ハタラクティブ

フリーターからの20代転職!ハタラクティブは賢い利用方法

ハタラクティブ ハタラクティブ

多様化の時代と呼ばれ、様々な働き方が受け入れられるようになったが、安定的な収入とキャリアを得るためにはやはり正規雇用(正社員)の仕事に就くことが望ましい。

実際に20代フリーターの多くは、漠然と「就職した方がよさそうだ」と考えているのではないだろうか。

また、学校を卒業してからフリーターまたは無職の場合などは、ここから就職できるのかどうか不安に感じていることだろう。

ハタラクティブ」は、そういった20代のフリーター、無職からの就職支援を扱っている人材紹介サービスだ。

ハタラクティブは動画配信サービスのCMなどで知っているという人も少なくないだろう。

一方でインターネットのクチコミなどではネガティブな評判が見られるサービスでもある。

フリーター転職の実態から、ハタラクティブの評判、ハタラクティブを利用するメリットや注意点など、採用担当として多くの転職サービスを比較検討してきた筆者の視点から詳しく解説したい。

就職への不安、ハタラクティブに対する不安を解消して、フリーター転職を成功に導いて欲しい。

※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】ハタラクティブを3分チェック

フリーターの多くが就職を考えている

フリーターをしている20代の多くが正社員での就業を考えており、さらにフリーター期間を、やりたい仕事のための準備や修行の期間と考えている人も少なくない。

また、一度は会社に入ったが辞めてフリーターになったというその理由を見てみると、多くの場合その状況は改善されつつあるといっていいだろう。

独立行政法人労働政策研究・研修機構が調査した「第4回若者のワークスタイル調査」からその傾向を確認してみよう。

統計調査の結果と併せてその理由や背景を解説していくので、転職活動・就職活動が不安だという人は踏み出すきっかけとして参考にして欲しい。

フリーターの3人に2人は正社員になりたいと考えている

20代フリーターのうちおよそ7割が正社員になりたいと考えているといえる。

フリーターになった理由から4つの分類に分けると、ステップアップ型とやむを得ず型が「正社員になりたいフリーター」ということができるだろう。

  • ステップアップ型:つきたい仕事のための勉強や準備、修行期間として
  • 夢追求型:仕事以外にしたいことがあるため
  • モラトリアム型:やりたいことを探したい、正社員になりたくないなど
  • やむを得ず型:正社員になれない、または家庭の事情など

調査の結果では、ステップアップ型は男性28.6%、女性26.7%、やむを得ず型で男性34.6% 女性34.7%となっている。

フリーター4類型の分布

フリーター4類型の分布

※画像出典:独立行政法人労働政策研究・研修機構「第4回若者のワークスタイル調査」より

準備ができれば、または個人的な問題が解決すれば、正社員へのステップに進みたいフリーターは少なくないのだ。

ステップアップ型のケース

フリーターからの転職面接も行ってきた筆者の経験から、ステップアップ型のフリーターの多くが実際に何をしているかその代表的な例を特別に教える。

  • 資格取得や公務員試験のために勉強をしている
  • 語学習得や人生経験のために海外に渡航している
  • 職業訓練校で技能や資格を身につけている

ワーキングホリデーなど、面接官として話を聞いてみたいと思える経験や勉強を20代でしていることが多いのだ。

また、企業研究や就職説明会への参加など、企業の見極めに時間をかけているケースもある。

その経験、勉強や企業探しの成果が志望動機とマッチしていれば、採用や厚待遇の可能性も高まるといっていいだろう。

やむを得ず型のケース

やむを得ず型のケースでは、大きく2つの背景が挙げられる。

  • 家庭の事情など自分の力では解決が難しい
  • 選考や面接を受けても採用されない

前者の場合は時間の経過や環境の変化が必要なため、出来る限り資格取得のための勉強などの努力はしつつ、機会を待つのが最善といえるだろう。

転職に有利になる資格については下記記事にまとめている。

一方で後者の場合は、採用されない理由と向き合うことでステップアップ型と同じ土俵に上がることができる。

多少時間がかかっても、それから応募、選考に進むことをおすすめしたい。

採用されない理由と向き合う

就職活動や転職活動で内定がもらえないからといって、やみくもに数多く応募することはおすすめしない。

ハタラクティブを利用して転職に失敗するケースでも、単に数多く応募して受かったという場合が少なくないのだ。

  • 自分の持っているスキルや知識の方向と応募先が合っているか
  • 資格などのセールスポイントがあるか、資格取得に向けて勉強などをしているか
  • 応募書類の書き方や面接対策は正しく出来ているか

少なくともこの3つは振り返ってチェックしてみて欲しい。

「1年間はこれらの課題解決に取り組む」など、期限と目標を決めて着実にステップを上がることが最短で最善なのだ。

問題だった「働く時間の長さ」は改善方向に

一方で、一度は正社員として働いたが辞めてフリーターになった理由を調査結果から見てみると、最も多い理由は次のようになっている。

  • 2001年調査では男女ともに「仕事が合わない、つまらない」、女性では「結婚や出産、家庭の事情」
  • 2016年調査では男女ともに「残業を含む労働時間の長さ」

以前は、就職難のため就職先を妥協したり、結婚や出産で会社を辞めざるを得なかったりなど、当時の時代背景も伺える結果となっている。

そして最近の調査結果では「働く時間の長さ」が多くなっており、より多くの人がワーク・ライフ・バランスを重視している表れともいえるだろう。

改善されつつある労働環境

近年では労働時間について改善されてきており、正社員の仕事を辞めた一番の問題は解決できる環境になりつつある。

よく知られているように、近年大手でも中小企業でも長過ぎる労働時間を改善し、ワーク・ライフ・バランスを意識した働き方改革に着手しているからだ。

全ての会社がそうだとはまだ言えないが、もう一度正社員になった時には働きやすい環境である可能性が高い。

さらに2018年10月の有効求人倍率は2.11倍で、求職者1人に対して2つの求人企業という有利な状況だ。

残業の有無や休日数に注意して会社を選べる今が、正社員に復帰する転職には良いタイミングといえるだろう。

いざ転職活動! ハタラクティブってどんなサービス?

ハタラクティブ

ハタラクティブ

正社員になりたいというフリーターが少なくないのであれば、それに合わせたサービスもやはりある。

20代フリーターからの転職に特化した転職サイト、それがハタラクティブだ。

ハタラクティブとはどんなサービスなのか、運営会社の特徴からクチコミまで徹底解説する。

正社員を目指すフリーター像や、転職に向けてすべきことが分かったところで、ハタラクティブを実際の転職活動で利用できるようにしよう。

対面カウンセリングを得意とする運営会社

ハタラクティブは「対面カウンセリング」を得意とするサービスだ。

ハタラクティブのサイトを見てセールスポイントをここでそのまま伝えているのではなく、その強みには根拠がある。

まずはハタラクティブの運営会社に注目してみよう。

ハタラクティブの運営会社

  • サイト名:ハタラクティブ
  • 運営会社:レバレジーズ株式会社
    • レバレジーズ株式会社は社長岩槻氏が早稲田大学在学中に立ち上げたインターネットサービス関連のベンチャー企業
    • レバレジーズ株式会社の関連会社で岩槻氏が代表を務める人材関連企業がレバレジーズキャリア株式会社
    • レバレジーズキャリアが運営するのが「レバテック」「看護のお仕事」

「レバテック」と「看護のお仕事」

レバテックと看護のお仕事、どちらも評判の良い転職サイトで、その評価の理由には「親身なカウンセリング」が挙げられる。

レバレジーズキャリアの運営する「レバテック」はIT転職、「看護のお仕事」は看護師転職と、業界は異なるものの着実な転職実績と高い評価を得ている。

採用実績の高さからは、現代の人材市場に合わせたノウハウを持っているといえ、さらにアドバイザーによるカウンセリングを得意としていることは明らかだ。

ハタラクティブも対面カウンセリングを得意としていることは、運営会社の方針と考えて間違いないだろう。

対面カウンセリングを受けられる場所

ハタラクティブの対面カウンセリングは都内を中心に、現在8か所で受けることができる。

ハタラクティブで対面カウンセリングが受けられる場所

  • 渋谷  東京都渋谷区渋谷3丁目6-3 清水ビル3F
  • 立川  東京都立川市曙町2-37-7 コアシティ立川ビル11F
  • 池袋  東京都豊島区南池袋1丁目19-4 幸伸ビル6F
  • 秋葉原 東京都千代田区神田佐久間町1-25 秋葉原鴻池ビル5F
  • 船橋  千葉県船橋市本町2-1-34 船橋スカイビル7F
  • 大阪  大阪府大阪市北区鶴野町1-9 梅田ゲートタワー10F
  • 横浜・大宮 時期によって場所が異なるため要確認
    ※アクセス方法はコチラを参照

いずれも主要駅から徒歩5分程度、その分ビルなどが多くやや分かりにくい場所もあるため、事前に電話で確認しておくと良いだろう。

地方からの相談・カウンセリングは電話(0120-979-185)で受け付けている。

ただやはり関東近郊または大阪中心部など、扱っているのは拠点がある地域の求人がほとんどだと考えておこう。

ハローワーク、他社との比較

20代フリーターからの正社員転職・就職を積極的に扱い、日本全国をカバーしているサービスもある。

それが公共サービスのハローワークと、株式会社学情が運営する転職サイト「Re就活」だ。

ハタラクティブとこの2つのサービスを比較して、それぞれの特長を分かりやすく挙げてみたい。

比較項目ハタラクティブハローワークRe就活
登録Webサイトから各地のハローワークWebサイトから
事前カウンセリング登録後にカウンセリング相談員がいるなし
転職イベント開催していない地域による開催している
主に扱う勤務地エリア首都圏、大阪日本全国関東、関西、東海、九州
20代・未経験主に取り扱っている20代を含め、幅広い20代に特化、未経験3割
求人・応募自分で検索、紹介による自分で検索、自分で応募自分で検索・応募、スカウト
応募書類指導・面接対策しているしていないしていない
求人の質や求人企業当たり外れがある中小企業が多い、質が低い優良、有名企業もある

勤務地を広くカバーし地域に密着しているのはハローワーク、Re就活はスカウト機能をはじめ求人の質は比較的高いが第二新卒などの正社員経験者が主流だということが分かる。

ハタラクティブは、事前カウンセリングから面接対策までアドバイスをもらえるのが最大の特徴だが、求人に当たり外れがある点には注意が必要だ。

ハタラクティブのクチコミ

Twitterからクチコミを見てみると、全体的にネガティブなものが多く見受けられる。

特に求人の質や担当エージェントの当たり外れがあることに注意が必要だということがここでも分かる。

ハタラクティブについて、実際のクチコミと併せてその背景などについて解説しよう。

担当エージェントが合わない

https://twitter.com/hobby_len4649/status/1059413456963612672

希望ではない職種を強引に勧める、という状況は、担当エージェントに希望が上手く伝わっていないか、エージェントがノルマなどの理由で採用を優先したかのどちらかだろう。

いずれにしろ自身が希望する業界や職種を改めて具体的に伝えておくか、仕切り直して違うエージェントにお願いすることが必要だ。

20代ではまだ職種や業界がよく分からないかも知れないが、最後に決めるのは自分自身。

エージェントに自分の希望を正確に伝えるためにも業界や業種の下調べは必要だと肝に銘じておこう。

学歴を問わずサポートしてくれる

先に紹介した「若者のワークスタイル調査」の結果からも、20代フリーターの中に大学・大学院卒の割合が多くなっていることが分かる。

確かに、求人の内容や案件数の多さから見ても学歴は高いに越したことはない。

しかし、中卒・高校中退という場合もハタラクティブのサポートを受けることができ、正社員での就職は可能だ。

確実に求人の選択肢を広げたい場合は大検資格の取得や、定時制高校を修了するという方法もあるので検討してみるのもいいだろう。

選択肢が少ない場合も「その先」を考えてみる

学歴や経験から求人の選択肢は少なくなりがちだが、そういった場合には「その先」を考えることをおすすめしたい。

例えば飲食店やサービス業は未経験歓迎、学歴不問の求人案件に多く見受けられる。

一方、正社員で働いた経験を得られるだけでなく、将来的に独立、経営者へもステップアップしやすい業界でもあるのだ。

その先の可能性や業界のメリットなどについてもエージェントに相談してみると新たな気付きが得られるはずだ。

※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】ハタラクティブを3分チェック

ブラックを見極めてハタラクティブを上手に利用する

ハタラクティブの利用にあたって、フリーター転職は質が低い、さらにはブラック求人に当たりやすい、という不安を持っている人は多い。

一般的に、就職しやすい求人を選んでいくと求人の質は低くなり、質が高い求人を選んでいけばキャリアや経験、スキルなどハードルが上がる傾向にあるからだ。

しかし、このことは扱う求人案件の多い有名大手転職サイトでも同じで、結局のところ自分で見極めて判断することが一番重要なのだ。

ハタラクティブでブラック求人を見極めるための方法や心構えを伝授するので、これを知って上手に利用して欲しい。

ハタラクティブにはどんな会社があるか

ハタラクティブに求人を出している企業や採用実績のある業種から、どんな仕事があるのか、その傾向を見ておこう。

  1. 会社の規模
  2. 採用人数
  3. 採用実績のある分野

この3つから求人や採用の傾向を紹介する。

また、ブラックな求人が多い組み合わせについても解説するので参考にして欲しい。

ハタラクティブでは約半数が中小企業

ハタラクティブに求人を出している約半数、53%の会社が社員数100人未満の中小企業だ。

次いで100人以上~300人未満の企業が30%、1,000人以上の企業は全体の6%となっている。

実際に転職した人から聞くと、大手企業では、福利厚生の充実や会社の安定性などのメリット、人間関係や転勤などの面でデメリットを感じている人が多い。

一方で中小企業は人間関係の良さや仕事の自由度などにメリット、給与や会社の安定性にデメリットを感じるという意見が多かった。

中小企業の割合が多いハタラクティブの求人では、給与や会社の安定性に注目することがポイントといえるだろう。

ハタラクティブでは大量採用が最も多い

ハタラクティブの求人における採用人数を見てみると、最も多いのが10人以上で41%となっている。

次いで1人~2人が18%、3人~5人が23%、6人~9人が18%とほぼ横並び。

大量採用は採用される可能性が高い反面、会社からの教育やキャリアアップの機会は少なくなりがちだ。

ともかく一度、正社員の経験を積んでステップアップしたい場合は大量採用の求人もアリだが、第二新卒の場合やスピード感のあるキャリアアップを狙う場合には少人数の求人をおすすめする。

ハタラクティブで最も多い求人は営業職

ハタラクティブの求人で最も多いのは営業職で37%、接客や販売で24%、企画職で12%と、商品の販売に携わる仕事が大半を占める。

フリーターが経験するアルバイトの多くも販売や接客が多いため、人と接する経験を活かすことができるケースも多く、未経験歓迎の求人が多い職種でもある。

その他には事務職15%、製造職6%、SE職6%となっており、専門知識を必要とする技術職などの求人は非常に少ない。

まずは営業職などで商品知識や業界経験を身につけてステップアップを目指すのが堅実だろう。

社員数300人以下・営業、接客販売・大量採用に注意

ハタラクティブの求人にあるこれらの傾向から、「社員数300人以下の会社×営業または接客・販売の仕事×大量採用」には注意が必要だといっていい。

確かに正社員採用かも知れないが、この選択をしていくと「アルバイトに限りなく近い仕事」が多くなるからだ。

もちろんこの条件は求人案件が多いため優良案件にあたる可能性もあるかも知れないが、アルバイトに近いということは、仕事のやりがいや待遇の面で良い結果に結びつきにくい。

メリットとしては、人間関係の良さ、接客などのアルバイト経験が活かせる、採用されやすいなどが挙げられる。

一方で、給与には期待できない、未経験でもできる仕事でやりがいを得にくい、キャリアアップのスピード感に欠けるなどのデメリットが考えられる。

長期的な視野で見れば、これらの条件が揃った場合は求人の内容をよく吟味してみる必要があるのだ。

ハタラクティブで探したい求人

では、ある程度選択肢があって採用されやすく、ブラックの可能性が低い求人の条件をハタラクティブの傾向から探ってみよう。

  • 選択肢の多い中小企業
  • 少人数採用を狙う
  • 職種選びには「意思」が大切

これらのポイントを押さえておけば、ブラック求人を避けつつ、アドバイザーのノルマに左右されず、納得のいく転職に近づくことができるはずだ。

選択肢の多い中小企業

ハタラクティブが扱う企業の規模では300人以下の中小企業が圧倒的に多いため、最初から大企業を狙っていくとそれ以外の理想を満たすことが難しくなる。

大企業で少人数の採用ならば理想的なので、そのような求人があればチェックしてみる価値はあるだろう。

ただしハタラクティブの求人にそのようなケースは少ないため、狭き門へのチャレンジだということは知っておいて欲しい。

第二新卒など、一定の経験があれば狙ってみるのも良いが、会社選びの選択肢としては中小企業の方が圧倒的にメリットがあるのだ。

少人数採用を狙う

少人数採用のメリットは、すべき仕事がはっきりしておりキャリアアップもしやすいという点だ。

少人数採用となるのは補充求人などのケースがあるため、具体的な仕事のポジションが決まっていることが多いからだ。

また、大量採用と比べて社内教育にも時間をかけてもらいやすい。

さらに中小企業であれば早くから色々任されることも少なくないので、短期間で多くの経験ややりがいを得られる可能性は高いと思っていいだろう。

職種選びには「意思」が大切

飲食やサービスに独立、経営という可能性があるように、自身の将来像や可能性を考えて職種を選ぶことが大切だ。

面接などでも「まだよく分からない」という20代の応募者がいるが、今現在の時点で構わないし、仕事をしているうちに変化していっても全く問題ない。

少々安っぽい考え方かもしれないが「夢」や「目標」を持って職種選びをすることをおすすめする。

営業職を選んでその後どうなりたいのか、サービス業からどんな経験を得たいのか、目先の仕事だけでなく将来を考えて職種を選べるのは20代の特権といってもいいだろう。

その選択が将来の転職やキャリアで「経験しておいて良かった」と思えるようにしたい。

※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】ハタラクティブを3分チェック

まとめ

フリーター転職の傾向や注意すべきこと、ハタラクティブの特徴、ブラック求人を避けて好条件の案件を選ぶコツまで解説してきた。

様々な理由があってフリーターで働き、正社員への転職をしようと考えている人のために、ポイントを振り返っておさらいする。

ハタラクティブを上手に利用して転職を成功させるためのヒントにして欲しい。

フリーターの多くが就職を考えている

  • 20代でフリーターになる経緯は大きく分けて2つ
  • 学校を卒業または中退してフリーターになったケース
  • 一度就職したが退職してフリーターになったケース

フリーターの3人に2人は正社員になりたいと考えている

  • 20代フリーターの7割が正社員で働きたいと考えている
  • 働きたいと考えているタイプにはステップアップ型とやむを得ず型がある
  • ステップアップ型は勉強や経験を通じて就業の準備をしている
  • やむを得ず型のうち選考を通過できない場合は期間と目標を決めてその理由を解決する

取り組みたい選考通過のための解決ポイント

  • 自分の持っているスキルや知識の方向と応募先が合っているか
  • 資格などのセールスポイントがあるか、資格取得に向けて勉強などをしているか
  • 応募書類の書き方や面接対策は正しく出来ているか

正社員経験があって再チャレンジしたい場合

  • 近年で最も多い社員を辞めた理由は「働く時間」
  • 長時間労働や休日などについて、多くの会社で以前に比べ改善が進んでいる
  • 有効求人倍率が高い今こそが会社選びができる正社員復帰のチャンス

ハタラクティブは20代フリーターからの転職に特化した転職サイト

  • ハタラクティブは運営会社の方針として「対面カウンセリング」が強み
  • 運営会社の同じ転職サービスには評判の高い「レバテック」や「看護のお仕事」がある
  • そのどちらもカウンセリングやアドバイスの親切さに評判が高い
  • 関東近郊、大阪の主要駅から徒歩5分程度の場所にカウンセリングルームがある

ハローワーク、他社サイトと比較しても強みが分かる

  • 勤務地を広くカバーし地域に密着しているのはハローワーク
  • Re就活はスカウト機能をはじめ求人の質は比較的高いが第二新卒などの正社員経験者が主流
  • ハタラクティブは事前カウンセリングから面接対策までアドバイスをもらえるのが最大の特徴
  • ハタラクティブ利用の場合は、求人やアドバイザーに当たり外れがある点に注意が必要

ハタラクティブのクチコミから分かるポイント

  • 担当エージェントが合わないと感じたら、自身が希望する業界や職種を改めて具体的に伝えておくか担当を変えてもらう
  • 中卒・高校中退という場合もハタラクティブのサポートを受けることができ、正社員での就職は可能
  • 確実に求人の選択肢を広げたい場合は大検資格の取得や、定時制高校を修了するという方法もある
  • 学歴や経験から求人の選択肢は少なくなりがちだが、そういった場合には「その先」を考える
  • その先の可能性や業界のメリットなどについてもエージェントに相談してみる

ブラックを見極めてハタラクティブを上手に利用する

  • 求人の質が低くブラック企業の求人に当たる可能性もある
  • 求人を数多く扱っている有名大手転職サイトであっても同じように注意が必要

ハタラクティブにはどんな求人があるか

  • ハタラクティブでは約半数が中小企業
  • ハタラクティブで最も多いのは大量採用
  • ハタラクティブの求人で最も多いのは営業職

社員数300人以下・営業、接客販売・大量採用に注意

  • 「社員数300人以下の会社×営業または接客・販売の仕事×大量採用」はアルバイトに近い仕事でブラックな求人も多い
  • アルバイトに近いということは、仕事のやりがいや待遇の面で良い結果に結びつきにくい。
  • これらの条件が揃った場合は求人の内容をよく吟味してみる必要がある

ハタラクティブで探したい求人

  • 選択肢を多く残しておくために中小企業から探してみる
  • 仕事のポジションが具体的で社員教育の時間も確保されやすい少人数採用を狙う
  • 職種選びは、自身の将来像や可能性など考えを持って選ぶことが大切
Career Rules編集部

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of