2020年最新版・20代におすすめの転職サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

転職を考えている20代にとって、20代で転職するのは早すぎるのではないか、転職するとしたら何歳くらいでするのが一般的か、という思いが少なからずあるだろう。

転職サイト、転職エージェントを運営している大手人材関連会社のdodaの調査では、転職した人のうち2人に1人が20代という結果が出ている。

2019年の上半期で、転職した人のうち実に49.7%が20代というデータがある。

  • 24歳以下 10.1%
  • 25歳~29歳 39.6%

つまり、転職するにあたって特に20代後半は決して早すぎず、企業も20代を採用するつもりがあって求人を出しているということだ。

また近年では20代に特化した転職サイトも登場し、20代にとってますます転職しやすい状況になっている。

そこでこの記事では転職サイトの中でも、特に20代におすすめの転職サイトをランキングにして紹介していく。

転職サイトとは、求人情報を掲載し、インターネット経由で応募できるWebサイトのことで、中でも「自分で求人情報を見て応募する」タイプのものを特に転職サイトと呼び、この記事で扱うのはこちらのタイプだ。

一方、転職サイトのうち、エージェントによる転職サポートやキャリアアドバイザーからの紹介を受けて求人に応募するタイプは一般的に転職エージェントと呼ぶ。

この記事では、企業の求人担当者として様々な転職サービスを比較検討してきた筆者が、20代におすすめの転職サイトを紹介する。

転職サイトと転職エージェントを使い分けたり併用したり、上手に利用することで、より良い転職先に出会いやすく、転職も成功しやすくなる。

この記事を参考に、自分に合った転職サイトを活用し、より理想に近い転職を実現して欲しい。

20代におすすめの転職サイト5選

2020年最新版・20代向け転職サイトおすすめランキング

サイト名求人掲載数20代・第二新卒求人未経験歓迎求人使いやすさ利用者満足度
1位マイナビ転職15,877★★★★★★★★★★★★★4位
2位エン転職5,489★★★★★★★★★★★2位
3位doda57,213★★★★★★★★★★1位
4位リクナビNEXT44,251★★★★★★★★★3位
5位Re就活8,158★★★★★★★★★選外

ランキングの評価基準

ランキングの評価基準は次のようにした。

  • 求人掲載数・・・求人数(公開件数・同日調査)
  • 20代・第二新卒求人・・20代、第二新卒向け求人の豊富さ
  • 未経験歓迎求人・・・・未経験歓迎求人の豊富さ
  • 使いやすさ・・・・・・転職が初めての20代でも使いやすいサイト、転職ノウハウの紹介など
  • 利用者満足度・・・・・最新のオリコン顧客満足度ランキングより

20代向けのおすすめランキングでは、掲載案件数や満足度だけでなく、初めての転職でも直感的に使うことができるなど、サイトの使いやすさも考慮した。

また、新卒で入社してから3年以内の転職となる第二新卒向けの求人や、未経験求人の豊富さなど、20代の不安を軽くしてくれるかどうかと言う点も基準にしている。

おすすめ転職サイトのここがポイント

ランキングに挙げた転職サイトの特長を紹介していくので、気になった転職サイトはぜひ利用してみて欲しい。

紹介した転職サイトは、関連サイト、転職エージェントとの併用も含めて無料で利用できるので安心だ。

また、上位にランキングした転職サイトが必ずしも自分の転職に合うとは限らない。

ここで紹介する転職サイトそれぞれの特長を見て、自分にとって使いやすく、自分の転職に合う転職サイトを利用することをおすすめする。

1位:マイナビ転職


マイナビ転職は20代、第二新卒の転職で使い勝手がよく、魅力ある求人が見つかる可能性が高い転職サイトだ。

マイナビ転職が選ばれる最大の理由は、初めての転職でも使いやすいことと、使う人を問わない取扱い求人の範囲の広さだろう。

大手総合転職サイトのため経験年数などで応募要件に届かない場合もあるが、一方で20代が応募できる企業、20代向け求人が多く掲載されている。

20代で転職活動を進めていく上で登録しておきたい転職サイトといっていいだろう。

基本情報

運営会社:株式会社マイナビ
求人案件数:15,877件 (2020年8月)
対応エリア:日本全国~海外
関連サイト:マイナビ転職エージェントサーチ、マイナビ独立、マイナビアスリートキャリア、マイナビミドルシニア、マイナビエージェントなど

「転職」について学びながら利用できる

初めての転職という場合でも、マイナビ転職を利用することで転職の進め方や応募書類の作成、面接の注意などを学ぶことができる。

これはマイナビ転職が初めての転職、特に若い年齢層の転職をターゲットにしているからだ。

マイナビ転職の「転職ノウハウ」は、これを読みながら進めていけば、ほぼそつなく転職活動ができるコンテンツとなっている。

また、比較的時間をかけて転職活動をしたい20代はぜひ「転職フェア」も活用して欲しい。

出展企業の人事担当者と直接話すことができるほか、転職についてのアドバイスがもらえる転職相談なども用意されている。

転職する上で大切なこと、転職活動の進め方やノウハウ、応募書類や面接対策などもサポートしてくれるのがマイナビ転職の長所のひとつだ。

検索しやすいサイトの使いやすさ

マイナビ転職のサイトは後発の転職サイトがモデルにするくらい使い勝手が良い。

これは運営会社のマイナビが他のジャンルでも情報提供サービスを展開しており、「情報の探しやすさ」「絞り込み」といったWebサイトのノウハウを持っているからだろう。

これまでは何項目もの検索条件を入力して検索していたが、マイナビ転職ではトップページから、地域や職種はもちろんのこと、働き方や興味があることなどからも絞り込めるようになっている。

もちろんこの中には「第二新卒」といいうカテゴリーも用意されており、初めて転職サイトを使う20代の転職でも簡単に利用できるはずだ。

質の高い求人も少なくない

マイナビ転職以外にも当てはまるが、大手総合転職サイトでは優良求人が見つかる可能性が高い。

これは、大手という信頼のもと登録者や求人掲載企業が集まりやすく、当然その中には優良求人が含まれるからだ。

例えばマイナビ転職で紹介される有名企業の求人や、転職フェアに出展される求人など、魅力ある企業ばかりだ。

しかし一方で、応募者が多く登録するサイトだからこそ、あまり条件が良いとは言えない大量採用の求人なども少なくない。

満足度調査で4位となっているのも、優良求人と同じように、質の高くない求人が含まれていることが原因のひとつだろう。

2位:エン転職


エン転職は他の総合転職サイトと比較すると求人案件数こそ少ないが、若手人材向けの求人が多く、20代の転職におすすめだ。

実際にエン転職に利用登録している70%以上が34歳以下の若手人材で、求人企業もその年齢層をターゲットとしているケースが多い。

また、エン転職は求人情報やその企業に関する情報の深さが特徴だ。

これは求人広告の制作担当者が1社1社、求人企業へ取材を丁寧に行っていることで実現できている。

自分自身で選んで、応募する転職サイトでは転職先企業をよく見極めることが重要になるため、会社情報に深さのあるエン転職は使って損のない転職サイトと言えるだろう。

基本情報

運営会社:エン・ジャパン株式会社
求人案件数:5,489件 (2020年8月)
対応エリア:日本全国~海外  ※ただし海外については20案件ほど
関連サイト:エン転職WOMAN、エン・エージェント、AMBI、ミドルの転職、en Lighthouse(旧・カイシャの評判)

転職先がどんな会社かを知る

エン転職の強みは、求人を出している企業について応募者が「どんな会社かを知る」ことを重視している点だ。

20代の転職では特に、就業時間や給与、勤務地など求人票の記載事項にはない、その企業独自の情報が重要になる。

20代の転職の多くが年収アップや労働条件の改善より、仕事のやりがいや働きやすさ、将来にわたって自分も成長できる企業かなどを重視するケースが多いからだ。

キャリアアップできる環境、長期就業したい働く環境、やりがいのある仕事内容など、エン転職が独自に取材した情報から、規模や知名度だけでない企業の魅力を知ることができるはずだ。

エン・ジャパンでは、以前より、「転職先の会社について詳しく知りたい」というニーズに注目し、en Lighthouse(旧・カイシャの評判)を運営している。

企業の規模やイメージだけでなく、転職先の職場について情報が掴みやすい転職サイトといえるだろう。

「手に職」の転職活動にもおすすめ

エン転職では、事務や営業などのオフィスワーカーだけでなく、技術職、サービス職、販売職、専門職などの求人も多く扱っているため20代におすすめしたい。

20代の転職では、アルバイト経験を活かしたフリーターからの転職や、一旦は就職したものの配属先とやりたい仕事が違ったための転職など、サービス職や専門職のニーズが高い。

また、特に近年フリーランスやリモートワークなど働き方が多様化していることもあって、専門的な知識や経験を20代のうちに身につけておこうという応募者は少なくないのだ。

将来的に資格を必要とする職種もあるが、未経験からスタート、働きながら取得できる企業もある。

もちろんそういった企業の情報も、企業の内部情報に強いエン転職だからこそ見つけやすく、使い勝手がいいはずだ。

3位:doda


dodaは転職サイトトップクラスの求人案件を扱っており、そのうち20代向けの求人案件も多いためおすすめの転職サイトだ。

また、20代の転職に利用する上で非常にバランスに優れた転職サイトと言っていいだろう。

運営しているパーソルキャリアは求人情報誌の発刊から様々な人材関連会社と協力、統合しながらそのノウハウを蓄積してきた人材関連大手企業だ。

そういったノウハウから、広く様々な業種や業界の求人を扱い、ユーザーに合わせたサイトの使いやすさ、関連サービスとの連携など、使いやすく構成されているのだ。

特にdodaでは登録者のうち51%が20代のため、初めての転職や20代に向けたコンテンツも充実している。

20代で転職活動を進めるにあたって、登録しておいて損はない転職サイトのひとつと言えるだろう。

基本情報

運営会社:パーソルキャリア株式会社
求人案件数:57,213件 (2020年8月)
対応エリア:日本全国~海外
関連サイト:まいにちdoda(ブログ)、マイポテ(アプリ)、CareerPocket、sight、i-common tech

転職エージェントとの連携が使いやすい

dodaは自分で探して応募するタイプの「転職サイト」とキャリアアドバイザーが担当として求人を紹介してくれる「転職エージェント」の連携が優れている。

他の総合転職サイトでは、転職サイトと転職エージェントが独立した別の事業部であるなど、スマートに連携していないケースがある。

その点dodaでは、転職サイト、転職エージェント、スカウトサービスが同じトップページからアクセスでき、扱っている情報の共有もできるようにしている。

利用していく中で自身が選んで応募するだけでは上手くいかない時も、エージェントサービスを利用することでアドバイスや紹介を受けることが容易にできるはずだ。

特に20代後半で実務経験があれば転職エージェント利用の効果が上がるので併用することもおすすめしたい。

業界別転職サイトへの展開

dodaのように求人の掲載件数が多い転職サイトでは特に案件の絞り込みが肝心なのだが、業界別サイトを利用することで効率よく応募先を絞り込むことができるはずだ。

特に職種の経験が少なく、どういった業界で今後働いていきたいかという視点から転職先を探す20代の転職にとって業界別サイトは役に立つコンテンツだろう。

Web・ITエンジニアをはじめ、メディカル、金融、女性の転職、海外に至るまで、それぞれのサイトがその業界に応じて構成されている。

新卒入社した企業ではその適性などによって配属が変わることもあり、職種は必ずしも一貫するとは限らない。

ただ、今後の自身のキャリアを考える際にどの業界で働いていくか、という選択は大きく影響する。

経験者向けの求人も多い業界別サイトだが、ぜひ20代にも利用してみて欲しい転職サイトだ。

4位:リクナビNEXT


リクナビNEXTは20代後半、ある程度の実務経験が出来てから転職する場合におすすめしたいサイトだ。

リクナビNEXTは業界最大手のひとつ、リクルートグループが運営する大手総合転職サイトで、知名度、求人案件数共に業界トップクラス、有名大手企業も求人広告を掲載している。

一方で、リーダー候補や管理職候補といった求人と未経験歓迎の大量採用といった求人の質で差がやや目立つ。

つまり、経験は足りないがこれからキャリアを積み上げていきたい、といった20代におすすめしたい求人案件の質では上位の転職サイトに対して若干見劣りする。

ただし求人案件の多さ、また有名大手だからこそ掲載できる人気求人など強みもあるため、使ってみて損はない転職サイトと言っていいだろう。

基本情報

運営会社:株式会社リクルートキャリア
求人案件数:44,251件 (2020年8月)
対応エリア:日本全国~海外
関連サイト:リクルートエージェント、キャリアカーバーなど

ぜひ使って欲しいサブコンテンツ

リクナビNEXTではこれまでの膨大な転職実績から、その傾向や対策をまとめ、紹介しているためこれを利用しない手はない。

特に20代や初めての転職では、転職成功ノウハウのコンテンツを通じて、転職活動の進め方からよくある相談まで、多くを学ぶことができるはずだ。

また、「グッドポイント診断」は適性検査の簡易版ともいえ、ぜひ利用してみて欲しい優良コンテンツだ。

これは決められた設問にある程度直感的に答えていくと、自身の5つの強みが導き出される自己診断ツールで、リクナビNEXTを通じた応募では提出を求められる場合もある。

これから転職するにあたって自分の強みを知る、公開データから標準的な年収を知る、転職ノウハウを知る、ということは転職活動を通じて支えになるはずだ。

情報提供サービスのノウハウを活かし、それらのコンテンツを豊富に用意している点でリクナビNEXTは20代におすすめできる転職サイトといえるだろう。

5位:Re就活


Re就活は20代の転職に特化した転職サイトで、言うまでもなく20代向け求人のみを扱っている。

Re就活を運営する株式会社学情は、元々は学生向けの就職情報、つまり新卒の就職に長く携わっている老舗企業だ。

そのため転職サイトも、既卒(卒業から3年以内)や第二新卒向けの求人案件に特に強みがある。

ここ数年、新卒採用では売り手市場(応募者より求人企業が多い)が続いているため、Re就活にも若手人材を求める大手企業や優良企業が求人を掲載している。

一方で、キャリアアップを考えたい20代後半の転職にとってはやや物足りないと感じることもあるだろう。

経験を活かしてステージを上げることを目的とした転職とはイメージがやや異なり、利用者にとってはそのサイト名の通り、再び就活をするイメージで転職活動を進めることができる転職サイトだ。

基本情報

運営会社:株式会社学情
求人案件数:8,158件 (2020年8月)
対応エリア:日本全国~海外  ※ただし海外については15案件ほど
関連サイト:Re就活Woman

大手総合転職サイトのいいところ取り

Re就活は、転職サイトとしてはやや後発になるため他の総合転職サイトの中で良い部分を上手く取り入れている。

もちろんただ取り入れているのではなく、運営会社のポリシーである「応募者目線」が上手く活かされているサイト構成になっている点が強みだ。

例えば総合転職サイトで求人案件を絞り込む際は、経験業種や業界から希望の業種、勤務地などで絞り込むのが一般的だ。

しかし20代の転職に特化しているRe就活では、まず応募者の希望ありきで検索ができるようになっている点に注目したい。

つまり「何ができるか」という視点でする転職活動ではなく、「何をしたいか」という視点でする転職活動に合っているのだ。

また、転職フェアにあたる転職サポートmeetingや適職診断、細やかな企業情報など、他社のいいところを積極的に取り入れている様子がうかがえる。

若干動作の重さやレイアウトなど転職サイトとしてまだ使いにくい面はあるが、卒業後3年以内の転職には特におすすめできる転職サイトだ。

20代前半にはこんな転職サイトもおすすめ

紹介したRe就活などはまさに20代前半におすすめの転職サイトだが、その他にも20代前半向けの転職サイトを紹介しよう。

20代前半の転職は、既卒、第二新卒、アルバイトから正社員への転職などをメインターゲットとしている転職サイトということになるだろう。

はたらいく


はたらいくは業界大手のリクルートグループが運営しており、20代が馴染みやすいユニークな仕組みや、求人の内容から見て20代前半におすすめの転職サイトだ。

特にアルバイトから正社員への転職、高卒での転職、サービス職、製造業の求人などに強みがある。

保有している求人案件数は多くはないが日本全国に展開しており、自分の状況に当てはまるなら一度使ってみて欲しいサイトだ。

「らいくサービス」と「せきらら求人」

はたらいくは他にはない「らいくサービス」と「せきらら求人」があり、これがまさに20代前半に合っているためおすすめだ。

らいくサービスは、企業に対して応募者が、または応募者の自己PRに対して企業の担当者が「らいく」(いいね)を送ることでお互いにアピールすることができ、SNS感覚で使える機能だ。

また、せきらら求人は、通常であれば企業の良い面ばかりアピールしがちな求人情報に、「この仕事のこういうところはキツイ、厳しい」など、マイナス面も正直に掲載するようになっている。

このように「気が合う企業」「なんだかいいなと思える職場」との出会いがある転職サイトは、20代前半の転職と相性がいいはずだ。

いい就職ドットコム


いい就職ドットコムは、既卒、第二新卒の正社員採用に特化した転職サイトだ。

一般的に、既卒とは学校(主に大学)を卒業して3年以内で就職経験のない就職、第二新卒は新卒入社して3年以内の転職を指して言う。

既卒、第二新卒で転職する際は、職歴がなくても大丈夫か、新卒入社してすぐに退職してしまったが大丈夫か、という点で少なからず不安を持っているはずだ。

この転職サイトに求人を出す企業はどれも、そういった応募希望者を採用しようとしているため20代前半の既卒、第二新卒にとっては不安なく応募できる転職サイトだ。

個性にオファーが届く「あってme.」

いい就職ドットコムのオファー機能「あってme.」は、個性や趣味、登録者の人柄に対して企業からのオファーが届く独自のサービスだ。

近年、転職サイトではスカウト・オファー機能が使えるものが多いが、20代前半の転職では職歴や実務経験が少ないため企業担当者の目には留まりにくく利用価値が高いとは言えない。

しかし、スキルや能力ではなく、人柄や個性、ポテンシャルの面からオファーがあるこの機能は、20代前半にも登録しておいて欲しいサービスだ。

履歴書や職務経歴書でアピールできる要素の多くない20代では、とにかく面接で企業の担当者に会うことが採用への近道なので、これを利用しない手はないと言っていいだろう。

20代後半にはこんな転職サイトもおすすめ

20代後半では、ランキングで紹介した以外に、キャリアアップや年収アップ求人に定評のある転職サイトも利用していけるはずだ。

エンジニアなどのスペシャリストから管理職などのゼネラリストまで、自分の志向に合わせてステップアップ可能な転職サイトを紹介したい。

type


type(旧:@type)は、キャリア転職に強みのある35歳前後をメインターゲットとした転職サイトだが、最近では20代にも力を入れており、若手キャリア人材におすすめの転職サイトだ。

3年以上同一職種での実務経験や、チームリーダー、主任などを務めた経験があれば、typeを利用した転職活動でひとつ上のキャリアを狙っていくことが充分可能だ。

ただし、求人案件のほとんどは勤務地が首都圏となっており、首都圏以外ではあまり期待できないという面もある。

首都圏、関東4県で転職によってキャリアアップを狙いたい20代にはおすすめできる転職サイトだ。

IT・Web系エンジニア、ものづくりエンジニアに強み

typeでは事務・営業系求人は他の際と同様に多い割合となっているが、IT・Web系エンジニア、ものづくりエンジニアもまた多く扱っているのが特徴だ。

エンジニアなどの技術職は専門性が細かく分かれるため、自分の経験を最も活かせる求人案件と出会うことが重要になる。

typeでは以前よりこうした技術職の求人を多く扱っているため、求人情報の記載の仕方や検索のしやすさなどでもエンジニアにとって使いやすいものとなっている。

もちろん求人案件が多ければ多いほど、自分の経験が存分に活かせる転職先が掲載される可能性も高くなる。

技術職でキャリアアップを狙っていく20代後半の転職希望者には、ぜひtypeを利用してみて欲しい。

キャリトレ


キャリトレはこれまで紹介した「転職サイト」とは異なり、ダイレクトリクルーティング型の転職サイトなのだが、20代後半の転職で使ってみて欲しいので紹介する。

ダイレクトリクルーティング型とは、登録された転職希望者の職歴やスキル、経験などを採用担当者やヘッドハンターが見て、面接や面談のオファー、スカウトを行う、近年よく利用されている転職サービスだ。

ただし、先にも触れたように、経験や職歴の少ない20代に向いているのは、このキャリトレのように若手キャリア層か、もしくはポテンシャル採用のケースに限られると言っていい。

自分のキャリアにアピールポイントがある20代は、キャリトレを利用してキャリアアップ、年収アップを狙った転職で理想を実現して欲しい。

目的が具体的な人に使いやすい

キャリトレは、技術職などで専門性を高めていきたい人、プロジェクトリーダーやチーフなどの経験を積みたい人、20代でも管理職を狙う人などに向いている。

キャリトレは、ハイクラス転職向けでダイレクトリクルーティング型転職サイトのビズリーチから、20代向けに始まったサービスだからだ。

ハイクラス向け求人は、年収1,000万円以上、管理職、経営層など、ステップアップの目的が明確な人に向いている。

20代の転職でも、転職によって職場を変えるだけでなく、例えば主任から課長へ、メンバーSEからPL、PMへ、年収○○万円以上など、転職の目的がはっきりしているならぜひキャリトレを利用してみて欲しい。

20代女性にはこんな転職サイトもおすすめ

20代女性に向けた転職サイトや転職サービスも増えているため紹介しておこう。

全体では35歳前後がピークとなる転職のピークが女性の場合は29歳となっており、また働き方、キャリア、ライフイベントとの両立など、男性と比べて転職の動機が多様だからだ。

20代女性の転職では、自分が仕事とどう付き合っていくかを考えながら進める傾向が強いため、より自分に合った転職サイトの利用が求められるのだ。

マイナビ転職女性のお仕事


ランキングの1位に紹介したマイナビ転職の女性専用サイトは多くの20代女性に使いやすい転職サイトとなっている。

トップページにはハッシュタグでキーワードが紹介されており「オンキャリ系」「オフキャリ系」と分けて紹介されているなど、女性の転職事情が考えられている点でもおすすめだ。

オンキャリ系では、女性管理職登用や年収500万円以上、外資系など転職によってキャリアアップを重視、オフキャリ系では、出産育児休実績あり、時短勤務や完全週休二日制などライフワークバランスを重視した絞り込みが可能になっている。

総合転職サイトならではの求人案件の保有数、転職事情に合わせたサイト構成など、20代女性におすすめの転職サイトだ。

女の転職type


女の転職typeは多くの求人案件が首都圏に集中しているものの、20代女性の傾向である多様な転職ニーズにフィットしている。

介護・医療系などの専門職や、販売・サービス、技術職、事務職など、職種によって働き方を変えたい、やってみたい仕事ができるなどで20代女性におすすめだ。

例えば仕事をしながら資格取得も出来る介護職、センスや経験が活かせるウェディングプランナーなど、結婚などのライフイベントでキャリアが中断しても30代、40代で再開できる「手に職」系の扱いにも強い。

また、type本来のキャリアアップ求人も女性向けに扱っており、規模は大きくはないが使える転職サイトといえるだろう。

とらばーゆ


取扱い求人数は少ないものの、派遣や契約社員も視野に入れてライフワークバランスを優先したい20代女性におすすめするのがとらばーゆだ。

とらばーゆは業界大手のリクルートグループが運営する女性求人の老舗ブランドで、「U29女子プロジェクト」なども展開、20代女性の仕事との付き合い方に寄り添っている転職サイトだ。

女性管理職などキャリア志向の強い転職には向いていないが、医療事務、歯科助手などの求人も扱っており、柔軟な働き方の実現が可能だ。

正社員やフルタイムなどにこだわらない、ライフワークバランス重視、資格や技術を身につけたい、といった転職を考えるなら一度使ってみて欲しい。

転職サイト利用のポイント

最後に、おすすめ転職サイトをより効果的に使えるように、転職サイト利用のポイントを伝授したい。

転職サイトは掲載された求人情報からの絞り込み、仕事内容や応募要件の確認など全て自分で見て、判断する必要がある。

特に20代で初めての転職をする場合には、利用のポイントをしっかり押さえて効率よく、効果的に転職サイトを利用して欲しい。

転職サイト利用の前に準備しておくこと

転職サイト利用のポイントの前に準備しておいて欲しい応募書類と、転職フェアやセミナーの利用について紹介する。

転職サイトの利用方法もそうだが、事前準備にも転職活動そのものに影響するプロセスがある。

何の準備もなく転職サイトで求人情報を検索するより効率的、効果的に転職活動が進められるようにしよう。

履歴書と職務経歴書を作成する

転職サイトを利用する前に、履歴書と職務経歴書を用意しておくことをおすすめする。

特に職務経歴書は中途採用(転職からの採用)を行う企業の採用担当者が最も注目し、合否を左右する応募書類だ。

また、職務経歴書の作成を通じて自分自身のスキルや経験の棚卸しになり、出来ること、したいことなども浮き彫りになってくるはずだ。

応募先を決めてから作成すれば良いものではあるが、事前に作成しておくことで転職の方向性が分かりやすくなるため事前に作成することをおすすめしたい。

転職フェアや転職セミナーの利用

新卒の就活で経験した人も少なくないと思うが、転職フェアやセミナーの活用も転職活動を進める上で有効だ。

特に大手総合転職サイトではフェアやセミナーを開催しており、人気企業の人事担当者と直接話ができる、転職する上での心構えや面接対策を知ることができるなど、特に初めての転職には大いに役立つはずだ。

もちろん転職フェアやセミナーは利用しなくても転職サイトを利用した転職は出来るが、利用できる機会は利用し、最初の就職よりさらに良い転職を実現できるようにして欲しい。

転職サイトを使う際のポイント

転職サイトはレイアウトや構成に違いや特徴はあるものの、主要な部分ではほぼ同じ段階、機能を持っている。

その機能を大きく分けると、①絞り込み検索、②求人情報、③応募の3つだ。

それぞれについて使う際のポイントを伝授するので押さえておいて欲しい。

上手な絞り込み方

求人案件を絞り込む項目は主に、勤務地、業種、職種、年収などがあり、まずは自分の理想通りに条件を設定し、応募可能な件数が少ない場合は徐々に広げていく方が良い。

これはできる限り効率的に求人案件を見ていくためで、自分の理想に近い求人を最短で見つけるための方法だ。

また、検索しながらでも構わないので自分の理想の条件を書き出しておき、絶対に譲れない点、多少妥協してもいい点を分かるようにしておこう。

もちろん転職先の理想は転職活動を通じて変化していってもいいのだが、内定を焦って妥協すべきでない条件で妥協することのないように気をつけたい。

求人情報は隅々までチェック

転職サイトの使い方が悪い例として、絞り込み検索の段階で目移りしてしまい、そこに時間がかかってしまうなどがある。

本来時間をかけたいのは、出来る限り理想に近い絞り込み検索の結果残った求人情報のチェックだ。

最初に見るのは「応募要件」

最初にチェックしたい項目は、学歴、資格、経験年数などの応募要件だ。

どんなに魅力的な年収や仕事内容でも、自分自身が応募要件に満たない場合は書類選考を通過する可能性がゼロに等しいからだ。

歓迎、尚可、には当てはまらなくても採用の可能性はあるが、自分が「必須」の要件に当てはまらない場合は応募できない求人と思ってよい。

自分で決めた優先順位の高いものからチェック

求人情報では、絶対に自分が譲れないと決めたところからチェックしていくのがおすすめだ。

仕事内容や勤務時間、勤務地、転勤の有無、年収など、それらが自分の決めた許容範囲であれば応募を検討しよう。

見落としがないようにその他の項目もチェック

応募要件から応募できることが分かり、自分の理想や希望にも合っていたら、他の項目も忘れないように目を通しておこう。

見落として入社してから分かるのは最悪だが、そうでなくても内定や選考を辞退する手間を考えれば求人情報を丁寧に見る時間の方がはるかに効率的だ。

例えば本社と勤務地が異なる、入社後6か月間は契約社員となる、試用期間の給与条件が異なる、など、自分のこだわり項目以外にも重要な情報が記載されているため、見落としのないように時間をかけたいところだ。

応募する時こそ慎重に

転職サイトは概ね転職サイト内に自分の情報(Web履歴書)を登録しており、求人情報のページにある「応募する」などをクリックすれば応募が完了する仕組みになっている。

大変便利な反面、一度送信すると間違いがあった際には取消や訂正に手間がかかるため、応募する企業を決めたら送信前のチェックに時間をかけることをおすすめする。

履歴書の「志望動機」欄が他の会社向けになっていないか、職務経歴書などの更新日付(〇月〇日現在)が古くなっていないか、書類は別途郵送などの指定がないか、などきちんと読んで対応しよう。

また、転職サイトによっては応募申込と同時に面接日程の希望日を入力する場合もあるため、応募完了の確認画面まできちんと見るようにしよう。

自分で決めて自分で応募できるのが転職サイトのメリットではある反面、丁寧に確認して手続きを行って欲しい。

まとめ

20代におすすめの転職サイトをランキングやランキング外から紹介した。

振り返ってまとめるので実際に使えるように準備して欲しい。

20代におすすめの転職サイト5選

2020年最新版・20代向け転職サイトおすすめランキング

サイト名求人掲載数20代・第二新卒求人未経験歓迎求人使いやすさ利用者満足度
1位マイナビ転職15,877★★★★★★★★★★★★★4位
2位エン転職5,489★★★★★★★★★★★2位
3位doda57,213★★★★★★★★★★1位
4位リクナビNEXT44,251★★★★★★★★★3位
5位Re就活8,158★★★★★★★★★選外

おすすめ転職サイトのここがポイント

1位:マイナビ転職

  • 初めての転職でも使いやすいことと、使う人を問わない取扱い求人の範囲の広さがおすすめポイント
  • マイナビ転職を利用することで転職の進め方や応募書類の作成、面接の注意などを学ぶことができる
  • 比較的時間をかけて転職活動をしたい20代は「転職フェア」も活用してみる
  • マイナビは他のジャンルでも情報提供サービスを展開しており、「情報の探しやすさ」「絞り込み」といったWebサイトのノウハウを持っている
  • 優良企業が多い一方で応募者が多く登録するサイトだからこそ、あまり条件が良いとは言えない大量採用の求人なども少なくない

2位:エン転職

  • エン転職に利用登録している70%以上が34歳以下の若手人材で、求人企業もその年齢層をターゲットとしている
  • 求人広告の制作担当者が1社1社、求人企業へ取材を丁寧に行っているため会社情報が深い
  • エン転職の強みは、求人を出している企業について応募者が「どんな会社かを知る」ことを重視している点
  • 技術職、サービス職、販売職、専門職などの求人も多く扱っているため20代におすすめ

3位:doda

  • 広く様々な業種や業界の求人を扱い、ユーザーに合わせたサイトの使いやすさ、関連サービスとの連携など、使いやすく構成されている
  • 登録者のうち51%が20代のため、初めての転職や20代に向けたコンテンツも充実している
  • キャリアアドバイザーが担当として求人を紹介してくれる「転職エージェント」の連携が優れている
  • 業界別サイトを利用することで効率よく応募先を絞り込むことができる

4位:リクナビNEXT

  • 20代後半、ある程度の実務経験が出来てから転職する場合におすすめしたいサイト
  • これまでの膨大な転職実績から、その傾向や対策をまとめ、紹介している
  • 「グッドポイント診断」は適性検査の簡易版ともいえ、ぜひ利用してみて欲しい優良コンテンツ

5位:Re就活

  • 20代の転職に特化した転職サイトで、20代向け求人のみを扱っている
  • キャリアアップを考えたい20代後半の転職にとってはやや物足りないと感じることもある
  • 他の総合転職サイトの中で良い部分を上手く取り入れている

20代前半にはこんな転職サイトもおすすめ

  • 20代前半の転職は、既卒、第二新卒、アルバイトから正社員への転職などをメインターゲットとしている

はたらいく
いい就職ドットコム

20代後半にはこんな転職サイトもおすすめ

  • 20代後半では、キャリアアップや年収アップ求人に定評のある転職サイトも利用できる

type
キャリトレ

20代女性にはこんな転職サイトもおすすめ

  • 20代女性の転職では、自分が仕事とどう付き合っていくかを考えながら進める傾向が強い

マイナビ転職女性のお仕事
女の転職type
とらばーゆ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
アバター

Career Rules編集部

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメント・ご意見はこちらにお願いします

avatar
  Subscribe  
Notify of