はたらいく

【公式サイトには書いていない】はたらいくの上手な使い方・注意点とクチコミ・評判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
はたらいく はたらいく

はたらいく」とは国内の業界最大手のひとつ、リクルートグループが運営する求人・転職サイトだ。

  1. 会員登録
  2. 自身の情報をフォームに入力
  3. 求人広告から探して応募
  4. または企業からのオファーを待つ

ほとんどの転職サイトはこのような手順で利用できる。

もちろん「はたらいく」も大枠では同様だ。

では、他の転職サイトと何が違い、どんな特徴があるのか。

当然ながらどの転職サイトも記載されているのは自社のサイトの良さをアピールする案内ばかりだ。

しかし実際に使ってみて、効率よく、あなたの望む転職成功に繋がるか。

また、企業の採用担当者からはどう見えているのか。

自身の転職経験と求人担当者の経験、その両方を持つ筆者だからこそ知っている、「はたらいく」の上手な使い方を教えたい。

また、インターネット上で見られた口コミや評判と併せて、この転職サイトの強みや注意点についても紹介していく。

「はたらいく」を最大限活用できるように案内していくのでぜひ参考にしてみて欲しい。

はたらいくはコチラ

はたらいくの4つの特徴

はたらいく

はたらいく

様々な転職サイトがある中で、はたらいくもまた他社サービスとの差別化を図るべくいくつかの特徴を持っている。

転職に関するサービスのうち、転職サイトの利用は多数を占める。

そのため求人を扱う企業から様々な転職サイトがリリースされ、他社サービスとの差別化がされているのだ。

自分に合ったサービスをより有効に利用するためにも、はたらいくの代表的な特徴4つを知っておこう。

  1. ひとがら採用に強い「らいく!」機能
  2. リサーチに基づいた「地元重視」
  3. 良いことも悪いことも掲載する「せきらら求人」
  4. 他の転職サイトに掲載されていない求人が多い

特徴についてさらに詳しく解説するので当てはまることがあれば利用を検討してみて欲しい。

(1)ひとがら採用に強い「らいく!」機能

はたらいく最大の特徴が、応募者の「ひとがらアピール」や企業側の「ひとがら採用」を狙った、サイト名にも通じる「らいく!」機能だ。

単なる経験や職歴にとらわれずに、転職希望者の趣味やプライベートな体験を通じて分かる「ひとがら」に対して、関心や興味を持った企業は「らいく!」を送る。

そして応募者もまた、企業のアピールに対してその興味関心を「らいく!」で伝えることが出来る機能となっている。

後に続いてリリースされた転職サイトには、Intelligenceの「MIIDAS」などがある。

miidas

miidas

MIIDASの評価ポイントはスキルが中心だが、ここにも「気になる」など、企業と転職希望者の関心をお互いに伝える機能が採用されている。

その背景には、はたらいくがリリースされた頃に秘かに注目されていた「Facebookによる求人」がある。

企業側から見てFacebookの情報は職歴よりも人柄、趣味や友人などその人物の普段を垣間見ることが出来る。

また、ワークライフバランスなどで注目されるようになった「その人の仕事との付き合い方」も推し量ることが出来る。

求職者、というより個人に対して「いいね」を送ることで企業側の関心や評価を示し、企業と転職希望者の親密度を上げるのに好都合なのだ。

そしてそれを転職サイトに採用したのがはたらいくの「いいね!」機能というわけだ。

企業に所属するというより仕事と付き合うという考え方に近い、現代に合った採用基準のひとつといえるだろう。

(2)リサーチに基づいた「地元重視」

はたらいくは業界最大手であるリクルートグループが展開するサービスだ。

そのため、求人に関して強力なリサーチ力を持っている。

そしてそのデータに基づいてはたらいくで力を入れているのが「地元重視の求人」だ。

第三者のデータから「転職先を選んだ理由」を見てみよう。

  • 仕事の内容・職種に満足がいくから・・・40.8%
  • 自分の技能・能力が活かせる・・・・・・37.5%
  • 賃金以外の労働条件が良い・・・・・・・24.9%
  • ★転勤が少ない、通勤が便利だから・・・・21.5%
  • ★地元だから・・・・・・・・・・・・・・17.2%
  • 賃金が高い・・・・・・・・・・・・・・12.6%

※出典:厚生労働省「雇用の構造に関する実態調査」より

2~3人に1人は転職先を選ぶのにその地域や立地を理由にしていることが分かる。

より多くの転職希望者に使ってもらえる転職サイトを考えたとき、こうしたニーズにスポットを当てることが出来るのが業界大手の強みともいえるだろう。

(3)良いことも悪いことも掲載する「せきらら求人」

企業の良い点をアピールし、悪い点は載せないのが通常の求人広告だが、はたらいくに悪い点もあえて紹介する「せきらら求人」がある。

こうすることで記事の信頼度が上がり、良いことはよりよく見えるという効果がある。

また「らいく!」機能にも見られるように、インターネットで得られる情報が多い現代の転職市場は、企業が転職希望者を選ぶだけでなく、転職希望者が企業を選ぶのが当然になっている。

せきらら求人はそのトレンドを取り入れた広告といえるだろう。

例えば良い点としては「昇給スピードが速く昇給額も高い」とする。

逆に「その代わり入社してすぐにプロジェクトを任されるなど一人への責任が大きい」のが悪い点だとしよう。

事前に聞かされていなくて入社したらそうだった、というのでは「ダマされた!」と感じることもある。

しかし、事前に企業側から伝えられていればそれは前向きなチャレンジになるのではないだろうか。

言ってみれば「企業のひとがら」をオープンにすることで、転職希望者にとって安心感やモチベーションを後押ししてくれる求人広告になり得るのだ。

(4)他の転職サイトに掲載されていない求人が多い

 直接的に他の転職サイトとの差別化をしているのが、他では扱っていない求人が多いという点だ。

はたらいくによれば、約90%以上が他のサイトに掲載されていない求人情報とのこと。

このカラクリは「代理店営業」にある。

大手の転職サイトやエージェントの運営会社にはお得意様先にしている企業があり、安定して求人広告の仕事を受けることが出来る。

しかしはたらいくでは「リクルートの代理店」が各企業に営業して求人を請け負っていることが多い。

代理店営業には、リクルート本体ではカバーできない範囲まで細かく、地元に密着した求人が得やすいという利点がある

地元の優良企業や業績を伸ばしている中小企業など、あまり知られていないが良い求人を見つけてこられるのはこうした代理店を数多く持ち、リクルートブランドとしての収集力を活かしているからなのだ。

はたらいくが強みにしている独自の求人は、転職希望者にとってもライバルの少ない優良企業への転職を優位に進めることが出来るというメリットが考えられるだろう。

はたらいくはコチラ

はたらいくで気になるクチコミ・評判

次にはたらいくを実際に利用している、または利用したことのあるユーザーのクチコミや評判を見てみよう。

あなたと同じ転職希望者の視点から見た体験談や評価はきっと参考になるはずだ。

Twitterからのクチコミ

Twitterを自分がつぶやきを発信するよりトレンドウォッチングの目的で利用している人も多いだろう。

そのTwitterで見かけたクチコミを見てみよう。

らいく!機能へのクチコミ

らいく!機能は人柄を重視するという点がポイント。

「正社員として働くまでに時間がかかってしまった」など、就活に不利な面があっても、人柄で成功したケースといえるだろう。

せきらら求人へのクチコミ

これは先に紹介した「せきらら求人」に関するクチコミだ。

情報が細かいのは今やどこの転職サイトも心がけているところだが、正直な情報というのはやはり転職希望者にとって頼もしいものなのだ。

はたらいくならではの求人に対するクチコミ(※現在は削除)

水産会社に転職しようかな。

朝早く起きるのが好きで、夜は早く寝たいし

単身寮あるけんいいかもな。ここ

株式会社****の求人情報 | 転職・求人「はたらいく」

18:06 – 2018年3月22日

@ mdm_srgnさん(https://twitter.com/mdm_srgn/status/976988431619248128)

他の転職サイトでは見かけない業種や業界の求人も掲載されているのがはたらいくの特徴だ。

地元重視の求人が多いためIターン、Uターン転職を考えた時も「使える」転職サイトといえる。

さらに製造業や建設業、クチコミにあるような水産業など、他の大手転職サイトより広い業種をカバーしているのも特徴といえるだろう。

評価サイトのクチコミ

転職サイトを評価するサイトからのクチコミも併せて見てみよう。

Twitterのクチコミと同様に好意的なものが多いが、ここではあえて要注意なクチコミをピックアップした。

メリット・デメリットをしっかり見極めて欲しい。

求人広告と労働条件が違うケース

はたらいくのサイトは良く出来ており、大変利用しやすかったです。

ただし、応募した企業で正社員採用されましたが、入社後に募集時の掲載内容と全く違う事が分かり、私を含め同じはたらいくから採用された数人が試用期間で退職しました。

今後、入社1ヶ月後などに募集時と内容が変わらないか、また違っている場合どんなところが違うか等のアンケートを実施し、アフターフォローを考えていただければと思います。

また、掲載企業側にも調査などを実施していただけたらと思います。

※出典:https://www.best-w.com/reviews/3675

掲載されている求人はレイアウトも見やすく、検索しやすいです。

ネットでの応募も簡単に出来、企業からもメールで連絡が来るので手が離せない時には助かります。

私もはたらいくの求人に応募しました。

しかし、求人の内容と契約書の内容が違い、更に契約書の内容と実際の仕事内容が違った為、すぐに退職しました。

正直、求人サイトに不信感を持ちました。

掲載料を支払えば求人情報を載せられるという企業側の手軽さがあるのかもしれませんが、確実な情報を掲載してほしいです。

※出典:https://www.best-w.com/reviews/1432

これは転職サイト全体に言えることなのだが、求人広告を作成する際に「労働条件の真偽を制作会社が確認するということはまずない」ということを知ってもらいたい。

特に代理店営業により他にはない企業情報を掲載することを武器にしているはたらいくではそのリスクも高くなりがちだ。

リクルートグループ本体との関係が浅い代理店もあれば、広告を提供する企業の中には、はたらいくへの掲載が最初で最後というケースも少なくない。

このリスクを回避するには応募者自身が慎重に情報収集するしかない、というのが現状だ。

このサイトには同様のクチコミがいくつか上がっている。

利用にあたって最も注意すべきことのひとつといえるだろう。

利用するサイトが合っていないケース

気になる企業に「らいく」を送ることができる機能があるのですが、正直なところその機能の使い方がよくわかりませんでした。

説明が不十分だと思いますし、見た求人にらいくをつけてみたところで、何が企業に伝わったのか分からなかったので、別になくてもいい機能なのではないかと思います。

また、リクルートのサービスに共通する特徴だとも思うのですが、他のユーザーは何社ほどの求人に応募している、あるいは職務経歴書や履歴書はこのように書くといい、などといった、ユーザーをリクルートが意図している仮想のユーザーの型にはめようとしてくるいろいろなサービスがとても邪魔でした。

自分のペースで就職活動をしたいですし、そもそも他のユーザーと同じ動きをしたところで企業によい印象が残せる保障もなく、結果自分がどのように転職したいのかが分からなくなるだけではないでしょうか。

新卒の就活ならまだしも、転職者中心のお仕事サービスでやるようなことではないと思います。

※出典:https://www.best-w.com/reviews/4581

これは明らかに利用する応募者とはたらいくのサービスが合っていないケースといえるだろう。

直接的なアプローチに抵抗感がある、職務経歴書など応募書類の書き方に自信がない、といったユーザーに向けたサービスが不要と感じる場合は経験重視のサービスの方が向いている。

どちらかといえばはたらいくは転職初心者向きのサービスである、ということが分かるクチコミともいえるだろう。

はたらいくはコチラ

【結論】はたらいくがオススメの人は転職慣れしていない人

ここまではたらいくの特徴を詳しく解説してきた。

ここから分かることは、はたらいくが転職慣れしていない人に向いたサービスということだ。

また、転職経験のある応募者でもより多くの求人情報をチェックしておくことは理想の転職を実現するのに有効だといえる。

はたらいくを上手く使う方法を具体的に見ていこう。

らいく!機能で応募の疑似体験をしてみる

まず、転職に慣れていないのならばらいく!機能を使って応募の疑似体験をしてみるのがオススメだ。

慣れることで得られるメリットとしては、応募に対する抵抗感や緊張を和らげてくれる点が挙げられる。

また、らいく!機能を使って、企業からもらいく!が返ってくるかどうか、反応を見てみるのがいいだろう。

もしも企業の反応があまり得られない時は次のようなことが考えられる。

  • プロフィールの書き方を見直した方が良い
  • 求人情報の中でも比較的公開が古い情報にらいく!を送っている
  • 自分が関心を持っている企業とその企業のニーズにずれがある
  • もともと反応の悪い企業にらいく!を送っている

これは実際の応募でも同じことが言える。

気になる企業すべてに応募する訳にはいかないが、この機能ならば何度でも試すことが出来る。

徐々に求人情報に慣れながら、自分がどういった企業と相性が良いのか、採用の可能性が高いのかを知って応募する企業を絞り込むことが出来る。

またプロフィールも応募までに企業の反応が良い魅力あるものに仕上げることが出来るだろう。

らいく!機能で得た感触を参考にしながら、応募の前段階として利用するのがオススメだ。

他の転職サイトと併用してより多くの求人情報を検討する

はたらいくが他のサイトではあまり扱っていない求人を売りにしているのは先ほど紹介したとおりだ。

そこで、はたらいくと他の転職サイトを併用すると、より多くの求人を比較検討することが出来る。

代表的な転職サイトには次のようなものがある。

企業によっては複数の大手サイトに同じ求人情報を掲載していることがある。

しかし繰り返しになるが、はたらいくに掲載している求人の90%以上ははたらいくでしか見ることの出来ない転職情報なのだ。

より多くの候補企業の中から絞り込んでいく方があなたの希望に沿った転職がしやすいはずだ。

転職エージェントを併用して理想の転職に近づける

さらに転職エージェントを併用して、求人情報や企業にどのような差があるのかを確認しながら転職活動を進めることをオススメしたい。

代表的な転職エージェントは次のようなものがある。

エージェントから紹介される求人とはたらいくであなたが応募しようとしている企業と、仕事内容などにずれがある場合もあるだろう。

転職エージェントは「採用されやすい」企業を紹介する。

一方であなたは、より「自分の希望に近い」求人を見ている傾向が高いのだ。

そのどちらも知ることで、希望に近く、しかも採用の可能性が高い求人に応募していくのが理想的だ。

はたらいくと転職エージェントの併用で、理想の転職を成功させる可能性はかなり高まるだろう。

はたらいくはコチラ

まとめ

ここまで転職サイト「はたらいく」についてその裏事情からクチコミ、上手な使い方までを紹介してきた。

実際に活用できるよう、ポイントをおさらいしておこう。

はたらいくの特徴4つ

はたらいくには大きく4つの特徴があり、他の転職サイトとの差別化を図っている。

  1. ひとがら採用に強い「らいく!」機能
  2. リサーチに基づいた「地元重視」
  3. 良いことも悪いことも掲載する「せきらら求人」
  4. 他の転職サイトに掲載されていない求人が多い

利用者にとってこの特徴を知っておくことがはたらいくを上手に利用するポイントだ。

4つの特徴の裏事情とその効果

これらの特徴がどのようにして生まれているか、またその効果は次の通りだ。

(1)らいく!機能

  • Facebookをモデルにした機能。
  • 利用者個人の「ひとがら」から求人企業が判断、評価する。

(2)地元重視の求人

  • 転職した人の2~3人が転職先を決めた理由として挙げた「転職先の立地や通勤」に注目。
  • Iターン、Uターン就職にも有効。

(3)「せきらら求人」

  • 求人企業の良いことも悪いことも掲載することで情報の信頼度を高める。
  • 事前に知っていることで利用者のモチベーションや安心感を高める。

(4)他の転職サイトにない求人の掲載

  • 代理店営業とブランド力による細やかな求人情報の収集と掲載。
  • 比較的ライバルの少ない優良企業へのエントリーがしやすい。

クチコミに見られるメリットと注意点

Twitterと評価サイトのクチコミから読み取ることが出来る、はたらいくのメリットと注意点については次の通りだ。

メリット

  • 転職に不利な条件があっても人柄採用で成功することがある
  • 正直さを感じられる求人情報が頼もしい
  • 他の転職サイトでは扱っていない業界や業種も見つけやすい

注意点

  • 求人情報の中には誇張や嘘が入っているものがあり自分で確認する必要がある
  • 自分の転職の方針と合っていないと使いづらく感じることがある

はたらいくに向いているのは転職慣れしていない人

転職慣れしていない人に、はたらいくのしくみや特徴は合っているといえる。

一方で転職経験がある人でも選択肢を広げるためにはたらいくの利用は有効だ。

上手な使い方には次の3つのポイントがある。

  1. らいく!機能を使った応募の疑似体験で実際の応募に備える
  2. 転職サイトとの併用でより多くの求人情報から理想の求人を見つける
  3. 転職エージェントとの併用で「採用されやすい」企業と「自分の希望する」企業から理想の求人情報を見出す

どの転職サイトを利用する場合も、その特徴を知り、自分に合った使い方をすることは大切だ。

さらに転職サイトやエージェントとの併用によって理想により近い転職が実現しやすくなるだろう。

はたらいくは独自性の高い機能に加えて併用のしやすさもある。

試しに使ってみても決して損はない転職サイトといえるだろう。

はたらいくはコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

Leave a Reply

最初のコメントを頂けますか?

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »