2021年最新版・40代におすすめの転職サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

40代の転職は以前に比べて難しくはなくなっている、という記事などがよく見られるようになったが、20代、30代と比較すると厳しい面もある。

40代はいわゆる「就職氷河期世代」と言われ、バブル経済崩壊直後に社会に出た世代だ。

そのため、企業に40代やその世代の中間管理職が不足しているというニーズがある。

しかしその一方で、正社員経験や長期的なキャリアが不足している、転職が多い、といった転職に不利な点を抱えているのもこの世代の特徴だ。

実際に厚生労働省でも、就職氷河期世代の就職を後押しする施策が取られ始めたのも報道やテレビCMでご存知の通りだ。

そこでこの記事では、広く40代の転職に利用することができる転職サイトをランキング形式にして紹介する。

また、これまでに十分なキャリアや経験を積むことができた40代のために、ハイクラス求人を扱う転職サイトについても紹介しよう。

一般的に「転職サイト」とは応募者自身が求人を選んで自分で応募するタイプのウェブサイトを指す。

ハイクラス求人サイトなどでは若干それと異なる仕組みのものもあるが、転職活動の参考にして欲しい。

40代は転職エージェントの利用がおすすめ

おすすめの転職サイトを紹介する前に、40代の転職には転職エージェントの利用がおすすめである点を理解して欲しい。

転職エージェントをおすすめする理由と、その上で転職サイトの利用方法について解説する。

自分で納得できる転職活動と、それに見合った結果が得られるよう参考にして欲しい。

年齢制限がなければ採用の可能性はあるか

現在、求人には法令に定めた理由がない限り年齢制限を記載することが出来ず、40代でも応募することができる求人が多いように思えるかもしれない。

しかし、「長期キャリア形成のため」などの理由による年齢制限がない場合でも、書類選考の段階で応募者を年齢によって絞り込んでいる企業もまだ多いのが実態だ。

こういった背景から、自分が「この求人に応募したい」と応募する「転職サイト」では書類選考で不合格となるケースが多くなるのが40代だ。

もちろん採用の可能性がない訳ではないが、求人記事に記載されている平均年齢やモデル給与となっている年齢、採用時の役職など総合的に見て40代の採用可能性を判断して欲しい。

40代こそマッチング度の高さが必要

40代の転職に転職エージェントをおすすめする理由として、40代には、企業の求めるスキルや経験と、応募者とのマッチング度合いが高いことが求められるからだ。

それだけ40代の転職には即戦力が求められるのだが、転職エージェントは第三者的に企業のニーズと応募者の経験や志向をマッチングさせるノウハウを持っている。

20代、30代の場合は経理、設計、SEなど、職種レベルで知識や経験があれば採用されることもあるが、40代では求人情報に記載された「仕事内容」とできる限り近い経験を求められる。

こうした細やかなマッチングを自分で見て判断し、自分で探して応募するより、転職エージェントのサポートを借りた方が良い、ということは言うまでもないだろう。

40代におすすめの転職サイト利用法

40代におすすめの転職サイト利用方法は、①転職エージェントとの併用、②幅広い業界や職種に目を向ける、の2つだ。

つまり、メインでは転職エージェントを利用しつつ、転職サイトのいいところ取りをする利用方法がおすすめなのだ。

転職エージェントとの併用では、自分で絞り込み検索をするより、転職サイトにあるスカウト・オファー機能を中心に、自分の希望に近い求人を狙ってみるのがいいだろう。

また、転職サイトでは転職エージェントでは紹介の少ない、サービス業や販売業も含めた幅広い選択肢がある。

40代からのワークライフバランス志向の転職や、場合によっては未経験へのチャレンジも可能となる。

オフキャリア志向の転職も視野に入れることができるなど、40代の女性にもおすすめしたい活用方法だ。

40代におすすめの転職サイト5選

2021年最新版・40代向け転職サイトおすすめランキング

4位エン転職11,113★★★★★★★1位5位マイナビ転職11,280★★★★★★★3位

サイト名求人掲載数40代求人管理職、マネージャー年収600万円以上利用者満足度
1位doda61,880★★★★★★★★★★★★★5位
2位エン ミドルの転職114,964★★★★★★★★★★★6位
3位リクナビNEXT44,364★★★★★★★★★4位

ランキングの評価基準

ランキングの評価基準は次のようにした。

  • 求人掲載数・・・求人数(公開件数・同日調査)
  • 40代求人・・・40代向け求人の豊富さ
  • 管理職、マネージャー・・・管理職、マネージャー採用の割合
  • 年収600万円以上・・・年収600万円以上の求人の多さ
  • 利用者満足度・・・・・最新のオリコン顧客満足度ランキングより

40代のおすすめランキングでは、掲載求人数はもちろんのこと、管理職やマネージャー採用の求人、年収600万円以上の求人の多さも評価基準とした。

キャリア志向の転職であればキャリア採用やハイクラス求人、オフキャリア志向の転職では求人掲載数の多さや利用者満足度が参考になるはずだ。

また、先に解説した通り、転職エージェントとの併用がしやすいサイトをランキングにしたので、40代転職の参考にして欲しい。

おすすめ転職サイトのここがポイント

ランキングに挙げた転職サイトの特長を紹介していくので、気になった転職サイトはぜひ利用してみて欲しい。

紹介した転職サイトは、関連サイト、転職エージェントとの併用も含めて無料で利用できるので安心だ。

また、上位にランキングした転職サイトが必ずしも自分の転職に合うとは限らない。

ここで紹介する転職サイトそれぞれの特長を見て、自分にとって使いやすく、自分の転職に合う転職サイトを利用することをおすすめする。

1位:doda


dodaは転職サイトトップクラスの求人案件を扱っており、40代向けの求人、キャリア採用、600万円以上の求人なども転職活動に充分な求人件数をカバーしている。

また、求人数が多いほど重要となる条件検索などの使い勝手にも定評があり、利用者満足度にもつながっている。

運営しているパーソルキャリアは求人情報誌の発刊から様々な人材関連会社と協力、統合しながらそのノウハウを蓄積してきた人材関連大手企業だ。

そういったノウハウから、広く様々な業種や業界の求人を扱い、ユーザーに合わせたサイトの使いやすさ、関連サービスとの連携など、使いやすく構成されているのだ。

自身が活かすことの出来る経験やスキルを棚卸しし、転職先の希望などが固まったら、積極的に検索することで自分の理想に近い転職先に出会う可能性が高い転職サイトと言えるだろう。

基本情報

運営会社:パーソルキャリア株式会社
求人案件数:61,880件 (2020年10月)
対応エリア:日本全国~海外
関連サイト:まいにちdoda(ブログ)、マイポテ(アプリ)、CareerPocket、sight、i-common tech

転職エージェントとの連携が使いやすい

dodaは自分で探して応募するタイプの「転職サイト」とキャリアアドバイザーが担当として求人を紹介してくれる「転職エージェント」の連携が優れている。

他の総合転職サイトでは、転職サイトと転職エージェントが独立した別の事業部であるなど、スマートに連携していないケースがある。

その点dodaでは、転職サイト、転職エージェント、スカウトサービスが同じトップページからアクセスでき、扱っている情報の共有もできるようにしている。

40代の転職にとって、転職サイトの利用だけでは手間や時間ばかりがかかってしまい、そのため転職が難しいと感じることも多い。

転職エージェントの利用と併せて利用でき、その上使いやすいdodaは40代転職におすすめの転職サイトだ。

業界別転職サイトへの展開

dodaのように求人の掲載件数が多い転職サイトでは特に案件の絞り込みが肝心なのだが、業界別サイトを利用することで効率よく応募先を絞り込むことができるはずだ。

業界別サイトで、自身の経験を活かすことの出来る業界から応募企業を探し出すことが出来れば、マッチングという点でより質の高い求人と出会えるだろう。

例えば、40代から業界未経験のチャレンジをすることは不可能ではないが、あまりおすすめしない。

求人企業の多くが40代に期待しているのは、経験に基づく即戦力なのだ。

自身の経験やキャリアに合った求人を見つけやすく、転職後もすぐに力を発揮しやすい同業界への転職に、dodaの業界別転職サイトは使い勝手がよく、おすすめだ。

2位:エン ミドルの転職


エンミドルの転職はランキングで紹介したエン転職と同じ、エン・ジャパンが運営する30代、40代の転職に特化したハイクラス転職向けの転職サイトだ。

ただし、ミドルの転職でも転職希望者自身が求人を探して自分で応募することもできるが、メインはスカウトサービスの利用となっている。

特に年収1,000万円の求人案件が多いことに目が行くところだが、エン転職やエン・エージェントの長所を継承した転職サイトで使い勝手も申し分ない。

40代こそアピールポイントの多いキャリア採用などではぜひ利用して欲しい転職サイトだ。

基本情報

運営会社:エン・ジャパン株式会社
求人案件数:114,964件 (2020年10月)
対応エリア:日本全国
関連サイト:エン転職、エン転職WOMAN、エン・エージェント、AMBI、en Lighthouse(旧・カイシャの評判)

1件でも多くスカウトを受けられるかがポイント

ミドルの転職では、1件でも多くのスカウトを受けられることが転職成功の鍵だ。

当然のように思えるかもしれないが、40代の経験者で高いキャリアや年収が約束されるということは、求人の仕事内容と応募者の経験やスキルがかなり合致している必要があるのだ。

例えば不動産営業で豊富な経験、というだけでなく、投資用物件に強いのか、賃貸管理委託に強いのかなど、そういった即戦力が求められると考えていいだろう。

もちろん経験が多少異なっていても経験やスキルが評価される場合もある。

ミドルの転職を含め、スカウトサービスを利用する場合には、飛び込んでくる案件は少ない、と考えておくべきだ。

その中でさらに自分の志向や希望に近く、スカウトに応じたい企業と出会うにはやはり1件でも多くスカウトを受けられることが重要だ。

スカウトを受けられるコツについては後ほど解説するのでそちらも参考にして欲しい。

転職エージェントとの柔軟な併用を

決して多くはないスカウトをカバーするためにも、転職サイトや転職エージェントを柔軟に併用していくことをおすすめする。

これは単に応募できる企業の候補を多くするだけでなく、より自身の理想に近く、さらに採用の可能性が高い応募を目指すためだ。

ミドルの転職のサイト内でも転職エージェントの利用を勧めている。

効率よく、着実に理想に近づけるためにはエージェントのサポートを受ける方が、得られるメリットが大きいからだ。

いくつもの転職サービスを併用することでかける手間や時間が増えすぎてしまうのは避けたいところだが、スカウトと応募、受けと攻めの両方を柔軟に利用する効果は高いだろう。

3位:リクナビNEXT


リクナビNEXTは広い年齢層を扱っており、20代から30代をメインとしているが40代向けの求人案件も豊富に扱っている。

リクナビNEXTは業界最大手のひとつ、リクルートグループが運営する大手総合転職サイトで、知名度、求人案件数共に業界トップクラス、有名大手企業も求人広告を掲載している。

また、中小企業の管理職、管理職候補、キャリア採用案件も比較的多く扱っており、40代でキャリア志向の転職にも利用することができる転職サイトと言っていい。

ただし、絞り込み検索のしやすさや求人案件数、業種や業界を広く扱う点では便利な転職サイトなのだが、その一方で、自分自身で求人案件を見極める力も必要になる。

多くの案件を扱い、転職サイトとしての知名度も高い分、掲載されている求人の質にばらつきが見られるからだ。

40代の転職活動ではなかなか採用が決まらず焦ってしまいがちだが、リクナビNEXTには良案件も多いので、仕事内容や待遇面を総合的に見て、納得できる判断をして欲しい。

基本情報

運営会社:株式会社リクルートキャリア
求人案件数:44,364件 (2020年10月)
対応エリア:日本全国~海外
関連サイト:リクルートエージェント、キャリアカーバーなど

オファー機能を活用して効率の良い転職活動

リクナビNEXTで必ず活用して欲しいのがオファー機能だ。

極端に言えば、オファー機能を活用すれば、自分で絞り込み検索をする必要はほとんどないと言っていい。

これは、リクルートグループが保有している膨大な転職支援のデータに基づく、優秀な検索AIを活用しているからだ。

リクナビNEXTで「気になる」や「応募オファー」の通知はそのほとんどが、AIによって「マッチング度合いが高いおすすめ求人」なのだ。

もちろん企業担当が直接オファーするケースもあるが、それは面接を約束するようなオファーでなければ、オファーとしては期待薄といえる。

しかし、最初から「機械がマッチングしてくれている」ということを知っていれば、転職エージェントからの紹介と同様に受け取って利用することが可能なはずだ。

大きな責任や多くの仕事量を任される40代にとって、自分の代わりに自分に合った求人案件を探してくれるオファー機能は、40代の転職にリクナビNEXTをおすすめする理由のひとつだ。

リクルートエージェントと職務経歴書は使うべき

40代の転職でリクナビNEXTを利用する時は、リクルートエージェントを並行して利用することをおすすめする。

効率の良さはもちろんのこと、リクルートエージェントの紹介案件数の多さと、リクルートエージェントで作成する職務経歴書のフォーマットが優秀であることが理由だ。

40代にもなれば職務経歴書に書くべきことが増え、ただ時系列に職歴をまとめただけでは長く見づらくなってしまうのだが、このフォーマットの見やすさはほとんどの企業で通用するはずだ。

リクナビNEXTのオファー機能ではAIと企業の担当者がマッチングを確認する。

一報リクルートエージェントではキャリアアドバイザーがマッチングして比較的多くの求人案件を紹介してくれる。

検討する求人案件はしっかり確保しつつ、この状態にしておけば自分で絞り込み検索をする手間は大幅に減らすことができ、効率よく転職活動が進められるはずだ。

4位:エン転職


エン転職は、求人情報、特にその求人企業に対する情報の深さで定評のある総合転職サイトだ。

つまり、単に求人票に必要な項目だけでなく、その職場の雰囲気や社風など、外からはなかなか見ることの出来ない部分も記事にしている。

これは、エン転職の求人企業担当者が企業に直接出向き、求人票には記載されない部分を繰り返し取材して得たもので、単なる求人票や求人広告以上の付加価値といえるだろう。

こうした面からもオリコン利用者満足度調査の転職サイト部門などでも常に高い評価を得ている。

40代の転職では「これが最後の転職」と考えている転職希望者が多いはずだ。

そういった中で、より詳しい応募先企業の情報が分かる、というのは応募先企業を見極める際に有利な転職サイトといえるだろう。

基本情報

運営会社:エン・ジャパン株式会社
求人案件数:11,113件 (2020年10月)
対応エリア:日本全国~海外  ※ただし海外については20案件ほど
関連サイト:エン転職WOMAN、エン・エージェント、AMBI、ミドルの転職、en Lighthouse(旧・カイシャの評判)

「手に職」の転職活動にもおすすめ

エン転職では、事務や営業などのオフィスワーカーだけでなく、技術職、サービス職、販売職、専門職などの求人も多く扱っているためワークライフバランスを重視した転職にもおすすめしたい。

こうしたワークライフバランス重視、オフキャリア志向の転職は、特に40代の女性や、子育て、家族の介護といったライフステージに沿った転職にニーズがある。

例えば出産、育児で一旦キャリアを中断した場合でも、その経験を活かした転職や、職種によっては40代からの未経験スタートも可能といえる幅広さがエン転職の強みだ。

もちろん技術職や専門職の転職においてはその経験を活かしたキャリアアップ、年収アップを狙った転職にも利用できる転職サイトとなっている。

近年ではハイクラス求人サイトや20代に特化した転職サイトなどが増えている傾向にあるが、転職する人を選ばない使いやすさはエン転職をおすすめする理由のひとつだ。

5位:マイナビ転職


マイナビ転職でも前出のエン転職同様、ワークライフバランス重視の転職や、誰にでも利用しやすい点が強みだ。

マイナビ転職は年齢を問わず初めての転職でも使いやすいことで定評があり、大手企業から中小企業、業界や職種も幅広く求人を取り扱っている。

例えば、新卒から転職の機会がなく、初めての転職の場合はマイナビ転職を利用することで、転職のノウハウを身につけながら転職活動を進めることができる。

また、オフキャリア志向の転職の場合には働き方を軸に業界や職種を幅広く求人案件を探すことも可能だ。

前に解説した通り、40代のハイクラス転職は仕事内容と経験の高いマッチングを必要とする。

そういった転職には当てはまらない、生活のペースや働きやすさを重視した転職でもマイナビ転職は利用しやすい転職サイトと言えるだろう。

基本情報

運営会社:株式会社マイナビ
求人案件数:11,280件 (2020年10月)
対応エリア:日本全国~海外
関連サイト:マイナビ転職エージェントサーチ、マイナビ独立、マイナビアスリートキャリア、マイナビミドルシニア、マイナビエージェントなど

検索しやすいサイトの使いやすさ

マイナビ転職のサイトは後発の転職サイトがモデルにするくらい使い勝手が良い。

これは運営会社のマイナビが他のジャンルでも情報提供サービスを展開しており、「情報の探しやすさ」「絞り込み」といったWebサイトのノウハウを持っているからだろう。

これまでは何項目もの検索条件を入力して検索していたが、マイナビ転職ではトップページから、地域や職種はもちろんのこと、働き方や興味があることなどからも絞り込めるようになっている。

もちろん業界大手の運営する転職サイトだけあって、有名大手企業もマイナビ転職を利用している。

単に多くの求人から絞り込み検索がしやすいというだけでなく、自分の志向に合う人気企業や優良企業にたどり着きやすいという面もあるのだ。

応募先となる候補企業探しに出来るだけ手間や時間をかけず、効率よく転職サイトを利用するのも転職活動のコツだ。

40代転職におすすめのスカウトサービス

40代転職では転職サイトと転職エージェントの併用に加え、スカウトサービスを利用することをおすすめする。

これは、求人全体から見ると40代向け求人が少ないことをカバーする他に、40代の強みである管理職経験や特定の業種の経験を活かすことができるからだ。

特に1つの職種で長い経験年数やマネジメント経験を持っている場合は、人材としての市場価値が高くなっている可能性は大きく、スカウトの声、もかかりやすい。

そこで、スカウトサービスを利用することのメリットと、おすすめの転職サイトを紹介する。

40代転職でスカウトサービスを活用するメリット

スカウトサービスを利用するメリットは、効率よく転職活動ができる点、応募からの採用率が高い点の2つが挙げられる。

現在の忙しい仕事をこなしながら求人情報を吟味し、応募書類の作成や面接の日程調整など、転職にはやはり手間や時間がかかるものだ。

また、自分が選択して応募した企業が自分や自分のような経験と能力を求めているかは分からない。

スカウトサービスではどのように違うのか、2つのメリットについて詳しく解説しよう。

効率よく転職活動ができる

責任者などを任され、日々の仕事が忙しい40代にとって、自身の職務経歴を登録しておくだけでヘッドハンターやエージェントから応募のオファーが受けられるのは効率的だ。

転職サイトを利用した転職活動と異なり、求人情報を絞り込み検索して吟味する、という手間がかからないためだ。

また転職サイトでは、時間をかけて応募書類を準備し、求人企業に提出しても書類選考で不採用というケースも少なくない。

スカウトサービスでは、求人企業やヘッドハンターが転職希望者の職歴などを見てスカウトをかけている。

もちろん求人内容の確認は欠かせないが、自身の経験やスキルに合っている企業を探す、という時間コストが削減できるのは転職活動にとって非常に有効だ。

応募からの採用率が高い

スカウトサービスは企業側が職務経歴書等を見てスカウトを送っているため、実質「書類選考通過」の状態といってもいい。

企業側から見ることの出来る登録情報はあくまで参考情報ではあるものの、応募書類とほぼ同じ内容で記載されているためだ。

単に応募をおすすめするだけのオファーメールは別として、面接確約スカウトやヘッドハンターとの面談があるスカウトは、件数は多くないが選考通過の確度は高い。

基本的にはオファーまたはスカウトを待っていればよく、来たスカウトは選考通過率が高いため、経験やキャリアをアピールしやすい40代には使いやすいサービスだ。

ビズリーチ


ビズリーチは、ダイレクト・リクルーティング型と言われる、スカウトをメインにした転職サイトのひとつだ。

ダイレクト・リクルーティングとは、企業の採用担当者や転職エージェントが転職希望者の中から直接選び出して採用しようとする人材確保の手法だ。

ビズリーチを使って「公募企業」へ自ら応募することもできるが、スカウトを待って応募、選考と進めるのが主なの利用方法になる。

また、年収600万円以上、キャリア採用など、ハイクラス求人を多く扱っているため40代にぜひ使って欲しい転職サイトだ。

ビズリーチは基本、有料サービス

ビズリーチは他の転職サイトと異なり、転職希望者の利用も有料となっている。

タレント会員:30日間コース 3,278円(税込)の一括払い
ハイクラス会員:30日間コース 5,478円(税込)の一括払い

これはビズリーチの、転職希望者も「お客様」として質の高いサービスを提供する、というポリシーに基づくものだ。

無料でも利用することができるが「プラチナスカウト」のみ閲覧、返信が可能となっているため全てのスカウトの閲覧、返信、応募は出来ない。

求人の年収額に応じたタレント会員かまたはハイクラス会員の料金を支払うことで制限なく利用することができる。

ビズリーチでのスカウト

ビズリーチを利用した際のスカウトは主に3通りに分けられる。

①ヘッドハンターからのスカウト、②転職エージェントからのスカウト、③企業からのスカウトだ。

ヘッドハンターは中小、個人事業クラスの転職エージェントがほとんどだが具体的な案件を推薦してくれる。

転職エージェントはワークポートなどで転職エージェント経由の紹介となる。

結論として、企業からのスカウト、かつ、面接確約のプラチナスカウトが最も採用可能性の高いスカウトとなっている。

まとめ

40代におすすめの転職サイトとその利用について解説してきた。

転職エージェントと併用しやすい転職サイトやスカウトサービスを組み合わせ、納得のいく転職を実現して欲しい。

40代は転職エージェントの利用がおすすめ

  • 転職エージェントをおすすめする理由を押さえた上で転職サイトを活用する

年齢制限がなければ採用の可能性はあるか

  • 求人に年齢制限がない場合でも、書類選考の段階で応募者を年齢によって絞り込んでいる企業もまだ多い
  • 「この求人に応募したい」と応募する「転職サイト」では書類選考で不合格となるケースが多くなるのが40代

40代こそマッチング度の高さが必要

  • 40代には、企業の求めるスキルや経験と、応募者とのマッチング度合いが高いことが求められる
  • 転職エージェントは第三者的に企業のニーズと応募者の経験や志向をマッチングさせるノウハウを持っている

40代におすすめの転職サイト利用法

  • 40代におすすめの転職サイト利用方法①転職エージェントとの併用
    ②幅広い業界や職種に目を向ける
  • メインでは転職エージェントを利用しつつ、転職サイトのいいところ取りをする利用方法がおすすめ
  • 転職サイトでは転職エージェントでは紹介の少ない、サービス業や販売業も含めた幅広い選択肢がある

40代におすすめの転職サイト5選

2020年最新版・40代向け転職サイトおすすめランキング

4位エン転職11,113★★★★★★★1位5位マイナビ転職11,280★★★★★★★3位

サイト名求人掲載数40代求人管理職、マネージャー年収600万円以上利用者満足度
1位doda61,880★★★★★★★★★★★★★5位
2位エン ミドルの転職114,964★★★★★★★★★★★6位
3位リクナビNEXT44,364★★★★★★★★★4位

おすすめ転職サイトのここがポイント

1位:doda

  • 40代向けの求人、キャリア採用、600万円以上の求人なども転職活動に充分な求人件数をカバーしている
  • 広く様々な業種や業界の求人を扱い、ユーザーに合わせたサイトの使いやすさなど、使いやすく構成されている
転職エージェントとの連携が使いやすい
  • キャリアアドバイザーが担当として求人を紹介してくれる「転職エージェント」の連携が優れている
  • 40代の転職にとって、転職サイトの利用だけでは手間や時間ばかりがかかってしまうことがある
業界別転職サイトへの展開
  • 業界別サイトを利用することで効率よく応募先を絞り込むことができる
  • 自身の経験を活かすことの出来る業界から応募企業を探し出すことでより質の高い求人と出会える

2位:エン ミドルの転職

  • エン・ジャパンが運営する30代、40代の転職に特化したハイクラス転職向けの転職サイト
  • メインはスカウトサービスで、エン転職やエン・エージェントの長所を継承しておりで使い勝手もよい
1件でも多くスカウトを受けられるかがポイント
  • ミドルの転職では、1件でも多くのスカウトを受けられることが転職成功の鍵
  • 40代の経験者では、求人の仕事内容と応募者の経験やスキルがかなり合致している必要がある
転職エージェントとの柔軟な併用を
  • 転職サイトや転職エージェントを柔軟に併用していくことがおすすめ
  • スカウトと応募、受けと攻めの両方を柔軟に利用する方が、効率がよく理想に近い求人に出会いやすい

3位:リクナビNEXT

  • 20代から30代をメインとしているが40代向けの求人案件も豊富に扱っている
  • 知名度、求人案件数共に業界トップクラス、有名大手企業も求人広告を掲載している
  • 転職サイトとしての知名度も高い分、掲載されている求人の質にばらつきが見られる
オファー機能を活用して効率の良い転職活動
  • オファー機能を活用すれば、自分で絞り込み検索をする必要はほとんどないと言っていい
  • 「気になる」や「応募オファー」の通知はそのほとんどが、AIによる「マッチング度合いが高いおすすめ求人」
リクルートエージェントと職務経歴書は使うべき
  • 転職活動の効率の面からも、リクルートエージェントを並行して利用するのがおすすめ
  • リクルートエージェントで作成する職務経歴書のフォーマットが優秀でほとんどの企業で通用する

4位:エン転職

  • 求人企業に対する情報の深さで定評のある総合転職サイト
  • 職場の雰囲気や社風など、外からはなかなか見ることの出来ない部分も記事にしている
「手に職」の転職活動にもおすすめ
  • 技術職、サービス職、販売職、専門職などの求人も多く扱っておりワークライフバランス重視の転職にもおすすめ
  • オフキャリア志向の転職など、転職する人を選ばない使いやすさがある

5位:マイナビ転職

  • ワークライフバランス重視の転職や、誰にでも利用しやすい点が強み
  • 初めての転職の場合でも、転職のノウハウを身につけながら転職活動を進めることができる
検索しやすいサイトの使いやすさ
  • 運営会社のマイナビが「情報の探しやすさ」「絞り込み」といったWebサイトのノウハウを持っている
  • 自分の志向に合う人気企業や優良企業にたどり着きやすいという面もある

40代転職におすすめのスカウトサービス

  • 40代転職では転職サイトと転職エージェントの併用に加え、スカウトサービスを利用するのがおすすめ

40代転職でスカウトサービスを活用するメリット

効率よく転職活動ができる
  • 自身の職務経歴を登録しておくだけでヘッドハンターやエージェントから応募のオファーが受けられる
  • 自身の経験やスキルに合っている企業を探す、という時間コストが削減できるのは効率的
応募からの採用率が高い
  • 企業側が職務経歴書等を見てスカウトを送っているため、実質「書類選考通過」の状態
  • 面接確約スカウトやヘッドハンターとの面談があるスカウトは、件数は多くないが選考通過の確度は高い

ビズリーチ

  • ダイレクト・リクルーティング型と言われる、スカウトをメインにした転職サイトのひとつ
  • 「公募企業」へ自ら応募することもできるが、スカウトを待って応募、選考と進めるのが主なの利用方法
ビズリーチは基本、有料サービス
  • ビズリーチは他の転職サイトと異なり、転職希望者の利用も有料となっている
  • タレント会員かまたはハイクラス会員の料金を支払うことで制限なく利用することができる
ビズリーチでのスカウト
  • ビズリーチを利用した際のスカウトは主に3通り①ヘッドハンターからのスカウト
    ②転職エージェントからのスカウト
    ③企業からのスカウト
  • 企業からのスカウト、かつ、面接確約のプラチナスカウトが最も採用可能性の高いスカウトとなっている

Follow me!

おすすめの転職エージェントを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
アバター

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of
PAGE TOP