生産性の用語に出てくる「キャパ」の意味と使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

キャパにはいくつか意味がありますが、代表的なのは「能力」です。

場合によっては、「うつわ(器)」や「容積」なども意味します。

これで、とりあえずまずは「キャパとはどんな意味なのか」という疑問が晴れたと思います。

ただし「キャパ」という言葉を、具体的にどう使えばいいのかは、まだわからないでしょう。

そこで次は「キャパの具体的な使い方と実例」について紹介していきます。


「キャパ」の意味

「キャパ」の具体的な使い方と実例

「キャパ」という言葉が、どんな時・どういう会話で・どんなワードともに使われるのか解説していきましょう。

今回紹介する「キャパ」の具体的な使い方とシチュエーションは、以下の通りになっています。

  • 上司と仕事の話をする時の「キャパ」
  • 上司に評価をされる時の「キャパ」
  • 会場の大きさを考える時の「キャパ」

会話例とともに紹介していくので、今のあなたが一番近いシチュエーションの使い方をチェックしてみてください。

上司と仕事の話をする時の「キャパ」

上司と仕事の話をする時に「キャパ」が出てくると、どんな意味になるのでしょうか。

以下の具体的な会話を見て、使い方と意味を理解しましょう。

元の会話

上司:「お前の【キャパ】ではこの仕事は、もうできないだろう。外させてもらう」
部下:「申し訳ありません。次は期待に応えられるように精進します」

わかりやすく変換

上司:「お前の【能力】ではこの仕事は、もうできないだろう。外させてもらう」
部下:「申し訳ありません。次は期待に応えられるように精進します」

使い方に関する解説

今回のようなシチュエーションでは「能力」という意味で「キャパ」を使います。

「お前の」「君の」とともに「キャパ」が出てきたら、確実に「能力」という意味になるでしょう。

「うつわ」という意味ならまだしも、「容積」という意味で使われることはないので、注意してください。

上記のような会話をする時のキャパは、「能力」という意味で使うと覚えておきましょう。

上司に評価をされる時の「キャパ」

上司に評価をされる時に「キャパ」が出てくると、どんな意味になるのでしょうか。

以下の具体的な会話を見て、使い方と意味を理解しましょう。

元の会話

上司:「お前の【キャパ】では、A社は荷が重いだろうな」
部下:「それでは納得できません。具体的には何が足りていないのか、ハッキリ教えてください!」

わかりやすく変換

上司:「お前の【うつわ】では、A社は荷が重いだろうな」
部下:「それでは納得できません。具体的には何が足りていないのか、ハッキリ教えてください!」

使い方に関する解説

今回のようなシチュエーションでは「うつわ(器)」という意味で「キャパ」を使います。

自分の実力に関する会話で「キャパ」が出てきたら、間違いなく「うつわ」という意味になるでしょう。

「能力」でも意味が通りますが、「うつわ」はより漠然とした会話の中で使われる傾向があります。

漠然とあなたの事について会話する時のキャパは、「うつわ」という意味で使うと覚えておきましょう。

会場の大きさを考える時の「キャパ」

会場の大きさを考える時に「キャパ」が出てくると、どんな意味になるのでしょうか。

以下の具体的な会話を見て、使い方と意味を理解しましょう。

元の会話

上司:「次回のセミナーに使う会場の【キャパ】は?」
部下:「およそ100人です。あと30席ほど空いています」

わかりやすく変換

上司:「次回のセミナーに使う会場の【容積】は?」
部下:「およそ100人です。あと30席ほど空いています」

使い方に関する解説

今回のようなシチュエーションでは「容積」という意味で「キャパ」を使います。

会場など場所を表す言葉とともに「キャパ」が出てきたら、間違いなく「容積」という意味になるでしょう。

「能力」および「うつわ」という意味で使われることはないので、注意してください。

収容人数について問われる時のキャパは、「容積」という意味で使うと覚えておきましょう。

ここまでは、「キャパ」の具体的な使い方と実例をお伝えしました。

どういうシチュエーションなら「キャパ」を使ってもいいのか、また使うべきなのか理解できたと思います。

ただし「キャパ」と似たような言葉や、実は意味が違う言葉については、まだわからないでしょう。

そこで次は「キャパと似たような言葉・間違えやすい言葉」について紹介していきます。

「キャパ」と似たような言葉・間違えやすい言葉

「キャパ」という言葉と一緒くたにされたり、似た意味だと思われやすいのが、以下の言葉です。

  • キャパシティ
  • キャパオーバー
  • サイズ

これらの言葉と「キャパ」を比較して、使い方のポイントや意味の違いを浮き彫りにしていきましょう。

「キャパ」と「キャパシティ」を比較

「キャパシティ」の本来の意味は、「能力」「うつわ」「容積」です。

ビジネスシーンにおいて「キャパシティ」は、「会場のキャパシティは1,000人」のような使われ方をします。

一方、先述したようにキャパには「能力」「うつわ」「容積」などの意味があります。

キャパとキャパシティの意味を比較するとわかると思いますが、これらは同義です。

もっと言えば、両者は同じ言葉であり、キャパはキャパシティの略称といえます。

同じ言葉でありながら、たまに別の言葉だと勘違いしている人がいるので、念のため注意してください。

ちなみにキャパは、コンサートなど音楽が好きな人なら、「収容人数」という意味で日常的に使う言葉です。

「収容人数」を示すときはキャパシティと呼ばれることはなく、キャパと呼ばれることが非常に多いです。

「キャパ」と「キャパオーバー」を比較

「キャパオーバー」の本来の意味は、「能力に見合っていない」「処理できない仕事を背負っている」です。

ビジネスシーンにおいて「キャパオーバー」は、「明らかにキャパオーバーで非効率だ」のような使われ方をします。

一方、先述したようにキャパには「能力」「うつわ」「容積」などの意味があります。

キャパとキャパオーバーの意味を比較するとわかると思いますが、これらは非常に似ています。

オーバーが「超えている」という意味なので、キャパの本来の意味に「超えている」をつけると考えてください。

そのため、キャパオーバーは「能力に見合っていない」「処理不能の仕事を背負っている」の意味だけではないです。

「収容人数不足(容積を超えている)」という意味も、キャパオーバーは持っているので注意してください。

「キャパ」と「サイズ」を比較

「サイズ」の本来の意味は、「大きさ」です。

ビジネスシーンにおいて「サイズ」は、「お客さんの求めるサイズに合わせる」のような使われ方をします。

一方、先述したようにキャパには「能力」「うつわ」「容積」などの意味があります。

キャパとサイズの意味を比較するとわかると思いますが、これらは全く異なるので要注意です。

ちなみに実際のビジネスシーンにおいて、キャパとサイズが一緒に使われるのはそこまで多くありません。

キャパは前章で示したようなシーンで使われますが、サイズはビジネスよりも日常生活でよく使われています。

このように意味もシーンも全然違うのですが、キャパとサイズが一緒くたにされるのは理由があります。

キャパは「収容人数」という意味があるので、大きさを示す「サイズ」と密接な言葉だと勘違いしてしまうのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

Leave a Reply

最初のコメントを頂けますか?

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »