40代の転職事情とおすすめ転職エージェント5つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ひと昔前と違って、転職において40代は決して不利な年齢ではない。

そういった情報をもとに転職活動を始めたものの、厳しさや難しさを実感している人も少なくないはずだ。

一方で、転職した年齢別の割合から40代の転職を10年前・5年前・最近と並べてみると、維持または増加傾向にあることが公式の調査でわかっている。

<性、年齢階級別転職入職率> ※パートタイマーを除く(%)
平成21年度平成25年度令和元年度
男性・40代前半3.03.83.6
男性・40代後半3.12.73.7
女性・40代前半5.16.47.7
女性・40代後半4.65.76.0

※参照:厚生労働省 雇用動向調査

つまり、20代・30代の転職と比較すると簡単ではないかもしれないが、40代には40代の転職に適した方法があり、実際に転職もできているのだ。

その適した方法と実践のために、40代の転職では「転職エージェント」をぜひ利用してほしい。なぜなら、転職エージェントはキャリア経験や職種・業種、そしてさまざまな年齢層の人を転職に導いた経験を豊富に持っているからだ。

そこで本記事では、自身も転職を成功させ、企業の採用担当を務めてきた経験から、転職エージェントのメリットや活用ポイントについて解説していく。

また、実際に活用できるよう転職のタイプ別に40代転職におすすめの転職エージェントも紹介しよう。やみくもに好みの求人情報に応募を繰り返して難しさを実感するのではなく、より効率的に、理想の転職を実現するためのヒントにして欲しい。

40代の転職で転職エージェントを利用する3つのメリット

40代の転職では言うまでもなく、これまでの経験やキャリアが強みになる。

数ある求人情報から、自分の強みに合ったものを探し当てて応募していくという方法もあるが、自身の強みを正確に把握し、さらにそれに合った求人を絞り込んでいくには時間も手間もかかる。

その点、転職エージェントは応募者の強みを客観的に判断して、求人案件とのマッチングを行ってくれる。ここでは、転職エージェントを利用して40代で転職する時のメリットを中心に詳しく解説しよう。

メリット1. 求人票には書かれていないことが分かる

転職エージェントに比べ、自分で求人情報を探して応募していくと、その多くが書類選考を通過しない可能性が高い。

なぜなら、求人票には法令によって記載すべきことと記載してはいけないことがあり、求人票をただ見ただけでは求人企業の本当の意向がわからないことが多いからだ。

一方、転職エージェントでは求人票に記載されていない情報を含め、採用の可能性が高い企業とマッチングを行ってくれる。これは、メリットの一つと言えるだろう。

最も気になる年齢制限

企業から求人情報を預かる転職エージェントは、求人票に記載していない採用側の本音を把握している。求人票の情報だけでは企業のニーズに合わせて転職者の情報をマッチングさせることが難しいからだ。

例えば、求人票に「長期勤続によるキャリア形成のため(例外事由3号イ)」と記載した場合、39歳以下など応募者の年齢を限定できるのだが、その条件として「経験不問」にしなければならない。

経験者を求めている企業側は年齢制限をすることが出来ないため、転職エージェントは紹介者を絞り込むために、企業側が求める年齢を把握する必要があるのだ。

企業担当がターゲットとなる応募者を把握している

転職エージェントは、応募者側の担当者と企業側の担当者に分かれていることが多く、企業側の本音は企業担当のエージェントが把握している。

年齢に限らず、性別・スキル・キャリアなど、求人企業の理想とする人物像をヒアリングした上で求人案件を作成しているからだ。

応募者が求人票を見ても、応募の段階で求人企業の本音や、ターゲットとしている理想や条件を知ることは難しい。しかし、応募者側の担当者を通じて確認するなど、企業担当エージェントの持つ「求人企業が求める人物像」を知ることも可能なのだ。

メリット2. スキルやキャリアから求人を探すことができる

転職エージェントを利用することで、応募者自身の経験やスキルに対してレベルが低すぎる仕事や、高すぎる仕事を避けて応募することができる。

これは、転職エージェントが前述した「マッチング」を重視し、仕事内容や必要なスキルを企業・応募者の双方からヒアリングしているためだ。やりがいや年収の面から考えても、40代の転職では特に気にしておきたいところだと言える。

客観的に応募者のレベルを判断してくれる

自身の経験やスキルに対して、同等か少しレベルアップ出来る仕事、というのが転職における理想だ。

同業界同業種で同じレベルの仕事に転職しては、職場が変わるだけである。転職によって新しいチャレンジや年収アップを狙うと良いだろう。例えば、経験に対してレベルの低すぎる仕事はやりがいを失うだけでなく、年収ダウンの可能性が高くなる。

また、求人企業は40代の応募者に対して「即戦力」となることを期待しているケースが多いため、経験やスキルに対してレベルが高すぎる求人は、採用される可能性が限りなく低い。

このバランスを客観的に判断してくれるのも、転職エージェント利用のメリットの一つだ。

経験が重視される40代

繰り返しにはなるが、40代の転職では「経験を活かすことの出来る求人に出会うこと」が最短かつ最善と言ってもいい。応募者側から見ればある程度の年収レベル、企業側から見れば入社後すぐの成果をそれぞれ求めているからだ。

例えば、転職サイトで求人情報を見ても、その内容だけで企業側が求める成果までのスピード感や期待されているスキルの程度まではわかりにくい。

やはりここでも転職エージェントの持つマッチングの働きが、お互いのニーズをすり合わせるのに役立つはずだ。

メリット3. 年収額などの条件を維持かそれ以上にしやすい

転職エージェントを利用した転職活動は、自身で探して応募する転職に比べて応募者が理想とする転職に近付けてくれる。転職する上で重要ポイントとなることが多い、年収額や職場環境についても、転職エージェントの持つ情報を活かすべきだ。

例えば40代の転職では、大幅な年収アップよりダウンさせないことの方が重要なので、先に説明した通り転職エージェントの第三者的な視点が有効になる。

また、企業担当エージェントが実際に求人企業へ出向いて把握している、職場の年齢構成や雰囲気も大いに判断材料となるだろう。年収や仕事内容だけでなく、年下上司への不安なども解消できる可能性が高い。

転職エージェントとの相談やアドバイスを通じて「ただ職場が変わっただけ」の転職ではなく、ステップアップも望めるはずだ。

40代男女別、転職エージェントを利用したいケース

転職エージェントを利用する理由やメリットを踏まえて、特に40代の男女別に、転職エージェントを利用して欲しいケースを紹介する。

40代で転職を検討しており、ここで紹介するケースに当てはまるならば、転職エージェントを利用した転職活動で、理想とする転職を実現して欲しい。

40代女性はキャリア採用が有利になる可能性大

経験やスキルのほか、即戦力が重視される40代の転職において、女性管理職のニーズは今後高まってくる可能性が高い。

政府は「2020年までに女性の指導的地位の割合30%」を目標にしているが、2019年6月の「男女共同参画白書(※)」によればその目標に大きく届いていないためだ。

この調査で女性の占める割合は、就業においては44.2%とほぼ世界水準だが、いわゆる管理職では14.9%と目標を大きく下回る。

つまり政府の後押し次第ではあるが、企業は女性の管理職を、経験やスキル・即戦力の面で期待できる中途採用に頼る可能性が大きいということだ。

これまで一貫したキャリアを持っている女性はもちろん、結婚や子育てでキャリアを中断した女性も、転職エージェントに相談することでキャリア採用のチャンスが広がるはずだ。

※参照:『令和元年版 男女共同参画白書(概要)』内閣府男女共同参画局

40代男性はマネジメント、リーダー経験が強み

同様に、40代男性にとって、マネジメント経験やリーダー経験は40代転職の強みになる。ニュースなどでも言われているように、就職氷河期の影響でプロパー社員が足りず転職者のキャリア採用に頼っている企業は多い。

これまでのキャリアで、総合職・専門職にかかわらず、チームや部署の中核を任されてきた40代はまさに企業が求めている即戦力の人材と言ってもいいだろう。

一貫したキャリアを持っている40代、または転職によってキャリアアップに成功してきた40代は転職エージェントを利用してキャリア採用を狙いやすいだろう。

ただし、転職の動機が「管理職である自身の負荷が高すぎる」という場合は、転職先で同じ状態にならないよう、エージェントの情報を利用したいところだ。

実績の分かりやすい営業職・技術職・専門職

数字や成果などが具体的に分かりやすい40代の応募者は、転職エージェントにとって紹介しやすい応募者となる。

自身がまとめた契約案件や携わった開発・施工案件など、これまでの実績がわかりやすい業種や職種は、転職後の成果につながるだけでなく、仕組みづくりなどのノウハウの面でもアピールポイントが多いからだ。

また、医療・介護・IT系などの専門的な分野では、転職回数が多めであっても、扱ってきた内容で有利になることが多い。

さらには、実績から見たノウハウや指導力への期待から、新事業部の立ち上げや成長企業の仕組みづくり、IPO準備など、企業をけん引していくようなポジションの求人も候補に挙がってくるはずだ。

こうした求人情報は自分で探しても気付きにくく、第三者的な視点から提案してくれる転職エージェントならではの選択肢と言えるだろう。

40代転職の転職エージェント利用のポイントとおすすめエージェント

ここまで、40代の転職で転職エージェントを利用するメリット、そして特に積極的に転職エージェントを利用したいケースについて解説した。

ここからは、実際に転職エージェントを利用した転職活動ができるよう、選び方とおすすめの転職エージェントを紹介する。

加えて、転職エージェントを利用する際のポイントを解説するので、自分の転職シーンに照らし合わせて役立てて欲しい。

事前準備:狙いたい転職先に合わせた職務経歴書をつくる

40代の職務経歴書はどうしてもボリュームが出てしまうため、実績やスキルなどを、狙いたい転職先に合わせて見やすくカスタマイズして欲しい。

ただ時系列に沿って書き出しただけでは、企業の採用担当者にとって見づらいだけでなく、転職エージェントによるピックアップやマッチングにも影響しかねないからだ。

職務経歴書は時系列に沿って記載するのが基本だが、「自身が転職しようとしている業種や職種」と関係の薄い経験や実績はごく簡単にするか、記入しなくても良い。

取捨選択については転職エージェントにも相談すると確実だが、「念のため書いておく」という過去の実績より、「書かなければ埋もれてしまって目立たない」というアピールポイントの方が重要だということだ。

心構え:4か月以上の中~長期戦に備えよう

40代の転職は、転職エージェントに登録してから4か月以上かかることが多い。ある程度の中~長期戦になると考えてプランを立てるべきだ。

他の年齢層と比較して40代向けの求人が少ないせいでもあるが、給与などの条件・仕事内容・キャリア採用かどうかなどは簡単に妥協できず、慎重さが求められるからである。

また、40代は責任ある立場を任されていることも多く、内定を受けてから転職先への入社まで、退職交渉や引継ぎに2か月ほど要することもざらにある。

焦って転職に失敗すると、やり直しはより難しくなる。そのため、効率よく、ただし必要な時間をしっかり使って、理想に最も近い転職を実現することが大切だ。

重要!自分に合った転職エージェント選び

言うまでもなく、40代の転職では自分に合った転職エージェントを利用することが最も大切なポイントとなる。

転職を考えている40代は、就業中かつ社内で比較的忙しいポジションにいることが多いため、トライ&エラーを繰り返しながらエージェントを替えていくやり方は非常に煩わしいはずだ。

いくつもの求人案件をざっくり見てチャンスを逃したり、就業している今の仕事に影響していては、転職成功とはいえないだろう。

自分に合った転職エージェントにポイントを絞って、効率よく進めていくことを心がけたい。

登録しておきたい、大手総合転職エージェント

40代の転職でも、大手総合転職エージェントへの登録は押さえておいた方がよい。

前述したように中~長期戦を考えた場合、求人案件を多く持っている大手総合転職エージェントであれば安定して紹介を受けやすいからだ。

紹介された案件の取捨選択や応募した求人の合否を考えると、ある程度の紹介数がないと転職活動自体が滞ってしまう。そこで、2社以上の登録、うち1社は大手総合の転職エージェントとしておくことをおすすめする。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、登録ユーザーでも求人案件数でも国内トップクラスの大手総合転職エージェントだ。

40代の転職が厳しい、難しいと感じるのはなかなか面接までたどり着かないことも大きな理由の一つである。

なぜなら、40代は「書類選考通過率」が低く、「面接通過率」が高い。つまり、面接までこぎつければ採用される可能性が高いため、書類選考のキーアイテムである職務経歴書と紹介案件数が重要となる。

リクルートエージェントで作成する職務経歴書は、企業の採用担当者から見ても質が高く、言うまでもなく求人案件も充実しているため、採用可能性の高い転職活動の助けになるはずだ。

専門性の高い転職は、それに特化した転職エージェントを

IT系や医療・看護系などの転職では、それぞれの専門性が高く、その需要に特化した転職エージェントの利用をおすすめする。

40代の転職では採用の可能性を上げるために、紹介数や案件数の多さで転職エージェントを選ぶのが定石だが、自身で絞り込む手間や時間がかかってしまう。

一方で、ある分野に特化した転職エージェントはその業界や業種の出身者である場合も多く、アドバイスや相談への対応でも、転職活動の頼れるパートナーになってくれるはずだ。

一貫した専門性のあるキャリアを活かす転職の場合は、自身の志向に合った転職エージェントを利用しよう。

IT系:マイナビエージェント×IT

現在、IT・Web業界に特化した転職エージェントや転職サイトは多くあるが、求人案件数の多さや対応エリアから考えてもマイナビエージェントをおすすめしたい。

マイナビエージェント×ITのキャリアアドバイザーは業界出身者など、IT業界に対して専門的な知識を持っており、年齢やスキルに応じた細やかなアドバイスが可能だからだ。

元々若い年齢層や初めての転職に強みを持っている転職エージェントではあるのだが、オリコンの顧客満足度ランキングでも、40代からの支持が高くおすすめできる。

専門性はもちろんのこと、マイナビエージェントの持つ転職サポートを最大限活用したいところだ。

医療・看護系:看護roo! カンゴルー

看護師の転職エージェントは案件数より、アドバイスの丁寧さや、転職エージェントそれぞれが持つ独自の強みが利用者にとってポイントとなる。

いくつか有力な転職エージェントの中でも看護roo!は、病院など職場内の雰囲気や情報を持っているという点で40代の看護師転職におすすめだ。

40代から看護師をスタートするような場合、家庭と両立できる夜勤なしの求人、准看護師の求人など、それぞれの都合に合わせた幅広い選択肢と、職場の実態が分かれば積極的に応募できるはずだ。

看護師という資格を活かしながら、自分に合った働き方を検討したい人におすすめの転職エージェントだろう。

キャリア・エグゼクティブ転職はダイレクトリクルーティング型サイトも有効

40代の転職では、キャリア(管理職)採用やエグゼクティブ(部長、役員クラス)採用も積極的に検討したいところだ。

こういったケースの転職では、正確に言えば転職エージェントではなく担当者のサポートもないのだが、ダイレクトリクルーティング型の転職サイトをおすすめしたい。

企業担当者や経営層が登録ユーザーの情報を直接見てスカウトやオファーを行うため、求められて応募することが可能なのだ。

キャリア・エグゼクティブ採用は、とにかくその人材の経験やスキルが企業の求めるものに合っていることが重視されるため、「直接スカウト」という手法が理にかなっているのだ。

ビズリーチ

ダイレクトリクルーティング型の転職サイトでの中でも利用者が多く、現在最も有力なサービスがビズリーチだ。

年収600万円以上、または700万円以上という条件から登録し、企業も40代以上の即戦力や管理職経験者を期待して利用している。

また他のサービスと異なる特徴として、転職希望者がすべての機能を使うためには月額料金が必要となるという点がある。

ただ実際の利用方法として、無料で公開しておいてスカウトを受けた段階で課金するユーザーも多いようだ。転職エージェントとの併用など、ビズリーチを上手に利用して理想の求人につなげて欲しい。

JACリクルートメント

管理職やエグゼクティブなど、高年収を対象にしたハイクラス求人で転職エージェントを利用するなら、JACリクルートメントもおすすめだ。

JACリクルートメントはハイクラス求人の扱いでは老舗クラスで、現在ではダイレクトリクルーティングの仕組みや、オファー機能も利用することができる。ただし、対応エリアの主力が首都圏となっているため、利用の際には確認して欲しい。

JACリクルートメントでは、担当者が企業側も応募者側も担当するため、スカウトに近いマッチング力と転職エージェントのサポート力を兼ね備えているため、おすすめだ。

40代が積極的に応募していい求人とは?見るべきポイント3つ

ここまで解説してきたように、40代の転職は適した方法と狙い目をおさえることがポイントだと言える。

最後に、求人票に記載してある実際のワードから、40代が応募するのに厳しいもの、積極的に応募したいものを例とともに挙げよう。転職エージェントから紹介される求人はもちろんのこと、その他の求人情報を見る際にも参考にしてみて欲しい。

ポイント1. ターゲットとしている年齢層が分かる記載

先に説明した通り、求人票では法令によって年齢を限定することが制限されているため、間接的な表現になっていることがある。

具体例を挙げるので、自身がその求人のターゲットに近いのかそうでないのかの判断材料にして、より採用の可能性の高い求人へ応募を決めて欲しい。

「20代活躍中、女性活躍中」

「20代活躍中」や「女性活躍中」という記載は、ターゲットのアピールに最も使われる表現だ。

求人企業側の意図としては、「活躍中」と記載することで、その年代や性別の応募者がより安心して応募できるようにわざわざこういった記載の仕方をしている。

この例においては、40代男性はターゲットから遠い、と判断していいだろう。

企業の平均年齢、部署の年齢構成

おすすめでも紹介したリクルートエージェントの求人票では、企業の平均年齢や部署の年齢構成を公開しているものもある。

もちろん公開されている年齢層に対して「合わないかも」と気を遣いすぎる必要はないが、年下の上司などに難しさを感じる場合は参考になるだろう。

少なくとも部署の年齢構成までしっかり記載する求人では、ある程度ターゲットとする年齢層が固まっていると考えて応募を検討して欲しい。

給与例からはキャリアパスも読み取れる

「給与例(○歳・○年目)」といった情報からは、その求人企業の概ねのキャリアパスが見て取れる。

基本的には実際に勤務している社員の実績から掲載しているため、何歳だと勤続何年目で、ポジションや給与額はどの程度か、ということが読み取れるはずだ。

これも気にしすぎることはないが、20代・30代の給与例しか記載されていない場合より、「40代・2年目」などの給与例がある方がターゲットに当てはまっている可能性が高いはずだ。

ポイント2. 標準的な年齢層と期待される役割

求人票などの求人情報には「リーダー候補」「マネージャー候補」などの記載があり、主に期待される年齢層も若干変わってくる。

明確にキャリア採用である場合、求人企業でもある程度ターゲットとする年齢層が決まっていることが多いが、「候補」とした場合は応募者が思うより若い年齢層をターゲットにしている場合も少なくないのだ。

迷った時は転職エージェントに相談してみることをおすすめするが、具体例を挙げながら40代が応募しやすい求人を見ていこう。

リーダー、リーダー候補

リーダーという記載は一般的に主任クラスを指し、概ね30代くらいを想定していることが多い。

リーダー候補だとさらに若年層をターゲットにしていることが多いため、40代の転職としては給与水準や仕事内容も若干足りないと感じることもあるだろう。

ただし、新規事業の立ち上げなどプロジェクトリーダーとしての求人は、経験豊富で即戦力や指導力が期待できる40代が歓迎されるケースもある。

単に採用されやすいかどうか、だけではなく、仕事内容に対するスキルややりがいからも検討してみると良いだろう。

マネージャー、マネージャー候補

マネージャーは一般的に課長クラスを指し、40代もターゲットに入ってくるキャリア求人といえる。

マネージャー候補は30代から40代前半がターゲットとなることが多く、キャリア求人ではマネジメント経験を問われるのに対し、マネジメント経験がなくても対象となることがある。

短期間で管理職になって欲しい求人、前任者退職による求人などはほぼキャリア求人と考えて、40代でも積極的に応募していい求人案件といえるだろう。

ポイント3. 経験年数や資格の要件もチェック

求人情報に登場するワードからターゲットを読み取る方法を紹介したが、経験年数や資格など応募要件からもある程度その求人のターゲットを知ることができる。

求人票をチェックする際には、仕事内容や給与、条件だけでなく自分に有利な情報を見逃さないようにチェックして欲しい。

また、自身にとって価値のある求人を効率よく詳細にチェックするためにも、一次的に絞り込んでくれる転職エージェントの利用はした方が良いだろう。

経験年数

40代の転職で、ある程度の給与水準を維持したいのであれば「経験年数5年以上」といった応募要件が狙い目だろう。

これは言うまでもなく、即戦力を期待しており、さらには仕組みづくりや指導力にも期待が及んでいるケースが多い。

反対に、経験年数が「1年以上」や「不問(未経験可)」の場合は、若年層をターゲットにしている場合が多く、40代で問題ない場合も年収ダウンは覚悟しておくべきだ。

「尚可」

案外見落としがちなのだが、応募要件の「必須」と同じように「尚可」の要件もチェックして欲しい。

必須とはあくまで最低限、転職時に持っていて欲しい経験やスキルで、尚可はさらにこのスキルや経験があれば即戦力として欲しい、という意味で記載されている。

40代の転職であれば応募者によって様々な経験が身についているはずだ。資格や経験・スキルなど、マッチングの度合いがより高い求人に応募して、理想の転職に近付いて欲しい。

まとめ

今回は、40代の転職で注意すべき点や転職エージェント利用のポイント、おすすめの転職エージェントを解説した。

ここまでの記事を振り返ってまとめるので、年齢や経験に沿った方法や転職エージェントの利用によって理想の転職を実現して欲しい。

40代の転職で転職エージェントを利用するメリット

  • 40代の転職ではこれまでの経験やキャリアが強みになる
  • 求人票には記載されていいない情報を含め、採用の可能性が高いマッチングを行ってくれる
  • 求人票に記載がなくても紹介者を絞り込む設定として企業側が求める年齢を把握している
  • 企業担当の転職エージェントが知る「求人企業が求める人物像」を教えてもらうことができる
  • 客観的にスキルやキャリアを判断して求人を紹介してもらうことができる
  • 年収額などの条件を維持かそれ以上にしやすい

男女別、転職エージェントを利用したいケース

40代女性はキャリア採用が有利になる可能性大

  • 政府の施策「男女共同参画」の影響で、女性の就業や女性管理職に積極的な企業が出てきている
  • 結婚や子育てでキャリアを中断した女性も「キャリア採用」のチャンスが生まれる

40代男性はマネジメント、リーダー経験が強み

  • 管理職を任せられる40代のプロパー社員が足りず、転職でのキャリア採用に頼っている企業は多い
  • チームや部署の中核を任されてきた40代はまさに、企業が求めている即戦力の人材と言える

実績の分かりやすい営業職、技術職、専門職

  • 数字や成果などが具体的に分かりやすい40代の応募者は、転職エージェントにとって紹介しやすい
  • 医療、介護、IT系など専門的な分野では転職回数が多めでも扱ってきた内容で有利になることが多い
  • 新事業部の立ち上げや成長企業の仕組みづくり、IPO準備といったポジションも期待できる

40代転職の転職エージェント利用のポイントとおすすめエージェント

  • 事前準備:狙いたい転職先に合わせた職務経歴書をつくる
  • 心構え:4か月以上の中~長期戦に備える

自分に合った転職エージェント選び

登録しておきたい、大手総合転職エージェント

40代の転職でも大手総合転職エージェントへの登録は押さえておいた方がよい
安定した紹介数を確保するため、2社以上の登録、うち1社は大手総合としておく

リクルートエージェント

  • リクルートエージェントで作成する職務経歴書は採用担当者から見ても質が高い
  • 求人案件が充実しているため、採用可能性の高い転職活動がしやすい

専門性の高い転職は、それに特化した転職エージェントを

IT系、医療・看護系などは、専門性の高い、その需要に特化した転職エージェントの利用を
ある分野に特化した転職エージェントは、その業界や業種の出身者である場合も多い

マイナビエージェント×IT

  • 業界出身者など、IT業界に対して専門的な知識を持っており、細やかなアドバイスが可能
  • マイナビエージェントの持つ転職サポートを最大限活用するのがおすすめ

看護roo! カンゴルー

  • 病院など職場内の雰囲気や情報を持っているという点で、40代の看護師転職におすすめ
  • 応募者の都合にマッチした幅広い選択肢と、職場の実態を知ることができることが強み

キャリア・エグゼクティブ転職はダイレクトリクルーティング型サイトも有効

キャリア・エグゼクティブ採用は、ダイレクトリクルーティング型の転職サイトがおすすめ
経験やスキルが企業の求めるものに合っていることが重視される

ビズリーチ

  • ダイレクトリクルーティング型の転職サイトでの中でも利用者が多く、現在最も有力
  • 転職エージェントとの併用など、ビズリーチは上手な利用方法をとるのがおすすめ

JACリクルートメント

  • ハイクラス求人の扱いでは老舗クラスで、現在ではオファー機能も利用することができる
  • 対応エリアの主力が首都圏となっているため、利用の際には要確認

40代が積極的に応募していい求人を見極める

  • 「20代活躍中、女性活躍中」といった記載は、その年齢層をターゲットにしている場合が多い
  • 求人票で、企業の平均年齢や部署の年齢構成を公開しているものもある
  • リーダーという記載は一般的に主任クラスを指し、概ね30代くらいを想定していることが多い
  • 新規事業の立ち上げなどでは、経験豊富で即戦力や指導力が期待できる40代が歓迎されるケースもある
  • マネージャーは一般的に課長クラスを指し、40代もターゲットに入ってくるキャリア求人といえる
  • マネージャー候補は、30代から40代前半がターゲットとなることが多い
  • 「経験年数5年以上」といった応募要件や、「尚可」の項目を満たせる場合が狙い目
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
アバター

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of