元転職エージェントが教える!dodaエージェントサービスの強み・弱みと評判まとめ

元転職エージェントが教える!dodaエージェントサービスの強み・弱みと評判まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
元転職エージェントが教える!dodaエージェントサービスの強み・弱みと評判まとめ 元転職エージェントが教える!dodaエージェントサービスの強み・弱みと評判まとめ

dodaエージェント」は、人材関連サービス大手のパーソルキャリア株式会社(旧・株式会社インテリジェンス)が運営する転職エージェントサービスだ。

インターネット上の比較ランキングでも常に上位に取り上げられ、業界トップクラスの求人案件数と登録ユーザー数を保有している。

その一方で、比較サイトによって評価が分かれやすく、すでに利用しているが不安に感じているユーザーや登録を迷っているユーザーも少なくない。

転職にあたって、転職エージェントサービス利用のメリットは大きい。

今回は元転職エージェントで、さらに企業の採用担当者として多くの転職エージェントサービスをリサーチしてきた筆者が、dodaエージェントサービスの強みと弱点について解説していこう。

また、利用者のクチコミなどもふまえて、dodaエージェントサービスがどのような転職に向いているのかも紹介していきたい。

業界トップクラスの求人案件数を扱う大手転職エージェントサービスだからこそ、ぜひ有効利用して転職成功に役立てて欲しい。

※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】dodaエージェントサービスを3分チェック

目次

dodaエージェントサービスの基本情報

dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービス

まずはdodaエージェントサービスの基本情報をおさえておきたい。

サービスの背景を知ることで、強みや特徴をより浮き彫りにするためだ。

まずはdodaエージェントサービスを運営する、パーソルキャリア株式会社の基本情報を見てみよう。

パーソルキャリア株式会社の会社情報

  • 会社名:パーソルキャリア株式会社
  • 本社:東京都千代田区
  • 資本金:11億2,700万円
  • 従業員数:4,490名
  • URL:https://www.persol-career.co.jp/
  • 沿革
    • 1956年3月「学生援護会」として創業、doda、salida、アルバイト求人誌anなどをリリース
    • 2006年には株式会社インテリジェンスと株式会社学生援護会が経営統合
    • 2017年に株式会社インテリジェンスからパーソルキャリア株式会社に商号変更

「パーソルキャリア」という社名にはなじみのない人もいると思うが、旧社名のインテリジェンスやサービスブランドのdoda、anなどは広い世代で認知度が高いはずだ。

人材関連業界の老舗は求人企業との繋がりも広い

パーソルキャリアは前身の会社から60余年もの間、人材紹介サービス開始からは20年以上、人材関連ビジネスに携わっている。

「アルバイトニュースan」(創刊当時「アルバイトニュース速報」)などは昭和の東京オリンピックのわずか3年後に創刊して現在まで続くという、業界屈指の老舗企業だ。

長きにわたって求人情報を扱ってきたパーソルキャリアは現在も、人材派遣、アルバイト情報、就職情報から転職支援まで、人材関連サービス大手の企業として求人企業と広く繋がりを持っている。

そのため求人案件の多さはもちろんのこと、様々な業界や業種に応募のチャンスがあるという点でも期待できるだろう。

非公開求人は求人案件の80~90%

他社求人サービスに比べて求人案件の多いdodaエージェントサービスだが、そのうち80~90%が非公開求人という高い割合となっている。

応募が殺到する見込みのある好条件の案件や、企業が内密にしておきたい重要ポストの求人など、非公開求人には好条件の案件も多く、エージェント経由でしか応募することができない。

転職エージェントを利用する大きなメリットのひとつが、この非公開求人への応募といえるだろう。

あるリサーチでは、dodaエージェントの求人案件数が業界最大手のリクルートエージェントに次いで業界2位、非公開求人割合はどちらも80~90%と言われている。

転職エージェントサービスの中でも、求人案件の量が多く、非公開求人により多くアプローチすることができるのがdodaエージェントサービスの強みといえるのだ。

企業として30拠点、dodaで8拠点を構える

当然ながら、グループ企業ならではの営業力も求人案件の量を支えている。

パーソルキャリアとしては国内主要都市に30拠点を展開し、そのサービスに合わせて人材派遣、アルバイト、正社員など、様々な求人案件を日々預かっている。

その30拠点のうち、北海道(札幌市)、東北(仙台市)、東京(丸の内)、横浜(横浜市)、中部(名古屋市)、関西(大阪府)、広島(広島市)、九州(福岡市)の8拠点をdoda拠点としておいている。

いずれも国内の大都市圏に展開しており、転職希望者にも求人企業にとっても充分といえる拠点数だろう。

またパーソルキャリアのように様々な人材サービスを展開しているグループ企業は、1つの求人企業から新たな案件を受注しやすい。

例えば人材派遣の担当者が、正社員の求人があることを聞いて人材紹介の担当者を紹介するといったケースだ。

アルバイトから派遣スタッフ、正社員まで、全て人材はパーソルキャリアから採用している企業もあるだろう。

こうした求人案件の収集力が大企業ならではの強みともいえるのだ。

※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】dodaエージェントサービスを3分チェック

多くの案件を紹介してくれるキャリアアドバイザー

dodaエージェントのクチコミを見ると、キャリアアドバイザーから紹介される案件数が多いことが見受けられる。

結果に結びつきやすい転職エージェントサービスは、紹介してもらえる案件が多く自分に合っているか、良いエージェントと出会えるかが重要なポイントだ。

紹介数が多いことはこれまでの解説でも明らかだろう。

あとは良いエージェントに出会えるかどうかが転職の成功を左右するといっていい。

そこで、dodaエージェントサービスのエージェントについて解説していこう。

キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当

dodaエージェントサービスは、リクルートエージェントやマイナビエージェントと同様、求人案件に対して2名体制でサポートにあたっている。

  • キャリアアドバイザー・・・主に転職希望者を担当して求人を紹介、応募や面接などのサポートをする
  • 採用プロジェクト担当・・・主に求人企業を担当して転職希望者を紹介、選考日程の調整や企業情報の提供などを行う

それぞれが役割を分担しているため、転職希望者の分からない点や不安などにはキャリアアドバイザーが寄り添い、より詳しい求人企業の情報は採用プロジェクト担当が持っているなど、細やかな対応が可能だ。

業界別の担当者と丁寧なキャリアカウンセリング

dodaエージェントサービスのキャリアアドバイザーは業界別、または職種別に担当分けされている。

IT系に強いアドバイザーはIT系転職に、電機メーカーに強いアドバイザーは技術者やメーカー向け転職につくような仕組みになっている。

さらに、登録後の面談、カウンセリングについては丁寧だという評判が多い。

内容は、転職希望者の登録情報からどのような業界、どういった業種が合っているか、といったことだけではない。

その転職希望者が不安に感じていることは何か、新しい職種への転職と経験を活かす転職どちらを望んでいるかなど根気よく話を聞いてくれることが良い評判につながっているようだ。

転職エージェントサービスにとって良いキャリアアドバイザーと出会えることは非常に重要だ。

その点でdodaエージェントサービスのキャリアアドバイザーは期待できると言っていいだろう。

さらに専門的な対応をして欲しい人のために

dodaエージェントサービスには、エグゼクティブ層専門、バイリンガル専門、ファッション業界専門の転職コンサルタントを用意している。

さらに提携先300社の転職コンサルタントが控えており、専門性の高い分野をフォローしてくれているので心強い。

キャリアアドバイザーの評判が良いからといって、通常に登録してすべてのアドバイザーが業界や職種の高い専門性を持っている訳ではない。

人材紹介のプロでありながら他の業界の知識も完璧というのはやはり難しいものがある。

そこで、さらに専門性の高いコンサルタントを利用することでより自身の希望に近い求人案件を紹介してもらうことができるようになっているのだ。

もちろん、その分野の転職で自分がどのくらい通用するのか、キャリアの棚卸しをするのにも、それぞれに特化したコンサルタントの利用は大いに役立つはずだ。

dodaエージェントサービスのクチコミと評価

dodaエージェントサービスを実際に利用した転職希望者の声から、良い点と注意すべき点を見てみよう。

そうすることで、比較サイトなどで意見が分かれる理由も分かり、より効果的な利用が出来るようになるはずだ。

Twitterに投稿されたクチコミ

Twitter上に投稿された実際に利用した転職希望者からのクチコミのいくつかを紹介しよう。

案内される求人が多い

質の悪い求人案件も含まれている

職種等に理解の低いキャリアアドバイザーがいる

求人案件の紹介以外にもサポートがある

選考通過のためのアドバイスが受けられる

クチコミから分かる、当たりハズレと対処方法

先に紹介したように、dodaエージェントサービスのクチコミは評価が分かれる。

業界トップレベルで多くの案件や多くのエージェントを持っているため、求人にも、アドバイザーにも当たりハズレが出てしまうのもその理由のひとつだろう。

そこで、紹介したクチコミを例に、詳しい解説と併せて対処方法を伝授しよう。

上手な利用方法を知ることで、dodaエージェントサービスの長所を活かした転職活動が出来るはずだ。

自分で見極めることが肝心

紹介してもらえる求人案件が多い分、的外れな案件や質の低い案件も少なからず含まれる。

それを前提に考えて見極めのラインを決めておくことが肝心だ。

この内容が入っていれば選考に進む、この条件が入っていれば断る、といった判断のラインだ。

良い条件や悪い条件があっても、他を見てこれさえなかったら、あったらと迷うかもしれない。

しかし自身でハッキリと線を引いておくことで、エージェントにとっても次の紹介の参考になるのだ。

言葉にして説明できる、伝えることができるレベルまで自身の希望を明確にしておくことが、多くの求人案件から効率よく絞り込むコツなのだ。

自分のしたいことと出来ることをアピールする

キャリアアドバイザーに自分のしたいこと、今までの経験やスキルをより具体的にアピールしておくことが大切だ。

経験やキャリアが豊富なほど職務経歴書には書くことが多いはずだ。

しかしそのままの情報ではメインとなるキャリアや、今回どのような転職を希望しているのかがぼやけてしまうことがある。

自身にアピールすることが少ないと感じている場合はもちろんだが、キャリアの棚卸しをしたらどこをアピールしたいのか、アドバイザーと相談しておこう。

あらかじめ求人案件の的を絞っておくことが転職エージェントを効率よく利用する方法のひとつだ。

時間がかかっても希望優先であることを伝えておく

多くの案件を保有していても、登録ユーザーの希望に合った求人案件が出ていないタイミングもある。

そういった場合にアドバイザーからは、当初の希望と異なっていても可能性のある求人を紹介してくれることがあるのだ。

複数の転職エージェントに登録している場合や現在の仕事の都合などで、本当に必要な案件だけを知りたいという場合は、希望に沿わない求人が不要であることを伝えておこう。

その代わりに時間がかかる場合があっても良いことをアドバイザーと共有しておくことがコツだ。

納得いくまでアドバイザーと相談する

アドバイザーの都合もあるが、面談や転職コンサルティングは何度でも利用するつもりでいて良い。

お互いに分かっているつもりのことでも、何度か相談を重ねているうちに改めて確認できることがあるからだ。

面接のポイントや応募書類の書き方から、転職先に求めることの優先順位など、転職活動を通じて少しずつ変化する場合もあるだろう。

最初から優秀なエージェントは全体から見て多くはない。

良いエージェントとは、何度でも相談することができるエージェントなのだ。

そして何度でも相談に乗ってくれるエージェントがほとんどなので、当たりハズレに関係なく、転職活動の助けになってくれるはずだ。

アドバイザーの勧める理由を聞くようにする

多くの求人案件を紹介される場合でも、それが自身の希望に近い求人ばかりであれば不満ではなく、むしろ良い提案と感じることだろう。

自身の希望に近い求人案件を増やすには、アドバイザーから勧められた理由を確認してみると良い。

そうすることでアドバイザーが、登録ユーザーの経歴のどこに注目しているのか、どんな採用可能性を考えているのかが分かる。

またそれが自分の考えと合っていないと考えたら軌道修正することもできるだろう。

大切なことは表面上の紹介案件数、求人企業数ではなく、転職エージェントが売り込みやすい求人と自身が理想としている求人案件がどれくらいあるかだ。

普段からエージェントとこのすり合わせをしておけば、紹介される求人の質も次第に良くなってくるはずだ。

※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】dodaエージェントサービスを3分チェック

まとめ

dodaエージェントサービスと運営するパーソルキャリアの基本情報から、クチコミもふまえた良い点、注意点、対処方法などを紹介した。

業界最大手の転職エージェントサービスでもあり、転職活動をする上で押さえておきたいサービスだ。

振り返ってまとめるので登録の検討や有効活用のために役立てて欲しい。

業界トップクラスの求人案件数、利用者を持っている

運営するパーソルキャリアは人材関連サービスで60年以上の老舗企業で、人材派遣、就職支援、転職支援サービスなどを広く手掛けるグループ企業だ。

そのため保有する求人案件数や利用者は業界でもトップクラスだ。

  • 人材関連業界の老舗は求人企業との繋がりも広い
  • 非公開求人は求人案件の80~90%
  • 企業として30拠点、dodaで8拠点を構える

転職エージェントには役割分担とサポートの仕組みがある

多くの案件を扱うために、転職エージェントも分野別に役割分担している。

また、専門性の高い対応が必要な場合にはその業種や業界に特化したコンサルタントが利用できる。

  • キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当に分かれている
  • キャリアアドバイザーは転職者、採用プロジェクト担当は求人企業を主に担当する
  • エージェントは業界や業種別に担当が決まっている
  • 登録後に行われるキャリアアドバイザーによる丁寧なキャリアカウンセリングは評判が高い
  • さらに専門的な対応をして欲しい人のために、エグゼクティブ層、バイリンガル、ファッション業界に特化したセクションを持っている
  • 自社とは別に転職コンサルタント300社と提携し、転職希望者に対応できる仕組みを作っている

クチコミでは評価が分かれやすいのもdodaエージェントの特徴

比較サイトやクチコミサイトでは常に取り上げられるものの、サイトによって評価が分かれるのがdodaエージェントサービスだ。

Twitterからピックアップしたクチコミでは次のような良い点、注意すべき点が見られる。

  • 求人案件数が多くて良い、という一方で多すぎる、煩雑という意見もある
  • 多くの求人案件の中には質の悪い求人案件も含まれている
  • 中には職種や業界について理解の低いキャリアアドバイザーもいる
  • 転職活動への相談など求人案件の紹介以外にもサポートが受けられる
  • 職務経歴書の添削サポートや面接の練習など、選考通過のためのアドバイスが受けられる

クチコミをふまえた当たりハズレとその対処法

担当するキャリアアドバイザーにも、紹介された求人案件にも当たりハズレがある。

そのため転職希望者も必要な対処をして、転職エージェントサービスを活用できた方が良い。

  • 紹介された求人案件は自分自身でも見極めることが必要
  • 選考に進めるか断るかを早く簡単に判断するために、判断のラインを引いておくことがコツ
  • 自分の希望する転職先の条件と、それに合わせて自分が出来ることをアピールする
  • 希望しない求人案内を少なくするためには、時間がかかっても希望優先であることを伝えておくと良い
  • 自分の希望、譲れない部分から転職活動全体のことまで、納得いくまでアドバイザーと相談する
  • 自身が想定しなかった求人案件を紹介された場合などには、アドバイザーに勧める理由を聞くようにする

dodaエージェントサービスは規模、案件数などでは業界トップクラスだ。

その分、多くの求人案件があり、多くのエージェントが在籍している。

確かに転職エージェントは便利だが頼りきりにならず、自分自身で見極め、判断し、その上でdodaエージェントのメリットを上手く使って転職を成功させて欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of