BIZREACH

ビズリーチは何がすごいの?公式サイトでは分からない特徴や活用法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
BIZREACH BIZREACH

ビズリーチ」は、東京都渋谷区に本社を置く、株式会社ビズリーチが運営する転職サイトだ。

「選ばれた人だけのハイクラス転職サイト」や、「求めているのは即戦力」というキャッチコピーの通り、ハイクラス求人を主に扱っている。

すでにビズリーチに登録しているが活用しきれていない、またはこれから利用を考えている人は、他の転職サイトとの違いに戸惑ってはいないだろうか。

ビズリーチが他の転職サイトと大きく異なる点には次のようなものがあり、数ある転職サイトの中でも個性的といえるだろう。

  • 無料会員と有料会員がある
  • 求人広告を掲載する転職サイトとも人材紹介のエージェントサービスとも異なる
  • 案件を持つヘッドハンターや企業の人事から直接スカウトを受けることが出来る

これだけを見ただけでも他の転職サイトとは大きく違うことがよく分かるはずだ。

企業の採用担当を務め、自らの転職経験からも転職事情に明るい筆者が、ビズリーチとその活用方法を伝授する。

どのような求人があり、どのような転職に向いているのかも利用の判断材料になるはずだ。

また、会員登録からヘッドハンターの効果的な使い方、スカウトメールなどについても解説するので参考にして欲しい。

ビズリーチを利用する

目次

あてはまれば即登録!ビズリーチはこんな人が登録している

BIZREACH

ビズリーチ

ビズリーチに登録しているのは、一定の経験があり専門性の高い「スペシャリスト」タイプか、管理職経験などがありキャリア採用を狙うことができる「ジェネラリスト」タイプが多い。

高い年収を望むことができるハイクラス転職が可能なのはそのためだ。

ただ、自分の経歴に自信がないからといって登録を避ける必要はない。

実際に「自分の市場価値をシビアに知る目的の登録」なども少なからずあるからだ。

いずれにしてもビズリーチは、転職への意識が高い人が登録する傾向にあるといえるだろう 。

ビズリーチの基本情報

ビズリーチは、株式会社ビズリーチが運営する転職サイトだ。

基本情報をチェックしておこう。

  • 会社名:株式会社ビズリーチ
  • 所在地:東京都渋谷区
  • 資本金:41億円
  • 代表者:代表取締役社長 南 壮一郎
  • 主な事業:HR事業を中心にしたインターネット関連サービス
  • ※HR…ヒューマン・リソース、人材、人的資源

 

  • ビズリーチの求人企業……約8,400社
  • 登録会員数……57万人以上
  • ヘッドハンターの人数……2,600人以上

現社長の南氏が立ち上げた、まさに新進気鋭の企業、サービスといえるだろう。

ビズリーチを利用しているユーザーはこんな人

先にも紹介したように、ビズリーチを利用しているユーザーは、転職に対して意識の高いスペシャリストかジェネラリストが中心だ。

あなたが次のポイントにあてはまるならビズリーチの利用をおすすめしたい。

ビズリーチがオススメの人

  • 管理職の経験がある、またはキャリア採用を狙っている
  • 転職で高額な年収を獲得したいと考えている
  • 専門性の高い業種や職種の経験、国家資格などを持っている
  • 大手企業や外資系企業への転職を狙っている

他の転職サイトや転職エージェントの利用をおすすめするケース

ビズリーチがハイクラス転職を売りにしている一方で、転職成功につながりにくいケースもある。

求人企業やヘッドハンターがスカウトしにくい経歴を持っている場合などだ。

次のようなケースに当てはまる場合は他の転職サイトや転職エージェントの利用をおすすめしたい。

ビズリーチに登録するとしたら、自分自身の市場価値を試してみるといった目的にしておくのが良いだろう。

今すぐ結果を出すことが難しいとしても、今後の転職成功のために役立つはずだ。

  • これまでの年収額が極端に低い
  • 正社員経験が少ない
  • 勤続年数が短く、転職回数が多い
  • 年齢に対してマネジメント経験や保有している資格が少ない
  • 業種や職種の経験に専門性や一貫性がない

ビズリーチを利用する

フル活用するなら有料会員!料金とできること

ビズリーチの大きな特徴のひとつは、転職するユーザー側も有料だという点だ。

一般的な転職エージェントでは採用ごとの成功報酬を、企業が負担する。

つまり、応募者を商材として企業に売り込むことが転職エージェントの使命ともいえるのだ。

一方ビズリーチでは転職者も料金を支払うことで、ヘッドハンターの都合に左右されにくく、より理想に近い条件での転職が可能となる。

料金を頂くぶん応募者をお客様として質の高いサービスを提供する、というビズリーチの方針にはそのような背景があるのだ。

転職成功のカギは「プラチナスカウトメール」

「プラチナスカウトメール」を受け取り、ここから応募することがビズリーチにおける転職成功のパターンのひとつといえるだろう。

なぜならプラチナスカウトでは、面接が確約されているからだ。

ビズリーチに登録すると、その条件が合っていれば企業やヘッドハンターがあなたにコンタクトしてくる。

この時送られてくるのが、通常のスカウトメールか、プラチナスカウトメールのいずれかだ。

プラチナスカウトメールはスカウトメールのうちおよそ1割なので、受け取ったら出来る限り早くその企業情報や求人情報をチェックする、ということを必須にして欲しい。

また、プラチナスカウトはもちろん大切だが、より多くのスカウトから、自分自身にとって理想に近いものに応募できるかがビズリーチでは重要なのだ。

無料会員でできること

もちろん無料会員でもスカウトを受けて応募することは可能だ。

有料会員と比べて面接までにやや時間がかかる場合が多いが、まずは無料会員で活動してみるのもいいだろう。

無料会員でできることは次の通りだ。

  • スカウトメール、プラチナスカウトメールに返信、応募する
  • 求人情報の閲覧(直接応募は不可)
  • 専門性の高いヘッドハンター情報の閲覧(直接応募は不可)

また、プレミアム会員の機能を7日間お試しで利用することもできるのでこの期間で有料会員も検討してみて欲しい。

有料プレミアム会員でできること

有料プレミアム会員になると、すべてのスカウトへ応募ができ、求人案件にも直接応募することができる。

無料会員と比べて、待ちの姿勢だけでなく、攻めの姿勢も取ることができる、というイメージだ。

また、有料会員には「タレント会員」と「ハイクラス会員」があり、求人案件の年収額で分けられている。

タレント会員の料金

タレント会員は、年収額750万円未満の案件が対象だ。

最初はタレント会員30日間のプランで試してみることをおすすめしたい。

  • 30日間:2,980円(税抜き)
  • 90日間:6,980円(税抜き)
  • 180日間:9,880円(税抜き)

ハイクラス会員の料金

ハイクラス会員は、年収額750万円以上の案件が対象となる。

中には1,000万円超のキャリア採用案件などもあり、ビズリーチが売りにしている大きな特徴のひとつといえるだろう。

  • 30日間:4,980円(税抜き)
  • 90日間:12,940円(税抜き)
  • 180日間:19,880円(税抜き)

ビズリーチを利用する

焦りは禁物!ビズリーチ利用の心構え3選

ビズリーチを利用する上で最も大切な心構えは、じっくり腰を据えて転職に取り組むことだ。

しかしその反面、待っているだけや決断すべきところで決断しないのではチャンスを逃してしまう。

そこでビズリーチで転職を成功させるための次の心構え3つを伝授したい。

ビズリーチ利用の3つの心構え

  1. (その1)慌てずじっくり優良案件のスカウトを待つ
  2. (その2)好条件の可能性が高い非公開案件を狙う
  3. (その3)より相性の良いヘッドハンターと出会う

(その1)慌てずじっくり優良案件のスカウトを待つ

ビズリーチを利用する上で必ず必要になるといっていいのは、慌てずにじっくり待つ心構えだ。

個人的な経験からいえば、せめて3か月くらいの利用期間は見込んでおきたい。

ビズリーチの特色でもあるハイクラス求人やキャリア転職は、他の求人と比べて求人数が多いとはいえないのだ。

また「キャリアや経験に合っていて、大幅な年収アップが望める大手企業の管理職求人」のようなスカウトは一見してハードルが高いと感じるだろう。

それでもビズリーチは他のサービスに比べ、そういった求人やスカウトに出会うことができる可能性が高い。

有料会員の料金設定を見ても、30日間、90日間、180日間となっている。

当然、そういった期間で利用することを想定したサービスだということに他ならないだろう。

ビズリーチを利用した転職では、慌てずにじっくり構えて優良案件のスカウトを待つという心構えが必要なのだ。

(その2)好条件の可能性が高い非公開求人を狙う

スカウトをただ待つのではなく、スカウトされやすくするという心構えは好条件の転職のために重要だ。

好条件であることが多い、特定の専門的な業務や、大手企業の管理職などは、非公開求人として扱われる。

多くの応募者数よりマッチングを重視するスペシャリストの求人や、社内外に知られてしまうと波風の立つポジションの求人だからだ。

こうした好条件の求人をひとつでも多く見比べて検討したいと考えるのなら、ひとりでも多くのヘッドハンターや1社でも多くの企業からスカウトを受け、非公開求人の内容を確認することだ。

自分の経歴が求人内容に合っていればスカウトが来るはず、というつもりならば他社の無料サービスと変わらない。

より好条件の案件と出会うために、より多くスカウトされるように工夫、努力する、という心構えを持って欲しい。

(その3)より相性の良いヘッドハンターと出会う

ただ一方的にスカウトを待つだけの転職サイトと考えない、という点で、ヘッドハンターも自分で判断し選ぶ心構えが必要だ。

ヘッドハンター選びは成績と相性の両面から考えるのがよい。

ヘッドハンターにはS~Dまでのランク付けがされており、金、銀、銅のフラッグが付いているヘッドハンターもいる。

フラッグはヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー(金)をはじめ、過去の成績表彰者を示しているので、紹介成績重視であればぜひ参考にして欲しい。

相性はやり取りのうえで実感していくしかないが、先ほどの説明のように3か月以上時間をかけることを考えるのならストレスなく相談が出来る方がいい。

スカウトが停滞する時や選考不合格が続くような時にこそ、ヘッドハンターのせいにするのではなく、ヘッドハンターのアドバイスに素直に耳を傾ける心構えも大切だろう。

ビズリーチを利用する

ビズリーチをもっと活用するためのコツ

これまで紹介したビズリーチの特徴や使い方をふまえて、活用のコツを伝授する。

大きく分けて3つ、ヘッドハンターとの付き合い方、自分の公開情報の工夫、スカウト後の対応だ。

有料会員とそれに基づいたサービス方針はビズリーチの大きな特徴のひとつだ。

その一方で、料金を支払ったのだからとあぐらをかいてしまう登録ユーザーがいるのも事実だ。

支払った料金をムダにしないために自分自身でも出来ることをやる、という気持ちで取り組んだ方がより理想に近い転職の成功にも近付けるはずだ。

ビズリーチを活用するための5つのコツは次の通りだ。

ビズリーチを活用するための5つのコツ

  1. ヘッドハンターとは積極的にやり取りを
  2. 複数のヘッドハンターとコンタクトを取る
  3. 職務経歴書が5割
  4. 高すぎる希望年収はスカウトに時間がかかる
  5. 優良案件にはすぐ対応を

ヘッドハンターとは積極的にやり取りを

プレミアム会員に限られるが、ビズリーチではヘッドハンターに相談することができる。

この相談の機能を最大限利用してスカウトの量と質を上げていってほしい。

手順は次の通りだ。

  1. 条件に合うヘッドハンターを検索
  2. ヘッドハンターのプロフィールから相談メッセージを送る
  3. このとき職務経歴書も自動的に送信される
  4. 1週間以内にヘッドハンターから返信
  5. 日程調整をして面談など

先にも紹介したが、ここではまずヘッドハンターの成績やプロフィールから判断することになる。

また、ヘッドハンターやそのタイミングによってあなたに合った案件を持っていないこともあるがヘッドハンターに自分をアピールしておくことは悪いことではない。

もちろんすでに何度かやり取りのあるヘッドハンターにも積極的に働きかけることがスカウトを増やすコツだ。

複数のヘッドハンターとコンタクトを取る

終始一対一となる転職エージェントと違い、複数のヘッドハンターとコンタクトを取ってスカウトを受けやすくすることも大切なポイントだ。

ビズリーチのヘッドハンター数は2,000名以上と言われているが、その一方で大手外資エージェントのトップコンサルタントから、個人で動いているヘッドハンターまでと幅広い。

つまりそれぞれの得意分野や経験、ヘッドハンターとしての質にもバラつきがある。

そのため、ヘッドハンターの過去の実績、S~Dのランク、得意分野を含めたプロフィールなどから複数コンタクトを取っておくと良い。

ただし、複数のヘッドハンターから同じ案件にあなたを推すことは打診レベルでも絶対にやってはいけない。

募集企業の人事にもヘッドハンターにも不信感となってしまうことがあるため要注意だ。

職務経歴書が5割

人は見た目が○割、という説があるが、ビズリーチの利用においては「職務経歴書が5割」といっていい。

これは中途採用、転職の選考において多くの場合で当てはまるだろう。

せっかく高いスキルや経験を持っていてもそれが充分に伝わらなければスカウトにはつながらないのだ。

筆者の採用担当者の経験から、ぱっと見ただけで採用が遠のく職務経歴書がある。

  • A4用紙4~5枚以上にわたってぎっしり書いてあり、ぱっと見て量が多い
  • ただただ時系列に沿って経験した業務が並んでいて保有している知識や技能が分かりづらい
  • 在職期間、その時の役職や所属、企業の基本情報など見たい情報が記入されていない

このような職務経歴書にあてはまるようなら要注意だ。

職務経歴書で押さえておくべきポイントを紹介しておこう。

職務経歴書に書いておくべきこと

職務経歴書に決まったフォームはないが、次のような項目を押さえてA4用紙1~2枚程度にまとめるのが良い。

当然だが後々困ることになるので過度な誇張や嘘は書かないようにしよう。

  1. 記入年月日と名前・・・用紙の右上に記載
  2. 職務の要約・・・冒頭に経験と出来ることの要約を書いておく
  3. 前職の会社概要・・・業種や事業内容と、売上高や従業員数など規模が分かる情報
  4. 職歴・・・具体的に箇条書きで記入する、特に応募先で活かせる経験は詳細を記入
  5. 資格、特技、活かせる経験、知識、技術・・・応募職種に合せて履歴書の補足、使えるツールやソフトなど
  6. 自己PR・・・応募職種に対して自分の経験やスキルがどのように活かせるか、貢献できるか

同一業務の習熟度なら「(逆)編年体式」、複数分野の経験なら「キャリア式」

時系列に沿って記載することを編年体式といい、さらに直近の経歴が上になるように時系列を逆に並べる書き方を「逆編年体式」という。

もっともスタンダードな職務経歴書の書き方で、同一の経験を積み上げてきたことをアピールするのに向いている。

一方キャリア式は、「営業に関する経歴」、「生産技術に関する経歴」など、職種ごとに分けて、アピールしたいものから順にまとめる書き方だ。

どちらも、アピールしたいものから順に記載することと、見やすく読みやすいことが重要だ。

職種によって記載しておくべきこと

アピール材料としてももちろんだが職種によって記載しておくべきことがある。

営業職であれば「成績」、ITエンジニアであれば「プログラム言語」、管理職であれば「役職とマネジメント対象の人数」といった情報だ。

保有している資格やこれまでに経験してきたことを全て盛り込むと、逆にあなたの強みが分かりにくくなってしまう。

今回狙っている職種に対して全く関係のない経験などはごく簡単にして、本来アピールすべきところを詳細に作成すると見やすい職務経歴書になる。

高すぎる希望年収はスカウトに時間がかかる

ビズリーチは、案件によっては1,000万円以上を狙える転職サイトだ。

しかし、希望年収が高すぎるとスカウトをもらえるまでに時間がかかるということは知っておいて欲しい。

これはヘッドハンターや企業の人事がユーザーを絞り込む時、持っている経験やスキルと同様、希望年収額も考慮するからだ。

スカウトから選考、内定の段階で年収額の交渉を進めることは問題ないし、必要であればすべきだ。

しかしスカウト前の段階であなたの希望年収額が高すぎるとスカウトにも至らないことが多くなる。

ムリをして希望年収額を譲る必要はないが、根拠なく高額を掲げるのも控えた方が良い。

どうしても譲れない水準であればヘッドハンターとも相談しながら相応の時間をかけることが必要だろう。

優良案件にはすぐ対応を

スカウトを受け、それが優良案件と判断出来たらすぐに対応することが大切だ。

こうした案件はヘッドハンターとしても腕の見せ所なので、あなた一人にスカウトが行っているようなことはまず考えにくい。

もちろん選考は早い者勝ちではないが、手元で温めておいても特に良いことはない。

スカウトを出したヘッドハンターや、まして企業の人事からしてみれば、いち早く反応があった方が意欲的だと感じるものだ。

スカウトを受け取ったら、企業情報や求人の業務内容や待遇条件の確認をし、出来るだけ早く回答する。

もし不安材料があればヘッドハンターに相談してみるのもよいだろう。

優良案件であれば当然だが、普段からスカウトを受けたら即行動、としておけばまず間違いない。

ビズリーチを利用する

まとめ

ハイクラス求人を売りにしている転職サイト「ビズリーチ」について、その特徴と使い方のポイントを紹介した。

利用する上で大切なポイントを振り返ってまとめるので参考にして欲しい。

ビズリーチの特徴

  • 無料会員と有料会員がある
  • 求人広告を掲載する転職サイトとも人材紹介のエージェントサービスとも異なる
  • 案件を持つヘッドハンターや企業の人事から直接スカウトを受けることが出来る

ビズリーチの利用に向いている人

  • 管理職の経験がある、またはキャリア採用を狙っている
  • 転職で高額な年収を獲得したいと考えている
  • 専門性の高い業種や職種の経験、国家資格などを持っている
  • 大手企業や外資系企業への転職を狙っている

ビズリーチの会員と利用料金

ビズリーチにはスタンダード(無料)、プレミアム(有料)会員があり、さらにプレミアム会員はタレント、ハイクラスの2段階が用意されている。

(1)タレント会員は、年収額750万円未満の案件が対象(料金)

  • 30日間:2,980円(税抜き)
  • 90日間:6,980円(税抜き)
  • 180日間:9,880円(税抜き)

(2)ハイクラス会員は、年収額750万円以上の案件が対象(料金)

  • 30日間:4,980円(税抜き)
  • 90日間:12,940円(税抜き)
  • 180日間:19,880円(税抜き)

ビズリーチで転職を成功させるための次の心構え3つ

  • (その1)慌てずじっくり優良案件のスカウトを待つ
  • (その2)好条件の可能性が高い非公開案件を狙う
  • (その3)より相性の良いヘッドハンターと出会う

ビズリーチを活用するための5つのコツ

  • (その1)ヘッドハンターとは積極的にやり取りを
  • (その2)複数のヘッドハンターとコンタクトを取る
  • (その3)職務経歴書が5割
  • (その4)高すぎる希望年収はスカウトに時間がかかる
  • (その5)優良案件にはすぐ対応を

単に年収の高い求人を扱っている、という訳ではなく、登録ユーザー側にも一定の経歴や経験が求められる。

それと同様にスカウトからより良い結果に繋げるにはユーザー側の行動や工夫も大切なのだ。

これらのポイントを押さえて満足のいく転職を成功させて欲しい。

ビズリーチを利用する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of