効果的に使い分けたい!転職エージェントと転職サイトの違いとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

転職の進め方やノウハウ、転職先企業の情報や求人情報まで、転職活動にインターネットを利用することは今や当たり前になっている。

その中でも特に、自分に適した転職エージェントや転職サイトを選び、利用することは、転職活動そのものを左右すると言っていいくらい大切だ。

それが分かるように順を追って並べると次のようになる。

転職活動を行うための手順

  • ①この転職で自分の目的は何かを決める
  • ②自分が今持っているスキルや経験を知る
  • ③①、②を踏まえて結果が出しやすい方法を選ぶ
  • ④その方法に沿って活動を進めていく

自分の目的を明確にしたり、自分のスキルや経験を正しく把握したりすることはもちろん必要だ。

しかしそれ以上に、結果に対して正しい方法を選ぶことが、効率の悪い転職活動や、条件の合わない転職をしないために重要なのだ。

そこで転職エージェントと転職サイトの違い、それぞれがどのような転職に向いているのかを、企業の人事担当として多くの採用を扱ってきた筆者が解説していく。

単なるサービスの違いだけでなく、それぞれの強みや弱みから自分の転職に合っているかどうかをチェックしてみて欲しい。

また、転職エージェントと転職サイトを併用することのメリットやデメリットなどについても紹介する。

転職の方法を思いつきで決めてしまうのではなく、自分の目的に合わせて効果的に、意思を持って選ぶことができるようにこの記事を参考にしてみて欲しい。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職エージェントと転職サイトの違いは、端的に言えば、求人案件に対して転職希望者をエージェント(担当者)が選んで紹介するのが転職エージェント。

一方、転職希望者が公開されているすべての求人情報を見ることができ、自身で応募できるのが転職サイトだ。

それぞれの仕組みについて詳しく解説していこう。

転職エージェントは選んで、紹介するサービス

転職エージェントは、求人案件に合った転職希望者を求人企業へ、または希望や条件に合った求人案件を転職希望者へ、第三者(エージェント)が選んで紹介する、という職業紹介サービスだ。

転職や就職は、求人企業から採用したい求人があり、そこに応募して働きたい希望者がいれば本来それだけで成立する。

しかし求人企業と転職希望者の間にアドバイザーやコンサルタントといった第三者が入ることで、お互いにとって効率よく希望に近い案件、希望に近い人材と出会うことができる。

求人案件や転職希望者が多ければ多いほど、探す、選ぶ、紹介する、いわゆる「マッチング」がその成果を発揮する。

つまり、希望に合った求人案件を探す、採用条件に合った転職希望者を見いだす、といった最も大切で最も手間のかかるマッチングのプロセスを請け負っているのが転職エージェントなのだ。

転職サイトは基本的に情報提供サイト

一方で転職サイトは、Webサイト上に求人広告を掲載し、転職希望者に求人情報を提供するサービスだ。

そこに公開されている求人情報は、会員登録など所定の手続きをすれば原則としてすべて見ることができ、応募も利用者が自由にできる

大手転職サイトの沿革を見ても分かるように、元々は新聞折り込み広告や求人誌、フリーペーパーに掲載されていた求人広告が時代とともにWebサイトにステージを移したと考えてよい。

単に大量の求人情報を扱えるようになっただけでなく、数千件の情報量があっても、チェック式やフリーワードで簡単に検索することができるため使い勝手は格段に向上している。

また、転職活動全般に役立つ情報の展開など、転職サイトは、求人情報だけでなく転職に関する情報を広く提供するサービスとなっている。

転職エージェントと転職サイトどちらがいいのか

転職や採用の現場で仕事をしていると「転職エージェントと転職サイト、どちらを利用したらよいか」という質問を受けることがある。

結論から言えば一長一短、利用する人、タイミング、職種などによっても異なるため一概にどちらが良いとは言えない。

転職エージェントと転職サイトのどちらを利用するのが適しているかを知るためにはまず、自分の転職について客観的に把握することの方が先決だ。

そこで、転職のタイプやケースにはどのようなものがあるのか、自身の転職を客観的に把握するポイントを解説していこう。

経験を活かす方向が一般的

まず、転職を有利に進めるにあたってスキルやこれまでの経験を活かすことが一般的な前提だ。

なぜなら転職の目的は、キャリアアップ、職場環境を改善する、理想に近い仕事内容、年収アップなど、現状の改善であることがほとんどで、ゼロからリスタートするケースは限られているからだ。

第一、全く新しい業界、業種にチャレンジするケースでは転職エージェントと転職サイト、どちらを利用してもハードルの高さには大きな差がないと言えるだろう。

年齢によって経験が問われる

転職するにあたって自身の立ち位置を知るための第一のポイントは年齢だ。

転職からの採用では、年齢によってその経験が問われることになるからだ。

20代、30代前半、30代後半、40代以上、の4段階で自分がどこに当てはまるかを見ておこう。

転職回数によって転職活動も異なる

年齢ともやや関係するが、転職回数も自分の立ち位置を把握するためのポイントだ。

転職回数が少ない方が書類選考などの評価は高くなりやすいが、初めての転職活動で理想の転職を成功させるのは簡単ではないはずだ。

初めての転職、1回~2回、3回以上、の3段階で自分がどこに当てはまるかチェックしてみて欲しい。

業界、業種、年齢から年収相場を知っておく

多くの人が転職を考える段階になって初めて気にするのが、平均的な年収と自分の年収の違いだろう。

多少不満があっても明らかに年収相場より高ければ踏みとどまり、不満があってさらに年収相場を下回っているようであれば転職を決める、というケースは少なくない。

低い、概ね相場通り、高い、という程度で構わないので一度見返してみて欲しい。

転職で「変えたい」ポイントを明らかにしておく

転職活動を始めるにあたって、転職することで何を変えたいのかをはっきりさせておきたい。

何となく、年収もイマイチ、職場の雰囲気が合わない、仕事が面白くない、などの理由で転職活動を始めてもまた同じことを繰り返してしまうリスクが高いからだ。

希望の業界、職場の雰囲気や人間関係、仕事の内容、立地を含む職場環境など、1つか2つに絞り込んで「変えたい」ポイントを明確にしよう。

転職エージェントを利用すべきタイプとは

転職活動を始めるにあたって自分のタイプ、傾向が把握できたらそれに合わせて転職エージェントを利用するか、転職サイトを利用するかを決めよう。

まず、転職エージェントを利用すべきタイプは次のような人が当てはまる。

転職エージェントを利用すべきタイプ

  • 経験:活かすことの出来る経験がある
  • 年齢:30代前半、30代後半、40歳以上
  • 転職回数:初めての転職、3回以上
  • 相場から見た年収:低い
  • 変えたいこと:職場の雰囲気、仕事のやりがいなど

こうしたステータスを持った人がなぜ転職エージェントを利用すべきなのか、詳しく解説していこう。

活かすことの出来る経験がある

転職エージェントでは、転職先で活かすことが出来る経験がある方が紹介件数も多くなり、格段に有利だ。

採用1件につき求人企業から成功報酬を受ける仕組みになっているため、エージェントが採用の可能性の高い応募者から優先して企業に紹介していくのは当然のことと言えるだろう。

また、転職エージェントによっては社会人経験を含め経験が少ない場合、登録を断られるケースもある。

転職先で活かすことの出来る経験、キャリアがある場合は転職エージェントを利用することで「求められる人材」という立場になった方が転職を有利に進められるはずだ。

30代前半、30代後半、40歳以上

転職エージェントを積極的に利用して欲しい年齢層は、先に挙げた経験の面から言っても30代以上の転職希望者だ。

以前言われていたような「35歳が転職の限界年齢」ということはほとんどなくなったが、20代~30歳前後の年齢層に比べると有効な案件数は少なくなる。

その一方で高年収ややりがいのあるキャリアなどが求人案件に多く含まれてくるのが30代以上の求人だからだ。

より効率よく、自分にとって理想に近い案件へのアプローチをするために、現職でも忙しい年齢層に転職エージェントの利用価値は高いと言えるだろう。

初めての転職、転職回数3回以上

転職エージェントの利用を勧めたい転職回数は、転職経験が全くないか、転職回数が多くなっているケースだ。

転職経験がない転職希望者のメリットは、転職活動について最初から最後までサポートが受けられ、転職が不慣れなために失敗するというリスクを大幅に減らすことができる点だ。

一方で転職回数が多い転職希望者にとっては、転職理由の説明や職歴について、求人企業にどうアピールしたらよいか、という点を転職エージェントにフォローしてもらえるメリットがある。

転職に関して自身に足りない点、アピールが難しい点など、足りない部分をフォローアップしてもらえることが転職エージェント利用の強みだろう。

相場から見た年収が低い

相場から見て現在の年収が明らかに低い場合も転職エージェントの利用が有利だ。

なぜならこの時の転職目的のひとつは確実に「年収アップ」であり、少なくとも相場並みであれば転職の目的は達成といえるからだ。

例えば年収が元々相場並みであれば年収以外の部分で転職エージェントの利用を検討すればよく、高い年収の場合は転職自体を検討すべきだろう。

転職エージェントにしっかり目標とする年収額を伝え、それに合った紹介を受けることで、ぶれずに年収アップを狙いやすいはずだ。

職場の雰囲気、仕事のやりがいなどについて環境を変えたい

求人情報だけでは知ることが難しい職場の雰囲気や仕事のやりがいといった点で環境を変えたい転職は転職エージェントの利用が向いている。

転職エージェントは、転職希望者側の担当者(アドバイザー)と求人企業側の担当者に分かれていることが多く、企業側担当エージェントが求人企業の生の声や職場環境をその目で見て、エージェント間で情報共有しているからだ。

もちろん求人広告でも職場やスタッフの写真、コメントなどを掲載してアピールしているが、それが分かるのは掲載サイズの大きい一部の求人広告のみとなっている。

一方的な広告によるアピールより、第三者の目から見た求人企業の様子の方がより現状に近い、ということは言うまでもないだろう。

【2019年9月最新】筆者オススメの厳選転職エージェント6選

最新情報を比較!筆者がおすすめする厳選転職エージェント

ここでは、筆者がオススメする転職エージェントを厳選して紹介しておこう。

転職エージェントを最大限活用する為には、

  • 自分の希望に合ったスタイルの転職エージェントか
  • その業界・企業に強みを持っているか
が大きなカギを握っている。

転職エージェントの利用先は、一つでなければ行けない決まりはない。

筆者としては、厳選した6社から3~4社ほど申し込むことをオススメしている。

勿論、やり取りが追い付かないレベルはNGだが、ある程度話を聞いてみて「この人が一番信頼できる」と感じたエージェントに活動を絞っていくのがベストだ。

※ランキングは筆者の見解による

1.ビズリーチ

BIZREACH

ビズリーチ

※参照:ビズリーチ公式HP

ビズリーチの詳細情報

求人数 約60,000件以上
取引先企業数 約7,700社
ヘッドハンター数 2,000名以上
利用者の年齢 登録者の約半数が30~40代
特徴 ヘッドハンターと企業両面からのスカウト方式
料金 基本は無料/有料プランは30日間で3,000円~5,000円前後
運営会社 株式会社ビズリーチ
主要対応エリア 全国対応
※2019年9月現在の公式ホームページ情報を調査 ※非公開事項は筆者のヒアリングによる

ビズリーチの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 年収500万円以上で、よりキャリアアップしたい方
  • 管理職・専門職の経験がある方
  • マネジメントスキルに自信がある方
  • 語学力に自信がある方
  • グローバル志向の方
ビズリーチについて、下記の記事でも詳しく解説しているのでぜひ読んでほしい。
※WEB履歴書等の詳細情報入力すると非公開の高収入案件を見ることができます。

【無料】ビズリーチを3分チェック

ちなみにビズリーチでは、登録時にWEB履歴書を基本情報(下記赤い部分・13項目)まで入力すると非公開の高収入求人が見られるようになっている。

ビズリーチの完了画面

ビズリーチの完了画面

1画面1設問なので、筆者の場合も3分ほどで入力ができた。

求人の条件にはこだわりたい!という場合は、ひと手間惜しまず入力してみよう。

但し、年収500万以上の人しか非公開求人を見られる権利を得られないようになっている。

年収500万以下の人は「リクルートエージェント」がオススメだ。

2.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

※参照:リクルートエージェント公式HP

リクルートエージェントの詳細情報

求人数 公開34,732件 非公開173,064件
得意な業界 IT・通信・機械・小売・サービス・人材
コンサルタント数 約400名
面談の有無 有り
応募書類添削対応 有り
選考日程調整対応 有り
年収交渉対応 有り
転職実績(累計) 約40万名
転職実績(年単位) 約2万名
求人の更新頻度 高い
料金 無料
運営会社 株式会社リクルートキャリア
主要対応エリア 全国対応
拠点数 16拠点(2019年9月時点)
※2019年9月現在の公式ホームページ情報を調査 ※非公開事項は筆者のヒアリングによる

リクルートエージェントの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 幅広い職種・業界を紹介してほしい方
  • 大手企業・中堅企業を希望する方
  • 転職によって年収アップを目指す方
リクルートエージェントについて、下記の記事でも詳しく解説しているのでぜひ読んでほしい。
※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】リクルートエージェントを3分チェック

3.dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービス

※参照:dodaエージェントサービス公式HP

dodaエージェントサービスの詳細情報

求人数 公開約40,000件 非公開約120,000件
コンサルタント数 不明/分野別コンサルタントが存在/提携エージェント300社
面談の有無 有り
応募書類添削対応 有り
選考日程調整対応 有り
年収交渉対応 有り
求人の更新頻度 高い
料金 無料
運営会社 パーソルキャリア株式会社(旧・株式会社インテリジェンス)
主要対応エリア 全国対応
拠点数 32拠点(2019年9月時点)
※2019年9月現在の公式ホームページ情報を調査

dodaエージェントサービスの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 幅広い職種・業界を紹介してほしい方
  • 20代後半~30台前半の方
  • 志望業界の予備知識がある方
  • 面接や書類の添削を受けなくても転職が出来る自信がある方
  • 転職のスケジューリングに不安がある方
dodaエージェントサービスについて、下記の記事でも詳しく解説しているのでぜひ読んでほしい。
※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】dodaエージェントサービスを3分チェック

4.マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

※参照:マイナビエージェント公式HP

マイナビエージェントの詳細情報

求人数 公開6,307 件 非公開20,462件
得意な業界 IT・通信・メーカー・小売・サービス
コンサルタント数 不明
面談の有無 有り
応募書類添削対応 有り
選考日程調整対応 有り
年収交渉対応 有り
転職実績(累計) 厚生労働省委託事業「職業紹介優良事業者認定制度」において「職業紹介優良事業者」事業者認定を取得
転職実績(年単位) -
求人の更新頻度 高い
料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
主要対応エリア 全国対応
拠点数 5拠点(2019年9月時点)
※2019年9月現在の公式ホームページ情報を調査

マイナビエージェントの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 幅広い職種・業界を紹介してほしい方
  • 企業の内情をちゃんと把握したい方
  • 転職活動が初めてで、サポートしてもらいたい方
マイナビエージェントトについて、下記の記事でも詳しく解説しているのでぜひ読んでほしい。
※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】マイナビエージェントを3分チェック

5.パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア

※参照:パソナキャリア公式HP

パソナキャリアの詳細情報

求人数 約40,000件(うち非公開求人約25,000件)
取引先企業数 約16,000社
得意な業界 ソフトウェア・通信・IT・電気・機械
得意な職種 営業・エンジニア・管理部門
コンサルタント数 不明
面談の有無 有り
応募書類添削対応 有り
選考日程調整対応 有り
年収交渉対応 有り
転職実績(累計) 累計約25万人の転職支援
求人の更新頻度 高い
料金 無料
運営会社 株式会社パソナ
主要対応エリア 全国対応
拠点数 50拠点(2019年9月時点)
※2019年9月現在の公式ホームページ情報を調査 ※非公開事項は筆者のヒアリングによる

パソナキャリアの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 女性で理系職種の転職希望者
  • 安定して長く働ける会社に行きたい方
  • 専門的なスキルを活かしたい方
  • 管理職を経験した事がある方
  • 第二新卒の転職希望者
パソナキャリアについて、下記の記事でも詳しく解説しているのでぜひ読んでほしい。
※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】パソナキャリアを3分チェック

6.JACリクルートメント

JAC Recruitment

JAC Recruitment

※参照:JACリクルートメント公式HP

JACリクルートメントの詳細情報

求人数 約6,000~10,000件
取引先企業数 約25,000社
コンサルタント数 550名以上
転職実績(年間) 年間約67,000人が登録
特徴 外資系・海外企業に強み
料金 無料
運営会社 株式会社ジェイエイシー リクルートメント
主要対応エリア 全国対応
拠点数 9拠点(2019年9月時点)
※2019年9月現在の公式ホームページ情報を調査

JACリクルートメントの評価チャート

こんな方にオススメ

  • 外資系企業・海外勤務を希望している方
  • 管理職経験が長い方
  • 各職種・業界のトップ人材
  • 語学力を活かして働きたい方
JACリクルートメントについて、下記の記事でも詳しく解説しているのでぜひ読んでほしい。
※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】JACリクルートメントを3分チェック

転職エージェントと合わせて活用したい!市場価値算出ツール「ミイダス(MIIDAS)」

ミイダス

ミイダス

※参照:ミイダス公式HP

ここまで読んできて、

  • 自分の市場価値はどの程度なのか分からなくなった
  • どのレベルの求人を希望すれば良いのか不安になってきた
という人はいないだろうか。

満足度の高い転職のためには、企業が望む人材と自身のスキルのバランスが取れていることが重要だ。

経歴詐称に近いレベルでコンサルタントに応募書類を改変され、年収はアップしたものの周りに追いつけず、居づらくなって辞めたという話も時々耳にする。

自分の市場価値を把握する、企業からのオファーによる転職活動という2つの特徴を持つのが「ミイダス」だ。

ミイダスでは自分の経歴・スキルを入力すると、200万人の転職者データベースから自分の市場価値(適正年収)を算出してくれる。

またそのプロフィールを元に、書類選考通過と同じステップとなる企業からのオファーが届く仕組みだ。

  • 今すぐ転職活動をするのは不安だが、自分の市場価値は知っておきたい
  • 自分の経歴・スキルを歓迎してくれる企業に入りたい
という人には、一度試してみる価値があるだろう。

※WEB履歴書・レジュメの入力は登録後でも行えます

【無料】ミイダスを3分チェック

転職サイトを利用すべきタイプとは

転職エージェントを利用すべきタイプとは、転職エージェントのメリットに当てはまるタイプ、ともいえる。

それと同様に、転職サイトにもメリットがあり、転職サイトを利用すべきタイプは次のような人が当てはまる。

転職サイトを利用すべきタイプ

  • 経験:未経験歓迎に応募したい、活かすことのできる経験がある
  • 年齢:20代、30代前半
  • 転職回数:初めての転職、1回~2回
  • 相場から見た年収:相場通り
  • 変えたいこと:仕事の内容、立地などの職場環境

こうしたステータスを持った人がなぜ転職サイトを利用すべきなのか、詳しく解説していこう。

未経験歓迎に応募したい、活かすことのできる経験がある

未経験歓迎の求人に応募したい、つまり今までの経験と別の業界や職種にチャレンジしたい転職希望者は転職サイトが向いている。

転職エージェントでは一定の経験がないと求人企業への売り込みがしにくく、求人案件の紹介が難しい場合は登録を断られるケースもある。

その一方で転職サイトは求人情報に記載された応募要件さえ満たしていれば応募は自由、未経験歓迎の案件も頻繁に特集が組まれるほど多く扱っている。

活かすことの出来る経験がある場合は、経験が転職を有利に進められる前提条件なので、もちろん転職サイトでも十分通用するだろう。

20代、30代前半

20代から30代前半といった若い年齢層は、経験の面とも関係するが転職サイトの利用にメリットがある。

転職サイトで扱っている求人には「年齢制限を明記している」または「記載はしていないが若い年齢層を求める」というケースが実は多いのだ。

法令で、求人に年齢制限を設けてはいけないことになっているが、「経験不問」であることを条件に上限を設けることができる。

※(記載例)【年齢制限】35歳未満の方(3号のイ 長期勤続によるキャリア形成を図る観点から)

<条件を設けるための条件>
①職業経験について不問とすること
②新卒者以外の者は、新卒者と同等の訓練・育成体制、配置・処遇(※)であること

※新卒者と給与が同じでなければならない、という意味ではない

また、明記していなくても「20代の若手が活躍中」「平均年齢31歳の~」といったアピールのある求人は20代から30代前半を求めている求人で、転職サイトならではの求人だ。

初めての転職、転職回数1回~2回

転職回数がゼロ、または少ないケースでは転職サイトの利用も有利に進められることが多い。

転職エージェントと転職サイトどちらの利用でも、一般的には転職回数は少ない方が選考で有利なため、逆に転職回数が多い場合、転職サイトはおすすめしない、と言い換えてもいい。

もちろんその転職の内容や転職の背景、職歴や積み上げたキャリアなどは転職回数だけで判断できるものではないが、それを説明できる面接までたどり着けず、書類選考落ちしてしまうことの方が多いのが実態だからだ。

また、初めての転職の場合は、大手転職サイトが開催する転職フェアやセミナーを利用して転職活動に関する知識を身につけてから臨むのが良いだろう。

年収が概ね相場通り

現在の年収が概ね相場通りの場合は転職サイトの利用が向いている。

転職サイトは自分で求人を選んで応募するため、現状を下回る給与水準の会社を外して選んでいけば良いからだ。

転職エージェント利用の場合は、注意点として「エージェント側の都合で妥協しない」ということがよく取り上げられるが、転職サイトの場合は当然その心配が不要だ。

内定を承諾する前に自分で必ず条件を確認する、というプロセスは転職エージェントでも転職サイトでも同じだが、応募段階で妥協のない絞り込みができるのは転職サイトだろう。

仕事の内容、立地などの職場環境を変えたい

未経験歓迎の求人へのアプローチがしやすい点も含め、仕事の内容を変えたい場合や、勤務地など求人情報を見て分かる職場環境を変えたい場合は転職サイトをお勧めする。

こうした条件から職場を探すのであれば、検索の自由度が高い方がある程度の選択肢が得られ、断然選びやすいからだ。

反面、転職エージェントでは、勤務地などの条件で絞り込むと紹介案件が極端に減るケースも多く、転職希望者にとっては不自由さ、窮屈さが少なからずあるのだ。

転職サイトで確実に絞り込みができる条件、絞り込んでも選択肢が極端に少なくならない条件であれば自身の希望に沿った求人への応募がしやすいのは転職サイトだろう。

転職エージェントと転職サイトそれぞれの転職活動

ここまでは、転職における自分の位置付けによって、転職エージェントと転職サイトのどちらを利用するのが良いかを解説してきた。

さらに、転職活動の進め方、転職したい業界や業種という視点からも転職エージェントと転職サイトを比較する。

自分が理想とする転職の成功は当然大事だが、現在の仕事の都合や自分のペースに合っていることも重要だ。

転職活動を具体的にイメージして、無駄なく、焦らず、着実に転職を成功させよう。

転職にかける時間が少ない場合は転職エージェント

現在の仕事が忙しい人、短期間で転職したい人など、転職にかける時間が少ない場合は転職エージェントがおすすめだ。

転職エージェントは紹介された案件だけが応募につながるため、自分で探す手間が省け、案件が絞り込まれた状態からスタートできる

ただし、先に説明したように紹介案件が少なくなってしまうケースなどでは「エージェントからの紹介待ち」の時間が出来てしまうこともある。

自分のアピールポイントがはっきりしており、転職エージェントが紹介しやすい職歴や経験であれば限られた時間の中でも希望の転職を達成しやすいだろう。

今すぐでなくていい人、じっくり転職に取り組みたい人は転職サイト

転職を考え始めたがすぐにはまだ転職しない、など少し先に転職したい場合、慎重に、じっくり取り組みたいという人は転職サイトを利用しよう。

転職エージェントに登録してアドバイザーとの面談を終えると大抵の場合はすぐに紹介案件の連絡が来て、すぐにでも応募するかどうかを決めていくことになる

特に初めての転職でじっくり取り組みたい場合などは、具体的に転職したい時期のめどをつけて、それに向けて転職フェアやセミナーに参加したり、色々な求人案件を見たりして、転職の具体的なイメージを掴んでいくのが良い。

効率の良さは確かに大切だが、優先順位としては早く転職することより、理想とする転職をミスなく達成することが重要だろう。

転職の相談やアドバイスが欲しい人は転職エージェント

転職活動を進めながらその都度相談したい、アドバイスが欲しいという人は転職エージェントを利用しよう。

転職サイトでもコラム記事や転職ノウハウなど多くの記事を掲載しているが、マンツーマンのアドバイスの方が実践的であることは言うまでもないだろう。

また、最近では大手転職エージェントをはじめとして利用者ファーストのサービス方針になりつつあり「相談だけでもOK」という転職エージェントもある。

今まで転職サイトで上手くいかなかった、初めての転職で分からない、などのケースでは特に担当エージェントのアドバイスや相談が頼りになるはずだ。

職種や業界によって使い分ける

職種や業界によっても転職エージェントと転職サイトを使い分けるようにしたい。

当然だが、強みのある業界や職種ほど積極的に扱っており、転職エージェントと転職サイトそれぞれ強みのあるものほど案件数も多い。

業界や職種の具体例と併せて紹介するので参考にしてみて欲しい。

管理職、キャリア採用なら転職エージェント

いわゆるキャリア採用や管理職、エンジニアでもリーダー職以上の役職などは転職エージェントの利用をおすすめする。

転職サイトが求人広告で「広く」募集するのに対し、キャリア採用などの求人は「本当に採用の可能性がある人材」からの応募だけで良く、転職エージェントを利用して募集するケースが多いからだ。

また、このポジションは入社してすぐに仕事内容が決まっており期待されることも具体的になっているので、担当エージェント内容などを具体的に知ってから応募することができる。

看護師、介護士などの専門職は転職エージェント

看護師、介護士などは転職サイトもあるが、アドバイザーが相談に乗ってくれる転職エージェントが有力だ。

これはその業界の専門知識が必要であるほか、職場の雰囲気や働きやすさ、柔軟な勤務体系など、転職希望者1人1人に合ったマッチングが重要となる職種だというせいもある。

さらには派遣、短期契約など、雇用形態も正社員だけではないケースが多いため、転職サイトを利用し自分で探して応募するケースは転職に慣れた人向けと言えるだろう。

IT・Web業界は転職サイト

IT・Web業界では転職エージェントでの扱いも増えてはいるが今のところ転職サイトが有力だ。

理由のひとつには、転職エージェントにはITやWeb業界に明るい担当者がまだ少ない、という背景が挙げられる。

また、この業界はフリーランスやテレワークなど、新しい働き方が浸透しやすい業界のため、単純に正社員での採用、入社を目指す転職活動がベストとは限らない。

自分で探し、働き方を含めて自分で発見していくような自由度から、転職サイトが向いているといえるだろう。

販売・接客の仕事、工場の仕事なら転職サイト

販売、接客、飲食などの仕事や工場での仕事は転職サイトが向いている。

看護師などの専門職と同様、転職エージェントにこれらの業界の専門知識を持った担当者が少ないこと、求人企業が10人以下など小規模な事業者であるケースが多いことなどもその理由だ。

またこれらの業種は扱う品目によって必要な知識や経験がそれぞれ異なるため、自分自身で確認して経験とスキルを活かせる転職先を探せる転職サイトの方が使いやすいはずだ。

ハイクラス、エグゼクティブ職を狙うならダイレクト・リクルーティングに注目

比較的新しい転職の方法として、ダイレクト・リクルーティングがあり、高年収の転職、部長クラスや会社役員などのエグゼクティブ転職向けのサービスをはじめ、徐々に浸透している。

ダイレクト・リクルーティングとは、転職サイトに登録された転職希望者のデータベースから、求人企業が人材を探し出してスカウトや選考オファーを出す、という仕組み

大手有名転職サイトや転職エージェントとも連動した「スカウトサービス」や、ダイレクト・リクルーティングに特化したビズリーチなど、既によく知られている。

今後は転職エージェントや転職サイトに続く転職方法の新定番として、ハイクラス転職以外にもさらに浸透してくることが予想されるサービスだ。

まとめ

転職エージェントと転職サイトの違いについて、また、それぞれの活用方法について解説してきた。

もちろんここで紹介した向き、不向きにかかわらず利用することは可能で、転職エージェントも転職サイトも多くの利用者に合わせて日夜サービスを改良、改善している。

どの方法が自分に合っているか、まずは利用して確かめてみることも必要だろう。

この記事を振り返ってまとめるので、より自分に合った、効果的な利用方法の参考にして欲しい。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職エージェントは選んで、紹介するサービス

  • 求人案件に合った転職希望者と求人企業を第三者(エージェント)が選んで紹介するサービス
  • 第三者が入ることで、お互いにとって効率よく希望に近い案件、希望に近い人材と出会うことができる

転職サイトは基本的に情報提供サイト

  • Webサイト上に求人広告を掲載し、転職希望者に求人情報を提供するサービス
  • 原則としてすべての求人情報を自由に見ることができ、応募も利用者が自由にできる

転職エージェントと転職サイトどちらがいいのか

  • 一長一短、利用する人、タイミング、職種などによっても異なるため一概にどちらが良いとは言えない
  • どちらを利用するのが適しているかを知るためにはまず、自分の転職について客観的に把握すること
経験を活かす方向が一般的

転職エージェントと転職サイト、どちらを利用するにしても経験やスキルを活かした方が有利

年齢によって経験が問われる

20代、30代前半、30代後半、40代以上に区分してみる

転職回数によって転職活動も異なる

初めての転職、1回~2回、3回以上、の3段階に区分してみる

業界、業種、年齢から年収相場を知っておく

年収相場に対して低い、概ね相場通り、高い、という程度に区分してみる

転職で「変えたい」ポイントを明らかにしておく

転職で変えたいポイントを1つか2つに絞り込んで明確にしておく

転職エージェントを利用すべきタイプとは

活かすことの出来る経験がある

転職エージェントを利用することで「求められる人材」という立場になった方が転職を有利に進められる

30代前半、30代後半、40歳以上

一定の経験があり、現職でも忙しい年齢層に転職エージェントの利用価値は高い

初めての転職、転職回数3回以上

転職活動の要領や、転職が多い理由などをフォローアップしてもらえることが強み

相場から見た年収が低い

転職エージェントに目標とする年収額を伝え、それに合った紹介を受けることで、年収アップを狙いやすい

職場の雰囲気、仕事のやりがいなどについて環境を変えたい

企業側担当エージェントが求人企業の生の声や職場環境をその目で見て、求人情報以外の企業情報が手に入る

転職サイトを利用すべきタイプとは

未経験歓迎に応募したい、活かすことのできる経験がある

求人情報に記載された応募要件さえ満たしていれば応募は自由、未経験歓迎の案件も多く扱っている

20代、30代前半

「年齢制限を明記している」または「記載はしていないが若い年齢層を求める」というケースが実は多い

初めての転職、転職回数1回~2回

一般的には転職回数は少ない方が選考で有利なため、転職回数が多い場合、転職サイトはおすすめしない

年収が概ね相場通り

転職エージェント利用の場合は「エージェント側の都合で妥協を求められる」点で注意が必要だが、転職サイトにはそれがない

仕事の内容、立地などの職場環境を変えたい

検索できる範囲の条件であれば、自由度が高い転職サイトの方がある程度の選択肢が得られ、断然選びやすい

転職エージェントと転職サイトそれぞれの転職活動

転職にかける時間が少ない場合は転職エージェント

紹介された案件だけが応募につながるため、自分で探す手間が省け、案件が絞り込まれた状態からスタートできる

今すぐでなくていい人、じっくり転職に取り組みたい人は転職サイト

転職エージェントの利用では通常すぐに紹介案件の連絡が来て、すぐにでも応募するかどうかを決めていくことになる

転職の相談やアドバイスが欲しい人は転職エージェント

転職サイトで上手くいかなかった、初めての転職で分からない、などのケースでは特に頼りになる

職種や業界によって使い分ける

  • 管理職、キャリア採用なら転職エージェント
  • 看護師、介護士などの専門職は転職エージェント
  • IT・Web業界は転職サイト
  • 販売・接客の仕事、工場の仕事なら転職サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
アバター

rira

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of