ブラック企業には特徴がある!入社前に見極めるための情報収集のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

現在の職場に不満があり、転職を決めたとしても、転職先はどこでもいいわけではない。

特に、ブラック企業にだけは近づきたくないのが本音だろう。

事前にブラック企業かどうかを見抜くには、

ブラック企業を見抜くポイント

  • 労働時間(残業時間)
  • 残業代などの給与形態
  • 面接対応の社員の姿

をチェックしておくといい。

ブラック企業の多くは、これらの項目で何かしらの問題を持っているものだ。

しかし、普通に転職活動をしているだけでは、判断するのが難しいかもしれない。

ブラック企業かどうかを事前に判断するには、情報を集めることが大切なのだ。

この記事では、ブラック企業に転職を決めないために、情報を集めるコツをお伝えする。

1つでも多くの情報を手に入れ、ブラック企業には入社しないようにしよう。

先にブラック企業の特徴を一覧にまとめておくので、参考にしてほしい。

ブラック企業の特徴説明見抜き方
平均残業時間が月45時間以上平均残業時間は、45時間以内にすることが決められている転職の口コミサイトやSNSなどで情報を集める
有給取得率が低い有給が取りづらい=休みが取りづらいということ面接などで有給取得率を聞いてみる
給与が最低賃金を下回っている最低賃金を下回るのは、そもそも違法行為自分の住んでいる地域の最低賃金を把握しておく
残業代が出ないサービス残業はNGみなし残業として、残業代が給与に含まれている場合は注意
離職率が高い離職率が高い=入れ替わりが激しいということ面接などで離職率を聞いてみる
パワハラが蔓延しているパワハラが常態化している企業は、ブラック企業の可能性が高い面接時に圧の高い言葉をかけてくる場合は注意

ブラック企業を見抜くために注意するべきところ

ブラック企業を見抜くためには、いくつか注意するべきところがある。

詳しくは最後の章でお伝えするが、簡単にいうと以下の3つだ。

ブラック企業を見抜く3つのポイント

  1. 労働時間(残業時間)
  2. 残業代などの給与形態
  3. 面接対応の社員の姿

ポイント1.労働時間(残業時間)

労働時間は一番大きなポイントだろう。特に、残業時間は必ずチェックしておくべきである。

というのも、ブラック企業の多くは労働時間が長くなることが多いからだ。

就業時間は短くても、残業時間が長ければ体調を崩す可能性もある。

不安に感じる点がないかどうか、確認しておこう。

ポイント2.残業代などの給与形態

労働時間が問題なくても、給与形態に問題があるのは避けた方がいいだろう。

特に残業代については、グレーな企業もあるので注意するべきである。

残業代が「見込み残業時間」で計算されている場合、見込みよりオーバーした分が支払われるかよく確認しておこう。

ポイント3.面接対応の社員の姿

面接対応の社員の姿は、唯一見られる“その企業で働く人”である。

疲れ切っていたり、憔悴したりしているようなら、ブラックである可能性があるので注意するべきだ。

避けるべきブラック企業の特徴

ブラック企業には、いくつかの特徴がある。

これらの特徴を避ければ、ブラック企業を避けられる可能性が高まる。

求人を見るときには、必ず確認しておこう。

ブラック企業の特徴6つ

  1. 平均残業時間が月45時間以上
  2. 有給取得率が低い
  3. 給与が最低賃金を下回っている
  4. 残業代が出ない
  5. 離職率が高い
  6. パワハラが蔓延している

特徴1.平均残業時間が月45時間以上

企業の平均残業時間は、45時間以内にすることが36協定で決められている

過労死ラインである月80時間を超える場合は、さらに問題である。

残業時間を超えていることを求人に記載することはないだろうが、転職の口コミサイトやSNSなどで情報を集めるといいだろう。

口コミサイトやSNSなどを使っての情報集めの方法は、後ほどご紹介する。

特徴2.有給取得率が低い

有給取得率が低いということは、休みが取りづらいということである。そもそも、有給が取れないのは違法だ。

面接などで有給取得率を訊ねてみるのもオススメである。

特徴3.給与が最低賃金を下回っている

最低賃金を下回るのは違法行為。

自分の住んでいる都道府県の最低賃金をしっかりチェックしておくことで、この問題は避けられるはずだ。

特徴4.残業代が出ない

残業代が出ない、いわゆる「サービス残業」はアウトである。

みなし残業で含まれている場合、実際の残業時間と大きく差があることも。

残業代込みの給与が設定されている場合は、少し注意が必要だ。

特徴5.離職率が高い

離職率とは、在籍人数と一定期間後に退職した割合のこと

離職率が高いのは、入れ替わりが激しいということ。

企業の居心地が良くないということを表すので、避けた方が無難だろう。

特徴6.パワハラが蔓延している

パワハラが蔓延している企業はブラック企業と言えるだろう。

パワハラの有無は、面接等で話している時点で気がつける可能性がある。

面接官が、ふとした瞬間に圧の高い言葉をかけてくる場合は要注意だ。

ブラック企業を見極める具体的な方法

ブラック企業を見極めるためには、とにかく情報がある方が有利である。

情報を集めるには、以下のような方法がオススメだ。

ブラック企業の情報を集める3つの方法

  1. SNSや匿名掲示板などを参考にする
  2. 募集要項に〇〇があるときは注意
  3. 面接のなかで確認してみる

方法1.SNSや匿名掲示板などを参考にする

一番情報を得やすいのが、SNSや匿名掲示板などを参考にすることだろう。

働いている社員にSNS経由でメッセージを送ってみるのもいい。

企業のホームページや転職フェアでは聞けない、生の話を聞くことができるかもしれない。

匿名掲示板は、匿名である分、本音が見えやすい

企業の実情が分かるので、チェックしておくといいだろう。

ただし、退職者が悪意を持って書き込むことも考えられる。あくまでも参考までに見るようにしたい。

また、「ブラック企業大賞」というブラック企業と思われる企業名を載せているサイトも参考になる。

適当に載せているのではなく、それぞれにきちんとした理由があるので参考にしてみよう。

方法2.募集要項に〇〇があるときは注意

求人情報からも、ブラック企業を見極めることができる可能性がある。

募集要項のチェックポイント3つ

  1. お給料に見込み残業が含まれている
  2. 同じ内容の求人が何度も出る
  3. 応募のハードルが低すぎる

チェック1.お給料に見込み残業が含まれている

先ほどもお伝えしたように、残業代が“見込み”としてお給料に含まれている場合は注意が必要だ。

実際にどのような運用がされているのか、前項でお伝えした口コミ等で情報を集めよう。

チェック2.同じ内容の求人が何度も出る

何度も同じ企業・職種の求人が出ている場合には、離職者が多い可能性がある。

数週間のうちに何度も求人が出されていたり、更新されたりする企業は、注意した方がいいかもしれない。

チェック3.応募のハードルが低すぎる

応募のハードルが低すぎるのも考えものだ。

「学歴不問」「年齢不問」「未経験優遇」など、耳あたりのいいキーワードには注意

慢性的な人手不足に悩まされているために、とにかく採用したいだけという可能性がある。

方法3.面接のなかで確認してみる

最終的な確認として、面接でそれとなく確認してみるのもオススメだ。

その際は以下のようなポイントを確認してみよう。

面接で確認するポイント3つ

  1. 面接官が疲れていないか確認する
  2. 労働条件についての質問をしてみる
  3. 平均勤続年数を聞いてみる

ポイント1.面接官が疲れていないか確認する

記事冒頭でもお伝えしたが、面接官の表情は要チェックだ。

面接官の顔が疲れ切っていたら、ストレスの多い職場なのかもしれない。

また、面接官の態度が高圧的であったり、だらしなかったりする場合も要注意。

職場環境が悪く、社員のことを軽く見ている可能性がある。

ポイント2.労働条件についての質問をしてみる

面接で、月の平均残業時間や離職率について聞いてみるのもいい。

目の前の面接官は実際に中で働いている人なので、実情をよく知っているはず。

ブラック企業の多くは、この質問に対して明確な返答が返ってこないか、回答を濁してくるはずだ。

ポイント3.平均勤続年数を聞いてみる

前項で、労働条件について聞くことをオススメした。

しかし、多くの就活本やメディアでは、労働条件についての質問は避けるべきとされている。

もしホワイト企業だった場合、印象が悪くなってしまうのではないかと不安に感じる人も多いだろう。

そのようなときには、「平均勤続年数」を聞いてみよう

平均勤続年数とは、社員の勤続年数の平均

たとえば平均勤続年数が2年であれば、多くの社員は2年ほどで辞めてしまうということ。

入社した社員がどのくらいで辞めていくのか、だいたいの検討がつくはずだ。


以上ここまでがブラック企業の特徴だ。

ただ、これを自分で調べつくすのも正直めんどくさい。

やはり筆者としては信頼できる転職エージェントを捕まえることを重視する。

【2019年9月最新】筆者オススメの厳選転職エージェント6選

最新情報を比較!筆者がおすすめする厳選転職エージェント

ここでは、筆者がオススメする転職エージェントを厳選して紹介しておこう。

転職エージェントを最大限活用する為には、

  • 自分の希望に合ったスタイルの転職エージェントか
  • その業界・企業に強みを持っているか
が大きなカギを握っている。

転職エージェントの利用先は、一つでなければ行けない決まりはない。

筆者としては、厳選した6社から3~4社ほど申し込むことをオススメしている。

勿論、やり取りが追い付かないレベルはNGだが、ある程度話を聞いてみて「この人が一番信頼できる」と感じたエージェントに活動を絞っていくのがベストだ。

※ランキングは筆者の見解による

1.ビズリーチ

BIZREACH

ビズリーチ

※参照:ビズリーチ公式HP

ビズリーチの詳細情報

求人数 約60,000件以上
取引先企業数 約7,700社
ヘッドハンター数 2,000名以上
利用者の年齢 登録者の約半数が30~40代
特徴 ヘッドハンターと企業両面からのスカウト方式
料金 基本は無料/有料プランは30日間で3,000円~5,000円前後
運営会社 株式会社ビズリーチ
主要対応エリア 全国対応
※2019年9月現在の公式ホームページ情報を調査 ※非公開事項は筆者のヒアリングによる

ビズリーチの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 年収500万円以上で、よりキャリアアップしたい方
  • 管理職・専門職の経験がある方
  • マネジメントスキルに自信がある方
  • 語学力に自信がある方
  • グローバル志向の方
ビズリーチについて、下記の記事でも詳しく解説しているのでぜひ読んでほしい。
※WEB履歴書等の詳細情報入力すると非公開の高収入案件を見ることができます。

【無料】ビズリーチを3分チェック

ちなみにビズリーチでは、登録時にWEB履歴書を基本情報(下記赤い部分・13項目)まで入力すると非公開の高収入求人が見られるようになっている。

ビズリーチの完了画面

ビズリーチの完了画面

1画面1設問なので、筆者の場合も3分ほどで入力ができた。

求人の条件にはこだわりたい!という場合は、ひと手間惜しまず入力してみよう。

但し、年収500万以上の人しか非公開求人を見られる権利を得られないようになっている。

年収500万以下の人は「リクルートエージェント」がオススメだ。

2.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

※参照:リクルートエージェント公式HP

リクルートエージェントの詳細情報

求人数 公開34,732件 非公開173,064件
得意な業界 IT・通信・機械・小売・サービス・人材
コンサルタント数 約400名
面談の有無 有り
応募書類添削対応 有り
選考日程調整対応 有り
年収交渉対応 有り
転職実績(累計) 約40万名
転職実績(年単位) 約2万名
求人の更新頻度 高い
料金 無料
運営会社 株式会社リクルートキャリア
主要対応エリア 全国対応
拠点数 16拠点(2019年9月時点)
※2019年9月現在の公式ホームページ情報を調査 ※非公開事項は筆者のヒアリングによる

リクルートエージェントの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 幅広い職種・業界を紹介してほしい方
  • 大手企業・中堅企業を希望する方
  • 転職によって年収アップを目指す方
リクルートエージェントについて、下記の記事でも詳しく解説しているのでぜひ読んでほしい。
※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】リクルートエージェントを3分チェック

3.dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービス

※参照:dodaエージェントサービス公式HP

dodaエージェントサービスの詳細情報

求人数 公開約40,000件 非公開約120,000件
コンサルタント数 不明/分野別コンサルタントが存在/提携エージェント300社
面談の有無 有り
応募書類添削対応 有り
選考日程調整対応 有り
年収交渉対応 有り
求人の更新頻度 高い
料金 無料
運営会社 パーソルキャリア株式会社(旧・株式会社インテリジェンス)
主要対応エリア 全国対応
拠点数 32拠点(2019年9月時点)
※2019年9月現在の公式ホームページ情報を調査

dodaエージェントサービスの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 幅広い職種・業界を紹介してほしい方
  • 20代後半~30台前半の方
  • 志望業界の予備知識がある方
  • 面接や書類の添削を受けなくても転職が出来る自信がある方
  • 転職のスケジューリングに不安がある方
dodaエージェントサービスについて、下記の記事でも詳しく解説しているのでぜひ読んでほしい。
※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】dodaエージェントサービスを3分チェック

4.マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

※参照:マイナビエージェント公式HP

マイナビエージェントの詳細情報

求人数 公開6,307 件 非公開20,462件
得意な業界 IT・通信・メーカー・小売・サービス
コンサルタント数 不明
面談の有無 有り
応募書類添削対応 有り
選考日程調整対応 有り
年収交渉対応 有り
転職実績(累計) 厚生労働省委託事業「職業紹介優良事業者認定制度」において「職業紹介優良事業者」事業者認定を取得
転職実績(年単位) -
求人の更新頻度 高い
料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
主要対応エリア 全国対応
拠点数 5拠点(2019年9月時点)
※2019年9月現在の公式ホームページ情報を調査

マイナビエージェントの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 幅広い職種・業界を紹介してほしい方
  • 企業の内情をちゃんと把握したい方
  • 転職活動が初めてで、サポートしてもらいたい方
マイナビエージェントトについて、下記の記事でも詳しく解説しているのでぜひ読んでほしい。
※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】マイナビエージェントを3分チェック

5.パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア

※参照:パソナキャリア公式HP

パソナキャリアの詳細情報

求人数 約40,000件(うち非公開求人約25,000件)
取引先企業数 約16,000社
得意な業界 ソフトウェア・通信・IT・電気・機械
得意な職種 営業・エンジニア・管理部門
コンサルタント数 不明
面談の有無 有り
応募書類添削対応 有り
選考日程調整対応 有り
年収交渉対応 有り
転職実績(累計) 累計約25万人の転職支援
求人の更新頻度 高い
料金 無料
運営会社 株式会社パソナ
主要対応エリア 全国対応
拠点数 50拠点(2019年9月時点)
※2019年9月現在の公式ホームページ情報を調査 ※非公開事項は筆者のヒアリングによる

パソナキャリアの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 女性で理系職種の転職希望者
  • 安定して長く働ける会社に行きたい方
  • 専門的なスキルを活かしたい方
  • 管理職を経験した事がある方
  • 第二新卒の転職希望者
パソナキャリアについて、下記の記事でも詳しく解説しているのでぜひ読んでほしい。
※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】パソナキャリアを3分チェック

6.JACリクルートメント

JAC Recruitment

JAC Recruitment

※参照:JACリクルートメント公式HP

JACリクルートメントの詳細情報

求人数 約6,000~10,000件
取引先企業数 約25,000社
コンサルタント数 550名以上
転職実績(年間) 年間約67,000人が登録
特徴 外資系・海外企業に強み
料金 無料
運営会社 株式会社ジェイエイシー リクルートメント
主要対応エリア 全国対応
拠点数 9拠点(2019年9月時点)
※2019年9月現在の公式ホームページ情報を調査

JACリクルートメントの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 外資系企業・海外勤務を希望している方
  • 管理職経験が長い方
  • 各職種・業界のトップ人材
  • 語学力を活かして働きたい方
JACリクルートメントについて、下記の記事でも詳しく解説しているのでぜひ読んでほしい。
※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】JACリクルートメントを3分チェック

転職エージェントと合わせて活用したい!市場価値算出ツール「ミイダス(MIIDAS)」

ミイダス

ミイダス

※参照:ミイダス公式HP

ここまで読んできて、

  • 自分の市場価値はどの程度なのか分からなくなった
  • どのレベルの求人を希望すれば良いのか不安になってきた
という人はいないだろうか。

満足度の高い転職のためには、企業が望む人材と自身のスキルのバランスが取れていることが重要だ。

経歴詐称に近いレベルでコンサルタントに応募書類を改変され、年収はアップしたものの周りに追いつけず、居づらくなって辞めたという話も時々耳にする。

自分の市場価値を把握する、企業からのオファーによる転職活動という2つの特徴を持つのが「ミイダス」だ。

ミイダスでは自分の経歴・スキルを入力すると、200万人の転職者データベースから自分の市場価値(適正年収)を算出してくれる。

またそのプロフィールを元に、書類選考通過と同じステップとなる企業からのオファーが届く仕組みだ。

  • 今すぐ転職活動をするのは不安だが、自分の市場価値は知っておきたい
  • 自分の経歴・スキルを歓迎してくれる企業に入りたい
という人には、一度試してみる価値があるだろう。

※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】ミイダスを3分チェック

まとめ

ブラック企業を見抜くためのポイント

  • 労働時間(残業時間)
  • 残業代などの給与形態
  • 面接対応の社員の姿

ブラック企業に多い特徴

  • 平均残業時間が月45時間以上
  • 有給取得率が低い
  • 給与が最低賃金を下回っている
  • 残業代が出ない
  • 離職率が高い
  • パワハラが蔓延している

ブラック企業を見抜くための情報収集の3つのコツ

(1)SNSや匿名掲示板などを参考にする

(2)募集要項に〇〇があるときは注意

  • お給料に見込み残業が含まれている
  • 同じ内容の求人が何度も出る
  • 応募のハードルが低すぎる

(3)面接のなかで確認してみる

  • 面接官が疲れていないか確認する
  • 労働条件についての質問をしてみる
  • 平均勤続年数を聞いてみる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Career Rules編集部

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of