割に合った求人や、開発言語などのスキルなどに理解がないと的確なマッチングが難しいのだ。

また、アドバイザーにIT業界出身者が多い、古くから付き合いのある求人企業があるなど、専門性のメリットが大きいのもIT転職の特色と言えるだろう。

独自性の高い転職エージェント

転職エージェントは、面談やアドバイス、求人案件の紹介、転職活動のサポートの3段階が一般的だが、その他に特筆すべき特徴を持った転職エージェントもある。

その特徴とは、もちろん単に珍しいということではなく、IT業界への転職をより有利に進めることができるものばかりだ。

詳細は後ほど記事の中で紹介するが、これらの転職エージェント独自のサービスを上手く利用することができれば、考えている以上の成果を期待できるだろう。

未経験者向け転職エージェント

IT業界はその専門性の高さから、経験者でないと転職が難しいという一面もあるのだが、一方で新しい人材を求めてもいる。

異業種、異業界からIT業界への転職を考えている人、特にフリーターからの転職、20代や第二新卒など社会人経験が浅くてもIT求人がある転職エージェントを紹介する。

IT業界について予習しておくことや取得した方が有利な資格もあるが、IT業界チャレンジの心強い味方だ。

詳細解説その①業界大手転職エージェント

早速、業界大手転職エージェントから転職エージェントを1社ずつ紹介していく。

順番に読んでいく必要はないので、自分に当てはまる、気になる、という区分や転職エージェントから詳細を確認して欲しい。

マイナビエージェント

<主な基本データ>

  • 運営会社:株式会社マイナビ
  • 求人案件数:約13,000件(IT・クリエイティブ系求人)
  • 非公開求人数:全体の約50%、紹介する案件の80%以上
  • 利用者年齢層:25歳~35歳が半数以上
  • 対応エリア・拠点:東京、横浜、札幌、名古屋、大阪、福岡

マイナビIT AGENTは、20代~30代前半や、初めてのIT転職におすすめの転職エージェントだ。

また、転職活動全体に手厚いサポートが欲しい、紹介件数は多い方がいい、といった人にも向いている。

マイナビIT AGENTは、業界大手の株式会社マイナビが運営するマイナビエージェントのIT転職専門エージェントとして、大手転職エージェントのメリットと専門エージェントのメリットを備えているからだ。

マイナビエージェント全体の利用者のうち20%がIT系の経歴であること、IT業界に詳しいアドバイザーを配置してIT転職をサポートできる体制になっていることなど、総合転職エージェントだが、専門性も持っている。

さらにマイナビの長所として、初めての転職や20代の転職に評判の良いサポートを得意としており、IT業界に多い若い年齢層におすすめの転職エージェントと言えるだろう。

リクルートエージェント

<主な基本データ>

  • 運営会社:株式会社リクルートキャリア
  • 求人案件数:約78,000件(IT・Webエンジニア求人)
  • 非公開求人数:全体の60%以上
  • 利用者年齢層:~25歳30%、26歳~35歳50%
  • 対応エリア・拠点:北海道から九州まで全国17拠点

リクルートエージェントは、日本最大級の規模を誇る転職エージェントで、20代~30代のIT転職であれば希望に沿った求人案件に出会いやすい転職エージェントと言えるだろう。

特に求人案件数ではIT・Webエンジニア求人でも78,000件と他を圧倒しており、一定の経験やスキルを活かすIT転職であれば優良案件も含めた多数のマッチングと紹介案件が期待できるからだ。

また、スカウト機能を併用できるため、求人企業から直接「面接確約」のオファーを受ければ、有利に選考を進めることも可能だ。

求人数はもちろんのこと、最大クラスの規模だからこそ実現できるマッチングやスカウトのシステム、アドバイザーの層の厚さなど、大手ならではメリットを最大限利用することができるだろう。

dodaエージェント

<主な基本データ>

  • 運営会社:パーソルキャリア株式会社
  • 求人案件数:約18,000件(IT・Web系求人 ※公開のみ)
  • 非公開求人数:80%以上(※全職種のうち)
  • 利用者年齢層:25歳~35歳が半数以上
  • 対応エリア・拠点:北海道から九州まで全国10拠点

dodaエージェントサービスもまた、日本最大級の総合転職エージェントのひとつで、多くの求人案件から自分の希望に合った求人案件を見つけることが期待できる転職エージェントだ。

特に、保有数が多いだけでなく、紹介してくれる案件数が多いこと、面談やカウンセリングが丁寧だという定評があることなど、優良案件に出会いやすいサポートが期待できる。

また、アドバイザーの専門性や強みに応じて、IT系、アパレル、電機メーカーなど分かれており、IT転職にはIT業界に強いアドバイザーが担当についてくれるので心強い。

さらに自分で決めて応募できる転職サイトから、求人企業のオファーが受けられるスカウト機能まで連携しており、転職活動のメインとして十分に使うことができる転職エージェントと言っていいだろう。

パソナキャリア

<主な基本データ>

  • 運営会社:株式会社パソナ
  • 求人案件数:約7,300件(IT業界の求人 ※公開のみ)
  • 非公開求人数:80%以上(※全職種のうち)
  • 利用者年齢層:26歳~35歳が半数以上
  • 対応エリア・拠点:各都道府県に1拠点以上

パソナキャリアは大手総合転職エージェントの中でも、女性におすすめしたい転職エージェントだ。

パソナキャリアを運営する株式会社パソナ(パソナグループ)は、高齢者や女性の雇用に対する取り組みを行っており、転職の主流となる30代前後や、育児後の再就職にもノウハウがあるからだ

これまで紹介した大手3社と比較するとIT系求人の案件数は少ないが、2019年のオリコンの利用者満足度ランキングでは1位を獲得するなど、高いサポート力も期待できる。

IT転職市場で女性にスポットを当てた転職エージェントは現在のところほとんどなく、女性のIT転職というケースでは特にパソナキャリアをおすすめしたい。

詳細解説その②IT専門転職エージェント

大手総合転職エージェントに続いて、IT関連専門の転職エージェントについて紹介していく。

転職には「転職に関するノウハウ」と「転職先に関する知識や情報」が必要になることは実感しているだろう。

IT専門の転職エージェントは「転職先に関する知識や情報」という点で優れており、おすすめしたいサービスだ。

レバテックキャリア

<主な基本データ>

  • 運営会社:レバテック株式会社
  • 求人案件数:5,000件以上
  • 扱っている求人:開発(PL、PM、SE、PG)、クリエイター(Web、ゲーム、映像)、インフラ領域、DB構築、保守など
  • 対応エリア・拠点:東京、横浜、大阪、福岡、名古屋

レバテックキャリアは2015年にスタートした、業界でもまだ新しいITを専門とした転職エージェントだが、カウンセリングの良さや転職先情報のきめ細かさなどが評判となって利用者を増やしている。

一般的な求人は転職エージェントと採用担当者が話して決めるのだが、レバテックの企業側担当者は求人企業の「現場」に年間3,000回以上(※公式サイト)通って、転職先情報を仕入れている。

この「現場」とのミーティングやヒヤリングが、応募者目線でのアドバイスを可能にしていると言っていいだろう。

業界知識だけでなく実際の転職先情報の豊富さ、カウンセリングの評判など、利用価値の高い専門転職エージェントだ。

また、レバテックには「エキスパート」、「フリーランス」などの関連サイトもあり、ITエンジニアのキャリアに合わせて利用することが可能だ。

ワークポーク

<主な基本データ>

  • 運営会社:株式会社ワークポート
  • 求人案件数:約26,500件
  • 扱っている求人:ソフト開発、SE、クリエイター、ネットワーク、サポート他、IT関連を中心に他の業種も扱う
  • 対応エリア・拠点:東京、仙台、大阪、福岡など国内13拠点

ワークポートはサービス開始から16年の経験豊富な転職エージェントで、ITエンジニア・Webクリエイターを中心に扱い、利用者からも高い評価を得ている。

その理由は、長年扱ってきたIT・Web・ゲーム業界の求人に強く、その質と量はIT転職に特化した転職エージェントの中でもトップクラスとなっていることが挙げられるが、それだけではない。

転職支援サービスの名称を「転職コンシェルジュ」としているように、豊富な経験やデータをもとに、応募者へのアドバイスやサポートにも力を入れているからだ。

紹介される案件は若干「質より量」であるケースも少なくないのだが、その分スピード重視で転職を決めたい利用者には向いている転職エージェントと言えるだろう。

TechClipsエージェント

<主な基本データ>

  • 運営会社:notari株式会社
  • 求人案件数:1,000件以上
  • 扱っている求人:ITエンジニア(PL、PM、SE、PG、インフラ、サーバ、セキュリティ他)
  • 対応エリア・拠点:首都圏

TechClipsエージェントは、首都圏のみ対応で求人案件数も多くないが、特筆すべきは「高年収・高待遇のITエンジニアに特化」しており、特に30代以上のIT転職希望者におすすめしたい転職エージェントだ。

TechClipsエージェントでは「年収500万円以上の案件100%」を約束しており、その求人案件も厳選されているため、ITエンジニアとしてのスキルや経験を求められることも多く、30代以上に適していると言える。

また、現役エンジニアによるカウンセリングなど、より高い精度でマッチングが行えるようになっており、経験やスキルを最大限活かした転職が可能となっている。

勤務先は主に東京23区、その通勤圏の転職希望者が対象と限定されてはいるが、これまでのキャリアをもとに確実な年収アップを狙うIT転職におすすめの転職エージェントだ。

詳細解説その③独自性の高い転職エージェント

続いて独自性の高いサービスや特長を持つ転職エージェントについて紹介する。

IT転職を多く扱っている転職エージェントの中でも、付加価値的な特色があり転職の後押しをしてくれる3社だ。

IT系業界の経験を活かして新たな道が開ける可能性もあるので、ぜひ利用を検討してみて欲しい。

Geekly(ギークリー)

<主な基本データ>

  • 運営会社:株式会社GEEKLY
  • 求人案件数:9,800件以上(※非公開求人)
  • 扱っている求人:ゲーム関連クリエイター、Webクリエイター、ITエンジニア
  • 対応エリア・拠点:東京、首都圏
  • 特長:ゲーム業界に強い、40代のIT転職可、スカウトサービスあり

GeeklyはITエンジニア、Webクリエイターの他、ゲーム業界にも明るく、20代から40代と幅広い年齢層にもおすすめできる転職エージェントだ。

ITに特化した転職エージェントでは他に例の少ないスカウトサービスの利用ができ、さらにゲーム業界に有利という強みがあるため、ITエンジニアからスカウトを経て、ゲーム業界への転職も可能にしている。

また、採用実績の年齢内訳のうち40代が20%で、IT系転職エージェントの中では40代も利用しやすいのがGeeklyと言えるだろう。

求人企業はほとんどが首都圏だが、未経験から求人のあるゲーム業界や40代のITエンジニア転職など、様々な転職のケースに柔軟に対応してくれる転職エージェントと言っていいだろう。

TECH::EXPERT(テックエキスパート)

<主な基本データ>

  • 運営会社:株式会社div
  • 転職成功率:98.5%
  • 扱っている求人: ITエンジニア
  • 対応エリア・拠点:東京、大阪、名古屋、福岡
  • 特長:ITエンジニア教育プログラム+転職サポート

TECH::EXPERTは、未経験から最短10週間でITエンジニアに必要な知識やプログラミングを学習し、IT人材として転職を目指すという転職サポートのサービスだ。

ITエンジニア育成・プログラミングスクールのTECH::CAMPも展開している運営会社が、転職を目的としたサービスとして立ち上げており、学習プログラムも実践的で確かだ。

短期集中10週間のコースの他、仕事をしながら夜間・休日に受講できる6か月間のコースがあり、それぞれ有料となっている。(※料金表

一般的な転職エージェントとは異なる仕組みを持ち、また有料ではあるものの、業界内にパイプがあり、未経験者がスキルを身につけた上でIT業界へ転職できるため、決して無駄にはならない投資と言えるだろう。

MEITEC NEXT(メイテックネクスト)

<主な基本データ>

  • 運営会社:株式会社メイテックネクスト
  • 求人案件数:約3,700件(ITエンジニア)
  • 扱っている求人: 社内SE、SE、インフラ、DB、サービスエンジニアなど
  • 対応エリア・拠点:東京、名古屋、大阪、福岡
  • 特長:製造業、メーカーに強い、ものづくりエンジニアが中心

メイテックネクストは、その親会社にエンジニア派遣や業務請負の大手、株式会社メイテックを持ち、エンジニア専門として信頼できる転職エージェントだ。

製造業やメーカーに強く、メイテックネクストが主力としている求人案件はものづくりエンジニアが中心なのだが、その需要とともにITエンジニアの扱いが多くなってきている。

製造業やメーカーは、UI(ユーザーインターフェース)や制御・組込系プログラム、IoT化、生産管理システムなど、ITに関する課題を持っており、IT業界だけでなく、製造業界も視野に入れた転職が可能と言えるだろう。

仕事のやりがいや高待遇が目標の転職、30代後半以上でITエンジニアのスキルや経験を活かしたい転職など、業界を広げることで理想を実現できる可能性もぐっと広がるはずだ。

詳細解説その④未経験者向け転職エージェント

最後に紹介するのは、IT業界未経験者の求人案件を扱い、サポートを行っている転職エージェントだ。

業界未経験者にとっては「PG」「PL」といった職種やその業務内容を正しく理解する段階であっても、ここで紹介する転職エージェントのサポートが頼りになるはずだ。

リクらくエンジニア

<主な基本データ>

  • 運営会社:株式会社リクルートネット
  • 求人案件数:非公開
  • 扱っている求人: ITエンジニア、プログラマー
  • 対応エリア・拠点:首都圏
  • 対象の年齢層など:20代、IT業界未経験者

リクらくエンジニアは、主に20代を対象にITエンジニアの転職を扱っており、業界未経験者や学歴・職歴に自信のない転職希望者にも利用できる転職エージェントだ。

採用実績では、その8割が未経験、20代の内定率94%と高い水準となっており、事業自体はまだ小規模で首都圏のみの対応だが着実に結果を出している転職エージェントと言えるだろう。

もちろん転職そのもののノウハウも、職務経歴書の添削サポートや模擬面接など個別に対応している。

専門性の高いIT業界の転職市場で、業界未経験可の求人案件を積極的に扱う転職エージェントは希少なので、首都圏、20代で未経験からIT人材を目指す人は利用を検討してみて欲しい。

ハタラクティブ

<主な基本データ>

  • 運営会社:レバレジーズ株式会社
  • 求人案件数:2,300件以上(未経験可の求人)
  • 扱っている求人: IT・通信エンジニア(採用実績の20~24%)
  • 対応エリア・拠点:北海道から九州まで全国15拠点
  • 対象の年齢層など:20代フリーター、既卒、第二新卒

ハタラクティブは20代のフリーターからの転職、既卒、第二新卒向けの総合転職エージェントだが、もちろんIT業界未経験の転職も利用することが可能だ。

採用実績の面でも、採用企業の20%~24%はIT・通信関連で、新人ITエンジニアの求人があり、未経験者を対象にしているだけあって転職ノウハウを含めたサポートも丁寧で親切だ。

IT関連の求人件数自体は多くないが、フリーターからの転職を得意としていることや、全国各地でコンサルティングが受けられる点など、未経験者にとって非常に使い勝手が良い。

スクールなどを利用してからIT業界へ進むのも堅実なキャリアプランだが、「働きながら現場で覚えていく」というチャレンジを可能にしてくれる転職エージェントと言えるだろう。

IT転職でも「かけ持ち登録」が有効

転職活動において、2社以上の転職エージェントや転職サイトなどに登録し併せて利用する「かけ持ち登録」はよく使われている。

もちろんこれはIT系職種やIT業界の転職においても充分有効な手段だ。

2社以上のサービスを利用するコツや注意点を伝授するので、転職エージェント利用の応用として参考にして欲しい。

かけ持ち登録のコツ

まずはかけ持ち登録をする際のコツを伝授するので参考にして欲しい。

だだ、IT転職におすすめの転職エージェントでも紹介した通り、1社で転職支援サービス、スカウトサービス、フリーランス支援など連携しており、十分利用できる転職サービスもある。

2社以上登録した方がいい、登録しないと上手くいかない、ということはなく、活用方法のひとつとして押さえておくのがいいだろう。

「いい所取り」を意識する

転職エージェントをかけ持ち登録する際には、転職サイト、ダイレクト・リクルーティング(スカウト)サービスなども選択肢に入れて、「いい所取り」の状態を作ることがコツだ。

何となく不安、念のため保険として、などの消極的な理由で何社もの登録をしても、ただ単に手間が増えるだけで大した効果は期待できない。

保有案件数が多い、専門性が高い、サポートが丁寧、自分で探して応募もしたい、といった転職サービスそれぞれの異なった長所を自分の都合で組み合わせて利用するようにしよう。

自由な発想が成功の鍵

IT業界の転職では特に、フリーランスなど働き方の選択肢、社内SEなどIT業界以外の業界という選択肢なども視野に入れ、自由な発想で転職を考えるのも成功の鍵だ。

IT業界で正社員、ということにこだわる理由がないのであれば、今現在、IT系の経験やスキルを活かせる舞台は至るところにあると言ってもいいからだ。

転職エージェントや転職サイトを組み合わせる際にも、独立支援サービス、他業界に強い転職エージェントなど、自分の理想に合わせた選択を考えてみて欲しい。

かけ持ち登録は2、3社程度に

自由な発想は大切だが、だからといって思いつくまま何社も転職サービスに登録せず、まずは2、3社にしておくことをおすすめする。

転職エージェントやサイトを何社も登録し同時進行にすると、一般的には1日に届くメールを見るだけで大変、選考が進めば日程調整が煩わしくなり、効率などの面でメリットが薄れてしまう。

さらに、最終選考や内定の段階では「結局最初に内定をもらった企業に入社」というケースも多いため、選択肢を増やし過ぎても無駄になってしまう事の方が多いのだ。

かけ持ち利用のポイントは連絡と手続き

転職エージェントなどをかけ持ち利用する際に注意すべきポイントは、担当エージェントへの連絡と、退会などの手続きだ。

義理堅い利用者の中には、他社に登録していることが悪いと考えて互いの担当者に言わないケースも多々あるのだが、担当者には「転職活動の全容」を連絡しておくことをおすすめする。

転職エージェント自身も2社以上の登録に肯定的な考えを持っており、応募者の転職活動全体の進捗が分かっていた方が的確なアドバイスができるからだ。

また、採用が確定したらそのエージェント以外は、退会の手続きを忘れないようにしておこう。

放置していると「転職活動中のユーザー」としてDMだけでなく、紹介やスカウトも継続して届く場合があるので、他社で採用が決まったらすぐに退会・停止の手続きをしておくことが最低限の利用者マナーだ。

まとめ

12社のIT転職に利用できる転職エージェントを紹介した。

12社を振り返ってまとめるので、実際の転職活動に利用できるよう、参考にして欲しい。

IT転職におすすめの12社一覧

業界大手転職エージェントマイナビエージェント

リクルートエージェント dodaエージェント

パソナキャリア

IT転職以外も扱っている業界大手の転職エージェント。
ほぼ日本全国の案件に対応可能、保有する求人案件数の多さなどが強み。
IT専門転職エージェントレバテックキャリア

ワークポーク

TechClipsエージェント

業界に精通しており、専門性が高い転職エージェント。
IT転職に欠かせない分野や扱える言語についてもきめ細やかな対応が強み。
独自性の高い転職エージェントGeekly(ギークリー)

TECH::EXPERT(テックエキスパート)

MEITEC NEXT(メイテックネクスト)

扱う案件をはじめ、他社にはないセールスポイントを持った転職エージェント。
未経験者向け転職エージェントリクらくエンジニア

ハタラクティブ

未経験からIT業界へチャレンジしたい転職希望者でも利用できる転職エージェント。
フリーターから、20代、第二新卒の転職向け。

転職エージェントとは

<転職エージェントを構成する3つ>

  • ①担当者(アドバイザー)が転職希望者のスキルや経験、希望に合わせて求人案件を絞り込む(マッチング)
  • ②求人企業への応募は全て転職エージェントからの紹介を通じて行う
  • ③利用開始から採用、入社まで、担当エージェントのサポートやアドバイスが受けられる

詳細解説その①業界大手転職エージェント

マイナビエージェント

  • 20代~30代前半や、初めてのIT転職におすすめ
  • 転職活動全体に手厚いサポートが欲しい、紹介件数は多い方がいい、といった人にも向いている

リクルートエージェント

  • 20代~30代のIT転職であれば希望に沿った求人案件に出会いやすい転職エージェント
  • スカウト機能を併用できるため、「面接確約」のオファーなど、有利に選考を進めることも可能

dodaエージェント

  • 多くの求人案件から自分の希望に合った求人案件を見つけることが期待できる転職エージェント
  • 紹介してくれる案件数が多い、面談やカウンセリングが丁寧だという定評がある

パソナキャリア

  • 大手総合転職エージェントの中でも、女性におすすめしたい転職エージェント
  • 利用者満足度ランキング1位など、高いサポート力も期待できる

詳細解説その②IT専門転職エージェント

レバテックキャリア

  • カウンセリングの良さや転職先情報のきめ細かさなどが評判となって利用者を増やしている
  • 転職先現場でのミーティングやヒヤリングが、応募者目線でのアドバイスを可能にしている

ワークポーク

  • IT・Web・ゲーム業界の求人に強く、その質と量はIT転職に特化した転職エージェントの中でもトップクラス
  • スピード重視で転職を決めたい利用者には向いている転職エージェント

TechClipsエージェント

  • 「高年収・高待遇のITエンジニアに特化」しており、特に30代以上のIT転職希望者におすすめ
  • 現役エンジニアによるカウンセリングなど、より高い精度でマッチングが行えるようになっている

詳細解説その③独自性の高い転職エージェント

Geekly(ギークリー)

  • ゲーム業界にも明るく、20代から40代と幅広い年齢層にもおすすめできる転職エージェント
  • スカウトサービスの利用、採用実績の年齢内訳のうち40代が20%など、40代も利用しやすい

TECH::EXPERT(テックエキスパート)

  • 最短10週間でITエンジニアに必要な知識やプログラミングを学習し、IT人材として転職を目指すサービス
  • 有料ではあるものの、業界内にパイプがあり、未経験者がスキルを身につけた上でIT業界へ転職できる

MEITEC NEXT(メイテックネクスト)

  • 製造業やメーカーに強く、主力としている求人案件はものづくりエンジニアが中心
  • IT業界だけでなく、製造業界も視野に入れた転職が可能

詳細解説その④未経験者向け転職エージェント

リクらくエンジニア

  • 20代を対象にITエンジニアの転職を扱っており、業界未経験者や学歴・職歴に自信のない転職希望者にも利用できる
  • 首都圏、20代で未経験からIT人材を目指す人に向いている転職エージェント

ハタラクティブ

  • 20代のフリーターからの転職、既卒、第二新卒向けの総合転職エージェントで採用企業の20%~24%はIT・通信関連
  • フリーターからの転職を得意としており、全国各地でコンサルティングが受けられる

IT転職でも「かけ持ち登録」が有効

かけ持ち登録は、IT系職種やIT業界の転職においても充分有効な手段

かけ持ち登録のコツ

  • 転職サイト、ダイレクト・リクルーティング(スカウト)サービスなども選択肢に入れて、「いい所取り」の状態を作る
  • フリーランスなど働き方の選択肢、社内SEなどIT業界以外の業界という選択肢なども視野に入れ、自由な発想で転職を考える
  • 思いつくまま何社も転職サービスに登録せず、まずは2、3社にしておく

かけ持ち利用のポイントは連絡と手続き

  • 転職エージェントの担当者には「転職活動の全容」を連絡しておく
  • 採用が確定したらそのサービス以外は、退会の手続きを忘れないようにしておく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
アバター

rira

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of