ブラック企業の原因を知れば優良企業に入れる!就活者必見の裏事情を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「ブラック企業と化す原因と対策」といえば、知識や経験がない人にとっては非常に厄介で、不安を煽る問題だ。

だからこそ、ブラック企業と化す原因と対策について、腑に落ちる知識を得られず、延々と調べる人は本当に多い。

あなたも「ブラック企業と化す原因と対策」に関して、以下に示すような疑問や不安をもっていないだろうか?

  • いまだにブラック企業が増え続けている原因って何?
  • なぜ労働者がブラック企業から抜け出せないのだろうか
  • ブラック企業に入らずに、ホワイト企業に勤める方法とは?

こうした疑問や不安を持っているのに解決しないまま、就職活動や転職活動に挑戦しようとしてはいけない。

ブラック企業と化す原因と対策に関する知識が足りないので、このままではあなたが望む結果にならないだろう。

そこで今回は「ブラック企業と化す原因と対策」に関する疑問・不安について、実際にブラック企業に勤めていた筆者が必要な知識を解説していく。

最後まで読み終えた時、以下のような知識を身につけることができるだろう。

  • 「人件費のせい?ブラック企業が増え続けているたった1つの原因」
  • 「罪悪感が足かせに?労働者がブラック企業から抜け出せない原因」
  • 「勇気が必要!ブラック企業誕生の原因から考える誰でもできる対処方法」
  • 「ブラック企業の原因から考えるホワイト企業に勤めるための方法」

つまり、この記事を読めばあなたが知っておくべき「ブラック企業と化す原因と対策」に関する知識は、すべて網羅できるということだ。

これを機に、ブラック企業と化す原因と対策についてしっかりと理解して、これからの活動に役立てて頂きたい。

目次

人件費のせい?ブラック企業が増え続けているたった1つの原因

まず解説するのは「人件費のせい?ブラック企業が増え続けているたった1つの原因」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 人件費を削減したことによってブラック企業は生まれてしまった
  • 人件費を削った企業にすがりつくからブラック企業は生き残る
  • 一人で何人分もの仕事をしなければいけないのでブラック企業は常態化する

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

人件費を削減したことによってブラック企業は生まれてしまった

ブラック企業が社会問題まで増えた最大の原因は、とりわけ「ブラック企業が人件費を削減したこと」である。

不景気に端を発する日本経済の減退により、企業のリターンは減少傾向にある。

不景気を生き残るため、企業は社員のサラリーを削減していた。

つまり、長く続いた不景気が引き金となって、悪質なブラック企業は増加したとも言える。

人件費を削った企業にすがりつくからブラック企業は生き残る

人件費を削れば削るほど、労働環境が劣悪になっていく。

労働者は、生活のためにその仕事から逃げ去ることができない。

人件費を削っても社員がいるために、会社は「ブラック企業」になるのである。

こうしてブラック企業は増加していく。

一人で何人分もの仕事をしなければいけないのでブラック企業は常態化する

人件費を削るためには、単純に社員をリストラしていかなければならない。

社員を減らしても、仕事の量は減らないため、ひとりの力で何人分もの仕事をするようになる。

勤務時間内に終わるわけもなく、残業代も発生しないサービス残業を強いられるだろう。

労働環境は悪化し、こうして企業は最悪の「ブラック企業」と化していくのである。

以上、「人件費のせい?ブラック企業が増え続けているたった1つの原因」について解説してきた。

この章で解説した知識は「ブラック企業と化す原因と対策」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「ブラック企業と化す原因と対策」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である「罪悪感が足かせに?労働者がブラック企業から抜け出せない原因」について、次章では解説する。

罪悪感が足かせに?労働者がブラック企業から抜け出せない原因

次に解説するのは「罪悪感が足かせに?労働者がブラック企業から抜け出せない原因」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • 「根性がない」という罪悪感によって辞められないのが元凶
  • 「次の仕事場がない」という不安がブラック企業に縛り付ける
  • 転職が当たり前でない社会だとブラック企業に縛り付けられやすい

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

「根性がない」という罪悪感によって辞められないのが元凶

日本では、入社した会社を辞めて別の会社に勤めることは「悪いこと」と認識されている。

その会社がブラック企業だとしても、「せっかく入社したのに辞めるなんて、根性がない」とみなされる傾向がある。

そのため、ブラック企業で劣悪な労働条件で就業していても、なかなか辞めることができず、抜け出すことができない。

なかなかやめれないのが、ブラック企業が拡大している原因なのだ。

「次の仕事場がない」という不安がブラック企業に縛り付ける

先述したが、ブラック企業を辞めたとしても、辞めたことが「悪いこと」という認識がある。

それに伴い「次に働く会社が確定できないかもしれない」という不安が襲いかかってくる。

そのため、社員はブラック企業から道を切り開くことができない。

転職が当たり前でない社会だとブラック企業に縛り付けられやすい

転職に寛容でなかった日本社会の空気そのものも、ブラック企業が増加した原因だと言えるであろう。

新たな職場が見つかる保証もなく、今の仕事をドロップアウトして、収入がゼロになるよりはマシだと考えるのだ。

たとえブラック企業の異常な労働環境に苦しめられていても、仕事があるから良いと考えてしまうのだろう。

このような考えから、社員はブラック企業からドロップアウトすることができない。

以上、「罪悪感が足かせに?労働者がブラック企業から抜け出せない原因」について解説してきた。

この章で示した知識は「ブラック企業と化す原因と対策」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「ブラック企業と化す原因と対策」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である「勇気が必要!ブラック企業誕生の原因から考える誰でもできる対処方法」について、次章では解説する。

勇気が必要!ブラック企業誕生の原因から考える誰でもできる対処方法

次に解説するのは「勇気が必要!ブラック企業誕生の原因から考える誰でもできる対処方法」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • ブラック企業だと思ったら勇気をもって転職をするのが重要
  • 転職はブラック企業に対する「否定の意思」である
  • ブラック企業の対処方法は「ブラックが当たり前」だと認めないこと

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

ブラック企業だと思ったら勇気をもって転職をするのが重要

ブラック企業をこれ以上増加させないように、今日からできる「ブラック企業対策」を考えなければならない。

上述のブラック企業が増加した原因に向けて、どのような対策をすればよいのだろうか。

ブラック企業が増え続ける現代社会を生き抜くには、普通じゃない労働環境だと思ったら、固執しないことだ。

一人ひとりがもっと勇気をもって、会社を変えたり退職したりすることが重要だといえる。

転職はブラック企業に対する「否定の意思」である

今は昔に比べて転職へのハードルもほとんど無いうえ、何よりも行動することが大切である。

ブラック企業を辞めて、ブラック企業の存在を個人個人が否定していこう。

ブラック企業の対処方法は「ブラックが当たり前」だと認めないこと

何度も言うがブラック企業を撲滅していくためには、一人ひとりが勇気をもつことだ。

具体的にはブラック企業の存在を認めないことが、もっとも実効性のある対策である。

ブラック企業を退職して転職する時に、もう1回ブラック企業に入社することだけは避けたいだろう。

以上、「勇気が必要!ブラック企業誕生の原因から考える誰でもできる対処方法」について解説してきた。

この章で解説した知識は「ブラック企業と化す原因と対策」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

ただし「ブラック企業と化す原因と対策」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではない。

同じく重要な知識である「ブラック企業の原因から考えるホワイト企業に勤めるための方法」について、次章では解説する。

ブラック企業の原因から考えるホワイト企業に勤めるための方法

最後に解説するのは「ブラック企業の原因から考えるホワイト企業に勤めるための方法」についてだ。

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになる。

  • ブラックの原因を知ればホワイト企業に転職できる可能性が上がる
  • 一人一人がブラックを拒否した転職を行えばおのずとホワイト企業に就ける
  • ホワイト企業に勤めたいなら良質の転職エージェントを使おう

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していこう。

ブラックの原因を知ればホワイト企業に転職できる可能性が上がる

ブラック企業が増加した原因には、景気後退により、企業が過剰な人件費削減をしたことである。

社員の利益ではなく、会社の利益だけを追求し続けた結果ともいえるだろう。

入社した会社をブラック企業だと思っても、職場の変更に対する不安からブラック企業を辞められない人も多い。

「不安」はブラック企業がなくならない原因でもある。

具体的な原因がわかれば、ブラックを察知する力も付いているはずだ。

一人一人がブラックを拒否した転職を行えばおのずとホワイト企業に就ける

就職活動中にブラック企業だと思ったら、今の職場に固執せず勇気をもって拒否することが大切だ。

拒否することは、ブラック企業の増加に歯止めをかけるために有効な対策である。

一人ひとりが、ブラック企業が生まれる原因を認識し、転職や拒否を実行することで、ブラック企業は減るだろう。

ホワイト企業に勤めたいなら良質の転職エージェントを使おう

ブラックとは無縁の優良企業に入社するための一番の近道は、転職エージェントに相談することだ。

転職エージェントは求人企業のことを良く知っているので、ブラック企業を紹介される可能性は低くなる。

特にオススメなのが、筆者も利用したことのある「リクルートエージェント」だ。

「リクルート」が運営しており、業界実績1位を保持しているので、安心してハイレベルなサポートが受けられるだろう。

利用も無料なので、ぜひ利用してみてほしい。筆者も2度もお世話になった優良サービスである。

以上、「ブラック企業の原因から考えるホワイト企業に勤めるための方法」について解説してきた。

この章で解説した知識は「ブラック企業と化す原因と対策」において必要な知識なので、忘れないようにしてほしい。

まとめ

ここまで「ブラック企業と化す原因と対策」をテーマとして、即戦力となる様々な知識を解説してきた。

「総決算」として改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみたい。

今回の記事で「どんな知識を得ることができたのか」という最後の確認になるだろう。ぜひ目を通してほしい。

人件費のせい?ブラック企業が増え続けているたった1つの原因

  • 人件費を削減したことによってブラック企業は生まれてしまった
  • 人件費を削った企業にすがりつくからブラック企業は生き残る
  • 一人で何人分もの仕事をしなければいけないのでブラック企業は常態化する

罪悪感が足かせに?労働者がブラック企業から抜け出せない原因

  • 「根性がない」という罪悪感によって辞められないのが元凶
  • 「次の仕事場がない」という不安がブラック企業に縛り付ける
  • 転職が当たり前でない社会だとブラック企業に縛り付けられやすい

勇気が必要!ブラック企業誕生の原因から考える誰でもできる対処方法

  • ブラック企業だと思ったら勇気をもって転職をするのが重要
  • 転職はブラック企業に対する「否定の意思」である
  • ブラック企業の対処方法は「ブラックが当たり前」だと認めないこと

ブラック企業の原因から考えるホワイト企業に勤めるための方法

  • ブラックの原因を知ればホワイト企業に転職できる可能性が上がる
  • 一人一人がブラックを拒否した転職を行えばおのずとホワイト企業に就ける
  • ホワイト企業に勤めたいなら良質の転職エージェントを使おう

上記に記した知識は、「ブラック企業と化す原因と対策」において絶対に必要な知識なので、必ず吸収しておくべきだ。

逆に解説してきた知識さえ押さえておけば、ブラック企業と化す原因と対策に関して疑問や不安を抱く必要はもうないだろう。

あなたにとって必要な知識は、すべて網羅できているので安心して欲しい。

今回紹介した、ブラック企業と化す原因と対策に関する知識を使って、今後に活かしてもらえれば幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of