イノベーションとは?イノベーションの意味と具体的な使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

イノベーションにはいくつか意味がありますが、代表的なのは「革新」です。

場合によっては、「一新する」や「新しい活用方法」なども意味します。

これで、とりあえずまずは「イノベーションとはどんな意味なのか」という疑問が晴れたと思います。

ただし「イノベーション」という言葉を、具体的にどう使えばいいのかは、まだわからないでしょう。

そこで次は「イノベーションの具体的な使い方と実例」について紹介していきます。


イノベーションの意味

「イノベーション」の具体的な使い方と実例

「イノベーション」という言葉が、どんな時・どういう会話で・何のワードと使われるのか解説していきましょう。

今回紹介する「イノベーション」の具体的な使い方とシチュエーションは、以下の通りになっています。

  • 社長や上司が演説する時の「イノベーション」
  • 上司にアドバイスされる時の「イノベーション」
  • 上司と仕事の話をする時の「イノベーション」

会話例とともに紹介していくので、今のあなたが一番近いシチュエーションの使い方をチェックしてみてください。

社長や上司が演説する時の「イノベーション」

社長や上司が演説する時に「イノベーション」が出てくると、どんな意味になるのでしょうか。

以下の具体的な会話を見て、使い方と意味を理解しましょう。

元の会話

社長:「我が社も【イノベーション】をしていかないといけない!」
上司:「具体的な【イノベーション】については後々に発表する」

わかりやすく変換

社長:「我が社も【革新】をしていかないといけない!」
上司:「具体的な【革新】については後々に発表する」

使い方に関する解説

今回のようなシチュエーションでは「革新」という意味で「イノベーション」を使います。

「~をする」とともに「イノベーション」が出てきたら、確実に「革新」という意味になるでしょう。

「一新する」という意味ならまだしも、「新しい活用方法」という意味で使われないので、注意してください。

上記のように雄弁な演説をする時のイノベーションは、「革新」という意味で使うと覚えておきましょう。

上司にアドバイスされる時の「イノベーション」

上司にアドバイスされる時に「イノベーション」が出てくると、どんな意味になるのでしょうか。

以下の具体的な会話を見て、使い方と意味を理解しましょう。

元の会話

上司:「お前の仕事に対する取り組み方も【イノベーション】した方がいいな」
部下:「では具体的にどのように【イノベーション】すればいいのか教えてください」

わかりやすく変換

上司:「お前の仕事に対する取り組み方も【一新した】方がいいな」
部下:「では具体的にどのように【一新すれば】いいのか教えてください」

使い方に関する解説

今回のようなシチュエーションでは「一新する」という意味で「イノベーション」を使います。

変えた方がいい等の文脈で「イノベーション」が出てきたら、「一新する」という意味になるでしょう。

言葉の流れ的に「新しい活用方法」「革新」という意味で使われることはないので、注意してください。

上記のような改善を促される会話のイノベーションは、「一新する」という意味で使うと覚えておきましょう。

上司と仕事の話をする時の「イノベーション」

上司と仕事の話をする時に「イノベーション」が出てくると、どんな意味になるのでしょうか。

以下の具体的な会話を見て、使い方と意味を理解しましょう。

元の会話

上司:「我が社の新製品の【イノベーション】について考えていきたい。何か意見は?」
部下:「女性目線での使い方を改めて考えてみてはどうでしょうか」

わかりやすく変換

上司:「我が社の新製品の【新しい活用方法】について考えていきたい。何か意見は?」
部下:「女性目線での使い方を改めて考えてみてはどうでしょうか」

使い方に関する解説

今回のようなシチュエーションでは「新しい活用方法」という意味で「イノベーション」を使います。

「商品の」「サービスの」というワードと共に「イノベーション」が出てきたら、「新しい活用方法」です。

「商品の」というワードが付けば「革新」「一新する」という意味で使われることはないので、注意してください。

上記のような会話をする時のイノベーションは、「新しい活用方法」という意味で使うと覚えておきましょう。

ここまでは、「イノベーション」の具体的な使い方と実例をお伝えしました。

どういうシチュエーションなら「イノベーション」を使ってもいいのか、また使うべきか理解できたと思います。

ただし「イノベーション」と似たような言葉や、実は意味が違う言葉については、まだわからないでしょう。

そこで次は「イノベーションと似たような言葉・間違えやすい言葉」について紹介していきます。

「イノベーション」と似たような言葉・間違えやすい言葉

「イノベーション」という言葉と一緒くたにされたり、似た意味だと思われやすいのが、以下の言葉です。

  • リノベーション
  • リフォーム
  • イノベーティブ

これらの言葉と「イノベーション」を比較して、使い方のポイントや意味の違いを浮き彫りにしていきましょう。

「イノベーション」と「リノベーション」を比較

「リノベーション」の本来の意味は、「改革」です。

ビジネスシーンにおいて「リノベーション」は、「中古住宅をリノベーションする」のような使われ方をします。

一方、先述したようにイノベーションには「革新」「一新する」「新しい活用方法」などの意味があります。

イノベーションとリノベーションの意味を比較するとわかると思いますが、これらは意味がかなり似ています。

意味は似ていますが、実際のビジネスにおいて、イノベーションとリノベーションは全く違う意味を持ちます。

イノベーションは前章で示したようなシーンで使われますが、リノベーションは主に住宅業界で使われるのです。

具体的には「古くなった住宅をリノベーションしてキレイにする」といった使われ方をします。

つまり、本来の「改革」という意味ではなく、「大規模な修繕を行う」という意味合いの方が強いのです。

「イノベーション」と「リフォーム」を比較

「リフォーム」の本来の意味は、「修繕」です。

一方、先述したようにイノベーションには「革新」「一新する」「新しい活用方法」などの意味があります。

イノベーションとリフォームの意味を比較するとわかると思いますが、これらは全く違います。

このように意味が全然違うのですが、イノベーションとリフォームが一緒くたにされるのは理由があります。

イノベーションと本来の意味が似ている「リノベーション」とリフォームが非常に似た言葉だからです。

先述したように、リノベーションには住宅業界にて「古くなった住宅を大規模修繕する」という意味があります。

つまりリフォームの「修繕」という意味とほぼ同じ意味を持つため、イノベーションとも一緒くたにされるのです。

ちなみに、リノベーションとリフォームの違いは、「修繕の規模」です。

リフォームは壁紙の張り替え程度ですが、リノベーションは間取りの変更など大規模な修繕を行います。

「イノベーション」と「イノベーティブ」を比較

「イノベーティブ」の本来の意味は、「革新的」「新しい活用方法」です。

ビジネスシーンにおいて「イノベーティブ」は、「あの人はイノベーティブだ」のような使われ方をします。

一方、先述したようにイノベーションには「革新」「一新する」「新しい活用方法」などの意味があります。

イノベーションとイノベーティブの意味を比較するとわかると思いますが、これらはほぼ同じです。

ただイノベーティブは元々形容詞なので「一新する」という意味の時に使うと違和感があるでしょう。

一方、「新しい活用方法」「革新」という意味では、イノベーティブを使っても問題はありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

最初のコメントを頂けますか?

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »