求人情報から読み取る!応募前にチェックすべきブラック企業の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「ブラック企業の特徴」といえば、知識や経験がない人にとっては必須の知識だが、明確な基準がない。

だからこそ、ブラック企業の特徴について、腑に落ちる知識を得られぬまま、延々と調べている人は本当に多い。

あなたも「ブラック企業の特徴」に関して、以下に示すような疑問や不安をもっていないだろうか?

  • ブラック企業かどうかを応募前に感づくことはできないだろうか?
  • どんな雇用条件を出している会社が、ブラック企業なのか
  • エントリー前に確認すべきブラック企業の特徴を教えて欲しい

こうした疑問や不安を持っているのに解決しないまま、転職のためのエントリーをしようとしてはいけない。

ブラック企業の特徴に関する知識が圧倒的に足りていないので、このままではブラック勤務になる可能性大だ。

そこで今回は「ブラック企業の特徴」に関する疑問・不安について、実際にブラック企業で働いていた筆者が必要な知識を解説していく。

最後まで読み終えた時、以下のような知識を身につけることができるだろう。

  • 「ハローワークに多い?求人情報から読み取るブラック企業の特徴」
  • 「ハードルが低め?雇用条件から読み取るブラック企業の特徴」
  • 「社内が汚い?働き方や会社の様子で読み取るブラック企業の特徴」
  • 「応募前に要確認!エントリー前に確認すべきブラック企業の特徴」

つまり、この記事を読めばあなたが知っておくべき「ブラック企業の特徴」に関する知識は、すべて網羅できるということだ。

これを機に、ブラック企業の特徴についてしっかりと理解して、これからの活動に役立てて頂きたい。

目次

ハローワークに多い?求人情報から読み取るブラック企業の特徴

まず解説するのは「ハローワークに多い?求人情報から読み取るブラック企業の特徴」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 求人サイトにいつも載っている会社はブラックの可能性大
  • 社員が辞めすぎてブラック企業は常時募集しないと人手が足りない
  • ハローワークに「非正規雇用」として広告している会社は要注意

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

求人サイトにいつも載っている会社はブラックの可能性大

離職率が高い求人サイトにいつも求人が掲載してある場合、何らかの理由で従業員が定着しないと考えられる。

入社歴の浅い人しかいないのも、離職率が際立つせいだ。

だからこそ、ブラック企業は常時求人を出すことから逃れられないでいる。

社員が辞めすぎてブラック企業は常時募集しないと人手が足りない

求人サイトに広告を載せるのはコストが掛かってくる。普通はそこまで募集広告はださないのが普通だ。

しかしブラック企業は高い離職率により猫の手も借りたいので、常時募集をかけなければいけない。

ハローワークに「非正規雇用」として広告している会社は要注意

たくさん求人広告を出すブラック企業は、有名求人サイトを使わずに、コストの低いハローワークを利用するところが多い。

さらに非正規雇用と書かれた求人はノルマが非常にシビアで、離職率の高いブラック企業である可能性が高い。

以上、「ハローワークに多い?求人情報から読み取るブラック企業の特徴」について解説してきた。

この章で解説した知識は「ブラック企業の特徴」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「ブラック企業の特徴」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である「ハードルが低め?雇用条件から読み取るブラック企業の特徴」について、次章では解説する。

ハードルが低め?雇用条件から読み取るブラック企業の特徴

次に解説するのは「ハードルが低め?雇用条件から読み取るブラック企業の特徴」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 試用期間がいつまでたっても終わらない企業はブラック企業
  • 応募した後にやたらと電話をしてくる企業はブラック確定
  • 残業時間がやたらと多い企業はブラックの可能性大

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

試用期間がいつまでたっても終わらない企業はブラック企業

試用期間終了の明確な条件がない、試用期間が終わるまでのノルマが過酷過ぎて、いつまでたっても達成できない。

このような理由により、試用期間が延々と続くケースでは、ブラック企業である可能性が高い。

応募した後にやたらと電話をしてくる企業はブラック確定

募した後にしつこく電話をしてくるのは、100%といってもいいだろう、絶対にブラック企業だ。

強引な営業方法で人たちから嫌われている悪質な企業は、求人に関しても非常にしつこい。

残業時間がやたらと多い企業はブラックの可能性大

多く残業をさせられる、もしくは残業する他ない就業環境である会社は、ブラック企業と言えるであろう。

ちなみに時間外労働と協定については、労働基準法で法律化されている労働時間は、1日8時間、1週40時間だ。

第35条では、休日を取ることとしている。もっともブラックは、そんなルールは絶対に守らない。

以上、「ハードルが低め?雇用条件から読み取るブラック企業の特徴」について解説してきた。

この章で示した知識は「ブラック企業の特徴」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「ブラック企業の特徴」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である「社内が汚い?働き方や会社の様子で読み取るブラック企業の特徴」について、次章では解説する。

社内が汚い?働き方や会社の様子で読み取るブラック企業の特徴

次に解説するのは「社内が汚い?働き方や会社の様子で読み取るブラック企業の特徴」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • ブラック企業は残業代どころか給料すらまともに支払うことがない
  • 社内備品が管理されておらず自費購入を強いる企業はアウト
  • いつ見ても夜遅くまで電気が付いている企業はブラックの可能性大

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

ブラック企業は残業代どころか給料すらまともに支払うことがない

ブラック企業は、残業代はもちろん、休みの日の出勤やその他の手当を支払わない。

また給料そのものをしっかりと給料日に支払うことすらしないブラック企業もある。

実際は残業しているが、タイムカードは定時で切ってしまうのが、暗黙のルールとなっているブラック企業も少なくない。

ブラック企業なら、みなし残業代以上の残業が日常的な光景で、その分の残業代は支払われることがない場合がある。

社内備品が管理されておらず自費購入を強いる企業はアウト

書類や備品の管理ができていない会社は、社内ルール徹底の意識が低いブラック企業である。

さらに保険や服、飲食店の売上、お歳暮セットなど、目標達成できなければ自腹で購入させる会社も立派なブラックだ。

いつ見ても夜遅くまで電気が付いている企業はブラックの可能性大

飲み会の帰りに通ったら灯りがついている様子を見たら、残業時間が異常に多いブラック企業かもしれない。

繁忙期かもしれないが、いつ見ても明かりが点いた状態になっている場合は気をつけよう。

以上、「社内が汚い?働き方や会社の様子で読み取るブラック企業の特徴」について解説してきた。

この章で解説した知識は「ブラック企業の特徴」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「ブラック企業の特徴」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である「応募前に要確認!エントリー前に確認すべきブラック企業の特徴」について、次章では解説する。

応募前に要確認!エントリー前に確認すべきブラック企業の特徴

最後に解説するのは「応募前に要確認!エントリー前に確認すべきブラック企業の特徴」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • ブラック企業がイヤなら求人情報をしっかりとチェックする
  • 求人情報で曖昧な表現をしている企業は要注意
  • ノルマが設定されている企業とは一旦距離をおいた方が良い

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

ブラック企業がイヤなら求人情報をしっかりとチェックする

せっかく苦労して転職活動をしたのに、「新しい仕事場がブラック企業だった」となると本末転倒だ。

求人サイトの記載内容や情報から、転職を完了させる前にブラック企業か見分ける方法を身につけておきたい。

もっともカンタンなのは、求人サイトをチェックすることだ。

求人情報サイトをいつ見ても出てくる企業は、常に辞める人が多く、定着しない可能性が高い。

求人情報で曖昧な表現をしている企業は要注意

「月40時間の残業代を含む」などと、公開されているものの、残業をしても追加で時間外手当てが出ないところがある。

報酬をアピールする企業もあるが、相当ハイレベルなノルマを課せられる可能性があるので要注意だ。

また先述したが、求人条件のハードルが低いブラック企業は離職率が高い。

ハードワークに耐えうる人なら誰でもよいと、求人条件のハードルを下げて募集することも多くあるので注意したい。

業務内容をあいまいにしておけばどんなことをさせても言い逃れできる、という悪質な表記なので騙されないように。

ノルマが設定されている企業とは一旦距離をおいた方が良い

ブラック企業というと、ノルマが厳しい、職場で従事する時間が長いなどの特徴が真っ先に浮かぶ。

つまりは、ノルマがある会社はアウトに近い。厳しめのノルマがある会社は、特に、だ。

具体的には歩合制で、飛び込み営業などのセールス業にはブラック企業が多い。

会社側は新人にも関わらず過酷なノルマを取り付け、基本的に達成できない。いや、させないようにしている。

尋常ではないテレアポをせられるなど、プレッシャーを与え続けて、自分から辞めるように仕向けるのである。

以上、「応募前に要確認!エントリー前に確認すべきブラック企業の特徴」について解説してきた。

この章で解説した知識は「ブラック企業の特徴」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

まとめ

ここまで「ブラック企業の特徴」をテーマとして、即戦力となる様々な知識を解説してきた。

「総決算」として改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみたい。

今回の記事で「どんな知識を得ることができたのか」という最後の確認になるだろう。ぜひ目を通してほしい。

ハローワークに多い?求人情報から読み取るブラック企業の特徴

  • 求人サイトにいつも載っている会社はブラックの可能性大
  • 社員が辞めすぎてブラック企業は常時募集しないと人手が足りない
  • ハローワークに「非正規雇用」として広告している会社は要注意

ハードルが低め?雇用条件から読み取るブラック企業の特徴

  • 試用期間がいつまでたっても終わらない企業はブラック企業
  • 応募した後にやたらと電話をしてくる企業はブラック確定
  • 残業時間がやたらと多い企業はブラックの可能性大

社内が汚い?働き方や会社の様子で読み取るブラック企業の特徴

  • ブラック企業は残業代どころか給料すらまともに支払うことがない
  • 社内備品が管理されておらず自費購入を強いる企業はアウト
  • いつ見ても夜遅くまで電気が付いている企業はブラックの可能性大

応募前に要確認!エントリー前に確認すべきブラック企業の特徴

  • ブラック企業がイヤなら求人情報をしっかりとチェックする
  • 求人情報で曖昧な表現をしている企業は要注意
  • ノルマが設定されている企業とは一旦距離をおいた方が良い

上記に記した知識は、「ブラック企業の特徴」において絶対に必要な知識なので、必ず吸収しておくべきだ。

逆に解説してきた知識さえ押さえておけば、ブラック企業にひっかかる可能性はないだろう。

あなたにとって必要な知識は、すべて網羅できているので安心して欲しい。

今回紹介した、ブラック企業の特徴に関する知識を使って、今後に活かしてもらえれば幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

最初のコメントを頂けますか?

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »