未経験からハイクラスまで! IT転職を成功させるための全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

いわゆるITバブルの時期は過ぎたものの、情報技術は常に新しくなり、IT業界は人材を求めている状況が続いている。

IT系の技術者としてスキルを磨き、キャリアや経験があれば、大手からベンチャーに至るまで選ぶことができ、より好条件、厚待遇での転職も可能と言っていいだろう。

一方で、拡大しているIT業界に未経験から転職したい場合も、国家資格や国際認定によって知識やスキルを測るものさしが整備されてきているため、今からでも勉強すればスキルをアピールすることができる。

転職するにあたって自分自身の仕事内容や、給与などの待遇は大切だ。

しかしそれと同じように会社や業界の将来や業績を気にしていることだろう。

その点、IT業界は今後しばらく「仕事に困る」ことは起こりにくく、世界的に成長している業界で、転職先としても魅力的だ。

そこで、社内SEやファシリティマネジメントからIT人材まで、現場で携わってきた筆者がIT業界の転職について解説する。

IT業界未経験者から、経験を活かしたい転職まで、IT業界で理想の転職をするのに役立てて欲しい。

目次

IT業界の職種と資格事情

IT業界はその専門性や業務内容によって細かく職種が分かれている。

まずはIT業界独自の職種について、業界未経験の人はもちろんのこと、業界経験者もここで確認しておこう。

また、職種によって専門性が異なるため、選考の際には経験だけでなく資格を見られることも多い。

転職にあたって取得しておいた方が有利になる資格についても見ておきたい。

運用系、開発系からインフラエンジニアまで・IT系職種一覧表

次の表はIT系職種とその仕事内容をまとめたものだ。

会社によって実際の業務範囲や呼び方は多少異なる場合もあるが、業界内での職種と仕事内容はほぼ共通している。

転職にあたっては、スキルや経験を表すのに分かりやすいというメリットもあるので再確認しておいてほしい。

ITコンサルタント ITを活用して企業の課題を解決する専門家
どのようなシステムを導入すれば課題が解決できるかを提案する
プロジェクト・マネージャー(PM) プロジェクトの統括責任者
予算・品質・納期に対して責任を持つ
プロジェクト・リーダー(PL) プロジェクト遂行の現場責任者、プロジェクトチームのリーダー
メンバーに対しての指示や進捗管理を行う
システムエンジニア(SE) システムの設計・開発・テストを手掛ける技術職
クライアントのニーズに基づいてシステムを設計し、プログラマに指示を出す
プログラマ(PG) SEなどが作った設計に基づいて、プログラム言語を用いてシステムやソフトウェアを実際に作る、コーディング=プログラムを書く仕事
サーバーエンジニア サーバーを構築・設計し、保守管理する
ネットワークエンジニア ネットワーク設計から要件定義、構築、保守・監視、運用を行う
データベースエンジニア データベースの開発・設計、管理、運用を行う
セキュリティエンジニア 個人情報漏えいやウィルスの感染防止のために企画、設計、実装、テスト、運用などを行う
運用保守システムエンジニア
障害対応
サーバーやネットワークが正常に動くように、運用管理や障害対応を行う
テクニカルサポート
ヘルプデスク
企業が提供しているハードウェア製品やソフトウェア製品などの商品やサービスについて技術的な問い合わせ対応、トラブル解決のサポートを行う
社内システム(社内SE) ITを利用する企業内で自社の業務に利用するためのシステム開発や設計、メンテナンスを行う
製品開発/研究開発 新たなツールやアプリケーションを開発したり、改良・改善したりする
AIやその関連技術、高速通信技術などについて研究する
品質管理/QA/QC ハードウェア製品、ソフトウェア製品の品質水準を管理し、品質を維持または向上させる
システム運用 サーバーやネットワークの監視、トラブル対応やバックアップ、トラブル防止の実施や新しいシステム導入の検討などを行う

※出典:マイナビエージェント「わかりやすい!IT・エンジニアの職種図鑑」より

ITコンサルタント、プロジェクト・マネージャーには広い知見が必要

ITコンサルタントとプロジェクト・マネージャーはITに関する知識だけでなく、人、モノ、コストなどに関しても広い知識や管理する能力が求められる。

そのため給与も比較的高く、転職するにあたってもハイクラス専門の転職サイトなどを利用するのが向いているだろう。

例えばIT業界で経験を積んで上流の仕事を任されるような場合や、異業界でマネジメント、転職してITの知識を身につけた場合などがある。

特に30代後半や40代の転職ではITコンサルタントやプロジェクト・マネージャーの経験を問われることが多いので、職務経歴書や面接で詳細な経験をアピールする必要があるだろう。

システムエンジニアは設計を、プログラマは製作を担当する

IT系職種としてよく知られている基幹部門がSEとPGで、IT転職の求人の中で最も案件数が多い職種だ。

急成長しているIT業界にあって特に慢性的な人材不足な職種でもあるため次のような事情もある。

  • 外国人採用に積極的
  • 派遣社員の割合が多い
  • SEがコーディングもする(PGを兼任する)
  • オフショア開発など海外へもアウトソース

求人数が多いため転職はしやすいが、こうした環境の中で自身のやりがいや仕事のスタイルを見つけていくことになる。

人事や方針が流動的な一面もあるため、ある程度柔軟な考え方も必要だろう。

サーバー、インフラエンジニアは外回りも多い

プログラムと違ってサーバーやネットワークに携わる職種の場合は、オンサイト対応が求められることも少なくない。

セールスエンジニアのようにエリアを任され、何かあればサーバーのある場所まで行って対応するのだ。

一方で近年では技術の向上により、リモートでのメンテナンスがメインになってきている。

  1. ヘルプデスク、サポートデスクが窓口となって問題を把握
  2. その原因に合わせてサーバー、ネットワーク、セキュリティ、障害対応など該当のエンジニアが対応
  3. リモート操作で対応できないものはエンジニアがオンサイト対応

小規模なIT企業ではこれらを数人のサービスエンジニアが兼任して行うことが多く、大手企業では部署単位で対応していることが多い。

3年から5年ほどでこうした技術も変化していくため、スキルや知識を磨きながら、「やり方」にも柔軟に適応していくことが必要だろう。

未経験者必見! IT転職に有利な資格

細かい職種からもわかるように、システムとプログラム、ネットワークとサーバーなど、関連はしているがそれぞれ異なる知識を必要としている。

そしてその知識を測る「ものさし」として、IT業界の転職にはその職種に合った資格の保有が絶対に有利だ。

その中でも様々な職種に共通して取得しておくべき資格は「基本情報技術者」だ。

資格について詳しく解説するので、特に未経験でIT業界へ転職するなら、最低でも基本情報技術者資格と、希望職種に合った資格取得を検討してみて欲しい。

IT全般への理解を深める「基本情報技術者試験」

基本情報技術者試験は、独立行政法人情報処理推進機構が行っている、IT人材のための国家試験だ。

出題範囲は、コンピュータシステム、システム開発と運用、データベース、セキュリティ、そしてプログラミングまで幅広い。

午前・午後それぞれ150分のマーク式、正答率60%以上で合格、合格率は25%ほどと言われている。

ITの基礎知識では「ITパスポート試験(国家資格)」があるが、こちらはスキルレベル1に区分され、基本情報技術者試験はスキルレベル2に区分されている。

IT転職を有利にするための資格としては、基本情報技術者試験をスタートラインにすることをおすすめしたい。

さらにステップアップしたいIT人材向け資格

IT人材向け資格一覧

ORACLE MASTERには「Bronze」から「Silver」、「Gold」、「Platinum」までがあり、Silver以上は国際認定で、まずはBronze、Silverでも充分だろう。

IT業界未経験で利用したい転職エージェント

このようにIT系職種や資格を見ていくと未経験の転職は難しいように思えるかもしれないが、未経験者採用は確かにある。

その理由のひとつには、拡大する市場に業界の人材が追い付いていない、人材不足が挙げられる。

経済産業省のプレスリリースによれば、2020年には36.9万人、2030年にはその2倍にまで人材不足が拡大する見通しとなっているのだ。

確かにIT業界での転職求人は、その多くが経験者採用となっているが、現状でも求人の2割程度が未経験者採用と言われている。

未経験者採用に強い転職エージェントを紹介するので、この人材需要の波にうまく乗って、希望するIT業種への転職を成功させてほしい。

未経験にも2種類ある

IT職種の未経験求人には、希望と異なるIT職種の経験はある場合と、業界自体全くの未経験の場合がある。

当然ながら、例えばサーバーエンジニアの経験があってPGやSEになりたい場合など、職種違いの未経験であればある程度転職はしやすい。

しかし、全くの業界未経験の場合でも求人や採用実績がないわけではない。

こうした未経験求人が多く見受けられる転職エージェントには、マイナビエージェントITなどが挙げられる。

IT業界で専門性が高ければ高いほど未経験可の案件は少なくなる。

求人案件が多い大手転職エージェントで、IT転職に特化した転職サイトから探した方がより希望に近い転職に近づけるはずだ。

未経験のIT転職案件が多いおすすめ転職エージェント

IT業界が全くの未経験でも求人案件があり、さらに転職そのものが初めてでも親身にサポートしてくれるサイトを厳選した。

未経験のIT転職案件が多いおすすめ転職エージェント

いずれも利用者の数も多く、さらに未経験の多い第二新卒、20代の転職に強いなどの特徴を持つ転職エージェントだ。

前出の一覧表など、IT職種からよく考えてどういった仕事がしたいのか、具体的に相談して欲しい。

大手転職エージェントサービスで気を付けること

大手転職サイトやエージェントサービスを利用する際に気を付けるべき点として、ITの専門知識とはあまり関係のない求人も多いということが挙げられる。

IT業界内の仕事ではあるものの、管理部門の事務や営業サポート、電話オペレーター、簡単なデータ入力などだ。

専門的なIT系職種への転職が希望であれば、研修制度のある企業や少なくともIT職種の経験となる仕事内容を、エージェントと相談して選ぶことが大切だ。

また、未経験であれば資格取得など、自分のスキルを高めるために学ぶ姿勢も重要だろう。

全くの未経験ならスクールを利用して転職も

全くの未経験の場合にはスクールを利用してから求人案件を紹介してもらう方法もある。

スクールを運営またはスクールと提携している転職エージェントとして次の2つを紹介しよう。

全くの未経験ならスクールを利用

スクールには当然ながら時間と料金がかかるが、スタート時点で年収に100万円以上の差がつくこともある。

また、スクールや教育プログラムを終えた時点で転職エージェントから求人の紹介が始まる。

長い目で見て自分自身に投資することも、転職を成功させる方法のひとつだろう。

レバテックビギナー

IT人材を専門に扱う人材会社である「レバテック」が行っているサービスだ。

レバテックビギナーのウェブページから「相談する」へ進み、未経験であることなどの相談からスタートする。

登録後、レバテックが提携するIT系スクールを紹介され、修了した後で希望すればレバテックから求人紹介を受けることができる。

提携スクールも多く、希望する業種に合わせたスクール選び、入学金割引などレバテックを経由するメリットもある。

レバテックの料金や期間の例※提携スクールによる

  • 受講期間:60日(短期集中)
  • 学習時間の目安:20~25時間/週
  • 受講料:398,000円(レッスン回数制限なし)

TEC::EXPERT

TECH::CAMPなども運営しており、IT人材の育成に力を入れている。

中でもTEC::EXPERTでは、スクールから就職支援までを一貫して行っていることが特徴だ。

そのため、希望のIT職種を相談する、それに合わせた受講ができる、身につけた知識やスキルに合った転職先を紹介してもらえる、という、未経験が安心て利用できるサービスとなっている。

TECH::CAMPの料金や期間の例※提携スクールによる

  • 受講期間:10週間または6か月
  • 学習時間:トータル600時間
  • 受講料:498,000円(オンライン受講は398,000円)

IT業界経験者・ハイクラス転職

IT業界・IT職種の転職ではその求人の8割は経験者採用と言われており、人材不足ということもあって「転職希望者が会社を選んで転職できる」ことも少なくない。

自身の経験やスキルに合った仕事内容、目標としている給与や待遇、希望の働き方ややりがいなど、転職エージェントとよく共有しておくことが転職成功のコツだ。

また、特に30代後半以上、40代の転職ではITエンジニアの経験だけでなく、コンサルタントやPM、PLの経験も求められる場合が多い。

ハイクラス求人案件では、単に経験者だというだけでなく、システム構築や運用、プロジェクトの全体像への理解や管理能力が問われると考えておいて間違いはない。

経験者におすすめの転職エージェント5選

IT業界験者におすすめの転職エージェントには次のようなものがある。

ビズリーチ、JACリクルートメントなど、IT業界以外でもよく利用される転職エージェントでもハイクラス案件を扱っているが、特化したサービスの方がエージェントの専門性は高い。

IT業界に特化した転職エージェント「レバテック」

レバテックはIT業界の転職に特化した転職エージェントの中でも、利用実績や求人数トップクラスとなっている。

転職エージェントのサービスは、レギュラーの「レバテックキャリア」のほか、ハイクラス求人の「レバテックエキスパート」などのコンテンツも展開している。

特にレバテックエキスパートでは年収800万円以上の転職を掲げており、ITコンサルタント、プロジェクト・マネージャーなどIT職種の総合職、エキスパート求人を扱っている。

可能性を広く持ちたい若手向け「ギークリー」

ギークリーで扱うのは、ITだけでなく、Web業界やゲーム業界の求人案件だ。

Webやゲームなどの業界でも、ITやシステムの知識には共通点が多く大いに活用できる。

非公開求人は6,000件以上、経験に応じて高収入案件にこだわった転職も可能だ。

業界に精通しており、職場の雰囲気やその企業のカルチャーなど求人票以外の情報もふまえてアドバイスしてくれる。

IT業界での経験から、ウェブ業界、ゲーム業界で役に立つスキルや共通の技術も少なくない。

自身のやりたい仕事の可能性を広げたい若手から、経験を存分に活かしてハイクラス転職を実現したいベテランまで、使ってみて欲しい転職エージェントだ。

首都圏限定だが、ハイクラス求人ならこの転職エージェント

次の2つは一都六県、首都圏を対象としたサービスだがハイクラス案件で強みを持っている。

Tech Clips エージェントでは、保有案件のうち82%が年収500万円超という「高収入・高待遇に特化したITエンジニア向け転職エージェント」だ。

また大きな特徴として、転職エージェントはIT業界に携わってきた専任コンサルタント、現役エンジニアによるカウンセリングなど、専門性の点で徹底している。

type転職エージェントITは、このサービスを利用した転職者の年収アップ率が71%と、年収アップを転職の目的としている場合には注目したいエージェントだ。

type転職エージェントは総合サービスでも、IT、Web、通信に強いというもとからの評判があった転職エージェントだ。

IT専門のコンテンツでも、専任コンサルタントや求人案件など、専門性に不安は感じられない。

どちらのサービスも経験やスキルセットに自身のあるITエンジニアにはぜひ利用してみてもらいたい転職エージェントだ。

どう伝えるのがベスト? IT転職の志望動機と退職理由

IT転職ではスキルセットや経験を重視する傾向にあるため、職務経歴書などから「何ができるのか」という点が採用の合否を分けることも多い。

しかしその一方で、比較的自由な企業カルチャーやプロジェクトにおけるチームワークへの貢献など、柔軟な人材、ヒューマンスキルの高い人材が求められている。

特に、まだスキルの低い第二新卒や若手層、クライアントやチームメンバーを相手に仕事をするプロジェクト・リーダーやマネージャー、ITコンサルタントなどの場合はこうした部分も重要視される。

履歴書や面接での受け答えもしっかり準備して臨みたい。

未経験の志望動機と退職理由

未経験の志望動機と退職理由は次のポイントを押さえておくと良いだろう。

未経験の志望動機と退職理由のポイント

  • IT業界の仕事がしたかった、ということが退職理由で良い
  • なぜIT業界での仕事がしたいと思ったのか
  • なぜその中でもその転職先の企業を選んだのか
  • IT業界に入って何がしたいのか

未経験の業界や職種への転職の場合、その仕事内容に関する理解はほとんどないはずだ。

最初に紹介した職種一覧など、事前に業界について調べ、何がしたいのか、どうなりたいのかを明確にしておこう。

未経験で重要なのは志望動機だけ

未経験の場合は、なぜこの仕事をしたいと思ったか、という一点をしっかり説明できれば、それがそのまま退職理由にもなる。

  • 自分のパソコンには趣味の画像や動画がたくさんあるが、これにタグ付けをしたり、仮想のクリップを付けたり、もっと見やすく直感的に整理整頓できるソフトウェアがあると良いと思った
  • 企業向けにはそのようなソフトウェアがあると聞いて製作元の御社を知った
  • 処理が早く、直感的で、使いやすい、一般ユーザーでも使いやすいソフトウェアを作れるようになりたい

このように具体的で、その企業を選んだ理由も分かるような動機が伝えられるとベストだろう。

退職理由はもちろん、異業種である前職ではそう言ったソフトウェア開発の仕事ができないため、で充分だ。

経験者の志望動機と退職理由

経験者の場合は「転職によって改善できる課題」から伝え方を考える。

  • 現在の職場(前職)で、働いていく上で課題となることがあり、転職によって解決できる
  • その課題とは何で、今回の転職で解決できるのか
  • その課題をクリア出来たら今後はどのようなことに取り組みたいのか

課題とは具体的に言えば、給与や休日出社、長時間労働など働き方に関すること、キャリアアップや仕事のやりがいに関すること、中には会社業績の不振などもあるだろう。

ポイントは、マイナスの言葉をできる限り使わず、転職先に応募した動機をより伝えるようにするのが良いだろう。

「教えてもらえない」「スキルアップできない」はNG

仕事を教えてもらえなかったから、スキルアップが望めなかったから、という退職理由は、特にIT転職では使わないことをおすすめする。

ITエンジニアに必要なスキルの多くは日本または世界標準のもので、自分で勉強すれば学べるものが多いからだ。

そういった場合は、「自主的に勉強したことを活かす実践の場を与えて頂けなかった」「受注している案件からみて活かすことができないと思った」といった程度にするのが良いだろう。

「上の方針がコロコロ変わる」「ついていけない」も避ける

IT業界では技術の進歩とともに社内の体制も比較的早いサイクルで変化する。

また、若い企業も多いため組織として過渡期にある企業が多いのもIT業界だ。

変化に弱い、保守的、という傾向は、企業にもよるがIT業界では歓迎されないことも多いため注意が必要だろう。

自分のキャリアの着地点をどう思っているか

転職の理由、志望動機では、IT業界において自分のキャリアの着地点をどうしたいか、ということを伝えるのが良い。

従来のサラリーマン社会とIT職種の異なる点は、「出世」と「役割」だ。

例えばプロジェクト・リーダーは、メンバーから出世したわけではなく、メンバーをまとめ、進捗に責任を持つという役割を任されている。

PGが将来出世してPMを目指す、という考えではなく、PMになるためにはPGの知識やSEの経験が必要、というキャリアプランのとらえ方が適切だ。

それをふまえて、自分が将来的わたって、運用系の仕事がしたいのか、開発・データベース系の仕事がしたいのかなど、IT業界の中にあってどこを着地点と考えているかを見返してみて欲しい。

そのためには自分のスキルや経験を改めて棚卸ししてみることも必要だろう。

まとめ

IT業界、IT職種の転職について未経験者にも分かるように職種や資格、おすすめの転職エージェント、さらには退職理由や志望動機の注意点まで解説した。

振り返ってまとめるので、IT業界での転職活動をスタートさせるまえにもう一度確認してみて欲しい。

IT業界の職種

  • IT業界はその専門性や業務内容によって細かく職種が分かれている
  • ITコンサルタント、プロジェクト・マネージャーには広い知見が必要
  • システムエンジニアは設計を、プログラマは製作を担当する
  • サーバー、インフラエンジニアは外回りも多い

持っているとIT転職に有利な資格

  • IT全般への理解を深める「基本情報技術者試験」は職種に共通の必須資格
  • さらにステップアップしたいIT人材向け資格

IT人材向け資格一覧

IT業界未経験で利用したい転職エージェント

  • 未経験にも2種類ある
  • 業界未経験者でもIT転職は可能

未経験のIT転職案件が多いおすすめ転職エージェント

全くの未経験ならスクールを利用

IT業界経験者・ハイクラス転職

  • 特に30代後半以上、40代の転職ではコンサルタントやPM、PLの経験も求められる場合が多い
  • ハイクラス求人案件では、システム構築や運用、プロジェクトの全体像への理解や管理能力が問われる

経験者におすすめの転職エージェント5選

未経験の志望動機と退職理由

  • IT業界の仕事がしたかった、ということが退職理由で良い
  • なぜIT業界での仕事がしたいと思ったのか
  • なぜその中でもその転職先の企業を選んだのか
  • IT業界に入って何がしたいのか

経験者の志望動機と退職理由

  • 経験者の場合は「転職によって改善できる課題」から伝え方を考える
  • 現在の職場(前職)で、働いていく上で課題となることがあり、転職によって解決できる
  • その課題とは何で、今回の転職で解決できるのか
  • その課題をクリア出来たら今後はどのようなことに取り組みたいのか

退職理由と志望動機の注意点

  • 「教えてもらえない」「スキルアップできない」はNG
  • 「上の方針がコロコロ変わる」「ついていけない」も避ける
  • 自分のキャリアの着地点をどう思っているかを伝える
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of