最近出てきたキーワード「グロースハック」のコツと注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

グロースハックの意味は「ユーザーデータを分析し、様々な改善策を素早く行い、事業を成長させること」です。

これで、とりあえずまずは「グロースハックとはどんな意味なのか」という疑問が晴れたと思います。

ただし「グロースハック」という言葉を、具体的にどう使えばいいのかは、まだわからないでしょう。

そこで次は「グロースハックの具体的な使い方と実例」について紹介していきます。


グロースハックの具体的な使い方

「グロースハック」の具体的な使い方と実例

「グロースハック」という言葉が、どんな時・どういう会話で・どんなワードで使われるか解説していきましょう。

今回紹介する「グロースハック」の使い方とシーンは、「会社で戦略会議をする時の“グロースハック”」です。

会話例とともに紹介していくので、今のあなたシチュエーションと結びつけながらチェックしてみてください。

会社で戦略会議をする時の「グロースハック」

会社で戦略会議をする時に「グロースハック」が出てくると、どんな意味になるのでしょうか。

以下の具体的な会話を見て、使い方と意味を理解しましょう。

元の会話

上司:「【グロースハック】のアイデアを出してほしい」
部下:「まずはユーザーデータが明らかに足りないので、アンケートをしてみては?」

わかりやすく変換

上司:「【ユーザーデータを分析し、様々な改善策を素早く行い、事業を成長させる】アイデアを出してほしい」
部下:「まずはユーザーデータが明らかに足りないので、アンケートをしてみては?」

使い方に関する解説

もともと「グロースハック」には、一つの意味しかありません。

「データを分析し、様々な改善策を素早く行い、事業を成長させる」という意味だけなので迷わないでしょう。

ちなみに「グロースハック」は、ベンチャーやITに強い会社がよく使う言葉です。

現時点では昔ながらの大手企業や、中小企業ではなかなか「グロースハック」を使うことはほとんどありません。

「グロースハック」と似たような言葉・間違えやすい言葉

「グロースハック」と一緒くたにされたり、似た意味だと思われるのが、「フレームワーク」という言葉です。

「フレームワーク」と「グロースハック」を比較して、使い方のポイントや意味の違いを浮き彫りにしましょう。

「グロースハック」と「フレームワーク」を比較

「フレームワーク」の本来の意味は、「枠組み・仕組み」です。

ビジネスにおいて「フレームワーク」は、「ビジネスを行うためのフレームワーク」のような使われ方をします。

一方、グロースハックは「データを分析し、様々な改善策を素早く行い、事業を成長させること」という意味です。

グロースハックとフレームワークの意味を比較するとわかると思いますが、これらは全く別の意味です。

このように意味が全然違うのですが、グロースハックとフレームワークが一緒くたにされるのは理由があります。

実はグロースハックを行う際、フレームワークの存在が情報に重要なので、密接な言葉だと思われているのです。

具体的には「AARRR(アー)」というフレームワークを使って、グロースハックを行っていきます。

ここまでは、「グロースハック」と似たような言葉・間違えやすい言葉についてお伝えしました。

「グロースハック」と似たような言葉である「フレームワーク」との違いを、理解していただけたと思います。

ただし実際にグロースハックを行うとなると、うまくできるかどうか自信が持てないのではないでしょうか。

そこで次は「実際にグロースハックを行う上でのコツや注意点」について紹介していきます。

実際に「グロースハック」を行う上でのコツや注意点

意味や利用すべきシーン、実際の会話例などは理解していただけたでしょう。

しかし実際に「グロースハック」をする場合、どうやれば全くの初心者でも上手くできるのでしょうか。

ここでお伝えしたいことを先に伝えておくと、以下の通りになります。

  • グロースハックの成功事例を頭にいれておく
  • 「AARRR(アー)」の理解は必須
  • 既存のマーケティングとの違いを意識する
  • グロースハックに必要な独特の思考方式を身につける
  • 情報収集ツールを準備しないとグロースハックはできない

グロースハックの成功事例を頭にいれておく

グロースハックを理解・実行するなら、実際に結果を出している例を知るのは必須です。

近年急激に成長したサービスは、グロースハックを用いた成長施策が行われています。

その中でも、特に有名な「Twitter」の成功例についてチェックしていきましょう。

Twitterは現在利用中のユーザーの傾向を解析した結果、様々なデータがわかりました。

具体的には登録しただけではなく、あるレベル以上フォローしないとTwitterは面白くないことが分かったのです。

判明したデータからTwitterは、登録が終わった後にフォローを促すステップを入れました。

5人以上フォローしないと、利用が開始できないシステムを取り入れたのです。

新たに入れた施策により、ユーザーの継続率を改善することに成功しました。

データに基づき、顧客を増やす仕組みを作りあげたグロースハックのわかりやすい実例です。

「AARRR(アー)」の理解は必須

グロースハックでは正確な現状把握と目標設定のために、専用のフレームワークがとられます。

先述しましたが、専用のフレームワークが「AARRR(アー)」です。

5 つの頭文字を並べて AARRR と呼ばれ、「アー」と読みます。

具体的に「AARRR (アー)」を箇条書きにすると、以下に挙げるような要素になります。

  • 「Acquisition」:顧客を取り入れて増加させる
  • 「Activation」:顧客を活性化させて満足度を向上させる
  • 「Retention」:利用を継続してもらいリピーターを生み出す
  • 「Referral」:既存の顧客に新たな顧客を紹介してもらう
  • 「Revenue」:すべての顧客の課金をさらに促す

ザッと見ればお分かりかと思いますが、「AARRR (アー)」は顧客のアクションが時系列に並んでいます。

最初に顧客を獲得して、満足度を高めつつ、利用を促進し、自分以外にも紹介する行動を発生させます。

最終的には一連の流れを、実際の収益にリンクする「課金」へ持って行くのが、グロースハックの流れです。

「AARRR」を理解しておくと、現在どの段階のアクションをしているのかを把握しやすくなりますよ。

既存のマーケティングとの違いを意識する

これまでも、インターネットマーケティングでは、顧客テストなどが行われています。

しかし、既存のマーケティングにはPRや セールスプロモーションという意味合いが強くありました。

一方、 グロースハックは常に分析し、仮説・検証・改善をリピートしつつ、サービスの向上や進化を図ります。

つまり、マーケティングの目的や内容が、過去のインターネットマーケティングと大きく異なるのです。

実際にグロースハックを行うためには、 WEBマーケティングのノウハウももちろん必要です。

さらにデザイナーやライター、ディレクター、エンジニアといった複数の要素も必要となります。

実際にFacebookは、上記のスキルを持つ仲間を集めた「グロースチーム」を発足させました。

結果として、世界で12億人を超える 顧客を獲得するまでに至っています。

グロースハックに必要な独特の思考方式を身につける

グロースハックには、独特の思考手順が求められます。

そのため、グロースハック的な思考を持つ状況にすることは、成否にも大きく関わります。

では、どんな思考がグロースハック的と言えるのでしょうか。

考えられる思考を、以下にピックアップしてみました。

  • 失敗して当たり前なので、むしろ失敗事例を何種類も作って資産にする姿勢
  • いきなり最終ゴールを目指すのではなく、ちょっとした改善、小さな成功を積み重ねる
  • 何度でも試行錯誤ができるよう、ムダにお金を投入しない

上記のような思考で試行錯誤を反復している企業は、すでにグロースハックであると言ってよいでしょう。

情報収集ツールを準備しないとグロースハックはできない

グロースハックは施策の立案時と、効果のチェック時に情報収集が欠かせません。

結果の測定は自分の会社で集計できるものですが、グロースハック立案時にはまだ実数値が自社にありません。

そのため、市場調査やアンケートなどの情報収集ツールが必要になります。

アンケートや市場調査は非常に手間とお金がかかりますが、グロースハックには必要不可欠です。

グロースハックを成功させるための「先行投資」と思って、コストをかけていく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of