プロジェクトの進行管理によく出てくる「フィックス」の本当の意味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

フィックスにはいくつか意味がありますが、代表的なのは「最終確定」です。

場合によっては、「確定させる」や「最終調整」なども意味します。

これで、とりあえずまずは「フィックスとはどんな意味なのか」という疑問が晴れたと思います。

ただし「フィックス」という言葉を、具体的にどう使えばいいのかは、まだわからないでしょう。

そこで次は「フィックスの具体的な使い方と実例」について紹介していきます。


フィックスの具体的な使い方

「フィックス」の具体的な使い方と実例

「フィックス」という言葉が、どんな時・どういう会話で・どんなワード共に使われるのか解説していきましょう。

今回紹介する「フィックス」の具体的な使い方とシチュエーションは、以下の通りになっています。

  • 上司と営業成績を確認する時の「フィックス」
  • 仕事の進捗確認をする時の「フィックス」
  • 取引先との打ち合わせ時の「フィックス」

会話例とともに紹介していくので、今のあなたが一番近いシチュエーションの使い方をチェックしてみてください。

上司と営業成績を確認する時の「フィックス」

上司と営業成績を確認する時に「フィックス」が出てくると、どんな意味になるのでしょうか。

以下の具体的な会話を見て、使い方と意味を理解しましょう。

元の会話

上司:「今日のお客さんがとれそうにないなら、もう【フィックス】になりそう?」
部下:「はい、もう【フィックス】です。他に見込み客はいません」

わかりやすく変換

上司:「今日のお客さんがとれそうにないなら、もう【最終確定】になりそう?」
部下:「はい、もう【最終確定】です。他に見込み客はいません」

使い方に関する解説

今回のようなシチュエーションでは「最終確定」という意味で「フィックス」を使います。

営業数字を確認する時に「フィックス」が出てきたら、確実に「最終確定」という意味になるでしょう。

「最終調整」と間違えそうですが、営業数字の締めや期末に使われたら「最終確定」という意味になります。

上司と営業成績を確認する時のフィックスは、「最終確定」という意味で使うと覚えておきましょう。

仕事の進捗確認をする時の「フィックス」

仕事の進捗確認をする時に「フィックス」が出てくると、どんな意味になるのでしょうか。

以下の具体的な会話を見て、使い方と意味を理解しましょう。

元の会話

上司:「例のプロジェクトだけど、いつまでに【フィックス】できる?」
部下:「予定より少し遅れてはいますが・・・10日までに必ず【フィックス】させます」

わかりやすく変換

上司:「例のプロジェクトだけど、いつまでに【確定させられる】?」
部下:「予定より少し遅れてはいますが・・・10日までに必ず【確定させます】」

使い方に関する解説

今回のようなシチュエーションでは「確定させる」という意味で「フィックス」を使います。

納期を質問される会話で「フィックス」が出てきたら、間違いなく「確定させる」という意味になるでしょう。

「終わらせて欲しい」というニュアンスが強いので、「最終調整」という意味では使われないので要注意です。

仕事の進捗確認をする時のフィックスは、「確定させる」という意味で使うと覚えておきましょう。

取引先との打ち合わせ時の「フィックス」

取引先との打ち合わせ時に「フィックス」が出てくると、どんな意味になるのでしょうか。

以下の具体的な会話を見て、使い方と意味を理解しましょう。

元の会話

取引先:「お願いしておいた稟議ですが…、いつ【フィックス】に入るのですか?」
担当営業:「まだ全然話が進んでいないので、【フィックス】は見えません。すみません・・・」

わかりやすく変換

取引先:「お願いしておいた稟議ですが…、いつ【最終調整】に入るのですか?」
担当営業:「まだ全然話が進んでいないので、【最終調整】は見えません。すみません・・・」

使い方に関する解説

今回のようなシチュエーションでは「最終調整」という意味で「フィックス」を使います。

取引先に社内の進捗を聞かれた時に「フィックス」が出たら、高確率で「最終調整」という意味になるでしょう。

ただし、今までの進捗次第によっては「最終確定」という意味でも使われるので、注意してください。

まだ終わりの見えない計画に関するフィックスは、「最終調整という意味で使う」と覚えておきましょう。

ここまでは、「フィックス」の具体的な使い方と実例をお伝えしました。

どういうシチュエーションなら「フィックス」を使ってもいいのか、また使うべきなのか理解できたと思います。

ただし「フィックス」と似たような言葉や、実は意味が違う言葉については、まだわからないでしょう。

そこで次は「フィックスと似たような言葉・間違えやすい言葉」について紹介していきます。

「フィックス」と似たような言葉・間違えやすい言葉

「フィックス」という言葉と一緒くたにされやすいのが、以下の言葉です。

  • フックス
  • FIX
  • バグフィックス

これらの言葉と「フィックス」を比較して、使い方のポイントや意味の違いを浮き彫りにしていきましょう。

「フィックス」と「フックス」を比較

「フックス」の本来の意味は、「最終確定」「確定させる」「最終調整」です。

つまりは、フィックスの意味と同じで、いわゆる「読み違い」がフックスなのです。

少し高齢の上司が頑張って横文字を使う時に「フックス」と言ってしまう傾向が見られます。

そのため、実際のビジネスシーンにおいて、フィックスとフックスが一緒に使われることは多いです。

「別の言葉なのでは?」と勘違いしないように気をつけてください。フックスはフィックスと同じです。

「フィックス」と「FIX」を比較

同じように見えますが、FX(外国為替証拠金取引)において「FIX」の意味は変わってきます。

FIXの読み方は同じ「フィックス」ですが、意味は「値決め」のことを指します。

よく「ロンドンFIX」など言われますが、カンタンに言うと「ロンドンにおける為替の金額」という意味です。

完全な金融用語なので、一般的なビジネスシーンにおいて「FIX」が出てくることはありません。

金融業界に就職するか、趣味でFXに挑戦しない限り、意味すら理解しなくても大丈夫な言葉です。

ちなみに実際のビジネスシーンにおいて、フィックスとFIXが一緒に使われるのは金融業界だけです。

フィックスは前章で示したようなシーンで使われますが、FIXはもっぱら「値決め」という意味で使われています。

どちらかというと「最終確定」「確定させる」「最終調整」という意味の方が使われないでしょう。

「フィックス」と「バグフィックス」を比較

「バグフィックス」の本来の意味は、コンピューターのバグを取り去る作業を指します。

一方、先述したようにフィックスには「最終確定」「確定させる」「最終調整」などの意味があります。

フィックスとバグフィックスの意味を比較するとわかると思いますが、これらは全くの別物です。

完全なIT用語なので、一般的なビジネスシーンにおいて「バグフィックス」が出てくることはありません。

プログラミングを実行するIT業界に就職しない限り、意味すら理解しなくても大丈夫な言葉です。

ちなみに実際のビジネスシーンにおいて、フィックスとバグフィックスが一緒に使われるのはIT業界だけです。

横文字が好きなベンチャーのIT企業なら「例のバグフィックスだけど、もうフィックスできる?」と使うことも。

しかし実際のプログラミングを担当する人は、バグフィックスを日常的に使うせいか、フィックスは使いません。

商品を売るセールス部門だけが、バグフィックスとフィックスを一緒に使うことが多いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

最初のコメントを頂けますか?

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »